寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 758 view

品質最高の国産桐ベッド♪快適睡眠が取れる商品5種類をご紹介

国産ベッドじゃないと嫌だ、そんなこだわりを持っている方も多いのではないでしょうか?国産ベッドは品質も良く、日本人の体形に合っているので人気があります。そこで今回は、国産桐ベッドに注目!メリットや選び方、使い方、おすすめ商品をご紹介するので、ぜひベッド選びの参考にしてみてください♪あなたにぴったりの1台を一緒に見つけましょう。

国産桐ベッドのメリット

国産桐ベッドは、桐ベッドのメリットと国産ベッドのメリットを兼ね備えていますが、それぞれどのような点が素晴らしいでしょうか?一つ一つチェックしてみましょう。

軽くて柔らかい

桐は日本の材木の中では最も軽いと言われています。それだけに、国産桐ベッドも移動がしやすく、お部屋の中での配置換え、引っ越しなどの際にはとても重宝します。女性やお年寄りにとっても扱いやすいタイプです。

また、柔らかいのも桐のよさ。国産桐ベッドはその柔らかさから、触り心地もよく、気持ちよくお休みになれます。

湿気に強い

桐は湿気に強い木材です。湿気が多いところでは桐が水分を吸い、湿気が少なくなると、水分を排出します。

つまり、調湿効果に非常に優れているということです。そのため、じめじめとした日本の夏にも桐のベッドは向いています。

熱伝導性が低い

熱伝導性が低いとは、冬は冷たくなりにくく、夏は暑くなりにくいということです。したがって、冬は保温効果により暖かく、夏は涼しさを感じさせてくれる素材です。

この特徴により1年中不快になることなく使用できます。

高品質

国産桐ベッドは何といっても高品質です。価格は多少高くなりますが、その分、外国産に時々見られる異音、臭い、ゆがみなどが発生しにくいです。

コストをかけているだけあって、優れたベッドになっていて長く愛用できます。

日本人の体形に合っている

外国製ベッドは日本人向けには作られていません。寝心地という点でも、外国人が好むタイプになっています。

それに対して、国産桐ベッドはまさに日本人向け。体型も寝心地も日本人好みになっています。

国産桐ベッドの選び方

国産桐ベッドをどのように選べばいいでしょうか?いくつかのポイントを見てみましょう。

価格

国産桐ベッドの価格は、サイズや機能、デザインなどによっても変わりますが、リーズナブルなものも多いです。

高額なもの=高品質と考えたくもなるでしょうが、安価なものでも品質のいいものはたくさんあります。

サイズ

ベッドのサイズを確認しておきましょう。

サイズ名
セミシングル70~100cm未満
シングル100cm
セミダブル120cm
ダブル140cm
クイーン160cm
キング180cm

国産桐ベッドにもいろいろなサイズあります。選び方は、お部屋の大きさ、家具との関係、置く場所、寝る人数などによって変わってきます。

1人用として使うのであれば、セミシングル~セミダブル、2人用ならダブル以上を選ぶのがおすすめです。

デザイン

国産桐ベッドといえば、床板がすのこ仕様になっているのが一般的です。すのこベッドの多くはシンプルなつくりになっていますが、デザインの幅は広く好みに合わせて選べます。

選ぶときは、自分や家族が気に入るものを探して、長年飽きずに使えるタイプを選ぶのがおすすめです。

機能

国産桐ベッド自体魅力たっぷりの商品ですが、機能面が充実したベッドが多いです。

たとえば、宮棚付き、コンセント付き、照明付きなどが挙げられます。自分が優先したい機能を見極め、欲張りすぎないのがポイントです。

きしみ度

すのこベッドにはきしみやすいという欠点があります。きしんでしまうと、せっかくの就寝ムードも乱されることに。

そこで、きしみにくいすのこベッドを探す必要があるのですが、国産桐ベッドの場合は、外国産よりきしみにくくなっています。それでも商品ごとに違いがありますから、選び方のポイントを押さえておきましょう。

ポイントとは、ねじや金属をなるべく使っていないもの、耐荷重が大きいものを選ぶことです。

国産桐ベッドの使い方

比較的高価なものが多い国産桐ベッドは大事に使いたいもの。そこで、おすすめの使い方をご紹介します。

1年中使う

すでに説明したように、桐という素材は熱伝導性が低いです。そのため、国産桐ベッドはどの季節でも快適にお休みなれます。1年中使うベッドとしてぴったりです。

移動して使う

桐は最も軽い素材なので、国産桐ベッドを移動しながら使うこともできます。

大型の国産桐ベッドの場合は動かしにくいですが、そうでなければ、お部屋の中で一番気持ちよく寝られる場所へ移動もできます。時には、別の部屋まで持っていって使うのも◎。

布団を敷く

ベッドにマットレスを使うというパターンが多いですが、国産桐ベッドの場合、通気性もよく、適度な柔らかさもあるので、布団を敷いて使っても快適に眠れます。布団に湿気もこもらず、ソフトな寝心地も得られて、一石二鳥です。

おすすめの商品

国産桐ベッドの優れた特徴を見て、興味を持ってくださった方も多いのではないでしょうか。そこで、BED STYLEのラインナップから、おすすめ商品を厳選しました!国産桐ベッドと同じく人気の高い国産ひのきベッドも併せてご紹介しますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください♪

まあるいフォルムがお洒落 国内製造 桐すのこベッド 角丸タイプ

広島県府中市で製造されている桐すのこベッドです。職人が一つ一つのベッドを手作りしているので、高品質のベッドに仕上がっています。6本脚になっているので、しっかりと体を支え、きしみなども発生しにくいです。脚の厚みは90mmで、軽量でありながらもとても丈夫。布団でもマットレスでも使用できますが、すのこの隙間は10mmとかなり狭いので、布団を敷いても不快感はありません。ベッド下の高さは約23cm。収納ボックスもすっきり収まります。

職人技が光る軽量で丈夫な作り 国内製造 桐すのこベッド

2年間で8回もの修正を繰り返したのちに作られた桐すのこベッド。シンプルで軽くて丈夫な優れものです。脚と枠には厚さが70mmの無垢材を使用しています。そして、枠の固定方法として伝統的な「蟻組み」を採用。これでがっちりとした安定感のあるベッドに仕上がり、きしみにも悩まされません。塗料や接着剤には安全な水性ボンドを使っているので、アレルギーなどの心配なくお休みいただけます。

大容量収納 国産清潔すのこ ヘッドレスチェストベッド

引き出しとすのこ部分に桐集成材を使った国産すのこベッドです。引き出しには畳1.5畳分の収納力があり、浅型4杯と深型1杯により、収納する荷物をうまく分類できます。引き出しの反対側には長物収納スペースもあり、大きなものでも入ります。下に引き出し収納がついていても通気性はバッチリです。とても清潔で、マットレスや布団の湿気対策にぴったり。ヘッドレスタイプなので、コンパクトでどのようなお部屋にもレイアウトしやすくなっています。

寝台職人 森林浴気分で上質な睡眠を ひのきすのこベッド

国内製造のベッドは、ひのきを使用した商品も人気です。そんなひのきすのこベッドの中から、寝台職人の商品をご紹介します。こちらの商品は、島根県&高知四万十産の無塗装ひのきを使用しています。そのため、さわやかなひのきの香り、ぬくもりを肌で感じることができます♪4段階の高さ調節が可能。敷布団かマットレスを使うかで、お好みの高さを選べます。防虫・防ダニ・殺菌・リラックス効果もある優れたベッドです。

寝台職人 お布団も干すことができる 折り畳みひのきすのこベッド

同じく寝台職人のひのきすのこベッドですが、こちらは折り畳み式。折り畳んで固定すれば、お布団を簡単に干せます。折り畳み方はとても簡単で、折り畳むことによりコンパクトに収納可能です。素材のひのきは島根県&高知四万十産のもので、木の温かみが感じられます。床面の高さは5cmしかありません。これならベッドから落下の心配もなく、小さなお子様でも使用できますよ♡


まとめ

国産桐ベッドには優れた特徴がたくさんあり、おすすめ度も高い商品です。こちらの記事では、国産桐ベッドのメリットや選び方、使い方をご紹介しました。少しでも国産桐ベッドの魅力を理解していただければ幸いです。BED STYLEおすすめの商品もご紹介したので、気になった商品はぜひ「商品情報を見る」から詳細をチェックしてみてくださいね♪国産ひのきベッドも同じく人気の商品なので、自分に合った1台を取り入れてみましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP