寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 9369 view

兄弟三人で寝られる「三段ベッド」特集!三段ベッドの選び方も紹介

二段ベッドは主流になっていますが、三段ベッドはイメージが付きにくい方も多いのではないでしょうか。三段ベッドというとかなり大きく、自宅に置くのは現実的でないのでは?とお思いの方もいらっしゃるかと思います。いえいえ、最新の三段ベッドは日本の住宅にもスッキリ置けるんですよ。本記事では、三段ベッドのメリットやおすすめの使い方・選ぶ際のポイントなどをご紹介します。

三段ベッドとは

三段ベッドとは、名前の通りベッドが三人分付いたベッドです。三段ベッドの特徴やおすすめの使い方を見ていきましょう。

三段ベッドの特徴

三段ベッドの特徴は「ベッド一台の分のスペースで三人寝ることができる」ということです。布団や一般的なベッドであれば一人分の寝るスペース「約100cm×200cm」が三人分必要となりますが、三段ベッドにすることで「約100cm×200cm」のスペースに三人一緒に寝る事ができます。

三段ベッドがおすすめの人

三段ベッドがおすすめの人は以下の通りです。

三人兄弟で使う子供部屋にベッドを置きたい時

子供が小さい時は親と一緒に寝ていても、成長とともに子供部屋で寝るようになる家庭も多いことでしょう。兄弟が三人以上の場合は三人分のベッドを省スペースで置くことができる三段ベッドがおすすめです。

部屋が狭く三人以上の布団を並べることができない時

布団で寝る場合は三人分のスペースが必要になりますが、三段ベッドにすることで一人分のスペースがあれば三人一緒に寝る事ができます。

三段ベッドのメリット

三段ベッドにはどのようなメリットがあるのか見てみましょう。

狭い部屋に三人一緒に寝る事ができる

三人分の布団を並べるスペースがない部屋に三段ベッドを置くことで、一人分のスペースで三人一緒に寝る事ができます。また、兄弟三人で子供部屋に寝ることで自立心を育みます。

親と一緒に寝ることで安心感がある

子供が小さいうちから子供部屋で寝る場合は、親が一緒に寝るスペースがあると安心でしょう。三段ベッドにすることで親も一緒に寝る事ができます。

下段を収納スペースとして活用できる

子供が成長して下段が不要になった場合は、下段を収納スペースとして使うことができます。タイプによってはスライド収納式になっているものがあるので、引き出し感覚でスッキリ収納できますよ。

三段になるベッドを選ぶポイント

三段ベッドには様々なタイプがあります。三段ベッドを選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

サイズ

三段ベッドのサイズはベッドの幅と長さで決まります。一般的なベッドサイズで言うとシングルサイズにあたる幅約100cmのものが主流です。長さは200cm程度のものが多く、こちらも一般的なベッドと同じ長さになります。ベッドを置いたらドアが開かないなどとならないよう、部屋のサイズにあった三段ベッドを選びましょう。

高さ

三段ベッドは三人分のベッドになるので高さが2メートルになるものもあります。しかし、高さを抑えた150cmのベッドもあります。ベッドの高さにより圧迫感が出たり、光をさえぎってしまうこともありますので、高さの低いタイプがおすすめです。また、高さを調節できるベッドもあります。

分割できるか

三段ベッドの中には一段ずつ分割できるものがあります。例えば、子供が小さいうちは分割して親と一緒にシングルベッドとして使い、成長に合わせて三段ベッドにするといいでしょう。三段ベッドが不要になればまたシングルベッドに戻して使うこともできます。

可動式か

三段ベッドの下段が可動式のものがあります。下段が収納されており使う時に引き出して使う形です。見た目は二段でベッド全体の高さが抑えられ、引き出して使うことで天井までの高さがあるので開放感が出ます。また、収納スペースとして使う場合も可動式であれば出し入れがスムーズにできますね。

フレームの素材

三段ベッドのフレームは主に木製かスチール製になります。スチール製は低コストで軽いというメリットがありますが、揺れなど安全性が低い場合があります。木製は丈夫で揺れや耐荷重も高いため安心して使うことができるでしょう。

耐荷重・耐震

高さのある三段ベッドは耐荷重や揺れが気になりますよね。床板や上下のベッドを連結する部分・フレームの角の太さなどによって、耐荷重や耐震の強さが変わってきます。一般的な三段ベッドの耐荷重は100㎏程度のものが多いですが、大人が添い寝できる程の耐荷重150㎏のものもありますよ。

ライト・コンセントの機能

ベッドにライトが付いていると本を読んだり寝かしつけの時に便利ですね。夜中に子供の様子を見る時にもライトがあると安心です。ライトが付いていなくてもコンセントが付いているとライトを置くことができて便利ですよ。

カラー

三段ベッドのように高さのあるベッドの場合、お部屋に圧迫感を感じることがあるでしょう。ベッドカラーはナチュラルやホワイトなど明るめのものにすると、圧迫感が軽減されます。また、学習机など他の家具との色合いを合わせるのもいいですね。

安全性

三段ベッドのように床から高い場所で子供が寝る時は、転落に注意が必要です。寝返りをしても転落しないよう、高さのあるサイドフレームやサイドガードが付いているものを選ぶといいでしょう。

また、上段に上るはしごについても、はずれにくいか・滑りにくくなっているか・足をかけやすくなっているかなどのポイントを押さえて選ぶといいでしょう。

三段ベッドになるおすすめの商品

おすすめの三段ベッドをご紹介します。

天然木パイン材の三段ベッド

温かみのある天然木のパイン材を使用した三段ベッドです。カラーは明るい雰囲気のホワイト・ナチュラルでお部屋に圧迫感を感じません。上段・中段はお子様の成長に合わせて分割してシングルベッドとして使うことができます。下段はキャスター付きでお休みの際に取り出して使うことができます。

耐荷重150㎏の頑丈設計三段ベッド

一般的な三段ベッドは100㎏程度の耐荷重のものが多いですが、こちらの三段ベッドは大人が一緒に添い寝できる安心の150㎏で頑丈設計となっています。また、ベッドの高さは女性の大人でも布団の上げ下ろしがしやすい150cmとなっており、子供の様子や寝顔も確認しやすく安心ですね。床板はすのこタイプで通気性が良く、寝汗をかきやすい子供が使うベッドとして嬉しいカビ対策も万全です。はしごは垂直式のため省スペースで置くことができます。

おもちゃが置ける宮棚付き三段ベッド

上段のベッドに宮棚が付いており、時計や本・おもちゃなどの転落を防止しておくことができます。中段・上段は分割してシングルベッドとして使用でき、高さの調節も可能です。床下の高さ36cmにすると収納ボックスを入れることができて便利です。下段はキャスター付きで出し入れがしやすく、収納スペースとしても使うことができますよ。

ロフトベッドの下に置けるロータイプの親子ベッド

こちらはロータイプの親子ベッドです。ロフトベッドなど高さのあるベッドの下に入れ込んで使うことで三段ベッドにもなります。シンプル設計のため長さ200cm・高さ45cmとなっており、省スペースで置くことができますよ。下段と中段のスペースは約30cmありますので、収納スペースとして使うことも可能です。下段のみの購入もできますので、今お使いの二段ベッドの下に入れ込んで三段にすることも可能です。

まとめ

子供が使う三段ベッドは高さがあるため安全性を重視して選びたいですよね。耐荷重や耐震・サイドフレーム・はしごなど、お子様が安心して使用できるよう慎重に選びましょう。また、分割してシングルベッドとして使えるものや、可動式で高さを抑えたものもあります。ライフスタイルに合わせて選んでみて下さいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP