寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 404 view

高さのあるベッドはお好きですか?お好きならぜひハイタイプベッドを

高いところで寝ることに抵抗はないという人もいらっしゃるでしょう。それなら、ハイタイプベッドを選んでみてはいかがでしょうか。床からの距離もあり、高い位置で休むことで快適さもあります。今回はそんなハイタイプベッドの特集。併せて、おすすめ商品もご紹介しますから、ご自分の好みに合った一品を選んでみてください。

ハイタイプベッドの種類

ハイタイプベッドにはどのような種類があるのか、チェックしましょう。

ロフトベッド

ロフトベッドは、ハイタイプベッドの中でも特に高さがあるタイプ。お部屋の上の方に寝床があり、全体を見渡すことができます。

ロフトベッドの高さによっては、ベッド下にソファやデスク、テレビ台などを設置して、リラックス空間にもできます。

少し低めのロフトベッドなら、収納家具を下に置くのがぴったり。いずれにしろ、ハイなロフトベッドの下はいろいろなことに使えますね。

収納ベッド

ベッド下に収納スペースがある収納ベッドは、そのスペース分だけ高さがあります。このようなハイタイプベッドは、荷物をたっぷり収納することが可能。

場合によったら、収納家具が不要か少なくて済みますから、お部屋のスペースを有効活用できます。荷物もきれいに片付いて、すっきりです。

すのこベッド

床板がすのこ状になっていて、通気性がよく、お布団やマットレスを湿気から守ってくれるすのこベッド。このすのこベッドにもハイタイプがあります。

すのこベッドのハイタイプは、一段とベッド下の通気性がよくなっていますから、蒸れずに爽やかです。

パイプベッド

脚とフレームがスチールパイプでできたパイプベッドにもハイタイプはあります。長くなった脚で、寝床をしっかり支えます。

パイプベッドのハイタイプにはスタイリッシュなデザインのものも多く、お部屋が格好よく決まりますね♪

脚付きマットレス

脚付きマットレスには、高脚タイプになったハイタイプがあります。このようなタイプは、ベッド下の空間に収納ボックスなどを収納できます。掃除機も入りやすいので、清潔な状態を維持しやすいですね♡

ハイタイプベッドのメリット

続いて、ハイタイプベッドのメリットを考えてみましょう。

お掃除がしやすい

ハイタイプベッドのベッド下は非常に掃除がしやすいです。収納付きのハイタイプベッドを除いて、ベッド下に掃除機のヘッドが入りやすいので、ゴミもホコリもきれいに取れます。

