寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 212 view

【ダブルベッドのベッドフレーム】どんな商品がおすすめ?

ダブルベッドのベッドフレームをまず買いたいという方もいらっしゃるでしょう。マットレスは後でということになるでしょうが、その場合どのようなベッドフレームを買えばいいでしょうか。そこで今回は、ダブルベッドのベッドフレームの選び方を特集します。併せて、どんなおすすめ商品があるかも紹介しますから、お気に入りの1台を見つけてみてください♪

ダブルベッドのベッドフレームの選び方

早速ダブルベッドフレームの選び方をチェックしてみましょう。

フレームの高さ

ダブルベッドのベッドフレームには、ハイタイプ、ロータイプなどの種類があります。ハイタイプの良さは、下に収納スペースができることや掃除がしやすいこと。

ロータイプは、お部屋に圧迫感が生じず、広々とした雰囲気を味わえます。ダブルベッドの大きさを感じさせない高さです。

収納の有無

収納付きを選ぶか収納なしを選ぶか、ダブルベッドのベッドフレームを選ぶ際に考えることです。収納付きなら、お部屋の荷物を片付けやすくなります。特にダブルサイズだと、大容量収納も可能です。

一方、収納なしはデザインがすっきりしています。余計なパーツがない分、ベッド周りが落ち着いて見えます。

デザインの種類

ダブルベッドのベッドフレームのデザインも重要チェックポイント。

シンプルデザイン、かわいらしいデザイン、大人びたデザイン、おしゃれなデザインなどいろいろありますが、大きめのサイズであるダブルベッドの場合は、落ち着いたデザインを選ぶのもおすすめです。

価格

マットレスをセットで購入せず、ダブルベッドのベッドフレームだけというのなら、幾分価格は下がります。それでもダブルベッドのベッドフレームの価格は様々。

数万円台から十万円以上するものまであります。どの価格の商品を選ぶかは予算にもよりますが、安いもので済ませようとして寝心地が悪いものを選ばないようにしましょう。

ダブルベッドのベッドフレームはどのようなときに買う?

ダブルベッドのベッドフレームはどのようなときに買えばいいでしょうか。いくつかのポイントをまとめてみます

マットレスを後で買う場合

ダブルベッドのベッドフレームとマットレスをセットで購入したほうが楽ではありますが、お好みのマットレスを別途選びたいという場合は、まずはベッドフレームだけを購入することになります。

その際には、自分の好みや使い方に合わせたフレームを買わなければいけませんが、もう一点、あとで買うマットレスのことも意識しておきましょう。

マットレスを持っている場合

すでにダブルサイズのマットレスを持っているのなら、わざわざベッドフレームとマットレスのセット購入をする必要はありません。

ダブルベッドのベッドフレームの購入だけで十分です。ただし、この場合、自分のマットレスに合うベッドフレームを買うようにしないといけません。

前のベッドが壊れた場合

以前使っていたベッドが壊れたら、買い替えの必要が出てきますが、その際の選択肢の一つがダブルベッドのベッドフレームです。

たとえば、夫婦で仲良く寝ていたベッドが壊れてしまえば、新たにダブルベッドのベッドフレームを購入して、また同じように仲睦まじく寝ることができます。

ダブルベッドのベッドフレームの置き方

比較的大きなサイズであるダブルベッドのベッドフレームを購入する場合、置き方をあらかじめ考えておく必要があります。部屋のスペースを有効活用するためですが、そのポイントをお教えしましょう。

通路の確保を

部屋いっぱいにベッドが置かれているというわけにもいきませんから、できれば幅50cm以上の通路を作っておきたいところです。

ただ、ローベッドなら、通路幅が40cmくらいでも、それほど窮屈な感じはしません。また、横歩きで我慢しようというのなら、幅30cmでもなんとかなります。

壁との間に隙間を

ダブルベッドのベッドフレームを壁際に置くこともあるでしょうが、その際は5~10cmくらい隙間を空けるといいです。

これでシーツや敷パッドの交換もしやすくなります。気分的にもこのほうが、少しゆとりを持てます。

収納スペースにも気を付けよう

収納付きダブルベッドのベッドフレーム、特に引き出し式やチェスト式の場合、引き出し部分を引き出すためのスペースの確保が欠かせません。

せっかく収納付きタイプを買っても、引き出しが引き出せなければ意味がありませんから、引き出しスペース分余裕をもって配置しましょう。

まとめ

ダブルベッドのベッドフレームだけを買いたいという人もいます。後でマットレスを買うか手持ちのマットレスがあるかという場合でしょうが、その場合には選び方のポイントがあります。その選び方などについて特集を組んでみました。皆さんもこの記事を参考に、満足できるダブルベッドのベッドフレームを探してみてください。


おすすめの商品

最後にダブルベッドのベッドフレームのおすすめ商品をBED STYLEの商品ページから選んでみます。どれも素敵な商品ですから、ぜひご覧ください。気になった商品は、「商品情報を見る」から詳細をチェックできますよ♪

優雅な空間へ モダンデザイン・高級レザー・デザイナーズベッド (ダブル)

美しい流線型のフォルムになったデザイナーズダブルベッドです。タイプはレザーベッド。その外観は優雅でもあり、高級感が漂います。こんなベッドで寝ていると、至福のひと時が味わえますね♡ヘッドボードも曲線になっていて、ゆったりとくつろぎやすいです。デザインが優れている分、お値段はやや高めですが、フレームのみの購入なら幾分値が下がります。高さは42cm。ベンチのような高さで、腰かけるのにちょうどいいです。

高品質でこだわりの収納 本棚付チェストベッド ダークブラウン (ダブル)

世界のホテルに納品実績のあるメーカー製造の高品質ダブルチェストベッドです。シンプルなラインの中にもスタイリッシュな美しさがあり、思わず買いたくなる商品です。また、全体の外見だけでなく、背部や細部にまで美しさにこだわっています。チェストベッドですから、収納力は半端なし。クローゼット並みで、ベッド下やヘッドボードにたっぷり収納ができます。ヘッドボードの本棚はキャスター付き。出し入れがしやすいだけでなく、他の部屋へ移動することもできます。

抜群の通気性で一年中快適 布団対応 折りたたみ式すのこベッド (ダブル)

ダブルベッドのベッドフレームだけというのなら、こちらの商品もおすすめです。布団が敷ける折り畳み式すのこベッドです。マットレスをわざわざ購入する必要はなく、今ある布団を敷いてお休みいただけます。折りたためば、布団も簡単に干せますよ。素材は桐。温度が伝わりにくく、冬は暖か、夏は涼しいです。調湿性にも優れ、カビや劣化が発生しにくくなっています。

和のくつろぎ 選べる畳の和モダンデザイン畳引出収納付ベッド (ダブル)

こちらの畳ベッドは和モダンデザインのすっきりした形が特徴です。小上がりとしても使えます。高さが29cmですから、昇り降りもしやすいです。家族でゆったりくつろぐのにも最適。畳の種類は、い草畳(グリーン)、美草畳(ブラック)、美草畳(ブラウン)から選べます。い草にはいい香りがあり、美草は美しく、お手入れがしやすいです。

ベッドの寝心地とソファの安らぎ モダンデザインフロアベッド (ダブル)

低重心のスタイリッシュさが際立ったダブルサイズのフロアベッドです。ヘッドボードの素材は合皮レザー。サイドフレームもフットボードも同じ素材です。とても高級感があり、大人びた感じがします。ヘッドボードには弾力とふっくら感があり、奥行きは20cm。背中を預けても、しっかりと支え、感触も心地よいです。フロアベッドなので、上空間にゆとりができ、開放感が広がります。ダブルベッドの大きさが気にならないつくりです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  2. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP