寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 1274 view

クローゼットに変身!コンセント・ハンガーポール付きロフトベッド

1人暮らしやワンルームの部屋に人気を集めている「ロフトベッド」。その中でも機能性抜群の「コンセント」「ハンガーポール」が付いたロフトベッドをご紹介します。スマホの充電に便利なコンセント、クローゼットのように使えるハンガーポール付きロフトベッドで快適な生活を手に入れましょう。

ロフトベッドとは

ロフトベッドとはどのようなベッドなのでしょうか。まずはロフトベッドの特徴・メリットを見ていきましょう。

ロフトベッドの特徴

ロフトベッドは寝床が床よりも高い位置にあるベッドのことを言い、寝床に上がるための階段やはしごが付いていることが特徴的です。床から寝床までのスペースは100cm~180cm程あり、高さによって家具を置き居住スペースとして使えますし、クローゼットのように収納スペースとしても使うことができるのも他のベッドにはない特徴です。

ロフトベッドのメリット

ロフトベッドの一番のメリットは「ベッド下のデッドスペースを有効活用できること」です。ベッドを高い位置にすることで部屋の中で使える面積が増え、ロフトベッドの下に家具を置くことができます。ロフトベッドの下を居住スペースとして使うと、まるで一部屋増えたかのような感覚で、自分だけの特別な空間になることでしょう。

他にも、クローゼットが狭い部屋の場合はロフトベッドの下を広々とクローゼット感覚で使うことができます。収納家具を置いたり、丈の長いコートやスカートなどをハンガーにかけておくこともできますよ。

ロフトベッドがおすすめの人

このようなメリットから、ロフトベッドは「狭い部屋」「ワンルームの部屋」「クローゼットが狭い部屋」「荷物が多い人」におすすめです。
部屋が狭くてベッドが置けない」「クローゼットから荷物があふれている」という人は、ぜひロフトベッドでお部屋を広く使って快適な生活を送りましょう。

コンセント付きロフトベッドのメリット

ロフトベッドには様々な種類がありますが、ロフトベッドを選ぶ時のポイントとしておすすめなのが「コンセント付き」のロフトベッドです。コンセントが付いているとどのようなメリットがあるのか見てみましょう。ぜひ参考にしてみて下さいね。

スマホなどの充電ができる

夜寝る時にスマホなどの充電をする人は多いことでしょう。しかし、ロフトベッドは寝床が床よりも高い位置にあります。そのため、充電するためのコンセントが頭元まで届かない事もありますよね。そこで、ロフトベッドの頭元にコンセントが付いていると、夜寝ながらスマホなどの充電がラクにできて便利ですよ。

ライトが置ける

夜中に目が覚めてロフトベッドを降りる時、「暗くて足元が見えない」となると転落や転ぶ危険があって怖いですよね。そんな時にロフトベッドにコンセントが付いていると頭元にライトを置くことができますよ。手の届くところにライトがあると、夜目が覚めた時にお部屋を明るく照らしてくれますので、安心して階段の昇降ができますね。

延長コードを使わないので見栄えがいい

このようにスマホの充電やライトを置くために、延長コードを使用している人も多いことでしょう。

しかし、床より高い位置にあるロフトベッドの頭元まで延長コードを持ってくるには長さが必要ですし、上から延長コードを垂らした状態ではあまり見栄えが良くありませんね。こんなお悩みはコンセント付きのロフトベッドで一気に解決しますよ。延長コードを使わず、スッキリ見栄え良く電気を使いましょう。

ロフトベッドの種類と選び方のポイント

ロフトベッドには素材や高さなど様々な種類があります。ライフスタイルお部屋の雰囲気に合わせて、お好みのロフトベッドを選んでみて下さいね。それでは、ロフトベッドの種類と選び方のポイントをご紹介します。

素材で選ぶ

ロフトベッドには木製とスチール製があります。双方のメリットを知っておくと、自分に合うロフトベッドが選べますよ。

木製

木製のロフトベッドは、木の温もりがあり温かい雰囲気のお部屋を作ることができます。木目調がオシャレなデザインもありますし、ブラウンなどの濃い色は重圧感のあるカッコいい雰囲気になるでしょう。頑丈で揺れやきしみを感じにくく、たんすや収納棚など他の家具と合わせやすいというメリットもあります。

スチール製

スチール製のロフトベッドは、いわゆるパイプベッドです。中が空洞になっているため軽くて移動しやすい・低コスト・組み立てが簡単などのメリットがあります。他にも、木製のロフトベッドと比較して長さや高さの調節ができるものが多いですよ。デザインがシンプルで圧迫感がなく、どんなお部屋にも合わせやすいです。

高さで選ぶ

ロフトベッド選びでは、高さも重要な要素となります。使う人や収納物の量に応じて選びましょう。

ロータイプ

ロータイプのロフトベッドは、ベッド全体の高さが「150cm以下」のものを言います。ロフトベッドの下を収納スペースとして使いたい人におすすめです。収納ケースを重ねておくこともできますし、高さのある扇風機やスーツケースなどをベッド下に収納することも可能ですよ。

高い場所が苦手な方にも安心で、高さを抑えてお部屋に圧迫感を感じにくいというメリットがあります。

ミドルタイプ

ミドルタイプのロフトベッドは、ベッド全体の高さが「150~170cm」のものを言います。ロータイプのロフトベッドよりも高さがありますので、長さのあるコートやスカートなどをクローゼットのようにかけて収納することができます。

高さのある収納棚を置いて整理整頓するのもいいですね。高いところが苦手な方はミドルタイプを選ぶといいでしょう。高さがないため布団の上げ下げがしやすく、布団を定期的に干しやすいというメリットもあります。

ハイタイプ

ハイタイプのロフトタイプは、ベッド全体の高さが「170~200cm」のものを言います。ベッド下の空間を広く使うことができますので、ベッド下にソファやデスクを置き居住スペースとして有効活用するといいでしょう。

高さのある収納棚を置いたり、ロングコートなどをかけることも可能です。ただし、ベッドから天井までの高さに注意しましょう。背の高い方がハイタイプを利用すると、起き上がるとき天井に頭をぶつける可能性があります。

機能を選ぶ

ロフトベッドには普通のベッドにはない機能があります。ぜひチェックしておいてくださいね。

コンセント・宮棚付き

ロフトベッドに欠かせない機能が「コンセント」「宮棚」です。コンセントが付いているメリットは前項でもご紹介した通り、寝ながらスマホの充電ができますし、ライトを置くこともできます。快適にロフトベッドで過ごすために欠かせない機能ですね。

ロフトベッドは床より高いところにありますので、上からものが落ちないように宮棚付きを選ぶといいでしょう。スマホや眼鏡・時計などが上から落ちてしまうと破損したり壊れてしまう危険があります。読みかけの本やぬいぐるみなどを置くのもいいですね。

ハンガーポール付き

ロフトベッドの下の空間をクローゼットとして使いたい方に必見の「ハンガーポール」です。衣類の収納は「畳んで収納」「吊るして収納」という2タイプに分けることがおすすめです。ハンガーラックなどを置くとその分場所を取ってしまうので、予めロフトベッドにハンガーポールが付いているものを選ぶといいですよ。

ハンガーポールが付いているとコートやスカートなど、形を崩したくないもの・シワを作りたくないものをクローゼットのように吊るす収納ができますね。

階段を選ぶ

ロフトベッドと言えばはしごを昇るイメージがありますが、実は自分に合うのははしご式ではないかも…?

階段式

階段式のロフトベッドは、足元が広く手すりを持ちながら安心して昇降ができます。一見場所を取ってしまうようにも思いますが、階段下を収納スペースとして有効に使うこともできますよ。

はしご式

はしご式は狭い部屋の方におすすめです。階段式は幅が広い分スペースを取ってしまいますので、省スペースでロフトベッドを置きたい方ははしご式にするといいでしょう。滑り止めが付いたはしごもありますので、昇降が心配な方は安全面に配慮されたはしごを選んでみて下さいね。

コンセント付きロフトベッド おすすめ商品

それでは、「コンセント」が付いたおすすめのロフトベッドをご紹介していきます。

自分だけのプライベートな空間 階段付きロフトベッド

幅が広い階段は安定感があり、昇り降りがしやすくなっております。手すり付きなので、安全をサポートしてくれます。スライド式の2口コンセントも付いているので機能性もあります。カラーはピンク、 ブラウン、シルバー、ホワイト、ブラック、グリーンとカラーバリエーションが多いのでお部屋に合わせてお選びいただけます。

4色展開 選べる高さ 通気性抜群コンセント付きロフトベッド 

こちらのロフトベッドはハイタイプ、ミドルタイプと高さ調節が可能となっております。使用されているパイプは通常の1,4倍の太さがあるので安心して使用することが可能です。耐荷重も120kgとなっております。宮棚は左右どちらでもつけることが可能なのが嬉しいポイントですね。

ライフスタイルに合わせて高さもチェンジできる 宮付きロフトベッド

ハイタイプからミドルタイプと高さを気軽に変えることができるロフトベッドです。安全設計で極太パイプは直径5cmあるので安心して使用することができます。宮棚にはコンセントも付いているので機能性もあります。床板はメッシュ加工となっておりので、湿気がこもりにくく年中快適な寝心地です。

2段階の高さ調節機能付き 宮・コンセント付き ロフトベッド

ベッドの高さを2段階に調節できるスチールタイプのロフトベッドです。便利な宮棚と2口コンセントも付いているので機能性抜群。カラーはホワイト、シルバー、ブラウン、ブラックの4種類から選べるのもポイントです。お部屋のテイストに合わせてお選びいただけます。

高さを調節して空間を自由にアレンジ ロフトパイプベッド

ベッドの高さの調節が可能なので、ベッド下の空間を自分の好きなようにアレンジすることができます。安全面に配慮された頑丈設計なので安心して使用することができます。寝がえりストッパーや耐荷重約120kgと安全に使えるポイントも多いです。コンセントや宮棚も付いているのが嬉しいですね。

まとめ

ロフトベッドは機能性や高さによって様々なお部屋を作ることができます。ベッド下をどのように使いたいかによって高さを選びましょう。スマホの充電に欠かせないコンセントはもちろん、ベッド下をクローゼットのように使うことができるハンガーポール付きを選ぶことで、お部屋をスッキリ片付けて広々快適に過ごしましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. BED STYLEでの購入・支払いの方法まとめ!おすすめ5選も

  2. 意外と知らない!マットレスの測り方やベッドフレームサイズの調べ方

  3. <一人暮らしのベッド>シングルとセミダブルどっちのサイズを選ぶ?

  4. マットレス付きローベッド5選&向いている人やメリットも解説

  5. 安くておすすめのダブルベッド13選!選び方のポイントも解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP