寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 16109 view

おすすめの大容量収納ベッド12選!特徴&選び方も徹底解説

「はじめは少なかったはずの荷物が、気付くとどこにも入りきらない…」「部屋が狭くて収納家具を置けない…」 こんな悩みを持っていないでしょうか?

物があふれている部屋は狭く感じてしまうため、収納付きベッドで賢く収納していきたいところです。そこで今回は、おすすめの大容量収納ベッドのご紹介や、収納不足で悩む方のために大容量収納付きベッドの特徴や種類、選び方を詳しくご紹介します。収納スペースがないと悩んでいる方、必見ですよ。

目次

大容量収納付きベッドのおすすめをご紹介!

まずはじめに、大容量収納付きベッドのおすすめをご紹介していきます。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
たっぷり収納 タイプが選べる
大容量チェスト収納ベッド
✔サイズ:幅98×長さ217×高さ87cm(シングル)
✔おすすめポイント:
5杯の引き出し付きで整理整頓しやすい
たっぷり入る大型収納 カントリー調
棚付きチェストベッド
✔サイズ:幅101×長さ214×高さ85cm(シングル)
✔おすすめポイント:
収納は引き出しが深さが深いものと浅いもの合わせて5つある
安心品質 国産ワイド深型引き出し
棚・コンセント付チェストベッド
✔サイズ:幅120×長さ215×高さ80cm(セミダブル)
✔おすすめポイント:
浅型、深型、ワイド型と3種類の引き出しで入れるものを分けやすい
誰もが羨む憧れの空間に
ホテル風モダンデザインベッド 
✔サイズ:幅全5サイズ×長さ206×高さ92cm(連結タイプ)
✔おすすめポイント:
ぴったりとくっつけて使用できる設計で段差や隙間ができない
高い通気性で快適 ガス圧式
大容量跳ね上げベッド 横開きタイプ 
✔サイズ:幅120×長さ197×高さ34/41/48cm(セミダブル)
✔おすすめポイント:
開閉時の負荷や衝撃に強い頑丈なつくり
通気性抜群棚コンセント付
跳ね上げすのこベッド 横開き
✔サイズ:幅120×長さ206×高さ80cm(セミダブル)
✔おすすめポイント:
床下がすのこ構造で一年中抜群の通気性を確保
暮らしをより良く 大型
跳ね上げすのこベッド
✔サイズ:幅166×長さ207×高さ80cm(クイーン)
✔おすすめポイント:
収納サイズをレギュラー、ラージ、グランドの3タイプから選べる
床板が分割搬入出来る 棚
・コンセント_ガス圧式跳ね上げベッド 
✔サイズ:幅120×長さ206×高さ80cm(セミダブル)
✔おすすめポイント:
ガス圧シリンダーが採用されており開閉しやすい
耐荷重600kg6段階高さ調節
コンセント付超頑丈天然木すのこベッド
✔サイズ:幅98.5×長さ217×高さ79cm(シングル)
✔おすすめポイント:
成人男性8人が乗れる耐荷重600kgという丈夫さ
すっきり片付く 大容量
収納ベッド 引き出しなし
✔サイズ:幅99×長さ196×高さ23/42cm(シングル)
✔おすすめポイント:
ベッド下は収納ケースが入れられるように奥行サイズ変更可能
ベッドにもなる シェルフ棚・引出収納付
フローリング調デザイン小上がり 
✔サイズ:幅198/238×長さ200×高さ23cm(ワイドタイプ)
✔おすすめポイント:
シーンやお好みの使い方に合わせて小上がりとしても使用できる
和の寛ぎを現代に 美草
・日本製大容量畳跳ね上げベッド
✔サイズ:幅98×長さ199×高さ33/40/47cm(シングル)
✔おすすめポイント:
畳の香りでリラックスできる

たっぷり収納 タイプが選べる大容量チェスト収納ベッド

浅型・深型の合計5杯の引き出しのほかに、ヘッドボードにもスライド収納がある収納スペース盛り沢山のベッドです。

引き出しはホコリが入りにくいBOX構造になっているので、大切なアイテムがホコリになる心配もありませんね。

たっぷり入る大型収納 カントリー調棚付きチェストベッド

カントリー調のデザインが可愛らしいチェストベッドです。ベッド下には深型と、2種類のサイズの浅型引き出しがついており、物のサイズに合わせて効率良く収納することができます。

引き出しの反対側も収納スペースとしてご利用いただけます。

💭「カントリー調棚付きチェストベッド」の口コミ

収納たくさんでよかったです!またお願いしたいです!

安心品質 国産ワイド深型引き出し 棚・コンセント付チェストベッド

フット側にも深型引き出しを備えた大容量収納ベッド。ワイドサイズの引き出しですが、キャスター付きで引き出しもスムーズ。

サイドにもサイズの違う引き出しがついており、収納したいものの大きさによって使い分けが可能です。さらに、床板の下にも大きな収納庫が隠れています。

誰もが羨む憧れの空間に ホテル風モダンデザインベッド

部屋に置くだけで高級感を演出してくれる、ホテルスタイルの収納庫ベッドです。

このラグジュアリー感からは想像できないほど収納力があります!ベッド下一面に大物・長物をたっぷり収納し、寝室をスッキリさせることができます。

💭「ホテル風モダンデザインベッド」の口コミ

自宅を新築して寝室に合うベッドを探していました。
寝室はブラウン系を基調とした落ち着いたデザインにして広く取っていたので中々部屋にマッチするベッドが無く探す日々が続いていましたが、ベッドスタイルさんのこのベッドを見つけて即買いでした。
サイズもダブル×2の左右にサイドテーブルを設置してピッタリでした。
マットレスもポケットコイルにしましたので寝心地もたいへん満足です!

高い通気性で快適 ガス圧式大容量跳ね上げベッド 横開きタイプ

大きなものも収納しやすい、跳ね上げ式の収納ベッドです。こちらのベッドの大きな特徴は、通気性の高さ。床板の内部がすのこ構造になっており、湿気を上手に逃がしてくれます。

ダニやカビ対策にも効果的です。ヘッドボードのないヘッドレスタイプで、場所を取らないのも◎ですね。

通気性抜群棚コンセント付 跳ね上げすのこベッド 横開き

ナチュラルでシンプルなデザインが魅力の跳ね上げ式大容量収納付きベッド。横開きタイプと縦開きタイプからお選びいただけます。

引き出し収納を引き出すスペースが要らないので、レイアウトも自在です。カラーは2色から、マットレスは3種類からお選びいただけます。

暮らしをより良く 大型跳ね上げすのこベッド

ベッド2台をつなげて使うタイプで、2人で寝ても広々サイズ。収納スペースも、ベッド2台分の大容量です。ベッドは分離させることもできますよ。

収納の深さは3種類からお選びいただけます。ガス圧式シリンダーを採用し、開閉動作もラクラク。ストレスフリーな使用感です。

床板が分割搬入出来る 棚・コンセント_ガス圧式跳ね上げベッド

床板を分割できるので、搬入経路の心配は不要です。さらに床板は軽量設計ですので、組み立てもラクラク。ベッド購入の際に気になる、搬入・組み立ての不安を解消してくれます。

もちろん収納力も優れており、ベッド下一面を収納スペースとして活用できます。

耐荷重600kg6段階高さ調節コンセント付超頑丈天然木すのこベッド

一般的なベッドの耐荷重が100~150kgのところ、こちらのベッドはなんと600kg!体格の大きな方でも安心してお使いいただけます。きしみにくいのも◎ですね。

さらに、6段階の高さ調節も可能。一番高く設定すれば、衣装ケースをまるごと収納できます。

💭「超頑丈天然木すのこベッド」の口コミ

今回購入した耐荷重600kgのすのこベッドは全く軋むこともなく安心して永く使える良品です。組み立ても簡単です。ただ頑丈であるが故に非常に重く2階に上げる時は部品毎でも一苦労です。

すっきり片付く 大容量収納ベッド 引き出しなし

無駄を省いたヘッドレスタイプの大容量収納付きベッドは、お部屋の余分なスペースをとることなく、しっかり収納することができます。

空いたスペースの有効活用でお部屋がスッキリ片付きます。こちらは引き出しなしタイプなので、自由にベッド下をアレンジ可能です。

💭「大容量収納ベッド 引き出しなし」の口コミ

組み立てに時間が掛かりますがその分頑丈です。乗った際にも軋むことはなく、安心して収納部分を使うことができます。

ベッドにもなる シェルフ棚・引出収納付フローリング調デザイン小上がり

マットレスはもちろん、敷布団もお使いいただけます。フローリング調の見た目で、リビングにも自然と溶け込みます。

奥行きのある引き出しを4杯備えているうえ、オープン棚もついています。衣類や寝具は引き出しへ、おしゃれな雑貨はオープン棚へと、使い分けが可能です。

和の寛ぎを現代に 美草・日本製大容量畳跳ね上げベッド

畳ベッドを和モダンなスタイルで仕上げたこのベッドは、現代の住宅にも合わせて頂きやすい商品となっています。

大容量の収納付きで、布団やスーツケースなどの大きなアイテムから衣類などのコンパクトなアイテムまで問題なく収納できる優秀アイテムです。

大容量収納付きベッドってどんなベッド?

大容量収納付きベッドって聞いたことはあるけれど、どんなベッドかよく分からない…という方も少なくありません。ここからは、大容量収納付きベッドがどのようなベッドなのか、詳しくみていきましょう。

大容量収納付きベッドの特徴

大容量収納付きベッドとは、収納スペースが付いたベッドのことです。

ベッド下部分がそのまま収納スペースになっているため、収納不足に悩んでいる方にとっては心強い味方といえます。

大容量収納付きベッドのメリットは?

大容量収納付きベッドのメリットは、以下のとおりです。

とにかく大容量の収納力

ベッドの種類にもよりますが、大容量収納付きベッドはベッド部分がそのまま収納スペースになっているため、大容量の収納力が魅力です。

収納スペースによっては、スーツケースやカーペットといった大きな荷物まで簡単に収納できます。

自分好みの種類やデザインが選べる

大容量収納付きベッドというとデザイン性は低いのでは?と心配に思う方もいるかもしれませんが、種類やデザイン性が高いベッドも多いため自分好みのベッドを選びやすいという特徴があります。

収納スペースを感じさせないほどデザイン性が高いものも多いため、ベッド選びが楽しくなりそうですね。

余分な家具を購入せずに済む

収納スペースがないベッドの場合、収納スペースが足りないとどうしても家具の購入を検討しなくてはいけません。

大容量収納付きベッドであればベッド部分がそのまま収納スペースになっているため、新しく家具を購入しなくてもキレイに収納でき、お部屋をスッキリさせることもできるというわけですね。

大容量収納付きベッドのデメリットは?

大容量収納付きベッドはベッド下に収納スペースがあるため、どうしてもベッドの背が高くなってしまいます。そのため置き場所によっては、圧迫感を感じさせてしまう可能性も…。

また、寝相が悪い方はベッドから落ちてケガをする心配もあるため、置き場所やベッドガードの購入も検討したほうがいいかもしれませんね。

大容量収納付きベッドはどんな種類があるの?

大容量収納付きベッドは、次の4種類に分類できます。自分にはどのタイプがあっているかチェックしていきましょう。

引き出しタイプ

ベッド下に2~6杯の引き出しがついたタイプのベッドで、大容量収納付きベッドの中でも種類が多く好みのデザインを見つけやすいという特徴があります。

・サイドに引き出し
・足下に引き出し

といったように引き出しが付いている場所によっても使い勝手が変わるため、自分の部屋のレイアウトに合わせて検討しましょう。

収納庫タイプ

ベッドの床下一面が仕切りのない収納スペースとなり、スーツケースやシーズンオフの布団といった大きなものまでしっかりと収納できるのが魅力。

ただし、床下を外して物を出し入れする必要があるため女性の方や力がない方は使いにくいかもしれません。 頻繁に出し入れしないものを収納しましょう。

跳ね上げ式

収納庫タイプと同じく、床下全体が収納スペースになりますが床板を跳ね上げて中の物を出し入れできるタイプです。

跳ね上げ式は手動式ガス圧式とあり、扉の開閉も縦開きと横開きの2パターンがあります。

見せる収納タイプ

ベッド下の収納スペース部分を「見せる収納」にしており、レイアウト次第ではまるでお店のディスプレイのようにオシャレなスペースにすることもできます。
足下全体と、ヘッドボードにあるタイプに分かれるので、使いやすい方を選びましょう。

大容量収納付きベッドの選ぶポイントは?

大容量収納付きベッドは種類も多いので、どうやって選べばいいか分からない!という方のために、選ぶポイントをご紹介していきます。

なにを収納したいのか決める

大容量収納付きベッドを選ぶときは、まず自分が何を収納したいのかを決めましょう。

たとえば、日ごろ使わないスーツケースやカーペットといったものを収納したいのであれば「収納庫タイプ」や「跳ね上げ式」、反対に下着や靴下・お気に入りの洋服といった比較的小さなものを収納したいのであれば「引き出しタイプ」や「見せる収納タイプ」、といったように変わってきます。

どのくらいのものを収納したいのかと考えることで、自然とどんなタイプの大容量収納付きベッドが自分には合っているのかが分かるはずです。


サイズやテイスト・カラーを決める

どのタイプの大容量収納付きベッドがいいのか決まったら、次は好みのテイストやカラー・サイズを決めていきましょう。部屋のインテリアや色にはどのテイストやカラーが合うのか、自分の好きなように選べるのでワクワクしてきますね。


プラスアルファの機能で選ぶ

テイストやカラーまで決まったら、最後に収納以外の機能をチェックしていきましょう。

スッキリとしたデザインがいいのであればヘッドボードがないもの、反対に目覚まし時計やメガネといった小物を置きたい場合は棚付きのヘッドボードが必要になります。

また、照明付きのものもあるため、お部屋に間接照明を取り入れたい方やベッドから出ずに手軽に電気を付けたり消したりしたい方は照明付きタイプの収納付きベッドがおすすめです。

【まとめ】大容量収納ベッドがあれば寝室スッキリ!

大容量収納付きベッドはベッド下のスペースを活用することで、収納家具を増やさなくても部屋をスッキリさせることができます。何を収納したいのかよく考え、今回ご紹介したことを参考に自分にピッタリの大容量収納付きベッドを見つけてくださいね。

BED STYLEでは収納付きベッドを多数ご用意
ぜひチェックしてください!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 値段が高い敷布団を買う?安いもの?素材ごとの値段相場に注目

  2. 2人で寝るベッドは1台?2台?2人用のベッドの選び方をご紹介!

  3. <おすすめロフトベッド>ロフトベッドの特徴と失敗しない選び方

  4. ウレタンマットレスのメリット・デメリットを解説&おすすめ紹介

  5. 寝心地が変わる!マットレスの厚さとベッドとの関係性を徹底解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP