寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 920 view

お部屋が広く使えて便利♪ハイタイプ二段ベッドのよさ&おすすめ商品

子供たちのために二段ベッドを買ってあげよう、そう思っている方も多いでしょう。しかし、どのようなタイプを選べばいいか迷っているかもしれません。そこで今回は、ハイタイプな二段ベッドを取り上げます。

併せて、おすすめ商品も紹介しますから、よくご覧になって、子供たちにぴったりの1台を選んであげましょう♪

ハイタイプ二段ベッドのよいところ

まずはじめに、ハイタイプ二段ベッドのどこがよいのか考えて見ましょう。ロータイプとは少し違ったよさがあります。

収納スペースができる

ハイタイプ二段ベッドでは、下段部分が少し高くなっています。そのため、その下に収納スペースを設けることができます。

上下段には子供たちを寝かせ、下段ベッド下には収納。一つのベッドが大きな役割を果たします。

丈夫にできている

二段ベッドを購入する場合、丈夫かどうかはかなり気になります。子供たちが安全に休めるかは、ベッドのつくりにすべてかかっています。

その点、ハイタイプの二段ベッドはしっかり作られているので安心です。高さがある分、耐久性にこだわっています。

狭い部屋に最適

子供たちを別々のベッドで休ませて、さらに収納家具も置く。そうなると、かなり窮屈な部屋になります。

それに対して、ハイタイプ二段ベッドなら、子供2人の就寝場所と収納スペースが1か所にまとまるので、場所を取りません。

狭いお部屋にも置きやすく、スペースを有効活用できます。ただし、天井高を考慮し、上段の布団から天井までは60㎝以上確保できるものを選びましょう。

ハイタイプ二段ベッドの選び方

続いて、ハイタイプ二段ベッドの選び方を見てみましょう。

素材

ハイタイプ二段ベッドの素材は、木製やスチール製が一般的です。このうち、木製は柱が少し太くなりますが、ナチュラル感があり、木のぬくもりも感じられます。子供たちにとっても、気持ちのいい環境です。

一方、スチール製は柱がやや細く、シンプルですっきりとした感じになります。圧迫感もあまり生じず、開放感があります。

耐荷重

ハイタイプ二段ベッドを選ぶ場合、耐荷重チェックは欠かせません。どのくらいの重さの子供たちまで乗ることができるのかわからないと、使えなくなる時期が読めません。

当然のことですが、耐荷重が大きいものの方が丈夫で、長く使えます。子供たちの成長のことを考えたら、耐荷重についても少し余裕のあるものを選んでおくのが◎。

機能

もともと二段ベッドの上段は上り下りが少ししにくいですが、ハイタイプとなると余計に大変です。そこで利用したいのが各種機能。

棚、コンセント、照明などの機能がついていれば、上段に寝ているお子さんも楽です。

また、はしごについても、固定タイプ、引っ掛けタイプ、階段タイプなどがあります。

安全性を考えるなら固定タイプや階段タイプがおすすめです。

安全性

ハイタイプ二段ベッドに子供たちを寝かせる場合、安全かどうかは親御さんが最も気にするポイント。ベッド上で動いたり、地震が発生したりした時に、ベッドが大きく横揺れしないか、大きなきしみ音が出ないかなどの重要ポイントがあります。

では、どのように安全性を見ればいいかですが、上下の連結部分に注目しましょう。理想的なタイプは、金属製のダボになっていて、ねじで固定するタイプです。ただ、ねじがないタイプで心配な場合、後でDIYでねじを取り付けることもできます。

ハイタイプ二段ベッドがおすすめの人

ハイタイプ二段ベッドはどのようなタイプの人に合っているでしょうか?おすすめの人をチェックしてみましょう。

兄弟姉妹

二段ベッドといえば、兄弟姉妹が寝るものと相場は決まっています。ハイタイプでも、それは変わりません。安全性に注意しながら、仲良く兄弟姉妹で寝てもらいましょう。

夫婦

二段ベッドは子供たちが寝るものだと普通は考えますが、夫婦が使っていけないというルールはありません。2人用ということもあり、夫婦用にもぴったりです。

特にハイタイプの場合、小さなお子さんに使用させると危険な場合もありますから、夫婦で先に使ってみるのもおすすめです。ただし、サイズ選びは間違わないようにしましょう。

親子

ハイタイプ二段ベッドに親子で寝るのもあり。上に親、下にお子さんという組み合わせもなかなかいいものです。

親子のきずなも深まるし、親御さんがお子さんの状態を把握しやすくもなるし、決して悪い方法ではありません。

荷物が多い人

荷物が多い人は、どこに収納するのかが課題になってきます。収納家具をたくさん置けるような広いお部屋ならいいですが、それは限られたおうちだけです。

そこで利用したいのがハイタイプ二段ベッド。下段の下に荷物が収納できるようになっていて、収納家具の数を減らすことができます。

おすすめの商品

最後に、BED STYLEのラインナップからおすすめ商品を紹介します。気になる商品は、「商品情報を見る」からぜひ詳細をチェックしてみてください。

便利な上下分割機能付きでシングルにも パイプ二段ベッド

上下分割して使える二段ベッドです。子供たちの成長に合わせて、2台のシングルベッドとしての利用も可能です。下段下には28cmの高さがあり、収納BOXや衣装ケース、おもちゃ、日用品などを収納できるようになっています。耐荷重は100kg。上下の連結部分はぴったり固定されていて、地震があっても安全です。ベッド床はメッシュ構造。通気性が非常によく、布団やマットレスが蒸れにくいです。じめじめした夏でも、快適にお休みになれますよ♪

安心の頑丈設計と多機能さが自慢 デザイン2段ベッド

使いやすい多機能な二段ベッドです。やはり分割して使用できるので、子供たちが別々の部屋で寝るようになっても愛用できます。フット側やサイドパネル側には、ハンガーパネルを掛けられるようになっています。帽子などのちょっとしたものを掛ける場所として最適です。耐荷重は何と400kg!大きな大人が乗っても大丈夫。安心頑丈設計のベッドになっています。下段は高さ調節ができ、ハイにすると、付属の引き出し収納をつけられてとっても便利です♡

4.5畳でも置ける コンパクト天然木ショート丈2段ベッド

狭いお部屋にも置きやすいショート丈二段ベッドです。長さは180cmなので、4.5畳にも置けます。幅もセミシングルとシングルがあり、コンパクトです。コンパクトさに合わせるように、デザインもシンプルですっきりしています。余計な装飾や機能もなく、気軽にお使いになれる二段ベッドです。下段は高さ調節ができ、ハイにすると、高さは33.5cm。収納ケースなども余裕をもって置けます。コンパクトではありますが、耐荷重は300kgで、かなり丈夫です。

高さや形を変えられる 国内製造 ひのき2段ベッド

こちらのベッドも分割ができるので、子供たちが大人になってからも長く使用できます。下段はハイにもローにもなります。子供たちの成長具合やお部屋の使用状況に応じて、高さを変えてください。素材には国産ひのきを贅沢に使用。ひのきのさわやかな香りも漂い、気持ちよくお休みなれます。上下の連結部分には金属製のダボを使用。しっかりとしたねじ止めになっているので、横揺れにも強く安心です。

2台並べてシングルベッドとしても使える 天然木2段ベッド

北欧調の優しい天然木パイン材が子供たちを温かく包む二段ベッドです。ナチュラルな雰囲気とソフトな肌触り、ほのかなフィトンチッドの香りなど、癒しの空間にもなります、こんなベッドで寝る子供たちはさぞかし気分もいいことでしょう。床板は高品質のLVLすのこになっていて、通気性もよく、軽量で、耐久性もあります。そのため、1年中快適な寝心地が得られますね♪ベッド下の高さは22cmで、ボックスなどの収納に適しています。


まとめ

こちらの記事では、ハイタイプの二段ベッドを取り上げ、そのメリットや選び方、おすすめの人についてご紹介しました。ハイタイプの二段ベッドにはロータイプにはない魅力があり、BED STYLEでも人気の商品です。おすすめ商品5つもご紹介しましたので、少しでもベッド選びの参考になれば幸いです♪子供用としてはもちろん、ご夫婦や親子で使うのにもぴったりなハイタイプの二段ベッド。ぜひあなたのお家にも取り入れて、快適な寝室をつくってみてはいかがでしょうか?

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP