寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 581 view

【子供にピッタリのキッズベッドを買ってあげよう】おすすめ商品5選

お子さんをどこで寝かせていますか。各家庭でも状況は違うでしょうが、少し成長したお子さんにはキッズベッドを買ってあげてもいいでしょう。キッズベッドで1人で寝る習慣がつけば、精神的にも成長します。今回はそんなキッズベッドの特集。おすすめ商品も取り上げますから、お子さんのためになる1台を選んであげてください。

キッズベッドのメリット

お子さんにキッズベッドを買ってあげるとどのようなメリットがあるのかを考えてみましょう。

布団を上げ下ろししなくていい

これはお子さんのためのメリットというよりも、親御さんにとってのメリットかもしれませんが、キッズベッドがあれば、押入れからなどの布団の上げ下ろしの必要はなくなります。毎日の手間が少し減って、楽になりますね。

ホコリを吸わなくて済む

小さいお子さんの場合、お布団で寝かせる場合もあるでしょうが、そんなときに少し気になるのが床や畳のホコリ。わずかな量であっても、毎日吸い続ければ、健康にも良くありません。

その点、キッズベッドを買ってあげれば、寝床が少し高くなりますから、床や畳のホコリゾーンから離れることになります。これでお子さんの健康も守りやすくなりますね♡

子供の精神的成長に役立つ

小さいお子さんはパパ、ママと一緒に寝ることにもなるでしょうが、大きくなるにつれ、1人で寝かせる必要も出てきます。

その際に素敵なキッズベッドを用意してあげれば、1人で寝るのにも慣れていきます。それがお子さんの精神的成長にもつながりますね。

省スペースになっている

ベッドは大きな家具で、設置することで、お部屋の大きなスペースを占めます。そのために、窮屈さも出てきて、お部屋が利用しにくくなることも。

一方、キッズベッドならコンパクトで省スペースに設置できますから、圧迫感があまりありません。

キッズベッドの選び方

続いて、キッズベッドの選び方のポイントをチェックしてみましょう。

年齢で選ぶ

キッズベッドと言っても、それを使うお子さんの年齢がみな違うでしょう。幼児から小学校高学年まで年齢も様々です。そこで、年齢に応じたキッズベッドを選ぶ必要も出てきます。

まず幼児から小学校低学年くらいのお子さんの場合、1人寝に慣れていないこともあるので、気分が盛り上がるデザインやかわいらしいデザインのものを探してあげれば喜びます。兄弟姉妹がいる場合は、2段ベッドで仲良く寝られるようにしてあげるのもいいですね♪

小学校高学年以上になると、体も大きくなるので、大きめのキッズベッドが必要ですが、そのほかに機能面でも少しプラスがあれば使いやすくなります。コンセントや棚がついていれば、ベッド上で楽しむことができますね。

安全性で選ぶ

子供は大人と違ってはしゃぐことがあるので、ベッドの角に体をぶつけるなんてことも。そうなれば、けがをすることにもなりかねませんから、角が丸くなったキッズベッドなどを選んであげると、安全です。

また、寝相の悪いお子さんのためには、サイドガード付きもおすすめ。キッズベッドからの落下を防げます。

耐荷重で選ぶ

小さいお子さんのためだけのキッズベッドなら、そんなに耐荷重を気にする必要もないでしょうが、小学校高学年ともなると、体も大きくなり、体重も増えます

そこで選びたいのが耐荷重が大きいキッズベッド。大きなお子さんが安心して寝られるようなキッズベッドがおすすめです。

種類で選ぶ

一口にキッズベッドと言っても、いくつかの種類があります。ロフトベッド、二段ベッド、システムベッド、ローベッド、すのこベッド、収納付きベッド、脚付きベッドなどなど。

どれを選ぶべきか迷う点ではありますが、お子さんの年齢に応じたもので、好みを聞いてから選んでもいいでしょう。

子供にとってのキッズベッドの意味

お子さんにとって、キッズベッドがどういう意味を持つものなのかを考えてみましょう。

良質な睡眠が取れる

品質のいいキッズベッドをお子さんに購入してあげれば、良質な睡眠が取れ、ぐっすり寝られるようになります。これはお子さんの成長にとっても最も大切なことで、よく寝る子はよく育ちます。

自分だけの空間ができる

子供も大きくなるにしたがって、1人での生活を楽しめるようになります。その際に役立つのがキッズベッド。

キッズベッドで親御さんから離れて生活しても、自分なりの過ごし方ができるようになります

デザインを楽しめる

キッズベッドの中には、かわいらしいデザインになったものも多いです。

お子さんが見ていても楽しめて、飽きないようなデザインになっています。そんなデザインに囲まれていると、気分もうれしいでしょう。

おすすめの商品

ここからは、皆さんのお子さんのためになるようなおすすめキッズベッドをBED STYLEの商品ページからお選びいたします。もし親子ともども気に入ったものがあれば、ぜひご使用になってください。

分割式コンパクトショート丈 ボンネルコイル脚付マットレスベッド

こちらはキッズベッドというわけではありませんが、お子さんにピッタリのショート丈脚付きマットレスベッドです。長さは180cm。狭いお部屋に置きやすく、子供部屋にもちょうど合ったサイズです。セミシングルというサイズも省スペースになっています。分割式でしかも軽量デザインなので、搬入がしやすくなっています。ベッド購入後親御さんがお子さんのために運びやすいですね♪高さは4種類。お子さんの年齢や体の大きさに応じた高さが選べます。マットレスはボンネルコイルで反発力が強く、沈み込みが少ないです。

収納抜群 子供がすくすく育つランドセルラック付木目調システムベッド

ランドセルラック付きのシステムキッズベッドのご紹介です。また、ランドセルラック以外にも、教科書スペース、小物引き出し、4段階可動棚などもついて、お子さんの所有物を上手に分けながら収納ができます。これで毎日の片付けも楽しくなることに。整理整頓が好きになりそうです。ベッド下の半分も収納スペースになります。おもちゃ、ぬいぐるみ、衣類などをしっかり収納できて、開口部から確認もしやすいです。宮棚とコンセントもついています。宮棚には仕切りも。いろいろな小物を分けて置いておくことができます。

2台並べてファミリーベッドとしても 木目調3Dシート二段ベッド宮付き

キッズ用の二段ベッドです。3DPVCシートを採用しています。天然の木目を再現したそのリアル感は、美しくもあり高級感もあります。キッズベッドにはやや贅沢な感じもありますね。それでいて、低コストで、水や汚れにも強いので、おすすめです。耐荷重は300kg。大きな大人が乗っても大丈夫なほどですから、お子さんが寝る分には何の心配もなし。軋みや揺れもありません。上下分割が可能。お子さんの成長に応じて、ファミリーベッド、二段ベッド、シングルベッドと使い分けられます。

お子様の成長に合わせて 頑丈設計ロータイプ収納式3段ベッド

こちらは、3人兄弟で使えるキッズ用三段ベッド。みんな仲良く楽しく過ごせます。三段ベッドというと高さが気になりますが、ロータイプになっていますから安心です。一番上の段に寝ているお子さん寝顔も確認できるし、ママとお話もできます。梯子も低めなので、怖くありません。一番下のベッドはキャスター付き。出し入れが簡単にでき、使わないときはしまっておけるので、お部屋を広く使えます。床板はすのこ仕様。子供は大人よりも寝汗を多くかきますが、通気性がいいので快適です。

遊び心溢れるデザイン 家型すのこベッド

子供が楽しく過ごせるベッドを買ってあげたいと思っている親御さんも多いでしょうが、それならこちらのキッズベッドはいかがでしょうか。秘密基地のような家型になっています。屋根や壁にはかわいい窓もついています。ぬいぐるみやおもちゃを置いたり、素敵な寝具を使ったりと、アレンジも自由自在。こんなベッドがおうちにあれば、お子さんもベッドから離れなくなるかもしれません。本体はポプラ材、屋根はパイン材とMDF材で、角丸になっています。床下に少し余裕があるので、おもちゃなどを収納できますよ。

まとめ

お子さんが成長するのに合わせて買ってあげたいキッズベッド。素敵なキッズベッドがあれば、お子さんの毎日も楽しくなります。今回はそんなキッズベッドの特集でした。ご自分のお子さんのためにピッタリのキッズベッドは見つかりましたか。そうなってくださることを心より願っています。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【長く使える♪】子供部屋におすすめの収納付きベッド15選

  2. 【チェストベッド】特徴まとめ&おすすめチェストベッド13選

  3. 家族4人で快適に寝たい♪おすすめのベッドやサイズを徹底解説!

  4. ギシギシ音とはさよなら!丈夫なベッドフレームで快適な睡眠を

  5. 【ポケットコイルorボンネルコイル】私の体に合うのはどっち?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP