寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 1785 view

「フローリングのお部屋に和の空間を」小上がりになるシングルベッド

最近では和室がない家が増えていますよね。そんな中、ベッドを使ってフローリングに和の空間を作る「小上がりスタイル」が人気を集めています。リビングに「小上がりになるベッド」を置くことで特別な空間を作ってみませんか?

この記事では小上がりになるシングルベッドの選び方やおすすめの商品をご紹介します。

小上がりになるベッドとは

小上がり」とは、床から一段高いところに作られた間のことを言います。小料理屋などで通路を挟んで設けられた座敷のようなイメージです。まずは、小上がりになるベッドのメリットや小上がり空間の使い方をご紹介します。

小上がりになるベッドのメリット

自宅に和室がない場合、小上がりになる畳ベッドを置くことで和の空間を作ることができます。逆に、和室しかない家にフローリング調の小上がりになるベッドを置くことで、フローリングのスペースを作ることもできます。

また、通常のベッドは寝る時しか使いませんが、小上がりにすると日中に使う生活スペースが広くなります。他にも、床に直接布団を敷くことに抵抗がある方や、お部屋の一角にオシャレで特別な空間を作りたい方にもおおすすめです。

小上がり空間の使い方

小上がりになるベッドを置くと、日中に過ごすスペースが増えます。例えば、ソファに腰掛けるように休んだり、クッションやラグを置きリラックスするのもいいでしょう

客室としてお茶を出したり、洗濯ものを片付ける家事スペース、子供のお昼寝などにも最適です。畳ベッドではそのまま横になってリラックスするのもいいですね。

小上がりになるベッドの種類

小上がりになるベッドには様々な種類があります。下記ではその一部をご紹介します。

  • 収納付き
  • 連結タイプ
  • 畳ベッド
  • フローリング調ベッド

収納付き

ベッドの床板下や、サイドスペースに収納が付いたベッドがあります

小上がりになるスペースを作るだけでなく、ベッド下のデッドスペースを収納場所として使うことでお部屋がより広く使えます。布団の上げ下ろしは方や腰に負担がかかり辛い方もいることでしょう。そんな方にはベッドの中にそのまま布団が収納できる大容量収納の小上がりベッドがおすすめです。

連結タイプ

畳のように長方形の小上がり空間を作る場合はシングルベッドやダブルベッド1台でいいですが、家族2~3人以上で使用する場合は2台並べて広く使える連結タイプがおすすめです。

並べるだけでなく専用の連結金具で固定するためずれたり隙間に落ちる心配がありません。子供が成長してベッドを使うようになった場合には、連結をはずして子供部屋に1台置くといいですね。

畳ベッド

一般的なベッドは木製の板やスチールのフレームにマットレスや布団を敷いて使用しますが、小上がりになるベッドの中には「畳」が用いられているものがあります。

和室がない家にも畳ベッドを置くことで、癒しの和の空間を作ることができます。

フローリング調ベッド

和室やリビングにベッドを置きたい場合はフローリング調のベッドがおすすめです

フローリング調のベッドはどんなお部屋にも馴染みやすく、腰掛けたり横になって休むのに過ごしやすいでしょう。ラグを敷いたりクッションを置いてテレビを見るスペースに最適です。

小上がりになるシングルベッドの選び方

小上がりになるシングルベッドを選ぶ際におすすめしたいポイントを7つご紹介します。ぜひ参考にして頂き、ライフスタイルやお部屋の雰囲気に合わせてお選びくださいね。

  • ベッドのサイズ
  • ベッドの高さ
  • 小上がり部分の素材
  • 床板の種類
  • 収納のタイプ
  • 耐荷重
  • ライト付き

ベッドのサイズ

1台のベッドで使う場合・2台のベッドを連結して使用する場合で、どのくらいの幅の小上がりを作りたいか決めておくことをおすすめします

畳1畳の幅は約85~95cmとされていますので、シングルベッド1台が畳約1畳分となります。連結すると畳約2畳分になり、より広く使うことができますね。なるべく省スペースに収めたい方は長さが短いショート丈のベッドもあります。

ベッドの高さ

小上がりになるベッドの高さは40cm以下が一般的です。昇降がしやすいおすすめの高さは30cm以下ですが、高さが気にならない方は高い方がベッド下により多くのものが収納できます。

腰掛けることが多い方は、高さがあると立ち座りしやすいでしょう。反対に、圧迫感を抑えたい場合や、小さな子供がいるご家庭ではロータイプがおすすめです。

小上がり部分の素材

ベッドの種類は木製・畳から選ぶことができます。木製の小上がりベッドはフレームと同じ素材になっているため、色やデザインに統一感があり見た目にもシンプルでお部屋に馴染みやすいでしょう。

畳の場合は暖かくて優しい和の空間を作ることができます。畳はベッドによって種類が様々で、洗える畳・クッション性のある畳・香りが良いい草・丈夫で滑りにくい美草などがあります。畳のカラーもブラウンだけでなく、ブラックやグリーンなどがありますフレームの色やお部屋の雰囲気に合わせて選ぶといいでしょう。

床板の種類

夜寝る時だけでなく日中もベッドの上で過ごすからこそ、床板は頑丈なものがおすすめです。また、小上がりベッドは脚が付いていないため空気の通り道がなく湿気がこもりやすくなっています。その中でもすのこタイプは通気性がよく湿気がこもらないため、カビやダニの発生を防いでくれます。

特にベッドの中に布団を収納したい方にはすのこタイプがおすすめです。

収納のタイプ

収納のタイプには、引き出し式・跳ね上げ式・床板を取り外すタイプ・シェルフ棚などがあります

高さが低く仕切りのある収納がいい方は引き出し式やシェルフ棚がおすすめです。腰掛けて立ち座りがしやすい高さがいい方は、深さがあり大容量の収納ができる跳ね上げ式がおすすめです。床板を取り外すタイプは、日中に布団をベッドの中に収納したい方におすすめです。

耐荷重

一般的なベッドの上では座ったり横になって休むだけですが、小上がりのベッドになると立って移動したり、子供が飛び跳ねたりすることもあるでしょう。きしみや揺れも感じにくくなりますので、耐荷重がしっかりしているものを選ぶといいです。

ライト付き

ヘッドボードにライトが付いていると、小上がりで過ごす際にお部屋の電気をつけなくても明るい空間を作ることができます。読書や横になって休む時・子供の寝かしつけなど、少しの明かりが欲しい時にライトが付いていると便利でしょう。お休み前や夜中に目が覚めた時にもライトがあると安心ですね。

小上がりになるシングルベッドおすすめ5選

それではいよいよBED STYLEが厳選した「小上がりになるシングルベッド」をご紹介します!

小さなお子様がいても安心「洗える畳で小上がりの空間を」

連結できるシングルサイズのベッドです。高さは昇降がしやすい29cm・大容量の収納ができる42cmからお選びいただけます。ベッドの底面には敷板があるので布団を清潔に収納できますよ。畳の種類も豊富で、お子様が汚してもすぐに洗える畳・寝心地のいいクッション畳・い草・美草からお選びいただけます。床板は通気性のいいすのこタイプになっています。

跳ね上げ式でラクラク収納「ライト付き畳ベッド」

ヘッドボードとライトが付いた機能的な小上がりベッドです。ヘッドボードのサイドから漏れる明かりは、まるで月が照らすような優しい雰囲気を作ります。幻想的な和の空間で日中のリラックスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。収納は開閉がしやすい跳ね上げ式になっています。ベッドの中をクローゼットのように使用して、布団やよく使うものを収納したい方には開閉が軽くて楽な跳ね上げ式タイプがおすすめです。

フローリングのリビングに馴染む小上がりベッド

リビングに特別な空間を作りたい方にはこちらのベッドがおすすめです。小上がりになるベッドは畳を使用しているものが多いですが、フローリング調のベッドはどんなお部屋にも馴染みやすく、リビングの一角に特別な空間を作り出します。インテリアとして小物を収納できるシェルフ棚がオシャレのポイントです。衣類などを収納しやすい引き出しも4杯付いています。高さ20cmで圧迫感のないベッドとして布団を敷いても使えますし、日中はラグを敷いてのんびり過ごすのもいいですね。

省スペースで置けるシンプルない草のベッド

ヘッドレスで省スペースにおけるベッドで、大容量の収納ができます。高さは40cm・47cmからお選びいただけます。47cmの高さですとかさばる布団や大型のものなどがたくさん収納でき、腰掛けるのにちょうどいい高さです。い草は香りがよく、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。高温多湿の日本だからこそ、畳を使った和の空間があると嬉しいですね。

引き出し付きの小上がりになるベッド

モノクロのシンプルデザインで頑丈な引き出し付きの小上がりベッドです。耐荷重600㎏となっており、ベッドであることを忘れるくらい安定したベッドフレームになっています。衣装ケースが最大8個分も入る大容量収納となっており、引き出しのタイプは引き出しなし・引き出し2杯・4杯からお選びいただけます。高さは42cmと腰掛けやすい高さになっており、来客時には高級感のある客間としても使うのもおすすめです。

まとめ

ベッドは夜寝る時に使うものとして考えがちですが、小上がりになるベッドを置くことで日中に過ごすスペースが広くなり、お部屋の一室に特別な空間を作ることができます。

畳やフローリング調・収納のタイプなど様々な種類がありますので、ライフスタイルやお部屋の雰囲気に合ったベッドを選んでみて下さいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】敷布団おすすめアイテム10選&選び方のコツ

  2. 狭いお部屋の方必見!ベッドを置く時のコツ&おすすめ商品18選

  3. 憧れの天蓋ベッド♡コーディネート実例&相性抜群なベッドをご紹介!

  4. 大人向けロフトベッドの選び方&おすすめ商品7選【寝室実例あり】

  5. 肩こりの原因はストレートネック?予防法と補正枕おすすめ5選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP