ベッド通販ショップ【BED STYLE】TOP > ライフスタイル別のベッドの選び方

ライフスタイル別のベッドの選び方

ベッドの選び方についてですが、これはベッドをご購入されるお客様のライフスタイルと深いつながりがあります。主寝室に置くのか、子供部屋に置くのか、それともお一人暮らしのお部屋に置くのか、またお一人で眠るのかご夫婦や恋人とともに同じ布団に入るのか等です。

夫婦やカップルの場合

ベッドを2台並べる

同じ主寝室に置くベットでも一緒の布団で眠らないご夫婦の家庭等にはシングルのベッドが2台必要となるでしょう。同じ布団で眠りにつくのなら、ダブルサイズや、お部屋にゆとりがあればクイーンサイズのゆったりとした広さのベッドもオススメです。ベッドも高さの低いロータイプのベッドを選べば、お部屋に圧迫感は出ません。また、ベッドに収納力も求めるのであれば、高さは若干出ますが、収納付きのベッドをお選びになるといいでしょう。ベッドの寝ている面に収納があるものよりも、サイドに引き出しタイプで収納がついているものの方が気軽にカンタンに収納も活用出来ますね。

子供部屋の場合

子供用には2段ベッド

子供部屋に置くベッドを選ぶ場合、お子様が何人同じお部屋で過ごすかによってもベッド選びは大きく変わりますね。少子化の時代ですから、お子様は大体お二人と考えると、やはり、2段ベッドが一番スペースを取らずに、さらに、将来的にお部屋を分ける事になっても、2段ベッドは二つに分割して使えるものがほとんどなので、ベッドを買い替えると言う事をせずに、同じものを長く活用出来ますね。またお子様がお一人の場合は、マットレスベッドで丈の短いものでもいいかもしれません。お部屋に対して大きくスペースを取らずに、圧迫感もなく、子供部屋に丁度いいかもしれません。

一人暮らしの場合

お一人暮らしの場合は、それぞれのお客様のお部屋の広さ等が関係してきますね。ちゃんと寝室を取れる間取りになっているのか、ワンルームなのかによってもベッド選びは変わってきます。

また、お泊りに来るお友達や恋人が頻繁に居るかどうかによっても、ベッド選びは慎重になります。どちらにしても、ベッドを置いた後の床面積は広いに超した事はありませんね。

ロフトタイプのベッド

もし、来客が頻繁にお泊りして行く様なお家のベッド選びならばロフトタイプのもので、下のスペースがソファになったものを選ぶといいかもしれません。ソファスペースは、ベッドとして背もたれを倒して使う事も出来ます。また、恋人がよくお泊りにいらっしゃるのであれば、セミダブルのマットレスベッドもいいかもしれませんね。お一人の時は広々と眠る事が出来て、恋人と一緒にお布団に入るにしても、窮屈ではありません。

お泊りのお客様が少ないお家のベッド選びならば、お部屋があまり広くないワンルームのようでしたら、女性の場合等は、通常より長さの短いミニマムサイズのマットレスベッドがすっきりしていいかもしれません。また、逆に背の高い男性などには通常よりも丈の長いベッドもご用意してあります。

  • 商品数:0点
  • 小計:0円
カゴの中を見る
お電話でのご注文・お問い合わせ 初めてご利用の方へ
ユーチューブで動画配信中
搬入経路のご確認
ベッドの搬入にお困りのお客様へ
もっと長いベットをご希望のお客様へ
よくある御質問
お問い合わせ
セキュリティ

ベット選びのためのヒント

  • ベッド専門通販ショップ BED STYLE
  • ソファ専門通販ショップ SOFA STYLE
  • ラグ専門通販ショップ RUG STYLE