寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 31702 view

ギシギシ音とはさよなら!丈夫なベッドフレームで快適な睡眠を

ギシギシとしたきしみ音は睡眠の妨げになってせっかくのお気に入りのベッドでのリラックスタイムが台無しに。ちょっと体重移動するだけでも音が鳴るともどかしい気持ちになる人も多いです。そんなきしみ音を解消すべく、今回は「丈夫なベッドフレーム」についてお話しします。

丈夫なベッドフレームを選んで、朝まで快適な睡眠を確保しましょう!

気になるベッドのきしみ音、何が原因?

ベッドに上り下りするときや寝返りをうったときになるきしみ音は何かと気になってしまいます。体重が重すぎるのか、それともベッドフレームの構造が弱いのかとあれこれ考えて悩みの種になってしまうことも。気になるベッドのきしみ音の原因にはどのようなものがあるのかご紹介します。

金具のゆるみ

きしみ音が気になるベッドフレームにはパイプベッドが多いです。パーツのジョイント部分に金具を使用しており、使っているうちに金具がゆるんでパーツ同士の間に隙間ができてきしみ音が鳴る場合があります。

定期的にベッドフレームの金具にゆるみが生じていないかどうか確認し、ねじを締めなおすなど対応すると気にならなくなるケースもあります。

金具のすり減り

金具がゆるんでいないにも関わらずきしみ音がする場合もあります。これは、金具が使用年数が経つにつれてすり減ってしまったことに原因があります。どうしても気になる場合は金具を交換するという方法もありますが、年数が経っているベッドフレームであればそろそろ買い替え時かもしれないと考えるのもありです。

床との摩擦が大きい

ベッドフレームと床との摩擦が大きい場合もきしみ音が出る場合があります。これは長い期間同じ場所にベッドを置いているときに起こりやすい事象です。床が多少なりと歪んでしまい、ベッドフレームと床との間に隙間ができることで摩擦が大きくなって音がでてしまいます。ラグやマットを敷いてベッドを置くことできしみ音は軽減されます。

安定感抜群の丈夫なベッドフレームとは?

ベッドフレームの気になるきしみ音は金具の劣化やゆるみ、床の歪みによって生じていることがわかりました。せっかく購入するならきしみ音がならない安心のベッドフレームを購入したいものです。安定感抜群の丈夫なベッドフレームとはどのようなものかお伝えします。

ひのきや桐など丈夫な素材を使用

ベッドを使っていてきしみ音が出ないためには、丈夫な素材を使っていることがまず大切です。具体的には桐やひのき、パイン材などがおすすめです。また、丈夫な木材を使っていたとしても床板がしっかりとした構造でないと耐荷重が心配になります。ベッドの脚や床板の厚さについても着目することをおすすめします。

床板の厚みや桟の本数が多め

ベッドのきしみ音の原因は、ベッドフレームが十分に支えられておらずフレームが動いてしまうことも関係しています。そのため、ベッドフレームの床板の厚みや桟の本数を購入の際にチェックすることをおすすめします。

耐荷重が200kg以上ある

きしみ音が気になる場合は、ベッドフレームの耐荷重を確認することも大切なポイントです。耐荷重が200kg以上あると平均的な体重の人であればきしみ音がなることが少ないといわれています。耐荷重に関しては商品の仕様の欄に書かれていることが多いですが、明記されていない場合は問い合わせると良いでしょう。

丈夫なベッドフレームの選び方

きしみ音が気になる人におすすめしたいのが丈夫なベッドフレームですが、何を基準に丈夫だと判断すればよいのでしょうか。丈夫なベッドフレームを選ぶ際に参考にするとよいポイントについてご紹介します。

ウッドタイプのベッドフレームを選ぶ

ウッドタイプのベッドフレームは、強度が強めだといわれています。また、スチールベッドと違って金具とベッドフレームとの摩擦が少なめなので、金具が緩んだりすることによってきしみ音が鳴るリスクが減るのもメリットです。ウッドタイプのベッドフレームを選ぶ際は、ベッドの脚の太さ、床板や桟の厚さなどもチェックしましょう。

床との接地面が少ないベッドフレームを選ぶ

脚付きのベッドフレームといった床との接地面が少ないベッドフレームを選ぶこともきしみ音を避けるのに大切なポイントです。床との接地面が多いと、長い間使っているうちに床がたわんでしまい、ベッドの床との接地面と床とできしみ音がなるためです。

高さ低めのローベッドを選ぶ

部屋のスペースやインテリアのイメージが合えば高さが低めのローベッドを選ぶのもおすすめです。ベッドの高さが低めだとベッドの重心が下に集まるので比較的安定しています。また、高さがあるベッドフレームと比較すると金具が少なめなので金具の劣化やゆるみを原因とするきしみ音も防ぐことができます。

きしみ防止パッドが付いたベッドフレームを選ぶ

ネジのゆるみやフレームの歪みなどがなくても、ベッドフレームにきしみ音がする場合があります。床板にきしみ防止パッドがついていればきしみ音が気にならなくて済みます。また、ベッドフレームにきしみ防止パッドがついていなくても、床板にきしみ防止パッドをつけることができれば音が軽減されたり気にならなくなったりします。

おすすめの丈夫設計ベッドフレーム

ギシギシなるベッドのきしみ音は、寝ていても気になってしまうとせっかくの睡眠時間が不快なものになってしまいます。気になるベッドのきしみ音とさよならできる、おすすめの丈夫設計のベッドフレームをご紹介します。

国産ひのき使用の丈夫なすのこベッドフレーム

ひとつひとつ広島県府中市の職人が手作りしている、国産ひのきを使用した丈夫なすのこベッドフレームです。丈夫なのに軽くて組み立ても簡単なことから、販売台数は1万個を超えました。ベッドの脚も6本あり、荷重を分散させることができるのできしみ音が出にくい設計になっています。

シンプルデザインで丈夫、カラーも選べるベッドフレーム

きしみ音の少ないベッドフレームの特徴である、床との接地面が少ないベッドフレームです。シンプルなデザインで北欧家具のようなおしゃれな脚が付いており、2台並べて使うことも可能です。床板は天然木を使用したすのこ仕様で、丈夫なすのこが体をしっかりと支えてくれます。また、カラーはナチュラルカラーとウォルナットカラーから選べます。

丁寧な造りで丈夫なチェスト付きベッドフレーム

日本製で大容量の収納スペースが付いたベッドフレームです。最大800リットルの収納スペースが付いており、小物から大きな物までサイズに分けて引き出しに収納することができます。JIS基準の耐荷重をクリアした設計なので、丈夫で長く使うことが可能です。

布団も敷ける頑丈設計のすのこベッドフレーム

耐荷重600kgという驚異の頑丈さを備えたすのこベッドです。一般的なベッドの耐荷重は100~150kgなのに対して、ベッド裏に12本の脚と60mmの桟が設置されているのでしっかりと支えてくれます。また床板も平均の10mmに対して25mm、ベッドの脚も50mmの太さを誇ります。マットレスだけでなく布団も敷けるようになっているので、現在使っている敷布団があればそのまま使うことができます。

デザイン重視の方におすすめのハイバックレザーベッド

きしみ音が気になるけれど、部屋のインテリアもこだわりたいという方にはハイバックレザーベッドがおすすめです。高級感のあるレザーのヘッドボードは柔らかい印象を与えてくれます。また、ベッドの脚もデザインにこだわっており、クラシカルなイメージです。デザインだけでなく内部構造にもこだわっていて頑丈な金具や補強用のセンターフレームとセンター脚もついています。デザインだけでなく、強度にもとことんこだわっています。

まとめ

ベッドの気になるきしみ音は、毎日寝るリラックススペースなのでできるだけ避けたいもの。丈夫なベッドを選ぶことできしみ音を避けることができるため、耐荷重や構造などにも目を向けて選んでみましょう。丈夫なベッドフレームで快適な睡眠を実現させましょう!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP