寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 1514 view

家族でゆったり!高級キングサイズベッドで優雅に眠ろう

高級感あふれるキングサイズのベッド。ホテルのランクの高い部屋に使用されるサイズで、あの広さに憧れますよね。そんなキングサイズのベッドを家庭でも使いたいという方に、キングサイズのベッドの基本情報から選び方、そしておすすめのベッドを紹介します。

キングサイズのベッドはどのくらいの大きさ?

まずは、キングサイズのベッドの基本情報、大きさについて見ていきましょう。

キングサイズベッドの幅や長さ

キングサイズのベッドは幅約180cm×長さ約195㎝です。ホテルのスイートルームにも使われる大きさで、非常にゆとりがあります。

何人で寝られるの?

大人2人で横に並んで寝るのに十分な広さがあります。自分の両サイドは約20㎝の幅を保てるので、ぎゅうぎゅうで寝返りがうてないということもないでしょう。かといって相手を遠くに感じることもなく、程よい距離感で寝られます。小さなお子さんを間に寝かせられる広さもあるので、大人2人+子供1人という使い方もできます。

寝室の広さはどのくらい必要?

8畳以上の広さは欲しいところです8畳の部屋の広さは約360㎝×360㎝なので、引き出し付きのベッドを置く場合や他の家具を置きたい場合でもスペースに余裕を持つことができます

4畳半の部屋に置くと、両サイドに横歩きしかできない程度のスペースしか残りません。

6畳の広さがあればベッドを置くことはできますが、他の家具を置くのは難しいでしょう。6畳の部屋を寝室として利用すると割り切っているのであれば、ベッド横にサイドテーブルやランプを飾っておしゃれに演出してもいいですね。

キングサイズベッドのメリット、デメリットとは?

続いて、キングサイズのベッドのメリット、デメリットについて紹介していきます。

キングサイズのメリットは?

キングサイズのベッドを選ぶとどのようなメリットがあるのでしょうか?やはりベッドの広さが最大の魅力です。

2人で寝るには十分な広さ

キングサイズは一度は憧れる広さではないでしょうか。1人で寝るとしたら大の字で寝てもベッドから落ちる心配はない広さです。2人で寝るにも十分な広さがあり、寝る場所の取り合いということはないでしょう。

ファミリーで使いたい人にも向いている

大人2人の間にお子さんを入れても寝られるスペースがあります。ファミリーで一緒に寝たいという方にもおすすめのベッドです。

キングサイズのデメリットは?

一方でキングサイズのデメリットもあります。どういったことが不便に感じるのでしょうか?

シーツやフレームの種類が少ない

他のサイズに比べて需要が少ないからか、キングサイズのシーツやフレームの種類は限られています。好みのカバーリングが見つからない場合もあるので注意が必要です。とはいえ、キングサイズのベッドでもモダンやスタイリッシュなどデザインの種類はあり、収納など機能面も充実したベッドはあります。後ほどおすすめのベッドを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

搬入できない場合がある

1枚タイプのマットレスは非常に大きいため、搬入経路の幅を通れないと配置することができません。購入前にはドアや通路、エレベーターなどの搬入経路の確認をしておきましょう。ロールタイプのマットレスを選ぶ、マットレスを2枚にするなど搬入しやすいものを選ぶというのも1つの手段です。

キングサイズベッドを選ぶときのポイント

ここからは、キングサイズのベッドを選ぶときのポイントを紹介していきます。

マットレスは1枚か、2枚か

マットレスのタイプは1枚のものもあれば2枚のものもあります。1枚だとマットレスの隙間を気にせず寝ることができます。お子さんを間に寝かせたい場合も1枚タイプはおすすめです。

一方、2枚だと2人で寝てもお互いの振動が気にならないというメリットがあります。

また、1枚タイプよりも搬入しやすいため搬入経路を確保したい方におすすめです。隙間は隙間パッドで埋めたり、キングサイズ用の敷きパッドやボックスシーツを利用したりすることで気になりにくくなります。

部屋の圧迫感が気になる場合はロータイプを

キングサイズのベッドは幅が広い分、部屋に圧迫感が出やすくなってしまいます。気になる場合はロータイプのものを選ぶと良いでしょう。天井とベッドとの間に空間ができることによって、部屋に開放感が生まれます。

収納機能をつけるか

キングサイズのベッドは幅をとるため、他の家具が置きづらい場合があります。そんなときは収納付きベッドを選ぶことで、ベッド下も収納スペースとして有効活用しましょう。本来収納を置くはずだったところにスペースができる分、他の家具を置くことができますよ。

ただし、引き出しタイプのベッドを選ぶ場合は、引き出しを全開にできるスペースが十分にあるかをしっかり確認しましょう。ベッドサイドにスペースがない場合は、上下に開閉する跳ね上げタイプがおすすめですよ。

おすすめの高級キングサイズベッド5選

最後に、おすすめの高級感あふれるキングサイズベッドを5つ紹介します。

上質な癒し空間 モダンライト・コンセント付き大型ローベッド

床からの高さを抑えたフロアタイプのベッドは、開放感あふれる空間を演出できます。シャープなデザインでありながら、ヘッドボードから零れる光からは穏やかな温もりを感じます。夜間に起きてしまったときでもライトがすぐにつけられるのは安心ですよね。床板には通気性のよりすのこを使用しており湿気にくい作りになっています。キングサイズのベッドにはヘッドボードの左右に1口ずつコンセントも付いていて機能的です。

高品質 高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド スリムタイプ

銘木アルダーの突板を使用しており、木目をプリントした家具とは異なる、本物の木の柔らかで気持ちのいい手触りを感じることができる上品な仕上がりです。モダンライト付きで、枕元をほのかに照らします。寝室が一気にリラックス空間になりますよ。フルスライドレールの収納付きで、出し入れは簡単かつ大容量収納が可能です。

レザーが魅せるラグジュアリーな空間 モダンデザインベッド

低重心のカッコよさを引き立てる合皮レザー仕様。艶やかなレザーは部屋の雰囲気をキリっとさせます。一方で、ふっくらとしたヘッドボードに体を預ければ、寝る前のくつろぎ時間も楽しめますよ。マットレスは計6種類あり、隙間のない1枚タイプを選ぶも良し、2枚で相手に配慮するのも良いでしょう。

抜群の収納力でゆったりとくつろげる 棚・コンセント付収納ベッド

飽きがこないシンプルなデザインなので、長く愛用できそうですね。コンセントがついた無駄な装飾のないヘッドボードには本や眼鏡、時計などの小物を置くことができます。ベッド下は賢く収納に使うことができます。引き出し収納が2杯ついているので、リネン類や衣類の収納にピッタリです。

暮らしをより良く 大型跳ね上げすのこベッド

たくさん収納したい!という方におすすめの大容量跳ね上げ式ベッドです。ベッド下一面が収納スペースになるので、部屋のスペースにゆとりができますよ。日本製のガス圧シリンダーを使用しているので楽々開閉ができます。収納のサイズもレギュラー、ラージ、グランドの3段階から収納したいものの量に合わせて選択可能です。

まとめ

キングサイズのベッドは、2人で寝るのにも十分な広さがあり、お子さん1人を間に寝かせられる広さがあります。1人が寝返りをうったり大きく動いたりしてもお互いの眠りを邪魔しません。一緒の時間を共有しながらも快適に眠ることができますよ。心温まる家族の睡眠時間をキングサイズベッドで過ごしてみませんか?

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  2. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP