寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 322 view

かためのマットレスはお好きですか?かためマットレスの利点とは

マットレスには、かためとやわらかめがありますが、みなさんはどちらがお好きですか。今回はそのうちのかためのマットレスについて特集します。かためのマットレスは、体への負担も少なく、いい姿勢を維持できるといわれていますが、それを含めていくつかの利点をご紹介します。併せて、おすすめ商品も取り上げるので、快適に寝られる商品を手に入れてみてください。

かためのマットレスの種類

かためのマットレスとは、どのようなタイプを言うのでしょうか。いくつか種類を挙げてみましょう。

ボンネルコイル

ボンネルコイルマットレスは、らせん状のコイルを連結させたタイプです。適度なかたさがあり、体を面で支えるのが特徴です。

そして、寝返りが打ちやすいことから、ベッド上でよく動く人に向いたタイプと言われています。そのほか、通気性・耐久性ともによく、お値段もリーズナブルです。

高密度連続スプリング

高密度連続スプリングマットレスは、高密度にコイルを並べたタイプです。

価格はやや高めですが、ボンネルコイルマットレスの欠点である揺れを改善。かたさはやはりかためです。外側はソフトで、中でしっかりと体を支え、S字型の寝姿勢を保ちやすくなっています。

高反発ウレタン

高反発ウレタンマットレスの高反発とは、押し込んだ時に元に戻ろうとする力が強いということです。耐久性もよく、長い間使用できるマットレスとして人気があります。

かたさは程よく、寝た時に体の部位が沈み込みすぎることがありません。そのせいか、寝返りが打ちやすくなっています。寝姿勢も維持しやすく、腰痛対策にも向いたタイプです。

かためのマットレスの利点

かためのマットレスには、どのような利点があるでしょうか。チェックしてみましょう。

体重が重い人をしっかり支える

体重が重い人、特に80kg以上ある人がやわらかめのマットレスで寝ると、体が思いのほか沈み込んでしまい、寝姿勢が崩れることがあります。

そのせいで、体の部位が痛くなったり、寝心地が悪くなったりすることも…。その点、かためのマットレスなら、体重をしっかり支え、沈み込みすぎを防ぎ、快適に寝られるように作用してくれます。

かための寝心地がいい人には気持ちがいい

体重が重い人でなくても、かためのマットレスのほうが好きだという人もいます。

やわらかめのマットレスがどうも苦手で、しっくりこないという人です。そのような人にとっては、かためのマットレスはとても気持ちよく、ぐっすり寝られます。

寝返りがしやすい

一晩にどのくらい寝返りを打つかは人それぞれですが、寝返りが多い人は、かためのマットレスのほうが使いやすいです。

やわらかめのマットレスで、体が沈み込んでしまうと、寝返りを打つ時にやりにくくなります。かためなら、寝ていても体を動かしやすいです。

腰が沈み込まない

やわらかめのマットレスの場合、腰が沈み込むので、腰痛が悪化することがあります。一方、かためのマットレスならそのようなことはないので、幾分腰痛が軽減されることも。

ときどき口コミで、「かためのマットレスに変えたら、腰が楽になった」という内容が投稿されることがありますが、これはかためのマットレスで腰の沈み込みが防げるからです。

耐久性がある

かためのマットレスは、形が変形したりへたったりしにくいため、耐久性が非常に高いです。そのため、長期の利用に向いています。

あまり短期間でマットレスを買い替えるというのも経済的な負担にもなりますから、節約を考えると、かためのマットレスを選択するのもおすすめです。

かためのマットレスがかたすぎる場合

かためのマットレスにはいろいろな利点がありますが、購入してみた結果、かたすぎるという場合があります。そのようなときはどうすればいいのか、対処法をまとめました。

マットレストッパーを使う

マットレストッパーとは、手持ちのマットレスの上に敷いて、マットレスの寝心地を改善させる寝具です。このマットレストッパーを使うことで、かたすぎるマットレスの寝心地を和らげることができます。

では、どのようなタイプのトッパーがいいかというと、低反発素材、羊毛や羽毛、フェザーなどの天然素材を使ったものなどです。もしこれらの素材がやわらかすぎると感じた場合は、ウレタンフォームがちょうどいいかたさになっています。

ベッドパッドを使う

厚手のベッドパッドを使うと、ある程度かたすぎるマットレスをやわらかくすることができます。

種類としては、ウールベッドパッドがいいです。というのも、弾力があり、綿も多く含まれていて厚みがあるからです。

布団やタオルを敷く

マットレストッパーやベッドパッドは購入してからでないと使えませんが、布団やタオルを敷くだけならすぐにでもできます。

一時しのぎ的な対策ではあるものの、有効であることは確かです。

種類別の対策

マットレスの種類によって、かたすぎるものをやわらかくする対策が違います。まず新品の高反発ウレタンマットレスの場合は、踏んでつぶすと効果が出ることがあります。

低反発ウレタンフォームは寒くなるとかたくなることがあるので、温めることによる効果が大きいです。コイルマットレスの場合は、買い替えたほうがいいケースもあります。

おすすめのかためマットレス

最後に、BED STYLEおすすめのかためのマットレスをご紹介します。かためのマットレス好きな人が気に入るようなタイプばかりですから、ご購入の候補に入れていただければ幸いです。

ショート丈対応 コンパクトマットレス高通気性薄型ボンネルコイル

3つのタイプのコイルから選べるマットレスですが、そのうち高通気性薄型ボンネルコイルがかための寝心地になっています。これまで布団で寝ていた方には、ちょうどいいかたさです。反発力の強いコイルを使用。そのため、体を面でしっかり支えます。180cmのショート丈サイズもご用意。小さなベッドでお休みの方は、ショート丈がぴったりです。高通気性になっていますから、蒸れずに快適です。

快眠 ホテルスタンダードマットレス (かため・ボンネルコイル)

3カラー展開があるボンネルコイルマットレスです。お好みに応じて選べるようになっています。ボンネルコイルということもあり、かための寝心地です。反発力も高く、沈み込み感も少ないので、しっかりとした寝心地が得られます。寝返りも打ちやすい弾力になっています。かためとはいえ、表面材はニット生地。ふんわりやわらかく心地よい素材です。体にも優しくなじみ、快適にお休みいただけます♪

汗を逃す フランスベッド マルチラススーパースプリングマットレス

良質な睡眠を取ることを目指している人におすすめしたいのがこちらのマットレス。かための仕様で、腰が沈みすぎず、理想的な寝姿勢を維持できるほか、寝返りも打ちやすいです。へたりにくいのもいいところ。8万回強打してもくぼまない構造になっています。これなら長い間愛用できますね♡織り生地には程よいクッション性があり、保温性にも優れ、衛生的です。

いつでも清潔 洗える敷パッド付ファミリーマットレス敷布団

こちらは真ん中がかためになったファミリーマットレス。腰の沈み込みを防げるので、しっかり支えて、よい寝姿勢を維持できます。全身のバランスも整いますよ。ファミリーマットレスなので、幅広になっています。とはいえ、ワイドな敷パッド付きで、マットレス間の継ぎ目が気にならないように工夫されています。また、分割しての使用も可能です。三つ折りタイプになっていて、収納も干すのも簡単です。

沈み込み知らず 超硬質バランスウレタンマットレス 三つ折りタイプ

普通のかたさでは満足できないという方は、こちらのマットレスを使用してみてはいかがでしょうか。約10kgの球を載せても沈み込まない超かための設計。重い体重による沈み込みも防げ、マットレスのヘタレの悩みとも縁が切れます。耐荷重はなんと100kg!がっしり体型の人でもしっかりと支えてくれます。腰回りも下がりませんから、腰痛持ちの人にもピッタリです。厚さは10cmで、底付き感なくお休みいただけます。

まとめ

かためのマットレスで寝たいという人のために今回特集を組んでみました。かためのマットレスには、寝返りを打ちやすい、腰が沈みにくい、耐久性がいいなどいくつかの利点があります。もしかためがいいかやわらかめがいいか迷っているのなら、これらの利点をよく考慮してから選ぶといいでしょう。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP