寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 2648 view

広くて快適!クイーンサイズのすのこベッドおすすめ5選をご紹介

2人で広々と寝るのにおすすめなのがゆったりサイズのクイーンベッド。寝ている間にコップ1杯の汗をかくといわれているので通気性は欠かせません。ベッドの通気性を重視するなら外せないのがすのこタイプのベッドです。広くて快適に眠れるクイーンサイズのすのこベッドについてご紹介します。

クイーンサイズすのこベッドとは?

2人で広々と眠るのにぴったりのクイーンサイズのベッドは、できれば底板がすのこになっているものがおすすめです。クイーンサイズのすのこベッドとはどのようなものかご紹介します。

大人2人がゆったりと眠れるサイズ

クイーンサイズのすのこベッドは大人2人がゆったりと眠れるサイズのベッドです。一般的にベッドを選ぶ際に大切なベッドの幅は成人男性が85cm、成人女性が80cmだといわれています。クイーンサイズのベッドの幅はメーカーによって多少差がありますが160cm前後がメジャーなので、大人2人寝るのにちょうどいい幅であることがわかります。

セミシングルベッド2台を並べても作れる

クイーンサイズのベッドは幅が80cmのセミシングルサイズのベッドを2台並べて作ることも可能です。セミシングルサイズのベッドをそのまま2台並べても良いですし、ベッドがずれてすき間ができるのが気になる人は連結金具でつなげることができる連結ベッドを購入するのもおすすめです。

敷布団をそのまま使えるタイプも

クイーンサイズのすのこベッドは商品によっては敷布団をそのまま使えるタイプのものもあります。ベッドを購入すると、ベッドフレームとマットレスを同時に購入しなければならないケースが多いです。

しかし、床板がすのこになっているベッドの場合は、既にもっている敷布団をそのまま敷いて使うことができるものもあります。敷布団が使えるかどうかは商品の詳細を確認しましょう。

すのこベッドがおすすめの理由

ゆったりと2人で眠れるクイーンサイズのベッドの中でもおすすめなのがすのこタイプのベッドです。すのこは通気性が良く、掃除もしやすいのが特徴です。すのこベッドがおすすめの理由についてご紹介します。

通気性抜群

すのこベッドがおすすめの理由といえば、とにかく通気性抜群であること。ベッドのフレームの床板がすのこのような形状になっていて、一般的なベッドと比べると常に空気が通った状態になるので湿気がこもりにくくなりカビも発生しにくいです。

四季がある日本でベッド生活を送るのに適しています。冬は若干寒く感じやすくなるので、断熱材やマットを取り入れることで緩和するのがおすすめです。

掃除がしやすい

通気性が良いすのこベッドはベッド下が空洞になっているものが多いため、掃除がしやすいのも魅力です。最近はお掃除ロボットを取り入れる家庭が増えていることから、すのこベッドの下もお掃除ロボットが通れるように設計されていることが多いです。

ただ、全てのすのこベッドに当てはまるわけではありません。ベッドが脚付きになっていたり折りたたみタイプのすのこベッドを選んだりすると掃除が簡単です。

香りでリラックス効果がある素材

すのこベッドのすのこ部分に採用される木材は桐やひのき、パイン材などが多いです。いずれも香りがあり、リラックス効果があります。寝室をリラックスできる空間にしたいと思っている人にもすのこベッドはおすすめです。

クイーンサイズのすのこベッドの選び方

寝心地や使い勝手だけでなく、寝室を寛ぎの空間にすることが期待されるクイーンサイズのすのこベッド。各メーカーから様々な商品が販売されているのでどれを選べばよいのか迷ってしまいます。クイーンサイズのすのこベッドの選び方をご紹介します。

ベッドを置くスペースの確保

クイーンサイズのすのこベッドを購入する前にまず確認したいのが、ベッドを置くスペースの確保です。クイーンサイズのベッドを置く際は最低でも6畳以上の広さが必要です。

また、ドアの開きや部屋の構造によっては8畳以上あったほうが良い場合もあります。クイーンサイズのベッドを置くことができるか、また置くことによって圧迫感がないかどうかなど確認してから検討しましょう。

連結ベッドか1台のベッドにするかを決める

クイーンサイズのベッドは大型家具になるため、1台置くと部屋のレイアウトに制限ができてしまいます。将来的に1台ずつに分けて使うという選択肢も選べるのが連結ベッドです。セミシングルベッドを2台購入して連結金具でジョイントします。連結ベッドだとベッド毎にマットレスを変えることも可能ですので、寝る人の好みに合ったマットレスの硬さを選ぶことができます。

また、隣の人が寝返りをうったときなどに生じる振動も気にしなくて済むというメリットもあります。

耐荷重を確認

クイーンサイズのすのこベッドのほとんどは最低でも大人2人が眠れるだけの耐荷重があるように設計されています。

しかし、すのこの耐荷重は商品によって異なるので、大柄の男性や3人以上のファミリーで眠るといった場合はベッドの耐荷重が十分かを事前に確認しましょう。耐荷重が多いほど構造がしっかりしているので、ベッド独特のきしみ音もきにしなくて良いのでおすすめです。

人気のクイーンサイズすのこベッド

クイーンサイズのすのこベッドは、のびのびと眠れて通気性も抜群であることから人気があります。ベッドフレームの素材やカラーリングを選ぶのも購入の際の楽しみのひとつです。人気のクイーンサイズすのこベッドのなかからおすすめの商品を5つご紹介します。

上質な空間を作れるモダンライト付きクイーンすのこベッド

寝室をリラックス空間にしたい人におすすめのクイーンすのこベッドです。大きなサイズだと圧迫感があるのが気になりがちですが、こちらはローベッドになっているので部屋が広く見えます。ヘッドボードにはあたたかみのあるさりげない照明がついていてシンプルなデザインの小物置きもついています。

天然木使用であたたかい印象のすのこローベッド

すのこベッドといえば、木の温かみを感じられるフレームが魅力的です。こちらは天然木を使用したすのこベッドで、全体的にデザインがシンプルなのが特徴です。すのこの素材の中でも人気のパイン材を使用しており、木目や質感を大切に作られています。幅が広めのフレームにゆったりマットレスを置いたり、フレームいっぱいにマットレスを置くことも可能です。

2台に分けられる!丈夫な天然木すのこベッド

フレームが分割できるすのこベッドです。クイーンサイズの場合は2台のベッドを連結テープをつかってしっかりと連結します。フレームの厚みが6.5cmと薄くて2分割できるので移動や搬入も簡単に行うことができます。また、連結ベッドで気になりがちなマットレスのつなぎ目も、パッド一体型ボックスシーツを使うことで一体感がでます。

香りも寝心地も抜群のひのきすのこベッド

安心の日本製のすのこベッドです。無塗装の国産ひのきを使用しており、低ホルムアルデヒド製品なので赤ちゃんから安心して使うことができます。連結する場合は強度の強い金具でぴったり連結するので安心です。すのこは国産ひのきの他に通気性が通常のすのこの2倍あるといわれている繊維すのこやい草張り床板も選ぶことができます。

デザイン重視の人におすすめ!高級レザークイーンベッド

すのこベッドといえばウッドフレームがむきだしになっているものや、ナチュラルなテイストのものが多いです。しかし、中には見た目からはすのこベッドとはわからないデザイン性にこだわったクイーンサイズのすのこベッドもあります。すのこに通気性抜群の桐を使用していながらも高級感あふれるAPUレザーを使用したベッドです。ヘッドボードもゴージャスなデザインなので、デザインも快適さも欲しいという方におすすめです。

まとめ

クイーンサイズのすのこベッドは睡眠の快適さだけでなく、おしゃれな寝室も実現できるおすすめのベッドです。一緒に寝たいけれど好きな寝心地が違う場合はマットレスを2種類に分けて選択することもできるので便利です。広々としたクイーンサイズのすのこベッドで快適な眠りを実現させましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP