寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 686 view

【お子様も安心】階段付きハイロフトベッドの魅力を徹底解説!

「ハイタイプのロフトベッドはベッド下を有効活用できるけど、寝返りや昇り降りが心配」という方も多いのではないでしょうか?本記事では階段で昇り降りするタイプのハイロフトベッドの魅力について解説します。

ロフトベッドは気になるけど、どれを選べばいいか分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

階段タイプのハイロフトベッドとは?

まずはじめに、ロフトベッドの中でも階段タイプのハイロフトベッドのメリットや購入時のポイントについて詳しく解説します。

メリット

階段タイプのロフトベッドのメリットは、はしごタイプと比べてベッドに昇り降りする際安全で、揺れやガタつきが少なく安定感があることです。階段には手すりがついているものも多く、夜中など部屋が暗かったり、寝ぼけていてもストレスなく安全に使用することができます。

また、ベッド下が最も広いハイタイプは、その空間をワークスペースや収納ペース、お子様の遊び場としても活用することができ空間をより広く使うことができます。

購入時のポイント

階段タイプのハイロフトベッドの購入時のポイントは3つあります。限られたスペースで使用する方は、特に大きさや天井までの高さなど事前に確認しておきましょう。

ポイント1:大きさ

1つ目のポイントはロフトベッドの大きさです。階段があることで通常のベッドフレームより幅が大きくなります。一般的なベッドフレームの幅は約195㎝であるのに比べ、約60㎝程大きい約225㎝程になることを考慮し部屋のレイアウトを考えましょう。

ただし、階段の幅や宮棚の大きさによって幅も変わるため、購入する商品の幅を確認することをおすすめします。

ポイント2:天井までの高さ

2つ目のポイントはロフトベッドの天井までの高さです。天井までの高さは、天井高とロフトベッドの高さの2つを確認しておきましょう。

天井高とはベッド床面から天井まで距離を指します。天井と近すぎると寝たときの圧迫感が大きく、壁のでっぱりや照明器具と接触する場合があるからです。

ポイント3:組み立て

階段タイプのハイタイプロフトベッドは、組立に時間がかかります。組み立てる時間や一緒に組み立てを手伝ってくれる人の確保ができるか確認しましょう。

大きい家具の組み立ては安全面や手間を考えると、できれば2人以上で行い、パーツが多く時間がかかるため組み立て時間の目安より長く予定しておく方がいいでしょう。

階段付きハイロフトベッドの3つの魅力

こちらでは、階段付きハイロフトベッドの魅力を3つご紹介します。「階段タイプとはしごタイプでそんなに違いがあるの?」と思われる方もいるかもしれません。ここからは階段があることのメリットやハイベッドの活用方法など詳しく見ていきましょう。

安定性があり安全

すでにご紹介した通り、階段付きであることで安定性が高まり、安全に昇り降りすることができます。ロフトベッドはスペースの少ない1人暮らしで使用することも多いですが、ベッドの昇り降りで毎回ぎしぎしと音がするとストレスになってしまいます。

ハイベッドでは高さがあることでグラつきや揺れが大きくなる可能性があるため、階段タイプを選ぶことをおすすめします。

階段が収納・ディスプレイスペースに

ロフトベッドの階段下部分は収納・ディスプレイスペースにすることができます。

階段下のデッドスペースにおしゃれな小物や植物を置いたり、カゴやボックスを置いてちょっとした収納スペースにしても便利です。

ベッド下が自由に使える

ハイタイプのロフトベッドは、ベッド下の空間を自由に使うことができ人気です。お気に入りのソファを置いてくつろぎスペースにしたり、デスクを置いてワークスペースにすることも。

おうち時間が増え家の中にリラックスする場所が欲しい方や、在宅でワークスペースが必要な方は、ロフトベッド下の空間を活用することをおすすめします。

こんな人におすすめ!

こちらでは、階段付きハイロフトベッドを特におすすめしたい人をご紹介します。当てはまる方はぜひ参考にしてみてください。

お子様

まずおすすめしたいのは、お子様です。限られた子供部屋スペースにベッドや机を置くのは大変ですが、ロフトベッドなら机を置くスペースやおもちゃで遊ぶスペースとして活用できます。

自分だけのプライベート空間があることで、自分で片付けする習慣作りや自立する環境づくりにも役立ちます。

ワンルーム1人暮らしの方

1人暮らしでワンルームを有効活用したい方におすすめです。ベッド下にデスクやソファを置いたり、テレビ台を置くのも人気でお部屋のレイアウトは自由自在です。

ハンガーポールがついているタイプのロフトベッドもあり、洗濯物の部屋干しや服の収納にも便利。

スマホの充電用にベッドの宮棚にコンセントがついているものを選ぶとより快適です。

人と違うロフトベッドを探している方

人と違うロフトベッドをお探しの方は、階段付きのロフトベッドがおすすめです。階段のデッドスペースのディスプレイやベッド下の使い方を工夫することで、人と違う個性を表現することができます。

ベッドのカラーバリエーションやデザインも豊富なため、ベッドスペースをあなただけのとっておきの空間にしてみましょう。

まとめ

階段付きのハイタイプのロフトベッドは、はしごタイプに比べ安定感があり、昇り降りも安全で、お子様から大人まで安心して使うことができるおすすめのベッドです。ベッド下の空間が広いハイタイプは使い方の自由度が高く、限られたスペースの子供部屋やワンルーム暮らしの方に最適です。デザインやカラーバリエーションも豊富なため、ぜひお好みのテイストに合わせて選んでみてください。

おすすめの商品

ここからはBED STYLEがおすすめする人気の階段付きハイタイプのロフトベッドをご紹介します。

ワンルームにおすすめ 階段付ロフトベッド

新生活におすすめの空間を有効活用できる階段付きロフトベッドのご紹介です。ハイタイプでベッド下の空間を有効活用できるため、ワンルームのお部屋でも快適に過ごすことができます。階段には手すりがついており、お子様から大人まで安心。カラーバリエーションはクールでスタイリッシュなブラックと清潔感があり北欧インテリアと相性のいいホワイトの2色からお選びください。

ベッド下の空間を自由にアレンジ 階段付き ロフトベッド

高さをハイ・ミドルでお好みに合わせて変えることができる階段付きロフトベッドのご紹介です。宮棚やコンセント、ハンガーパイプなど嬉しい機能も充実しており、カラーも4色から選ぶことができます。転落防止の寝返りストッパーや階段の手すりなど安心感もありながらシンプルでおしゃれなデザインで人気の商品です。

表情豊かな天然木パイン材使用 階段付き木製ロフトベッド

温かみのある天然木を使ったセミダブルの階段付きロフトベッドのご紹介です。パイプベッドと比べ安定感のある太い柱とフレームは、補強金具でしっかりと固定されており揺れに強く昇り降り時のガタつきを抑えます。手すりやサイドフレームは高めに設計されているのでお子様も安心して使用することができます。

安心な 階段ロフトベッド・ハイタイプ シンプル

幅広の階段が安心感のある階段付きロフトベッドをご紹介します。安定感のある極太パイプや横揺れ防止の補強バーが付いている安心設計で、子供から大人まで安心。宮棚やコンセント付きで便利です。カラーバリエーションはクールで高級感のあるダークブラウンと、階段と宮棚はナチュラル色で清潔感のあるホワイトの2色です。

安心な 階段ロフトベッド・ハイタイプ ハンガーポール付タイプ

ベッド下を室内干しや洋服の収納場所として活用したい方には、こちらがおすすめです。約72㎝のハンガーポールが4本付属されており、室内干しスペースとしても大容量ハンガーラックとしても使うことができます。ベッド下はたっぷり130㎝あるため長い丈のものもしっかりはいり、ハンガーパイプは金具をかけるだけで自由に付け外しが可能です。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP