寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 320 view

あったかシーツで冬を乗り切ろう♪種類や選び方&おすすめ商品5選

寒い冬をどう乗り切ろうか、あれこれお考えになるでしょう。その際には、暖房器具の選択も大事ですが、寝具をどう選ぶかもポイント。暖かくなるには、暖かい寝具が必要です。そこで今回は、あったかシーツの特集を組みます。シーツで寝床を暖かくしようというわけです。おすすめ商品もご紹介しますから、いいものを選んで、ほんわか気分でお休みになってください。

あったかシーツの種類

あったかシーツには、どのような種類があるのかチェックしてみましょう。

アクリルボアシーツ

アクリルボアシーツは保温性が非常に高く、あったかです。冬でも快適にお休みいただけます。肌触りはもこもことしていて、心地いいです。

マイクロファイバーシーツ

素材がマイクロファイバーになったシーツは、空気をたっぷり含み、寝具の中の暖気を逃しませんから、保温性抜群です。あったかシーツの代表格と言ってもいいほどです。実際にあったかシーツとして売られている多くのタイプが、マイクロファイバー素材となっています。肌触りはふわっと柔らかいです。

フランネルシーツ

フランネルシーツは触れたときに温かな感触があります。起毛はされていませんが、素材自体が温かいです。見た目もすっきりしているので、冬の寝床が落ち着きます。ただ、残念なことに日本での販売数は減少気味です。海外通販でお求めにならなければいけないケースもあります。

綿ボアシーツ

綿ボアシーツもあったかで、冬になるとよく売れるタイプです。吸水性にも優れているので、寝汗を吸い取ってくれて、気持ちがいいです。毛並みはふさふさしていて、肌にも優しくなっています。

あったかシーツの選び方

あったかシーツを選ぶポイントを見てみましょう。

シーツのタイプ

あったかシーツにもいくつかのタイプがあります。ボックスシーツ、布団用シーツ、フラットシーツなどです。ボックスシーツは全周ゴム仕様になっていて、マットレスをすっぽり包み、ずれにくいのが特徴。

敷布団用シーツには長辺がファスナー式になっているものがあり、そのファスナーを開けて敷布団を入れます。フラットシーツにはゴムやファスナーなどはなく、1枚布になっていて、敷布団やマットレスに折りたたむようにかぶせます。着脱がしやすいタイプです。

色柄

あったかシーツを選ぶ場合に色柄にも気を使いたいところ。ではどのような色柄がおすすめかというと、寒い時期に使うだけにあまり鮮やかすぎる色柄のものは考え物。

落ち着いた色柄のものほうが冬に合っていますよ♪

サイズ

あったかシーツは寒い時期の味方になりますが、あったかでもサイズが合わないと気持ちよく寝られません。

しわが寄ったり、めくれてしまったりと気分も良くないですから、サイズ選びも間違わないようにしましょう。

季節を問わず使えるタイプも

あったかシーツというと冬に使うものだと思っているでしょうが、1年中季節を問わず使えるタイプもあります。たとえば、コットン素材のシーツです。夏は寝汗を吸い取ってくれて爽やか。

冬は空気を含み、暖気を逃しません。季節ごとに使い分けるのが面倒な人は、このようなタイプのシーツを選んでおけばいいでしょう。

あったかシーツのお手入れ方法

あったかシーツをお手入れするポイントを見てみましょう。

洗濯頻度は?

冬は夏ほど寝汗をかきませんから、あったかシーツの洗濯頻度は2週間に1回くらいでも大丈夫です。

これでも清潔な状態を維持しやすいです。ただ、きれい好きの方は、週1でもOKです。

洗濯方法は?

あったかシーツでも基本的な洗濯方法は変わりませんが、まず洗濯表示を確かめてみましょう。家庭で洗濯ができないものは、プロに任せます。洗濯ができる場合は、埃を取り、シミがある場合は漂白剤をつけます。

洗濯機に入れるときは洗濯ネットに入れましょう。ただ、冬用の厚めのシーツの場合は、ひもで縛ってもいいです。洗濯機では、大物洗いコースや毛布コースを選び、洗剤は中性洗剤がおすすめです。

乾燥はしっかり

冬用のあったかシーツは生地が厚めです。そのため、乾燥には普通以上に気を使いましょう。時間をかけ、生乾きにせず、しっかりと乾燥させます。

ただ、乾燥がその日のうちに終わらないこともありますから、交換用を用意しておいてください。

コインランドリーで洗濯する場合

あったかシーツをコインランドリーでも洗濯できます。方法はご家庭の洗濯機と同じですが、乾燥機に入れるときはネットから出します。

シーツをまとめ洗いしたい時などは、コインランドリーでの洗濯が便利です。

おすすめの商品

冬はあったかシーツで気持ちよく寝たいという方のために、BED STYLEおすすめの商品をお選びいたします。これで寒い時期もばっちり乗り切れますよ。


20色から選べる マイクロファイバーパッド一体型ボックスシーツ 通常タイプ

さっとマットレスにつけるだけ、とてもあったかになるパッド一体型ボックスシーツです。素材はマイクロファイバーで保温性が非常によく、冬でも快適です。肌触りもよく、手軽に寝心地をアップできます。一体型ですから、着脱もお洗濯も別々にやる必要はなく、手間が軽減されます。毎日少し楽になりますね♪全周ゴム仕様で、引っかけてかぶせるだけですから、装着も簡単です。ご家庭の洗濯機で丸洗いできます。汚れもさっと落とせるほか、乾きも早いので、アイロンがけの必要もありません。

プレミアムマイクロファイバー贅沢仕立て パッド一体型ボックスシーツ単品

こちらは、マイクロファイバーのさらに上を行くプレミアムマイクロファイバーを使用したパッド一体型ボックスシーツ。吸湿発熱綿入りで、とってもあったかでぽかぽか。とろけるような温もりに包まれて、もう暖房がいらないほどです。これで寒いお部屋でも安心してお休みいただけます。ボリューム感もたっぷりで、ふかふか。うもれるような感覚の中で、贅沢な就寝環境が得られます。カラーバリエーションもアンティークバニラやローズピンク、ジェットブラックなどいろいろ。冬の寝床が華やかに彩られます。

リゾートスタイル 裏なめらか毛布つきあったかカバーリング 和式用フィットシーツ

超濃密フランネル素材を使用し、保温性抜群でとってもあったかな和式用フィットシーツです。このシーツに使われているフランネルは通常のものより130%以上も密度が濃く、なめらかでふんわりとした肌触りになっています。その感触は贅沢な毛布のよう。体全体をソフトに包み込み、暖かさも逃さず、底冷えもなし。これで冬の寒さ対策は万全ですね。サイズはシングル、セミダブル、ダブルの3展開。お布団の大きさに応じたサイズが選べます。カラーはモカブラウンとチャコールグレー。どちらも素敵な色です。

やわらかなタオル地で365日快適 コットンタオル和式用フィットシーツ

こちらは、夏は爽やかで、冬はあったかなコットンタオルのフィットシーツ。きめ細やかなパイルが、暑い時期には汗や蒸れを吸い取って、べたつかずサラサラに。冬は空気を含んで、ひんやりせず、ぽかぽか。1年365日快適にお使いいただけます。天然素材だけに肌にも優しいです。ソフトなその肌触りは、デリケート肌の人にもなじみやすくなっています。全周ゴム仕様です。すっぽり敷布団にかぶせることができ、いったんはめたらずれにくいですから、安心してお休みいただけます。カラーバリエーションも多いですよ。

ふんわり質感 32色柄から選べるマイクロフリースカバー 和式用フィットシーツ

最後にご紹介するのは、スーパーマイクロフリースを使ったフィットシーツ。とってもあったかでヒヤッと感がなく、お布団に入った瞬間から温もりが感じられます。ぬくぬくの暖かさで、これで就寝環境も快適になりますね♡スーパーマイクロフリースは普通のマイクロフリースよりも滑らかでソフト。心地いい寝心地が得られます。軽い素材でもあります。お布団にも負担にならず、お布団の持つよさを上手に引き出してくれますね。静電気防止加工やアンチピリング加工が施されています。不快なぱちぱちもなく、毛玉もできにくいです。

まとめ

冬の寝床は暖かくほかほかにしておきたいところ。そのお役に立つのがあったかシーツです。シーツ1つで、ずいぶん感触が変わります。今回はそんなあったかシーツの特集でしたが、いかがでしたでしょうか。ご自分やご家族にピッタリのものを見つけるための情報は得られたでしょうか。そうなっていただけるよう、願っています。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP