寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 18776 view

細めのベッドが欲しい人におすすめ!セミシングルベッド10選

ベッドには、シングルサイズよりも細いサイズである「セミシングル」があります。幅約80cmのセミシングルベッドは、小柄な女性であれば十分快適に寝られるサイズです。特に一人暮らしのお部屋は、ベッドを置いたらそれだけで狭くなってしまうもの。布団という手もあるけれど、折角だからおしゃれにもこだわりたいですよね。今回はワンルーム暮らしの女性必見!細めのおすすめベッドをご紹介します。細めのベッドの選び方についても解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

おすすめのセミシングルベッド

まずは、Bedstyleよりおすすめのセミシングルベッドをご紹介します。様々なタイプや機能性のベッドを厳選しましたので、ぜひチェックしてみてくださいね!

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
通気性抜群棚コンセント付
跳ね上げすのこベッド 横開き
✔サイズ:幅83×長さ207×高さ80cm
✔おすすめポイント:
ベッド下は大容量の収納スペースで跳ね上げて開閉できる
お部屋も広々 コンセント付き国産
コンパクトチェスト収納ベッド
✔サイズ:幅83×長さ185×高さ80cm
✔おすすめポイント:
3タイプの収納が付いており収納力抜群
丁寧な作りで安心 日本製 棚・
コンセント付大容量チェストベッド
✔サイズ:幅83×長さ205×高さ80cm
✔おすすめポイント:
コンパクトで使い勝手の良いチェストベッド
見た目も目覚めもスッキリ 脚付き
ボンネルコイルマットレスベッド
✔サイズ:幅80×長さ195×高さ34.5cm
✔おすすめポイント:
フレームがないタイプでコンパクトな見た目が魅力
分割式コンパクトショート丈
ボンネルコイル脚付マットレスベッド
✔サイズ:幅80cm×長さ180cm×高さ4タイプ
✔おすすめポイント:
分割式なのでソファ代わりに使うというアレンジも
みんなで川の字になって眠れる
総桐すのこベッド
✔サイズ:幅80×長さ200×高さ37cm
✔おすすめポイント:
通気性抜群&すっきりデザインのすのこベッド
コンパクト高さ調節コンセント付
天然木ショート丈すのこベッド
✔サイズ:幅80.5×長さ185.5×高さ82cm
✔おすすめポイント:
ベッドの高さはお好みで3段階に調節が可能
4.5畳におさまる コンパクト
ショート丈ロフトベッド
✔サイズ:幅84×長さ206×高さ180cm
✔おすすめポイント:
2段階に高さを変えてベッド下スペースを有効活用できる
美しい上質デザインで機能性抜群
棚付すのこベッド ナチュラル
✔サイズ:幅83×長さ208×高さ70cm
✔おすすめポイント:
シンプルなデザインで洗練された雰囲気のすのこベッド
完成品女性に優しいおしゃれで可愛い
コンパクト折りたたみショート丈ベッド
✔サイズ:幅92×長さ180×高さ34.5cm
✔おすすめポイント:
42段階にリクライニングできる便利な折りたたみベッド

通気性抜群棚コンセント付 跳ね上げすのこベッド 横開き

セミシングルの収納付きベッドです。コンパクトなベッドなので、限られたスペースにも設置が可能です。ベッド下が大容量な収納スペースになっており、横開きに跳ね上げて開閉できる仕様です。

ベッドの床下は天然木を使ったすのこ構造で、通気性が良く年中快適です。

お部屋も広々 コンセント付き国産コンパクトチェスト収納ベッド

こちらのベッドは、細めのチェストタイプ。スリムなので、ワンルームに置いても邪魔になりません。

コンパクトな見た目ですが、3タイプの収納が付いています。収納機能も抜群なので、荷物が多い方にもおすすめです。

丁寧な作りで安心 日本製 棚・コンセント付大容量チェストベッド

お部屋に十分な収納スペースがなくて困っている方におすすめなのが、こちらの収納付きセミシングルベッド。

ベッド下に引き出しが大小4杯あり、クローゼット並みの収納力があります。カラーは3色ご用意しています。 コンパクトで使い勝手の良いベッドです。

見た目も目覚めもスッキリ 脚付きボンネルコイルマットレスベッド

こちらは、寝心地が抜群の脚付きマットレスベッドです。フレームがないマットレスベッドなので、よりコンパクトな見た目ですね。

ベッド内部は通気性に優れたすのこでできています。1年中続く快適な寝心地を体感してみてください。

💭「脚付きボンネルコイルマットレスベッド」の口コミ

コンパクトですが寝返りしても狭いとは感じません。組み立ても女性一人で簡単にできました。

分割式コンパクトショート丈 ボンネルコイル脚付マットレスベッド

ショートサイズの分割式になった脚付きマットレスベッド。脚の高さは5種類あるので、使い勝手やベッド下の収納用途などに合わせてお選びいただけます。

マットレスはボンネルコイルなのでかためのしっかりとした寝心地が好みの方におすすめです。

💭「分割式コンパクトショート丈 マットレスベッド」の口コミ

分割式なので組み立てや移動が女性でも楽にでき、寝心地もとても良いです。

みんなで川の字になって眠れる 総桐すのこベッド

こちらのベッドの床板は、通気性抜群のすのこ仕様。気になる湿気を逃がし、カビの発生を抑えます。マットレスの代わりにお手持ちの敷布団を使うこともでき、コスパに優れています。

ベッド下を収納スペースとして活用できるのも、うれしいポイントです。

コンパクト高さ調節コンセント付天然木ショート丈すのこベッド

天然木が優しい風合いのコンパクトにデザインされたベッド。ベッド下のスペースの有効活用したい方は、収納ケースやかごなどを使ってたっぷり収納にに使いましょう!

ベッドの高さは3段階の調節が可能なので、収納したいものや使い勝手に合わせて調節することができます。

💭「天然木ショート丈すのこベッド」の口コミ

子供用に購入しました。サイズは希望通りで、組み立ても簡単、見た目も可愛く大変満足しています。

4.5畳におさまる コンパクトショート丈ロフトベッド

ショート丈のコンパクトなロフトベッド。ロフトベッドはベッド下のスペースを有効活用するのに最適。

高さをミドルタイプにしてベッド下をクローゼットのように収納スペースにしたり、ハイタイプにしてベッド下をデスクやソファなどのスペースにしたりとアレンジ自由です。

💭「コンパクトショート丈ロフトベッド」の口コミ

狭い部屋でも圧迫感なく配置することができ、とても満足しています。

美しい上質デザインで機能性抜群 棚付すのこベッド ナチュラル

シンプルなデザインで洗練された雰囲気のすのこベッドです。スリムなヘッドボードにはコンセント付きの棚があり、床板は通気性の良いすのこ仕様と機能性も十分です。

ナチュラルカラーが、明るく優しい印象のベッドです。

完成品女性に優しいおしゃれで可愛いコンパクト折りたたみショート丈ベッド

コンパクトサイズな折りたたみベッド。コンパクトながら快適な寝心地の2層構造マットレスに、便利なリクライニングや折りたたみの機能性を兼ね備えています。

リクライニングは42段階に角度調整ができ、背もたれにしてソファ代わりにするなどお好みの角度にできますよ。

💭「コンパクト折りたたみショート丈ベッド」の口コミ

5.5畳の部屋に置いていますが、コンパクトなので折り畳まなくても部屋が広く使えます。下には収納できる高さもあるのでキャスター付のワゴンを置いてます。

ワンルームにも置ける「セミシングルベッド」の特徴

セミシングルベッドは、細めのベッドなのでワンルームに置くのに適しています。一人暮らしをするとなると、広い部屋を借りるのはなかなか難しいですよね。しかし、小さい部屋にベッドを置くと、それだけで部屋が満杯になってしまいます。他にインテリアを置きたくても、場所に空きがないので置けなくなってしまうのです。

そんな時、役立つのがセミシングルベッド!通常のベッドより細めのセミシングルベッドなら、お部屋の可能性がぐんと広がりますよ

シングルベッドより細め

通常のシングルベッドは、横幅100cmが一般的です。セミシングルベッドだと横幅は80cm。つまり、シングルベッドよりも20cm短いということです。

この20cmが、ワンルームにとっては大きな差になります。実際置いてみると分かりやすいのですが、ベッドの幅が狭いだけで部屋がすっきり見えます。

そして、シングルベッドより細いからといって寝心地が劣るわけでもありません。自分の体に合っていれば、快適に眠れますよ。

女性の一人暮らしに人気

セミシングルベッドは、一人暮らしの女性に人気です。まず場所を取らないので、お部屋のレイアウトを邪魔しません。見た目もスリムで無駄のないサイズ感なのでおしゃれです。

また、基本的に女性は肩幅が狭い方が多いので、セミシングルの細めなベッドでも、寝返りで転がり落ちるリスクが低いです。よほど寝相が悪くない限り、安心してお休みいただけます。

セミシングルベッドに向かない人

セミシングルベッドを選ぶ時に気になることは、ベッドの幅と寝心地です。

実は男性の場合、どんなに細身であっても肩幅があるので、セミシングルベッドの幅では窮屈に感じる可能性が高いのです。先程も取り上げたように寝返りに関係するのは肩幅です。女性でも肩幅が広めな方はシングルベッドの方がゆったり寝られるでしょう。

「ワンルームで狭いからセミシングルベッド」と決める前に、ベッドの幅と自分の体格をチェックして、快適な寝心地のものを選んでくださいね。

「セミシングルベッド」のメリット

セミシングルベッドは女性人気が高いこともあり、可愛らしいデザインのものもたくさんあります。そのため、セミシングルというと、スリムでおしゃれなベッドというイメージがある方も多いのではないでしょうか?実は、セミシングルベッドには他にもメリットがたくさんあります。以下で詳しく紹介していきましょう。

寝室のスペースを取らない

セミシングルベッドは細めのベッドなので、スペースを取りません。だから、ワンルームや子供部屋といった限られたスペースに住む方にはうってつけです。空間が圧迫されないので、部屋で過ごす時も開放感があります。

また、ベッド幅が狭い分、ベッド横にインテリアをプラスしても素敵です。日中くつろげるように、小さいソファを置くのもおすすめです。このように、寝室のスペースを取らないことで、部屋を自分好みにデザインすることができます。

幅がない分コストも安い

セミシングルベッドは、幅がない分コストも安いです。普通に同じデザインのシングルベッドを買うよりもお得、というわけです。一人暮らしを始めた頃は、何かとお金がかかりますよね。ベッドが安く購入できれば、お金は他のことに使えます。

インテリアの予算で悩んでいる方も、ちょっと細めのセミシングルベッドを選べば、費用を浮かせることができるのです。

「セミシングルベッド」の選び方

ベッドは長く使える家具なので、自分が快適に寝られるかどうかは外せないポイントです。しかし、寝心地以外にも使いやすさやインテリア性など、重視したい点はありますよね。そこでここからは、セミシングルベッドの選び方をまとめました。

機能性で選ぶ

まず1つ目の選ぶポイントは、機能性です。収納やリクライニング、コンセント付きといった自分が使いやすそうなベッドが良いでしょう。収納機能があれば、散らかりやすいものをベッドにしまえるので、寝室がすっきり片付きます。

また、リクライニングなら、日中や就寝前にゆったりくつろぐことができます。コンセント付きなら、スマホを充電したり、ライトを付けたりすることも可能です。ベッドに欲しい機能が充実していれば、お部屋で過ごす時間と寝る前の時間がより快適になります。

デザインで選ぶ

好みのデザインで選ぶのもおすすめです。機能性や使い勝手は置いておいて、単純に形や色が好きなものを選択するのも良いでしょう。好きなデザインのインテリアが部屋にあると、それだけでも気分が上がります♪

自分でいろいろ工夫して寝室をつくっていくのは楽しいので、ぜひお気に入りのデザインを見つけてみてください。

【まとめ】セミシングルベッドですっきり広い部屋をつくろう

女性のワンルーム一人暮らしや、お子さんのお部屋にぴったりなセミシングルベッド。シングルより細めでも、ベッド幅と体格が合っていれば快適にお休みいただけます。省スペースでコストが安いので、空いた場所に浮いた予算で好きなインテリアを置く、マットレスや寝具にこだわってみるのもおすすめです。

こちらではおすすめのセミシングルベッドも紹介しています。セミシングルベッドを上手に活用して、理想のお部屋づくりにチャレンジしてみてくださいね。

BED STYLEではセミシングルベッドを多数ご用意
ぜひチェックしてください!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【狭い寝室】家族4人でも広々寝られるベッドの選び方を紹介!

  2. 【ウッドスプリングベッド】購入時の参考に!おすすめ商品&特徴

  3. 【寝具の基本】ベッドマットレスの選び方とおすすめ商品7選をご紹介

  4. コンパクト&収納しやすい!を叶えるマットレス【おすすめ5選】

  5. 冬に備えてあったか布団を準備しよう!おすすめ商品も紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP