寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 3539 view

ずっと使える!子ども用二段ベッドおすすめ5選&失敗しない選び方

子どもが成長して1人で寝られるようになると、自分のスペースを確保したくなります。特にきょうだいのいる家庭では、二段ベッドを使う機会が多いのではないでしょうか。長く使うためにも、ベッド選びは失敗したくないですよね。そこで、子どもが喜んで長く使えるおすすめベッドのご紹介と失敗しないポイントもお伝えします。

二段ベッドの特徴

まず、二段ベッドの特徴をおさえていきましょう。

二段ベッドとは

二段ベッドの多くは上下に連結されています。最近は大きなベッドの下から小さなベッドを引き出すタイプも出てきました。子どもが使うイメージがありますが、宿泊施設や会社の社員寮でも使われているところがあります。

きょうだいのいる家庭でつかわれることが多い

二台のベッドを連結しているということで、主にはきょうだいのいる家庭で使われています。二段に分かれていることで、子どもそれぞれのパーソナルスペースも確保されます。

子どもの成長やライフスタイルの変化に合わせて使える

子どもが成長してくると、それぞれの個室を欲しがるようになります。また成長するにつれて、必要なものも変わり、スペースが必要になってきます。子どもの成長に合わせて、連結を外してベッドを分けるなど変化に応じて使い方を変えることができることも、二段ベッドのメリットです

二段ベッドのタイプ

近年、二段ベッドも様々なタイプが見られるようになりました。いくつかの種類をご紹介します。

ショート丈

ベッドの長さを短くしたタイプ。180~190cmの長さなので狭いスペースでも使えます。ただ、快適に寝られるのは160㎝ぐらいまでの身長になるため、使う人の体格や使い方に注意が必要です。

収納付き

ベッドの下に引き出しがついていたり、ヘッドボードやフットボードに棚がついている収納付きのものがあります。子どもの持ち物の収納や整理に使えます。

親子ベッド

上下に連結するタイプではなく、大きなベッドから小さなベッドを引き出すタイプ。きょうだいのいない家庭で、親子で一緒に寝る場合や高いところからの子どもの転落が心配な場合に使えます。

二段ベッドの選び方

毎日使うベッド。子どもが安全に快適に使えるものを選びたいですよね。納得の選び方をまとめてみました。

スペースに合わせて選ぶ

最も重要なのはスペースです。カタログやインターネットのサイトでイメージで選んでしまい、実際に届いた商品が大きすぎて、スペースに収まらなかったという失敗は特に家具類ではありがちな失敗です。必ず設置スペースの大きさを測るようにしましょう。

二段ベッドは高さもあるので、設置した場合の天井との隙間についても確認しておきましょう。狭すぎると、体を起こしづらくなります。

長く使えるデザインかどうか

せっかくのベッドなので、子どもの成長に合わせて長く使いたいですよね。そのためにもデザインは考えたいものです。特徴のあるデザインも多いですが、ご自宅の床や壁の色、すでに今ある家具の雰囲気とかけ離れていないか子どもの好みとも合わせて、選んでみましょう。

耐久性

毎日寝起きするものなので、耐久性はとても大事です。二段ベッドは耐荷重の表記をしている商品が多いので、選ぶ際はできるだけ重い耐荷重のものを選ぶようにしましょう。成長した時を考えて、目安としては、体重の2倍以上の耐荷重テストをクリアした商品を選ぶと長く使えます。

二段ベッドを選ぶときの注意点

二段ベッドを選ぶときの注意点もいくつかあります。ポイントを押さえておきましょう。

連結を外した時のサイズ

いずれ連結を外して分割して使うことを考えている場合は、連結を外したときのベッドのサイズを確認しておきましょう。二段ベッドの連結を外した場合、それぞれのベッドの高さやヘッドボードやフッドボードの大きさが違う商品もあります。同じ部屋で二台ベッドを並べて使うことを考えている場合は注意しましょう。

転落について

二段ベッドの上の段に寝る場合、転落にも注意が必要です。ベッドサイドのガードがしっかりついているかを確認しましょう。商品によっては、梯子に手すりがついているものがあります。お店などで実際に梯子やベッドサイドのガードを確認して、転落の不安のないものを選びましょう。

配置の仕方

部屋にどのように配置するかも重要です。子どもの生活動線に合う配置を考えましょう。ドアに近すぎて出入りが不便だったり、窓に近すぎて気温の変化が大きすぎたりといった不具合がないかどうかの確認が大切です。

まとめ

二段ベッドは子どもにとっては秘密基地のようなもの。自分だけのスペースはとってもうれしいものです。毎日の寝起きが楽しくなるよう、機能性や特徴をよく調べて納得できるものを選びたいですね。

おすすめの商品

お子さまの寝顔が見られる コンパクトショート丈頑丈2段ベッド

狭いスペースにも収まるコンパクトタイプ。高さも189㎝と低めなので、設置した時の圧迫感もありません。布団の上げ下げも楽にできます。コンパクトでも耐久性は抜群。カラーが選べるので、お部屋の雰囲気やお好みに合わせてコーディネートできます。

安心の頑丈設計と多機能さが自慢 デザイン2段ベッド

分割した時に、2台のベッドが同じサイズになるので並べた時の違和感がありません。梯子に手すりがついているので、上り下りも安心。大人の男性が乗っても丈夫な耐久性です。ハンガーパネルつきなので、帽子やカバンなど身の回りのものの整理もできます。

4.5畳でも置ける コンパクト天然木ショート丈2段ベッド

すっきりとしたシンプルデザインのコンパクトタイプの二段ベッド。天然木のすのこで通気性も抜群です。下段は高さが選べるので、お子様の体格やお部屋の状況に合わせて調節ができます。

お子様の成長に合わせた使い方ができる 棚付き親子2段ベッド

並んで寝られる引き出しタイプ。親子で並んで寝たり、転落が心配なお子様でも安心して使えます。お子様の成長やライフスタイルに合わせて、組み替えることができるので長く使うことができます。耐荷重やサイドレールなど、安心設計もばっちり。

便利な上下分割機能付きシングルにも パイプ二段ベッド

4色のカラー展開で、どんなインテリアにも収まるデザイン。上下段ともに耐荷重100㎏に加え、耐震性も高く安心してお使いいただけます。分解しやすいので、引っ越しなど移動時の手間も少ないのが魅力です。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP