寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 1125 view

寝室をおしゃれですっきりさせたい人に!「脚付きベッド」のススメ

部屋にベッドを置くと、ベッドのタイプによっては圧迫感があって少なからず寝室が狭く見えてしまいます。また、ベッド下の通気性やデッドスペースが気になる人もいます。寝室をおしゃれですっきりさせたい人におすすめなのが「脚付きベッド」です。脚付きベッドのメリットやおすすめ商品をご紹介します

ベッドを買うときに気になること

新しくベッドを買うときに、本当にベッドを買うべきかやどんなベッドが寝室に合うのかを吟味します。ベッドを買うときに参考になる、多くの人がベッドを買うときに気になるポイントをまとめてご紹介します。

部屋全体の収納スペースの量

ベッドを買うときに気になるのが、部屋のスペースを有効活用できるかどうかです。ベッドは大型家具であることから、一度置くとレイアウトの変更が難しかったり部屋によっては置く場所が自ずと決まってしまうケースがあります。

クローゼットや押し入れなど、必要な収納スペースが備え付けられているかどうかはどのようなベッドを買うか決めるときに大切です。

ベッド下の通気性

布団と違ってベッドは、いつでも布団を干したりベッド下を掃除できたりするわけではありません。そのため、ベッド下に湿気が溜まってカビの原因になることを心配する人もいます。乾燥剤などをベッド下に置いて湿気を軽減させる方法やベッドを置く位置を工夫する方法などがありますが、ベッド自体の通気性も確認しておく必要があります。

圧迫感があり、部屋が狭く見える

ベッドと敷布団で悩む人の多くは、ベッドの圧迫感が気になる人が多いです。限られたスペースにベッドを置くと、他の家具の置き場所がかなり限られてしまうケースもあります。

また、ベッドのタイプによっては圧迫感があって部屋が狭く見えてしまうことが気になるという人もいます。

見た目すっきりの寝室には脚付きベッドがおすすめ

ベッドを置くと部屋のスペースが限られることや通気性などが気になりますが、そんな気になるポイントを解消してくれるのが脚付きベッドです。寝室の見た目をすっきりとさせてくれる脚付きベッドのメリットについてお伝えします。

ベッドの下を収納スペースとして使える

脚付きベッドは、ベッド下が空洞になっています。そのため、ベッド下を収納スペースとして使うことができます。ベッドの規格によりますが、衣装ケースを置くことが可能である場合もあります。予めベッド下に設置できそうな収納家具を持っている人は、脚付きベッドの下に置けないかどうか、ベッドの高さを確認することをお勧めします。

ベッド下の通気性が良い

ベッド全体を支えているのがフレームではなく脚なので、脚付きベッドは他のベッドと比べるとベッド下の通気性が良いことでも人気です。常にベッド下が開いている状態なので、いつでも掃除ができて部屋を換気すれば自動的にベッド下の換気もできることになります。湿気がたまりにくいので、気になるカビの心配も不要です。

圧迫感が少なくて、部屋がすっきりして見える

ベッドを置くと独特の圧迫感が気になりますが、脚付きベッドは他のタイプのベッドと比較すると圧迫感が少なくて部屋がすっきりして見えます。ベッド下が開いているので空間に余裕があるように見えるのです。

ただし、ベッド下を収納庫のようにいっぱいにしてしまうと他のベッドのように窮屈に見えてしまうので、脚付きベッドの下に物を置く場合は最小限に抑えるのがおすすめです。

脚付きベッドを購入するときのチェックポイント

脚付きベッドは、寝室をすっきりとした雰囲気にさせたい人やベッド下の湿気が気になる人におすすめのベッドです。イメージ通りの寝室作りには、事前のチェックが欠かせません。脚付きベッドを購入する際に確認しておきたいポイントをご紹介します。

ベッド下の隙間がどのくらいあるか?

脚付きベッドを購入するメリットの一つとして、ベッド下を収納スペースにしたいという人が多いです。ベッド下に置きたいものが置けるかどうかを確認するために、ベッド下の隙間の高さを確認するようにしましょう。もし具体的にベッド下に置きたいものが決まっていない場合は、高さが調整できるタイプの脚付きベッドもおすすめです。

ベッドフレームの素材が寝室のイメージに合うか?

ベッドフレームで寝室の雰囲気が変わるので、イメージしたテイストのベッドフレームを選びます。脚付きベッドにはウッドフレームが多いですが、スチール素材を使用したクールなタイプのベッドフレームもあります。

また、ウッドフレームの中にも耐荷重が異なるものや、カラーが選べるものなどもありますので、自分に合ったベッドフレームを選びましょう。

すっきりさ重視ならヘッドボードなしのタイプも

脚付きベッドで特徴的なのが、ヘッドボードなしのタイプのベッドがあることです。ヘッドボードがないと枕元の大きなパーツがないため、見た目がさらにすっきりとします。ナイトテーブルを置きたい方や、ヘッドボードに小物を置いたりスマートフォンの充電をしたりといった希望がない方はヘッドボードなしのタイプもおすすめです。

おすすめの脚付きベッド5選

シンプルですっきりとした印象のベッドフレームが多い脚付きベッドは、狭くなりがちな寝室を広く見せてくれる効果があります。数多くある脚付きベッドの中から、おすすめの脚付きベッドを5つご紹介します

シンプルデザインの脚付きベッド

脚付きベッドを取り入れるなら、とことんシンプルなものがおすすめです。ベーシック脚付マットレスベッドなら、国産のポケットコイルから寝心地を3種類から選ぶことができます。また、脚の長さは15cmと22cm、30cmから選べます。また、ニット素材はノンホルムアルデヒドのため、赤ちゃんが寝ても安心の造りで、フレームには天然木のユーカリを使用しているのも魅力的です。

ホテルのような快適な睡眠を約束する、脚付きベッド

まるでホテルのような寝心地を自宅でも味わえるのが、ホテルダブルクッション脚付きマットレスボトムベッドです。ラグジュアリーホテルのような寝心地を実現できるように設計されており、高密度ボンネルコイルが荷重を吸収して分散してくれます。ベッドの脚には天然木脚、すのこにも天然木を使用しているので安心です。ベッド下の高さが12cmなのでお掃除ロボットも通ることができ、いつでもベッド下を清潔にキープすることができます。

ウォルナット柄×クールなスチール脚 モダンデザインローベッド

クールな印象の脚付きベッドなら、スチール素材を使ったベッドがおすすめです。スチールが入ると一気にヴィンテージデザインになっているので、メンズライクな寝室作りをしたい人におすすめです。フレームがシンプルなので、ベッド周りがすっきりして見えます。ウォルナットとスチールのMIX素材がお洒落ですよね。

きしみ音を最小限にした、頑丈設計のパイン材脚付きベッド

脚付きベッドの中でも丈夫さにこだわる人におすすめなのが、パイン材の脚付きベッドです。北欧産のパイン材を使っており、静止耐荷重が200kgあるので大人の男性が寝ても安心です。パイン材は使う年月と共に色や風合いが変化していくので、愛着をもって使うことができる素材としてもおすすめです。高さは6cm、16cm、26cmの3通りに調整することが可能です。

落ち着いた大人の空間が作れる、フランスベッド製脚付きベッド

シンプルさや部屋を広く見せることも大切だけれど、大人の空間を作りたい人にはフランスベッド製脚付きベッドがおすすめです。洗練されたフランスベッドのデザインに機能性がプラスされています。ベッド下が10.5cmの高さがあるのでお掃除ロボットを使用することも可能です。ヘッドボードには間接照明のようなライトやコンセントが付いているので便利です。日本国内で一貫生産されたフランスベッドなら、日本人に合った寝心地を実現できます。

まとめ

脚付きベッドは、ベッドを置くことでありがちな圧迫感が少ないことでおすすめのベッドです。好みに合わせた素材やマットレスを選ぶことができ、高さが調整できるものもあります。脚付きベッドですっきりおしゃれな寝室作りをしましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  5. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP