寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 12686 view

3万円台で買える!安いダブルベッドの選び方とおすすめ商品

ダブルベッドを選ぶとき、「あまり高いものは予算が…」「マットレスにお金をかけたいから、ベッドフレームは手頃なものを」と考える方も多いのではないでしょうか。そうは言っても、「安かろう悪かろう」では賢いお買い物とは言えません。

そこで今回は、安くても安心して使えるよう、ダブルベッドフレームを選ぶときに注意すべきポイントについて解説します。BED STYLEでは3万円台で購入できる高品質のダブルベッドをご用意しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。安くておすすめのダブルベッドフレームもピックアップいたしましたよ♪

安い×人気のダブルベッドの種類は?

BED STYLEで扱う3万円台のダブルベッドには、おもに以下の種類から選べます。それぞれ特徴やメリット・デメリットを挙げました。

ローベッド

ローベッドとは床からの高さを抑えたベッドのことで、パーツが少ないために安い商品が多くあります。圧迫感がなくお部屋を開放的に見せられるので、BED STYLEでも人気の商品です。ダブルベッドを2台並べて使うなら、さらにその効果が得られます。

さらに、ローベッドは小さい子供がいる家庭にもおすすめです。万が一ベッドから落ちたことを想定すると、床からの高さが低いほうがケガが軽くて済むでしょう。

一方、ローベッドには、起きるときに立ち上がりにくい、床のホコリが気になるなどのデメリットが挙げられます。

すのこベッド

すのこベッドは床板にすのこを取り入れたベッドです。構造が単純なものも多く、女性でも運べるほど軽量であることから、安く作れる傾向にあります。すのこベッドの特徴は、通気性のよさにあります。人は寝ている間に約コップ1杯分の汗をかくと言われているので、どうしてもベッドに湿気がこもりやすくなります。そのためすのこベッドは、湿気対策ベッドとしてとても人気のアイテムです。

とくにダブルベッドの場合、2人で一緒に寝るケースも多くあるので吸収する汗も2倍に!すのこベッドなら床のすき間から湿気を逃してくれますよ

しかしすのこベッドを使っていても、お手入れを怠るとカビが発生する場合があります。とくにジメジメした梅雨時や、汗をよくかく暑い時期には注意が必要です。定期的にマットレスや布団を干して、マットレスや布団に溜まった湿気を逃しましょう

収納付きベッド

ダブルベッドはサイズが大きいので、お部屋に収納家具が置けなくなってしまうことも。ベッドの下に収納が付いていると、足りない収納スペースを確保できるのでおすすめです。そのため、コンパクトなお部屋にお住いの方にとても人気です。

1段引き出しタイプや収納庫タイプのダブルベッドは、構造が単純なので収納付きベッドの中では安くなる傾向にあります。

安いダブルベッドフレームを選ぶときはココをチェック!

ダブルベッドの値段が安いと、「あまり品質がよくないのでは?」「すぐに壊れない?」と不安になる人もいるでしょう。安いダブルベッドを購入するときは、以下のポイントに注目して選んでください。BED STLYEではお手ごろ価格で質のいいダブルベッドも豊富に扱っていますよ

安くても質のいい素材を使っているか?

まずはダブルベッドのフレームに使われている素材をチェックします。ベッドフレームに使われているものは、おもに以下になります。
・木(天然木、合板)
・合皮(レザー)

木(天然木・合板)

BED STYLEで扱うダブルベッドのうち、3万円台で購入できるのはおもに素材に木を用いた商品になります。木製のダブルベッドには、自然の木を使ったものや合板に木目柄をプリントしたものなどがあります。

自然の木のなかで杉やひのきを使った商品は高価になりがちですが、パイン材の商品なら比較的安く手に入ります。パイン材は木目がはっきりとあざやかなのが特長。最初は淡いナチュラルカラーですが、使っているうちにツヤが出て飴色に変化していく点も魅力です。

合板に木目柄をプリントしたものは、安い合板でも高級感のある雰囲気を演出できます。カラー展開も豊富なので、インテリアに合わせて選べますよ。

合皮(レザー)

合皮は本革の質感を再現しつつ、水や傷に強く、本革のようにクリームを塗るなどのメンテナンスが不要なので、お手入れがラクになります。高級感も手軽さも手に入れられるおすすめの素材です。

一般的にレザーベッドは高価な傾向がありますが、BED STYLEでも内部にウレタンを入れたダブルベッドが3万円台で扱っているので、チェックしてみてください。

安くても耐久性があるか?

せっかくダブルベッドを購入しても、すぐに壊れてしまっては元も子もありません。安いダブルベッドを購入するときは、ベッドフレームの耐荷重をしっかりチェックしましょう

また一部の商品を除いて、ダブルベッドにはマットレスを使用し、敷布団を使うことは避けた方が無難です。敷布団をベッドフレームに直接敷くと、床板への負荷が大きくなり破損の原因になります。

安くても通気性は確保されるか?

先述のように、すのこベッドは床板にすき間を持たせているので、通気性がよく安心です。安いダブルベッドのなかには、床板にすき間がなく、通気性があまり確保されていない商品もあります。その場合はマットレスを干したり、除湿機や布団乾燥機を活用したりして、こまめに湿気を逃してください。

また、ベッド下に収納ケースを置く際にケースをきっちり並べすぎると、ベッド下の通気性が悪くなるおそれがあります。

ダブルベッドは大きさに注意

ダブルベッドはとてもサイズの大きい商品です。ヘッドボードに厚みがあるタイプではさらに長くなり、下に引き出しがついているタイプでは高さもあります。そのため、ダブルベッドを購入する際は、以下の点に注意が必要です。

部屋のスペースに余裕はある?

商品にもよりますが、ダブルベッドのサイズは約140cm×210cmです。

例えば6畳の部屋にダブルベッドを置く場合、ダブルベッドフレームだけでお部屋の約1/3の面積を占めることになります。通路も確保すると、ほかに置く家具が限られるので、部屋のどこにダブルベッドや家具を配置するか、あらかじめイメージしておきましょう。

部屋のスペースを少しでも広く取るために、できるだけダブルベッドを壁に寄せて配置するといいですよ。その際、ヘッドボード側は壁にピッタリ付けましょう。側面は壁とダブルベッドの間に少しすき間を空けておくと、シーツなどを取り換えるときにスムーズに作業できますよ。

また、ローベッドやすのこベッドなど高さの低いダブルベッドを選ぶと、圧迫感を感じにくく部屋を開放的に見せる効果があります。

搬入経路・組み立てるスペースも注意!

ダブルベッドは組み立て式の商品がほとんどです。とはいえ、梱包した状態でもそれなりの大きさがあるので、目的の部屋まで搬入できるかチェックが必要です。

・玄関や部屋のドアは大きく開くか
・廊下に十分な幅があるか
・階段や曲がり角も通れるか
・アパートやマンションなら、外通路や階段を通れるか、エレベーターに入るか

また、ダブルベッドフレームを組み立てるスペースも必要です。部屋の外でダブルベッドフレームを組み立てて部屋に運び入れる場合、ちゃんと搬入できるか確認してください。ダブルベッドフレームを組み立てたあとに部屋に入れられないからと解体しようとしても、パーツが多いため非常に困難な作業になります。さらに一度解体すると、再度組み立てたときに強度が落ちるおそれがあります。

6畳~10畳のおすすめダブルベッドレイアウト

ダブルベッドを配置するのに人気の6畳~10畳での、おすすめダブルベッドレイアウトをご紹介いたします。お部屋のサイズを確認していただきながら、ご覧くださいね♪

6畳×ダブルベッドレイアウトイメージ

寝室に1部屋をという場合に多い6畳。

ベッドを中央に置き、両サイドにサイドテーブルを置く余裕があります。クローゼットが壁際にある場合でも、約60㎝クローゼットからベッドまで空間があれば、お洋服の出し入れは余裕をもって行えます!

8畳×ダブルベッドレイアウトイメージ

8畳になると、ダブルベッドをレイアウトしつつも、空間分け(ゾーニング)が可能になります。

ダブルベッドをクローゼットから約50㎝離して配置。その他の空間にもゆとりを持たせたレイアウトができますよ!

10畳×ダブルベッドレイアウトイメージ

10畳のスペースがあると、リビングやワークスペースを同じ空間に作ることが可能です。

もし1Kや1Rにダブルベッドを置きたいと考えていましたら約10畳のスペースがあると、生活空間にもゆとりが生まれて使いやすいですよ♪

まとめ

安いダブルベッドフレームを上手に見極める方法について解説しました。安い商品には安さのヒミツがあるもの。今回の記事を参考に、安くても質のいいダブルベッドを購入する時の参考にしてください!

おすすめの商品

ここからは、BED STYLEがおすすめする安いダブルベッドフレームをご紹介します。ローベッドやすのこベッド、収納スペースがあるもの、引き出し付きなど、3万円台でもさまざまなデザインのダブルベッドを選べますよ。

フレームはウレタン入り 照明付き 日本製連結フロアベッド

シングル・セミダブルなどさまざまなサイズを2台連結させて使えるシリーズです。初めは夫婦2人でダブルベッドとして使い、子どもが生まれたらシングルやセミダブルを買い足して連結させてみんなで寝るなど、生活スタイルの変化に合わせられます。子供が大きくなったら、サイドフレーム取り付けて再び独立させて使えます。子供にやさしい設計で、マットレスを敷いても床からの高さが約20cmと低く、フレームはウレタン入りの合皮素材で、万が一頭や体をぶつけても衝撃を和らげてくれます。

手が届く快適さを 天然木パイン材宮付きすのこベッド

床板に天然ロシア産パイン材を使った通気性のいいすのこベッドです。ベッドフレームには、ホルデアルデヒド発散レベルが最も低い、エフ・フォースターランクの安全性の高い木材を使用。つまり、お子様にも優しい素材で作られているんです!マットレスだけでなく敷布団も使えるのが、すのこ床板のメリット。ヘッドボードには2口コンセントもありますので、充電もしながらリラックスしながらベッドタイムを過ごすことができますよ。

スリムでスタイリッシュなヘッドボード 一枚板 低床すのこベッド

こちらは床からの高さを抑えたロータイプのダブルベッド。部屋を開放的に見せられます。ヘッドボードもスリムに仕上げて、空間を広々使えます。耐久性・耐水性にすぐれたメラミン樹脂加工板を使用し、木の風合いを忠実に再現しつつ耐久性も高めました。床板はすのこ構造なので通気性がよく、「開き止めバー」を金属のプレートで留めフレームをゆがみにくく頑丈にしています

誰もが羨む憧れの空間に ホテル風モダンデザインベッド

ホテルライクな雰囲気がお好きな方には、こちらの商品がおすすめです。ベッド下には大容量の収納スペースを完備!ついつい散らかってしまうベッド周りがすっきり片付きます。サイドテーブルも同じシリーズでそろえれば、高級ホテルのような空間の完成♡お気に入りのライトやキャンドルを飾れば、寝る前のリラックスタイムの特別感がアップしますよ。カラー展開は2色。ダークブラウン、ホワイトからお部屋に合った1台をお選びください。

ベッド下収納にも最適 棚・コンセント付きモダンデザインベッド

こちらのダブルベッドは、床下に幅95cm、高さ約16.4cmのスぺースが4ヶ所あるので、市販の収納ケースを入れられます。収納家具など置くスペースがない人におすすめです。ヘッドボードには宮棚と、1口コンセントが左右に1ずつあるので、便利ですね。カラーはどんな部屋にも合わせやすいホワイト、スタイリッシュなブラックの2色から選べます。

2色から選べるすっきりデザイン 収納付きベッド

こちらは3万円台ながら、下に引き出しが2杯付いた商品です。引き出しは左右どちらにも配置できるので、部屋のレイアウトに合わせられます。衣類や本、雑貨などを収納したり、季節外のものを保管したりと、使い方は自由自在。カラーはホワイトとブラックの2色展開で、どちらもシンプルでインテリアになじみやすいデザインになっています。ヘッドボードには宮棚と2口コンセント付きで、小物を置いたりスマートフォンを充電したりできますよ。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP