寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 555 view

1人でゆったり眠りたい!セミダブルベッドのマットレスおすすめ5選

一人暮らしなどのベッドを選ぶ際に、シングルサイズのベッドが1人用のベッドと思って選ぶ人がいますが、シングルベッドは厳密にいうと1人で寝るには少し窮屈である場合があります。実は、1人でゆったり寝るならセミダブルベッドがおすすめなんです。セミダブルベッドの寝心地を決めるおすすめのマットレスをご紹介します。

セミダブルベッドとは?

セミダブルベッドとはダブルベッドよりも少し幅が小さめのベッドサイズのことをいいます。シングルベッドの幅が97cm、ダブルベッドの幅が140cmであるのに対してセミダブルベッドは120cmです。セミダブルベッドのサイズやおすすめの用途についてご紹介します。

2人用のベッドではなく1人用

セミダブルベッドは「ダブル」と付いていることから、シングルベッドに対して狭めの2人用ベッドと思う人がいますがそうではありません。セミダブルベッドはホテルのシングルベッドとしてよく取り入れられている1人用のベッドです。

寝返りが多い人や体格のしっかりとした人におすすめ

セミダブルベッドは寝返りが多い人や体格がしっかりとしている人におすすめのサイズです。成人男性1人が快適に眠れる最低限の幅が85cm、成人女性は80cmです。幅が97cmあるシングルベッドは一見快適に眠れるサイズと思われるのですが、寝返りを打つとなるとわずか15cmほどしか余裕がないことになります。

また、肩幅がしっかりとしている男性にとっては目安の85cm幅だと寝返りもうてない状況になることもあります。そのため幅に余裕があるセミダブルは、1人で比較的ゆったり眠ることができるサイズと言えます。

2台並べればワイドキングサイズに

セミダブルベッドは2台並べるとワイドキングサイズのベッドとして使うことができます。そのまま並べても良いですし、連結金具でずれないように固定するのもおすすめです。ワイドキングサイズの1台のベッドを購入すると将来的に分割できませんし、部屋の搬入経路もかなり余裕がないと置くことすら難しい場合もあります。

セミダブルベッド2台にすればそれぞれのベッドで好みのマットレスを選べますし、必要に応じて1台ずつのベッドとして使うことも可能です。

ベッドのマットレスの種類

セミダブルサイズのベッドは1人でゆったり寝るのに快適なサイズです。サイズと共にベッド選びの際に大切にしたいのがマットレスの種類です。寝る人にぴったりのマットレスを選ぶ際に参考にしたい、ベッドのマットレスの種類についてお伝えします。

ボンネルコイルマットレス

ベッドのマットレスの中でもメジャーなのがボンネルコイルマットレスです。複数のコイルを連結させて面で体を支えるタイプになっています。弾力性があり面で支えることから寝返りがしやすいのが特徴です。コイル独特のきしみ音が気になる人には不向きかもしれませんが、きしみ音が少ないものや振動の少ないボンネルコイルマットレスもあるため、検討してみるのも良いでしょう。

また、ポケットコイルマットレスを比べるとリーズナブルなものが多いです。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは近年日本人から支持を得ているマットレスです。コイルひとつひとつが不織布に包まれていて、それぞれのコイルで体を支えるため正しい寝姿勢をキープしやすくなっています。

また、コイルマットレスのため、湿気がたまりにくく通気性も良いのがメリットとして挙げられます。

ウレタンマットレス

ウレタン素材のマットレスはとにかくリーズナブルに好みの硬さのマットレスを購入できるのが魅力です。低反発ウレタン素材と高反発ウレタン素材のマットレスがあります。女性や子どもからはやわらかい低反発ウレタン素材のマットレスが人気があります。

また、寝返りが多い人や腰痛が気になる人からは高反発ウレタン素材のマットレスが支持されています。通気性はコイルマットレスと比較すると劣りますが、気軽にベッドを取り入れることができるのでおすすめです。

セミダブルベッドのマットレスの選び方

セミダブルベッドで快適に寝るための寝心地を決めるマットレスは、大きく分けるとコイルマットレスとウレタン素材のマットレスがあります。日本人に合う仕様といっても体格や好みによってぴったりのものは人それぞれ違います。セミダブルベッドのマットレスの選び方をお伝えします。

マットレスのタイプを決める

セミダブルベッドのマットレスを選ぶ際は、まずマットレスのタイプを決めます。体を面で支えるボンネルコイルマットレスや日本人に比較的合うとされているポケットコイルマットレス、リーズナブルなウレタン素材のマットレスから選びます。

また、コイルマットレスの場合は片面と両面の2種類があるので費用面とのバランスをみて選択しましょう。

マットレスの硬さを選ぶ

マットレスのタイプが決まったら、マットレスの硬さを選びます。マットレスのタイプを選んだ時点である程度マットレスの硬さは決まっているのですが、ポケットコイルの場合はコイルの配列方法で硬さが異なりますし、ウレタン素材マットレスの場合は低反発と高反発でかなり寝心地が違います

また、ボンネルコイルマットレスも商品によってハードタイプやミドルタイプなどに分かれています。

マットレスの機能性で選ぶ

セミダブルベッドのマットレスは種類や硬さの他に機能性からピックアップすることも可能です。通気性や肌触り、お手入れのしやすさなど毎日使うものだからこそ備わっていると便利な機能性から選ぶのも良いでしょう。もし部屋が湿気やすい場合は抗菌や防カビ加工が施されているものを選ぶと安心です。

快眠に役立つおすすめのセミダブルベッドのマットレス

1人で快適に眠れるおすすめのセミダブルベッドは、マットレスによって寝心地が決まるといっても過言ではありません。マットレスの種類や選び方についてご紹介してきましたが、実際にどのような商品があるのか事前に確認できるとスムーズに選ぶことができます。快眠に役立つおすすめのセミダブルベッドのマットレスをご紹介します。

日本で最も愛されているセミダブルベッドのマットレス

日本の歴史あるマットレスメーカーの一つであるフランスベッドが手掛けるセミダブルベッドのマットレスです。1本の鋼戦で編んだスプリングが体が沈み込むのを防ぐため、理想的な寝姿勢をキープすることができます。面で体をささえるので、マットレスがたわんだりヘタったりすることが少なく長く使えます。

カスタマイズ可能な国産セミダブルサイズのマットレス

沈みがちな腰の部分が硬めにカスタマイズされた国産のセミダブルサイズのマットレスです。プロファイル加工が施されているウレタン素材のため、体が沈み込まず体圧がしっかりと分散されます。硬さはレギュラータイプとハードタイプの2種類から選ぶことができ、どちらも真ん中が硬めになっています。カラーはブラウン、ナチュラルベージュ、ピンク、ブルーの4種類から選択可能です。

通気性抜群の呼吸するセミダブルのベッドマットレス

累計販売枚数38万枚を誇る人気のベッドマットレスです。日本製のボンネルコイルマットレスを使用しており、適度な硬さと弾力性があるのが特徴です。また、まるで呼吸しているような通気性があり、日本の気候でも湿気がたまりにくくなっています。手軽に搬入できるロールパッケージで届くので搬入経路に困りません。

薄型でしっかり支える!セミダブルポケットコイルマットレス

薄型なのに体をしっかり支えるセミダブルサイズのポケットコイルマットレスです。コイルマットレスなのに畳めるだけでなく、高品質で低価格なので手に取りやすい仕様になっています。和室で敷布団としても使えるだけでなく、厚みに制約がかかる2段ベッドやロフトベッド、チェストベッドにも使えます。

移動も楽々!分割式マットレスベッド

マットレスとベッドはそれなりの大きさがあるため、1人で移動させるのは至難の技です。分割式マットレスベッドなら真ん中でベッドが2つに分かれるので女性でも簡単に移動させて模様替えや搬入を行うことができます。脚が通常のベッドが4本もしくは6本であるのに対して、分割式マットレスベッドは8本あるので安定感にも優れています。

まとめ

セミダブルサイズのベッドは1人でゆったりと寝れるおすすめのベッドサイズです。様々なマットレスのタイプがありますが、寝る人に合ったマットレスを選ぶことが大切です。好みや体格に合ったセミダブルサイズのマットレスを選んで快適な睡眠時間を過ごしましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  3. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  4. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

  5. セミダブルサイズは狭い?二人で寝るときのベッドサイズを解説!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP