寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 379 view

カップルにおすすめ♡おしゃれなキングサイズベッド購入前のポイント

「キングサイズのベッドは大きすぎる」そんなイメージがあるキングサイズベッド。

実は、2人で一緒に寝たいカップルにおすすめしたいサイズなんです。キングサイズベッドを初めて買う方、購入を検討している方でも安心して選ぶことができるよう、ベッドを購入する前に注意しておきたいポイントを紹介しています。

キングサイズベッドは2人で寝るのにちょうどいい?

「キングサイズ」という響きで、「自分たちが使うには大きすぎる」と思う方もいらっしゃるかもしれません。キングサイズのベッドは2人で寝るのにちょうどいい大きさなのでしょうか?

キングサイズはカップルにおすすめの大きさ

キングサイズの大きさは一般的に幅180×長さ195cmです。2人で並んで寝るのに十分な広さを確保できます。

そのため、カップルでベッドを探している方におすすめの大きさです。

ダブル・クイーンサイズとの比較

ダブル・クイーンサイズとの違いは幅の広さです。ダブルは幅140㎝、クイーンは幅160㎝なので、幅が180㎝のキングサイズが最もゆとりをもって2人で寝ることができるベッドといえます。

ダブルとは幅が40㎝も違うので、ぎゅうぎゅうにくっついて寝るということを避けられますよ。

キングサイズのベッドは、狭さによる寝ているときのストレスを緩和してくれます。

キングサイズベッド購入前のポイント

続いて、キングサイズベッドを購入する前に確認しておきたいポイントを3つ紹介します。ポイントを押さえることで、搬入~使用をスムーズに行うことができますよ。

扉の開閉スペースを確保する

キングサイズのベッドは大きいので、部屋の広さギリギリだと、「扉が開かない!」なんてことになりかねません。扉というのは部屋の扉だけでなく、クローゼットの扉も含まれます。また、収納付きベッドの場合は収納の引き出しも考慮する必要がありますね。

部屋の大きさに対して、ベッドがどれくらいの大きさなのかシミュレーションしておきましょう。

部屋の広さを測り、ベッドの幅、長さを考慮してどこに置くのかを考えておくと、後々「扉が開かない」といったトラブルをなくすことができます。

搬入経路を確認する

キングサイズのベッドフレームやマットレスは大きいため、搬入経路が狭いと部屋に入れられません。そうならないためにも、購入前にまずベッドの「梱包サイズ」を確認しましょう。マットレスも同様に梱包サイズを確認しておくと良いです。

マンションの場合は家の中だけでなく、マンションの入り口やエレベーターといった共有部分に関しても広さを確認しておきましょう。

搬入がスムーズにいくように、前もって搬入経路を確認することが大切です。

マットレスの素材にも注目する

マットレスの素材は寝心地を左右します。中でも、使用されているコイルの違いによって寝心地が大きく変わります。マットレスに使われる主な2種類のコイルの違いとは何でしょうか?

ボンネルコイルマットレス

「硬めの寝心地が好き」という方にはボンネルコイルマットレスがおすすめです。

ボンネルコイルは連結された張力のあるコイルが体を面で支えます。コイルが一体となっており空気の通り道があるため、通気性が高く湿気対策に優れたマットレスです。

スタンダードに比べてプレミアムはコイルが高密度で耐久性に優れています。

ポケットコイルマットレス

「2人で使うマットレスだから、なるべく振動が伝わらない方がいい」という方には、ポケットコイルマットレスがおすすめです。

ポケットコイルの特徴は、コイルが独立しているので軋みが気にならないことです。また、ポケットコイルは効率よく体圧を分散してくれるので、寝ているときに体にフィットして寝心地を改善するというメリットもあります。やわらかい寝心地が好きな方に適したマットレスです。

さらにチェックしていただきたいのが、「コイルの数」「線径」。ポケットコイルの数が多いほど、弾力のある硬めの寝心地です。体圧分散性と耐久性も高くなります。

線径というのはコイルの銅線の太さを示しています。コイルの線径が細いほどやわらかく、太いほど硬い寝心地です。

【タイプ別】おすすめのおしゃれキングサイズベッドは?

シングルやセミダブルに比べると種類は多くないかもしれませんが、キングサイズベッドを選ぶとき、どんなデザインのものを選べばいいのか迷いますよね。2人で使うベッドだから、お互いが納得したデザインを選びたいものです。ここからは、タイプ別におすすめしたいキングサイズベッドを紹介します。

どんな部屋にも合わせやすいベッドが欲しい

まだ具体的に部屋のコンセプトが決まっていないという方は、どんな部屋にも合わせやすいベッドがあれば便利です。

そんな方におすすめなのが「木の温かみを感じるシンプルなベッド」です。木の温かみのあるブラウン系のカラーは、シーツや部屋のカーテンを後から選んだとしても合わせやすいのが特徴です。

装飾が少ないシンプルなデザインのものなら、よりなじみやすいですよ。ベッドフレームのカラーの選び方ですが、明るい雰囲気ならナチュラル、落ち着いた雰囲気ならダークブラウンがおすすめです。

ベッドの圧迫感を抑えたい

キングサイズベッドを置くことで部屋のスペースが限られてしまうような場合、おすすめなのが「ロータイプ」のベッドです。ロータイプのベッドは、通常の高さのベッドに比べて空間を広く見せることができます。

部屋がすっきりと感じられ、圧迫感を抑えることができます。厚みのあるマットレスを選んでも、フレームが低いので厚みが気になりにくいのもうれしいポイントです。

限られたスペースを有効活用したい

キングサイズベッドはそれだけで広いスペースを必要とするため、他の家具を置くのが難しくなる場合もありますよね。広いベッドで寝たい、でも限られたスペースを有効活用したいというカップルには、「収納付きベッド」がおすすめです。

収納付きベッドなら他の収納家具を置く必要もなくなるので部屋がすっきりとしますね。広いベッドの下を有効活用してみてはいかがでしょうか?

高級感のあるデザインが好み

高級感のあるデザインが好みの方には「レザーフレーム」がおすすめです。レザーの質感がお部屋の雰囲気を一気にラグジュアリーに演出してくれます。

レザーフレームはヘッドボードがクッションのようになっているものもあります。ついつい触れたくなってしまうふっくらとしたヘッドボードは、2人で寛ぎのひとときを過ごすリラックスタイムにピッタリですよ。

さらに、ヘッドボードにリクライニング機能が付いたものもあるので、ベッドでゆったり読書などを楽しみたい方におすすめです。

カップルにおすすめ♡おしゃれなキングサイズベッド8選

最後に、カップルにぜひ使っていただきたい、おしゃれなキングサイズベッドを8つ紹介します。

贅沢空間 高級ウォルナット材ワイドサイズ収納ベッド スリムタイプ

品質、デザイン、機能すべてを兼ね備えたキングサイズベッドです。フレームの上質なウォルナット材は、木目をプリント家具とは異なる木の温かさを感じることができます。ヘッドボードはライト付きタイプとスリムなタイプ2種類から好みに合わせて選べます。収納はフルスライドレールで開閉も簡単、かつ大容量収納が可能です。引き出しの反対側は長物収納として使うこともできますよ。

高品質 高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド スリムタイプ

木の温もりと木目の美しさで高級感漂うアルダー材を贅沢に使用した高品質のキングサイズベッドです。色はナチュラルカラーで明るく、どんな部屋にも合わせやすいですよ。フレームは角にすべて丸みを持たせていて優しい雰囲気を出しています。角がないので小さなお子さまも安心ですね。ヘッドボードにはおしゃれなスリットが入っています。隙間があることでスリムタイプでも広々と感じられます。ヘッドボードには小物を置くのに適した広さがあります。

ウォルナット柄が特徴的 モダンデザインローベッド

開放感が生まれるロータイプのベッドです。デザインを引き立てる本物に近いウォルナット柄とスチールの脚の組み合わせがかっこいいですね。マットレスの大きさは自由に変更可能なので、少し小さめのサイズのマットレスを合わせてはみ出た部分をサイドテーブルとして使うのも良いですし、フレームいっぱいにマットレスを乗せれば広々と寝ることができます。フレームはすのこのような隙間のあるデザインなので、通気性が上がり湿気対策にもなります。

上質な癒し空間 モダンライト・コンセント付き大型ローベッド

床からの高さを抑えたフロアタイプのベッドで、空間に開放感を与えてくれます。シャープなデザインでありながら、ヘッドボードからこぼれるライトの灯りが疲れをほぐし癒しを与えてくれます。シンプルなヘッドボードですが、小物を置くには十分な約10㎝幅のスペースがあります。木目の質感で温かさと明るい印象を感じさせるウォルナットブラウンと、高級感のあるシックなブラックの2色展開です。

贅沢そして充実した機能は快適な空間を演出 モダンデザイン収納ベッド

幅181㎝でお互いの睡眠を邪魔せずゆったりとくつろぐことのできるキングサイズベッドです。シックなブラックカラーはお部屋のインテリアをワンランクアップしてくれること間違いなし。ヘッドボードにはメガネなどの小物を置けるスペースがあり、そして2つのモダンなライトで枕元を優しく照らしてくれます。ベッド下の引き出しは左右どちらにも取り付けられるので、引っ越しや模様替えの時にも買い替える必要がありません。

やわらかな灯り 棚・照明・コンセント付国産大型跳ね上げ収納ベッド

ベッド下が一面収納スペースとなる跳ね上げ収納ベッドです。仕切りのないフリースペースで大型の荷物や長物などもすっきりと収納することができます。開閉は車のトランクなどにも使用されるガスシリンダー式なので、誰でも簡単に開け閉めができますよ。2台のベッドがそれぞれ独立した形になっているので、繋げて使うことも離して使うこともできます。ライフスタイルに合わせてレイアウトが変えられるのがうれしいですね。

レザーが魅せるラグジュアリーな空間 モダンデザインベッド

ベッドとしての癒しとソファのようなくつろぎを得られるモダンデザインベッドです。低重心のかっこよさを強調させる合皮レザー仕様はモダンライトとの相性も抜群です。ふっくらとしたヘッドボードはウレタンを含んでおり、思わず触れたくなるようなボリューム感です。マットレスは6タイプあるので好みの硬さや予算から選ぶことができますよ。

大人のリラックス空間 リクライニング機能付モダンデザインローベッド

ベッドでくつろぎたい方におすすめのリクライニング機能付きのモダンデザインローベッドです。ヘッドボードはソファのような背もたれで、7段階のリクライニングができます。ベッドの上で思い思いのゆったりとした時間を過ごすことができますよ。ライトグレーの上質なファブリックとブラックレザーの異なる素材が落ち着きの空間を演出します。

まとめ

キングサイズのベッドはお互いの睡眠を邪魔することなくぐっすり寝たいカップルにおすすめです。キングサイズのベッドを選ぶ際には、扉の開閉ができるか、搬入経路を確保できるか、マットレスの素材は2人に合っているかを確認しましょう。圧迫感を抑えるためにはロータイプのベッドを、スペースの有効活用のためには収納付きベッドを選ぶのがおすすめです。木のぬくもりを感じられるデザイン、高級感あふれるデザインなど様々なデザインのベッドがあるので、部屋の雰囲気に合わせて選んでみてくださいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP