寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 613 view

充実時間もスッキリ寝室も手に入れられる!棚付きベッドの魅力♡

睡眠は人生で大切な時間。その睡眠をとるベッドにはこだわりたいですよね。そのこだわりの中に、ベッドでの過ごし方を入れてみるのはいかがでしょうか。ベッドでの過ごし方を楽しめると、睡眠にも良い影響が出るかもしれません。そんな過ごし方の充実におすすめなのが「棚付きベッド」です。寝室での過ごし方にこだわると色んな機能が欲しくなりますが、棚付きベッドは痒い所に手が届く家具です♪今回はそんな棚付きベッドの魅力に迫りたいと思います♡

機能付きベッドの種類

寝室での過ごし方を考えると機能付きベッドの虜になってしまうと思います。まずは、棚付きベッドを含めた「機能付きベッド」の主な種類を3つご紹介いたします。

家具付きベッド

ベッドに家具がついているタイプです。ベッド下に机やチェストが配置されている物や、お子様の勉強サポート家具がついている物など様々。ベッドと一緒に家具がついてくるので、お部屋の雰囲気をすぐに統一出来るのも魅力。

省スペースに沢山の家具を配置出来るように計算されていますので、コンパクトなお部屋でも安心して導入できるベッドです。

収納機能付きベッド

ベッドの下や脇に収納機能が付いたベッドです。ベッド下に引き出しを設けているタイプや、ベッド床が跳ね上げ式になっている物などがございます。ベッド下に収納したい物の種類によって、収納タイプが選べるのがポイント

枕元下などに本棚がある物もあり、物が多い方には嬉しい機能が満載なベッドです。

棚付きベッド

今回の主役、棚付きベッドヘッドボードに棚が付いており、ライトやコンセントが設備されていることが多いベッドです。棚には本や小物が置けますので、特に眼鏡をかけている方には嬉しい機能ですよね。棚にインテリアを施すことができますので、お洒落感が演出出来るところも◎。

家具を買うほどはないけれど、なんだかごちゃついてしまう。そんなお悩みを解消できるのが棚付きベッドです。

棚付きベッドの特徴

機能付きベッドの中でも棚付きベッドの特徴をいくつかご紹介いたします♪

ヘッドボードがある

棚を設置する場所は主にヘッドボードの位置です。そのため、棚付きベッドは基本的にヘッドボードがついています。ヘッドボードはベッドのデザインの一部。お部屋の雰囲気にあったヘッドボードをチョイスすれば、一気におしゃれ感もアップ。

また、ヘッドボードはマットレスがずれてしまうのを防止する役割もあるので、とても大切な部分でもあります。

コンセントがついている

棚付きベッドの場合コンセント機能もついている場合が多いです。それにより、ベッド自体に照明器具が備わっていることも。コンセントの有無は棚付きベッドの特徴として、かなり重視されるポイントです。

収納スペースがある

棚があるため、そこにスマートフォンを置いたり、本を置いたりすることができます。棚だけでなく、引き出しタイプの収納がある場合も。ヘッドボードのスペースを余すところなく使おう!と考えられているのも棚付きベッドの特徴ですよ。

棚付きベッドのメリット

棚付きベッドの特徴によって得られるメリットを3つご紹介いたします♪

就寝前時間を充実させられる

就寝前、ベッドで読書をしたり、音楽鑑賞をしたり。棚にアロマディフューザーを置いて香りを楽しむのも素敵ですよね。後は寝るだけという心持と、リラックススタイルで過ごせるベッドの上。そこで好きなことができたら至福のひと時になりますよね。棚付きベッドがあれば、その時間をより充実させることができますよ。

ベッド周りを整理整頓できる

ベッド周りは「家具を買うほどではないけれどなんだかごちゃつく」という場所の1つ。棚付きベッドがあれば、細々した物を収納することが可能に。スッキリとした寝室を手に入れることができますよ。

非常時に慌てない備えができる

万が一、就寝中に災害が起きたりした場合の備えをすることができます。懐中電灯を棚に常備したり、簡易的な折り畳みシューズを置いておくのも◎。いざという時の備えができるのが、棚付きベッドのメリットです。

棚付きベッドのデメリット

沢山の魅力とメリットがある棚付きベッドです。大きなデメリットはないものの、お部屋のタイプによってはデメリットになることも。そんなデメリットを3つピックアップしました。

ベッドが大きくなる可能性がある

棚付きになるその分長さが必要な場合が出てきます。ベッド機能のみよりも10㎝程度長さが出てしまうベッドも。コンパクトなお部屋にお住まいの場合は、「ベッドの全長」に注意してフレームを選んでみてくださいね。

ヘッドボードが必須

ヘッドボードがあるからこそ、棚付きを実現できるためヘッドボードは必須。「お部屋への圧迫感が心配だからヘッドボードはない方が良い」そう感じている方はロータイプの棚付きベッドをチョイスしてみてくださいね♪

組み立ての手間がかかる

組み立てが必要な棚付きベッドの場合、棚部分の組み立てに少々手間がかかります。ベッド機能のみよりも部品数が多くなるためです。もし組み立てが不安でしたら、組み立てサービスを利用したり、パーツが少ないタイプをチョイスして棚付きベッドを検討してみてください。

まとめ

今回は棚付きベッドの魅力をお伝えいたしました♪棚付きベッドを手に入れると、就寝前の時間を充実させることができ寝室時間が楽しくなりますよ。ベッド周りを清潔に保つこともできるので、寝室時間が増えるかもしれませんね。是非、睡眠空間でのリラックスタイムに棚付きベッドを導入してみてください♡

おすすめの商品

ここからはおすすめの棚付きベッドをご紹介いたします♪様々な特徴があるベッドをチョイスいたしましたので、寝室のお悩みに合うベッドが見つかるかもしれません。是非ごゆっくりご覧ください。

収納充実のヘッドボード スライド収納付き_大容量チェストベッド

ベッド1台に本棚とタンスを装備した大容量収納付きベッドです。引き出し収納と長物収納どちらも兼ねそろえていますので、収納する物を選びません。枕元スペースには本棚を完備しておりますので就寝前の読書時間の充実も◎。ヘッドボードには棚とコンセント機能もついているので、照明器具を置いたりしてインテリアを楽しむこともできますよ♡

必要な機能が揃った 棚・コンセント付きモダンデザイン収納ベッド

シンプルなデザインで、どんなお部屋にも合わせることができるベッド。ベッド下には引き出し収納付きなのですが、左右どちらからでも開けることが可能。お部屋の間取りを選ばない作りになっています。ヘッドボードには棚が付いており、両端に1口ずつコンセントを設置。ご夫婦で利用されても、それぞれ就寝前の時間を楽しむことができますよ♪

好きなものを好きな場所に 可動棚付きフロアベッド

北欧テイストのナチュラルなベッド。カビや湿気に強い日本の気候に合わせた合板を使用しているので、一年中安心してお使いいただけます。ヘッドボード自体が棚になっていて、好きな場所に棚を設置できるのも嬉しいポイント。インテリアへこだわりたくなるベッドです。ヘッドボードは可動棚ですので、組み立てが複雑でない設計になっているのも良いですね♪

布団感覚で使えるスーパーロー設計 棚・コンセント付フロアベッド

高さ6cmのスーパーロー設計のベッドです。お部屋への圧迫感を極限までおさえたデザインでありながら、スタイリッシュさも兼ねそろえています。その中でも機能性に優れており、棚とコンセント機能付き。ホテルライクな雰囲気を楽しみながら、ベッドでの時間を過ごすことができます。フレームカラーもお部屋に馴染みやすい3色をご用意していますので、寝室の雰囲気に合わせてチョイスしていただけますよ♪

自立する 子供がすくすく育つランドセルラック付木目調システムベッド

小さなお子様におすすめできるこちらのベッド。ランドセルラックとデスクがセットになっており、ごちゃごちゃしがちな子供部屋をスッキリと片付けることができます♪明日使うランドセルや体操服、教科書をラックにまとめておけば、お子様ひとりでも朝の支度ができそうです!木製なので安定感もあり、昇り降りの際も安心です。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  5. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP