いくらお買い上げでも送料無料

カテゴリ人気ランキング

クイーンベッドの月間人気ランキング

4月25日~5月24日の1ヶ月の人気ランキングです。

ベッド通販のプロが教える!クイーンベッドの基本

クイーンベッドをご購入する際の豆知識を説明しております。

クイーンベッドとは?

クイーンベッドとは?クイーンベッドは、横幅160㎝×長さ195㎝が一般的なサイズです。メーカーによっては横幅が150㎝、または170㎝のベッドをクイーンベッドと呼ぶこともあります。時には、ワイドダブルと表記する場合もあるようです。クイーンは2人で余裕を持って眠れるサイズ感であり、子供が生まれたら3人で寝ることもできます。

クイーンベッドの種類は大きく分けて2つあり、1台タイプの他に連結タイプも選べます。1台タイプのクイーンベッドは、ベッドのすき間を気にせずゆったり寛げます。連結タイプのクイーンベッドは、状況に合わせて分割して使えるのがメリットです。分割すると、それぞれセミシングルベッドとして使うことができます。子供が小さい時はクイーンベッドとして、自分の部屋を持つようになったらセミシングルベッドとして使うのが人気です。

ベッドフレームとマットレスをセットで購入する場合、クイーンのマットレス1枚なのかセミシングルのマットレス2枚なのかが商品によって決まっているので、商品ページで確認するようにしてください。

クイーンベッド購入時のポイント

クイーンベッド購入のポイント大きいサイズであるクイーンベッドを購入する場合、以下の3点を確認してから購入することをおすすめします。

ポイント1つ目は「搬入経路が確保できるかどうか」です。いくつかのパーツに分かれているとはいえ、長さ160㎝の大判板が含まれていることもあります。玄関からお部屋までのスペースの確保は必須。マンションのエントランスから玄関までの搬入経路も必ず確認しておいてください。商品ページで梱包サイズを確認、問題なく運べるかどうかイメージしておくことが大切です。

ポイント2つ目は「マットレスの梱包タイプ」です。マットレスの種類によっては、圧縮されずそのままの状態でお届けするものもあります。クイーンのマットレス1枚でもセミシングルのマットレス2枚でも、必ず梱包タイプを確認するようにしましょう。搬入経路が狭い場合は、「ロールパッケージ仕様」のマットレスを選ぶことをおすすめします。

ポイント3つ目は「ベッドの高さ」です。クイーンベッドは置くだけで圧迫感が出やすいため、寝室によっては窮屈に見えてしまうことも…。できるだけ広く見せたい方は、ロータイプのクイーンベッドを選ぶのがおすすめです。