お掃除ロボットも難なく入るでしょう。ベッドを衛生的に使いたい人にハイタイプベッドはぴったりです。

立ち座りがしやすい

ロフトベッド以外のハイタイプベッドの高さは、立ち座りがしやすいです。ベッドから立ち上がるときもベッドに座るときも、スムーズにできるでしょう。

これは足腰の悪い人にとっても助かる点で、ベッドからの移動もしやすくなっています。

ベッド下のスペースを有効活用できる

ハイタイプベッドのベッド下は有効活用できます。特に収納スペースにちょうどいいです。収納ボックスなどを入れて、お洋服や小物などをすっきりしまっておけます。

また、ロフトベッドなら、収納ボックスだけでなく、いろいろなものを置けますね♪

ハイタイプベッドの選び方

いろいろな種類のハイタイプベッドがありますが、種類以外にも選び方のポイントがあるので、チェックしてみましょう。

耐久性

高さがあるハイタイプベッドの場合、きしんだり横揺れしたりする可能性もあります。そこで選びたいのがしっかり補強されているタイプ。

構造が頑丈にできていれば、きしみも横揺れも最小限に抑えられ、快適に寝られますよ♡

通気性

ハイタイプベッドのベッド下には空気の通り道があるので、通気性がいい商品が多くなっています。ただ、中には通気性の悪いものも。

さらっとした環境でお休みになりたい方はハイタイプべッドの通気性についてチェックしておきましょう。

機能性

ハイタイプベッドのヘッドのボードにいくつかの機能が加わっているものがあります。宮棚付きのほか、コンセント付き、照明付きなどです。

これらの機能があれば、ハイタイプベッドから降りずに用をこなせますから、とても便利です。

おしゃれ度

ハイタイプベッドにはおしゃれなものが多いですが、商品ごとの違いもあります。

ハイタイプベッドはロータイプベッドと比べると、お部屋に置いたときにかなり目に留まりますから、できるだけおしゃれで格好がいいものを選びたいところです。

まとめ

ベッド下の空間を活用しやすいハイタイプベッド。いろいろな種類がありますが、いいものがあれば、購入してみようかなと思っている方もいらっしゃるでしょう。そのような方のためになるように詳しい特集を組んでみました。この特集が参考になって、皆さんが素敵なハイタイプベッドとご縁ができますよう願っています。


おすすめの商品

最後に、BED STYLEおすすめのハイタイプベッドを5種類ほどピックアップしてみます。それぞれの詳しい情報については、「商品情報を見る」からチェックしてくださいね。

空間を便利に使える 高さが選べる天然木ロフトベッド (ハイタイプ)

天然木パイン材を使用したハイタイプロフトベッドです。高さは186cm。デスク、ソファ、チェスト。何でもベッド下に置けます。いろいろな使い方ができて、楽しい空間になりますよ♪素材の天然木パイン材は優しい木目と心地いい香りが特徴。心身共にリラックスさせてくれます。塗装もその木目の優しさを活かすように工夫がされています。宮棚とコンセント付き。これなら高い位置から降りなくても、いろいろなことができますね。

寝心地良好の一体型 ショート丈脚付きマットレスベッド ハイタイプ

こちらはハイタイプの脚付きマットレスベッド。高さは20cmで、ベッド下を収納スペースに変えられます。つなぎ目のない一体型になっています。このため、腰のあたりの違和感がなく、寝心地が快適です。マットレスタイプはボンネルコイル。体を面で支え、弾力性も高く、気持ちよく寝られます。安定性、耐久性、通気性ともに非常にいいです。カラーバリエーションはホワイトとブラック。ホワイトには明るい雰囲気が、ブラックにはどっしりとした落ち着きがあります。

高さ調節も可能 コンパクト天然木ショート丈すのこベッド

脚の付け替えで3段階の高さ調節ができるすのこベッドです。ハイタイプの場合は、高さ33cm。高さ23×奥行74cmの収納ケースがすっぽり収まります。ベッドからの立ち上がりもしやすい高さです。脚、フレーム、すのことすべての角を丸く処理しています。全体的なフォルムも丸みを帯びているので、とても安全でかわいらしいベッドです♡長さは180cmのミニサイズ。ヘッドレスでもあり、狭いお部屋にも設置がしやすくなっています。

和の癒し空間 日本製・布団が収納できる大容量収納畳連結ベッド

ハイタイプとロータイプ、4種類の畳から選択ができる畳ベッドです。ハイタイプの高さは42cmで、腰かけやすくなっています。ちょっと座って一休みという時にもちょうどいいです。畳の種類はい草畳、クッション畳、洗える畳、セキスイ畳「美草」。お好みや使用感で自由に選べます。布団も収納できる大容量収納付きです。収納スペースには仕切りがないので、大きなものもすっぽり収まりますよ。

盛り沢山の工夫で思い通りにレイアウト あなた好みの空間に 階段付き ロフトベッド

最後に階段付きのパイプロフトベッドをご紹介しましょう。階段は安心・安全に昇れるほか、ディスプレイラックにもなります。小物をおしゃれに飾っておけますね♡高さはハイタイプとミドルタイプから選べます。ハイタイプならベッド下の空間を広く取れ、ミドルタイプなら天井までの距離感が大きくなります。左右どちら側にも設置できる宮棚とスライド式のコンセント付き。お好みの方向に変えることで、使い勝手も一段と良くなりますよ♪

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】敷布団おすすめアイテム10選&選び方のコツ

  2. 狭いお部屋の方必見!ベッドを置く時のコツ&おすすめ商品18選

  3. 憧れの天蓋ベッド♡コーディネート実例&相性抜群なベッドをご紹介!

  4. 大人向けロフトベッドの選び方&おすすめ商品7選【寝室実例あり】

  5. 肩こりの原因はストレートネック?予防法と補正枕おすすめ5選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP