寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 2425 view

ベッドを収納してお部屋をスッキリ!来客時も安心なおすすめベッド5選

ベッドを置きたいけど部屋が狭くならないか心配」こんなお悩みはありませんか?また、ワンルームのお部屋や寝室がない家の場合、ベッドがあると来客時に生活感が見えることに抵抗がありますよね。

使わない時はベッドを収納してお部屋をスッキリできたら嬉しいと感じたことはありませんか?そこで今回は「収納できるベッド」をご紹介していきたいと思います。日中にお部屋をスッキリ広く使いたい方はぜひ収納できるベッドを使用してみて下さいね。

収納できるベッドとは?

収納できるベッドにはどのような種類があるのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

折りたたみ式ベッド

折りたたみ式ベッドとは、名前の通り折りたたむことができるベッドの事です。キャスターが付いているものと付いていないものがあり、折りたたむことでコンパクトになり部屋の隅にベッドを収納することができます。

ワンルームのお部屋や一人暮らしの方、日中はお部屋を広く使いたい方にオススメのベッドです。

小上がりになるローベッド

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500043827_g_0002_m.jpg です

フローリングに布団を敷くと底冷えや湿気が気になりますよね。とはいえ、ベッドを置くと部屋が狭くなるという悩みも出てきます。

そんな方には小上がりになるローベッドがおすすめ。小上がりとは床より少し高くなるスペースのことです。日中は寝具を収納して、リラックスできるスペースに変身します。

折りたたみ式ベッドの選び方

折りたたみベッドを購入する際の選び方について、ポイントをお伝えしていきます。限られた空間の中で快適に過ごせるように、ベッドを収納してお部屋をスッキリ広く使いましょう。

ベッドのサイズ

折りたためるベッドの場合、一般的なサイズはシングルベッドになります。セミシングルやセミダブルもありますが、シングルベッドであれば種類が豊富です。ご家族で寝る大きいベッドをお探しの方でも、折りたたみ式のシングルベッドを二つ並べるという方法もあります。

マットレスのタイプ

折りたたみ式のベッドには、マットレスが付いたものとすのこタイプのものがあります。湿気対策を考える方や敷布団を使いたい方は通気性の良いすのこタイプ高さがあるベッドを使いたい方はマットレスタイプを選ぶといいでしょう。

折りたたみ方

折りたたみ方には折るタイプと丸めるタイプがあります。折るタイプには二つ折り~四つ折りがあります。薄型のすのこタイプであれば丸めてコンパクトにベッドを収納することができます。

キャスターの有無

大きめサイズのベッドやマットレスベッドの折りたたみ式の場合はキャスターが付いていると移動が楽です。薄型のすのこタイプのベッドであれば軽いのでキャスターが付いていなくても簡単に移動できます。

小上がりになるローベッドの選び方

小上がりになるローベッドを選ぶ際のポイントをお伝えしていきます。ローベッドで小上がりを作ることで、ベッドを使わない時は布団を収納してお部屋をスッキリ見せることができます。

小上がりを家族との団欒や家事のスペースにするなど、日中の生活空間を増やしてみてはいかがでしょうか。

ベッドのサイズ

小上がりになるローベッドはコンパクトなシングルサイズから、2台並べてワイドキングサイズになるものまであります。お部屋の広さやベッドを使用する人数に合わせて選んでみて下さい。

小上がりの材質

小上がりには畳仕様のものとフローリング調のものがあります。フローリングのお部屋に和の空間を作るか、和室にフローリングのスペースを作るかによって選ぶことができます。

収納のタイプ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500042117_g_0002_m.jpg です

小上がりになるローベッドには収納付きのベッドがあります。ベッド下のスペースを有効活用できると嬉しいですよね。

例えば衣類などを引き出しに収納できるタイプ、収納ケースをベッド下に入れるタイプ、小物をオシャレに飾る収納ができるシェルフ棚付きのタイプなどがあります。敷いている布団をベッドに収納できる大容量のものもあり、来客時などに便利です。

ベッドを収納できるおすすめのベッド5選

ベッドを収納してお部屋をスッキリ広く使えるために、おすすめのベッドを5つ紹介していきます。ベッドを使う時だけでなく、日中の使わない時もイメージしながら読んでみて下さいね。

一人暮らしの女性にオススメ コンパクトな折りたたみ式ベッド

一人暮らしのお部屋におすすめの折りたたみ式ベッドです。ベッドサイズはセミシングルサイズで、長さがショート丈の180cmとなっています。リクライニング式ですので、ソファのように背もたれとして使うことができます。マットレスは高反発マットレスで寝心地も快適です。来客時やお掃除の時など日中は折りたたんで家具の隙間にベッドを収納することができます。

通気性抜群スノコタイプの折りたたみ式ベッド

こちらのベッドも二つに折りたためるタイプのベッドです。マットレスではなくすのこタイプになっています。湿気対策でベッドを置きたいけどスペースがないという方にオススメのベッドです。すのこは通気性がよく、布団の下に敷いておくだけで湿気対策ができます。また、薄型で高さが出ないので布団で寝ることになれている方にも安心で、使わない時は布団と一緒に折りたたんでベッドを収納することができます。

小上がりのフローリングになるローベッド

小上がりになるローベッドを置くことで、日中や来客時はベッドを収納してお部屋を広く使うことができます。一般的なマットレスベッドは存在感がありますが、夜はローベッドに布団を敷いて使い、日中は布団を収納することでフローリングスペースとしてゆったりと過ごすことができます。引き出し付きなので衣類や小物の収納もでき、ヘッドレスのため見た目もスッキリです。

布団が収納できる畳ベッド

こちらのベッドも小上がりになるローベッドです。床板下のスペースは仕切りがない大容量収納が可能で、クローゼットに入りきれない大きなものも収納できます。床板は通気性の良いすのこ仕様で収納スペースの湿気対策もでき、オフシーズンの布団も安心して収納できます。日中に布団を収納するスペースがない方にもおすすめです。マットレス部分は上質な美草畳で、横になってくつろぎたくなるような空間が作れます。

たたんでソファになるベッド

こちらはベッドマットレスになります。今お使いの布団の下に敷いたり、マットレスにそのまま寝ることも可能です。「家族みんなで一緒に寝たい、でもベッドを置くとスペースがない」という方におすすめです。最大幅ダブルベッド2台分の180cmで小さいお子様とご夫婦5人家族でもゆったり寝ることができます。日中はマットレスをたたんでソファに大変身しますので、布団やベッドを収納する手間がいりません。

まとめ

「ベッドを置きたいけど部屋が狭くならないか心配」「使わない時はベッドを収納してお部屋をスッキリさせたい」「来客時に生活感を隠したい」こんなお悩みの方にピッタリのベッドは「収納できるベッド」です。

コンパクトなお部屋や一人暮らしには折りたたみ式のベッド、湿気対策でベッドを使いたい方にはすのこタイプのベッド、ベッドを日中の生活スペースにしたい方には小上がりになるローベッドがおすすめです。日中にお部屋をスッキリ広く使いたい方はぜひ収納できるベッドを使用してみて下さいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP