寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 2086 view

お部屋をスッキリ!収納力が高いベッド5選【メリット・選び方も解説】

収納力の高いベッドを探しているけど、どのベッドを選べば良いかわからない…」

そんなお悩みをお持ちの方のために、本記事では「収納力が高いベッド」のメリットや選び方を詳しく解説し、厳選おすすめベッドをご紹介いたします!

ぜひ、最後までお付き合いください!

収納力が高いベッドのメリット

はじめに、収納力が高いベッドのメリットを紹介していきます。
収納力が高いベッドのメリットは以下の3つです。

・お部屋がすっきりする
・お部屋のレイアウトがしやすくなる
・種類が豊富

順番に解説していきます。

お部屋がすっきりする

最大のメリットは、「お部屋がすっきりする」ことです。収納力が高いベッドを使うことで、片付けることのハードルが下がり、お部屋にものが散乱しづらくなります。

また、空間も効率的に使うことができるので、余計な物を置く必要がなくなり、お部屋をすっきりさせることができるのです。

お部屋のレイアウトがしやすくなる

すっきりすることで「お部屋のレイアウトがしやすくなる」というメリットも生まれます。他に収納用のアイテムを用意する必要がなくなりますし、効率よくスペースを使うことができます。

自由に使えるスペースが増え、レイアウトの幅が広がることでしょう。

種類が豊富

収納付きベッドはベッドの中でも、かなり普及しているベッドです。一人暮らしの方にとっては、定番のアイテムになっています。そのため、市場にも多くの収納付きベッドが出回っており、種類も豊富です。

フロアベッドなどに比べると、かなり多くの種類がありますので、自分にあったデザイン、機能性を持った製品を見つけやすいでしょう。

収納力が高いベッドの種類

収納力の高いベッドは、主に以下の2種類です。

・収納付きベッド
・ロフトベッド

それぞれの特徴について述べていきます。

収納付きベッド

収納付きベッドはその名のとおり、収納が付いているベッドのことを指します。ベッド下に収納スペースとなる引き出しが付いているものがほとんど。デザインもオーソドックスなものが多いです。見慣れているデザインのものが多いので、安心してレイアウトすることができます。

ただ、ロフトベッドと比べるとレイアウトの自由度は低く、用途も限定的になってしまいます。

ロフトベッド

ロフトベッドは、ベッド下に空間があるベッドのことです。

このロフトベッドも収納力の高いベッドと言えます。空間を効率よく使うことができ、デッドスペースをかなり減らせるのが特徴です。ベッド下の空間を自由に使えるので、レイアウトの幅も広く、様々な使い方ができます。

ロフトベッドのデメリットとしては、収納付きベッドと比べてお部屋に圧迫感を与えてしまうこと、収納アイテムを用意する必要があることです。

収納力の高いベッドの選び方

収納力の高いベッドを選ぶ際に重要なポイントは以下の3つです。

・用途
・ベッドサイズ
・デザイン

順番に解説していきます。

用途から選ぶ

収納力が高いベッドを選ぶ際は、まず「用途」を考えてから選びましょう。収納力の高いベッドとして使いたい、収納さえできれば良いという方は、収納付きベッドとロフトベッド、どちらを選んでも満足できるでしょう。

注意したいのが、自由なレイアウトを楽しみたいという方。こういう方は、ロフトベッドの方がおすすめです。収納付きベッドですと用途が「収納」に限られてしまいますが、ロフトベッドは収納場所としても使えますし、机をおいて作業できる空間にしたりすることもできます。「収納」としてだけでなく、違った使い方もしたいという方は、ロフトベッドを選ぶようにしましょう。

ベッドサイズから選ぶ

ベッドサイズ」も非常に重要なポイントになります。自分にあったベッドサイズでないと、なかなか眠ることができず、翌日の活動に影響がでてしまいます。毎日をストレスなく過ごすためにも、自分にあったベッドサイズを選ぶようにしましょう。

一人暮らしの場合でしたら、「シングル」か「セミダブル」がおすすめです。ロフトベッドはサイズが限られており、セミダブル以上の商品はかなり少ないです。

デザインから選ぶ

最後に見るべきポイントは、「デザイン」です。ベッドを私たちの生活に欠かすことはできず、毎日使う家具でもあります。自分の好きなデザインのベッドを選ぶことで、良い気分で毎日を過ごすことができるでしょう。

おすすめ商品

収納充実のヘッドボード スライド収納付き_大容量チェストベッド

本製品は、他の製品を凌駕する収納力が魅力です。5種類の収納、8つの収納スペースがあり、とにかく大容量です。ヘッドボード部分には、移動式デスクキャビネットとして使えるスライド収納も。漫画やDVDの収納や文房具、置き場所に困る小物などを収納しておくのに、とっても便利です。とにかく収納力の高いベッドが欲しい方におすすめできる製品になります。

シンプルに生活する スリム棚・多コンセント付き収納ベッド

すっきりした印象を与えるシンプルなデザインの収納付きベッド。ヘッドボードは奥行10cmと非常にスリムで、お部屋に開放感を与えてくれます。ちょっとした小物を置くのにも便利です。また、4つのコンセントがついているので、電子機器をよく使う方でも安心して使うことができます。ベッド下には、大容量の引き出し収納が付属。大きい引き出しのため出し入れがしやすく、使い勝手が良いです。

布団が干せて快適 国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド

すのこタイプの収納ベッドです。ベッド下には、跳ね上げ式の収納があり、容量は約800Lと大容量。クローゼット1つ分ほどの収納力があります。跳ね上げ式の収納は、車のボンネットと同じ構造になっており、女性でもラクラク使えます。床下はすのこ構造になっており、通気性が抜群。布団干にも使うことができ、常に清潔な環境で眠ることができます。

空間を便利に使える 高さが選べる天然木ロフトベッド

ベッド下のスペースを自由に使えるロフトベッドは、収納力も抜群。こちらは高さが186cmもあるハイタイプのロフトベッドです。ベッド下はデスクやソファ、収納家具を置くこともできます。さらに、フット側には便利なフックがついておりますので、鞄や帽子をかけておくこともできますよ。見た目は、天然木を使用したナチュラルデザインになっておりますので、どんなインテリアにも馴染んでくれます。

安心な 階段ロフトベッド・ハイタイプ シンプル (シングル)

一般的なロフトベッドは梯子で昇り降りしますが、本製品は階段を採用。梯子で昇り降りに抵抗がある方でも、安心してお使いいただけます。ベッド下には広いスペースがあり、自由なレイアウトが可能。付属のハンガーポールを利用すれば、クローゼットのようにも使うことができます。自分で使い方をデザインしていきたい方におすすめの製品です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
収納力の高いベッドを使うことで、部屋をすっきりさせることができます。
本記事を参考にしながら、自分にあったベッドを探してみてください。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【長く使える♪】子供部屋におすすめの収納付きベッド15選

  2. 【チェストベッド】特徴まとめ&おすすめチェストベッド13選

  3. 家族4人で快適に寝たい♪おすすめのベッドやサイズを徹底解説!

  4. ギシギシ音とはさよなら!丈夫なベッドフレームで快適な睡眠を

  5. 【ポケットコイルorボンネルコイル】私の体に合うのはどっち?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP