寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 17051 view

身長185cm以上の高身長向け!はみ出ないロング丈ベッド特集

「背が高くてベッドでゆったり足を伸ばせない」と悩んだことありませんか?身長185㎝以上の方には一般的なベッドは短いと感じてしまうかもしれません。

高身長でもゆったり安心して眠れるベッドがあったら、より寝室でリラックスできますよね。実は、日本人の平均身長は昔に比べると高くなっており、それに合わせて建物や家具も変化してきているのです。

そこで、こちらの記事では高身長の方でも足がはみ出ないロング丈ベッドをご紹介します。BED STYLEで実際に購入できますので、ぜひあなたのベッド選びの参考にしてみてください。

ロング丈ベッドとは

通常のベッドの長さが約200㎝なのに対し、ロング丈ベッドは220~225㎝。身長200㎝の方でも足元に余裕ができる長さです。これなら丸まって寝ることももうありません。

★BED STYLEの高身長向けベッドは↓をチェック♪

ロング丈ベッドのレイアウト方法

ロング丈は通常ベッドより長さがあるため、レイアウトにもコツがございます。おすすめのレイアウト方法をいくつかご紹介いたします。

壁沿いを上手く利用して

お部屋の中で一番長い壁に沿ってベッドをレイアウトしてみましょう。こちらの図では、7畳のお部屋の左側の長い面にロング丈ベッドを配置しています。

ベッドの足元にソファを、反対側の壁沿いにパソコンデスクとテレビを配置することで、お部屋のまん中に広くスペースを取れています。

お部屋の中で一番場所をとるベッドの配置を決めてしまえば、お部屋の家具の配置もすぐに決められますね。

目線を低くして解放感を

ロング丈ベッドをチョイスすると、お部屋に圧迫感を与えてしまいます。しかしローベッドなど目線を低くすることでお部屋を広々見せることができます。

他の家具の高さも抑えるとお部屋の統一感も作ることができますよ!

ドアの開閉を考慮して

ロング丈の場合、ドア付近に設置すると開閉の邪魔になることも。

ドア付近にレイアウトする場合は、ドアの開閉がどれくらい必要なのか測ってからロング丈ベッドの購入をしましょう。

収納機能ベッドを選ぶ

ベッドはお部屋の中で一番大きな家具。その家具に収納機能が付いていれば、収納家具が必要なくなることも。

ロング丈のベッド分の収納があれば、クローゼット並みの収納も夢ではありません!

★BED STYLEでは男前なおしゃれベッドを大特集!
ぜひ併せてご覧ください↓↓

おすすめ商品

それでは、さっそくBED STYLEおすすめのロング丈ベッドをご紹介します。気になる商品があったら「商品情報を見る」から詳細を確認してみてください♪

自由にレイアウト デザインすのこファミリーベッド

家族が並んで眠れる、連結タイプのファミリーベッド。背の高いお父さんも足を伸ばしてゆったり眠れる216cmのロング丈です。連結することで最大300cmにもなるので、横にも広々。家族みんなで思い切り寝返りを打ってください。お子様が大きくなったら分割してシングルベッドとしても使えますよ。お子様の安全を考えたロータイプですが、お掃除ロボットは入れるのでホコリが溜まる心配がありません。一回り小さいマットレスや敷布団を敷けば、お子さんの寝かしつけに必要な小物を置いて置けるのも嬉しいポイントですね。

どっしりと且つお部屋は広々 頑丈デザインすのこベッド

極太の桟、極厚の床板、極太の脚でがっちり支えるベッドは、なんと耐荷重600kg!体格の大きい方でも安心。スタイリッシュなデザインで洗練された印象に。シンプルなデザインなので、様々なお部屋のテイストに合わせていただけますよ。ベッドより一回り小さいマットレスを置いておしゃれなステージレイアウトにすると、空いたスペースをサイドテーブル代わりに使うことができます。耐久性が高いので布団でもOK。ローベッドなのでお部屋を広々見せてくれるのも、魅力の1つですね。

親子でのびのび寝れる 棚・照明・コンセント付ロング丈連結ベッド

照明とコンセントが付いた機能性抜群のベッドは、お子様が夜中に目覚めてもすぐに対応できるのが、連結ベッドの良いところ。フレームは高品質な日本製。 お子様が成長された際には、連結させずにお使いいただけます。丁寧で頑丈な造りなので、長い間ご家族を見守ってくれるのも素敵ですよね。さらに品質にこだわる方には、日本製マットレスとのセットがおすすめですよ。組み立てが簡単なので、お父さんのかっこいいところを見せるチャンスかも!

大容量デザイン収納ロングサイズベッド

引き出しと本棚が付いたヘッドレスベッドは、すっきりしていてシャープな印象。ヘッドレスベッドは、お部屋を広く見せてくれる効果も◎。ロング丈のベッド分を収納にあてることができるので、お部屋もスッキリ整理させることができます。本棚にかっこよく本を並べて、男性の一人暮らしインテリアをクールに決めませんか?荷重をしっかり支えられる構造なので、布団を上げれば小上がりとしても使えます。表面は強化樹脂で仕上げており、キズや汚れに強い。お手入れも簡単です。

お布団にぴったり合う デザインボードベッドロング

ご自宅の敷き布団を合わせて使えるロング丈ベッドです。床からの高さを抑えたロータイプで、圧迫感を感じにくくお部屋を開放的に見せられます。ウォルナット調の木目柄が美しく、2台並べても様になりますよ♪脚の高さは12cm、スチール製と木製からお選びいただけます。さらに低い5cmタイプの木製脚もオプションでご用意しています。床板はすき間があるすのこデザインなので、通気性も抜群です。

★他にもロング丈ベッドをご覧になりたい方は↓をチェック♪

まとめ

身長185cm以上の方は、日本でのベッド選びに困ることが多いと思います。今回は185㎝以上の方でも安眠できるアイテムと、レイアウトのコツをご紹介いたしました。是非ロング丈ベッドを購入する際、参考にしてみてください!

★BED STYLEでは男前なおしゃれベッドを大特集!
ぜひ併せてご覧ください↓↓

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  2. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  3. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

  4. セミダブルサイズは狭い?二人で寝るときのベッドサイズを解説!

  5. 【折りたたみすのこベッドの選び方】布団も干せるおすすめ6選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP