寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 21012 view

キングサイズベッドのおすすめ商品&メリット・デメリットを解説

まるで海外セレブのような、寝室にドンと置かれた大きなベッドは誰もが一度は憧れますよね♪大きなベッドがあると「広々していて豪華」「高級感がある」といったイメージも浮かびます。一方で、キングサイズのベッドにはどんな商品があるのか、大きさやメリット・デメリットについて知りたい人もいるでしょう。

そこで、本記事ではおすすめのキングサイズベッドをご紹介します。サイズ感やメリット・デメリットについて詳しく解説しますので、キングサイズのベッドが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめのキング・ワイドキングサイズベッド

それでは数ある商品の中から、おすすめのキング・ワイドキングサイズのベッドをご紹介していきます!どれも人気のあるものばかりですので、ぜひチェックしていってくださいね。

キングサイズのおすすめベッド

まずは、キングサイズのベッドからご紹介します。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
質の良い眠りへのお手伝い
シーツ付き大型マットレスベッド
✔サイズ:幅180×長さ195×高さ20cm(マットレス部のみ)
✔おすすめポイント:
一体型BOXシーツでマットレスの境目を気にせず使える
上質な癒し空間 モダンライト・
コンセント付き大型ローベッド
✔サイズ:幅206×長さ222×高さ49cm
✔おすすめポイント:
通気性がよく2口コンセントやライト付きと機能性抜群
抜群の収納力でゆったりとくつろげる
棚・コンセント付収納ベッド
✔サイズ:幅185×長さ213×高さ70cm
✔おすすめポイント:
キングサイズには珍しい、ベッド下に2杯の引き出し収納付き
美しく贅沢に リクライニング機能付
モダンデザインローベッド
✔サイズ:幅186×長さ233×高さ80~92cm
✔おすすめポイント:
リクライニング機能付きヘッドボードで贅沢に寛げる
ウォルナット柄が特徴的
モダンデザインローベッド
✔サイズ:幅180×長さ210.5×高さ59~70cm
✔おすすめポイント:
すのこ仕様で通気性がよくマットレスと布団どちらも使える

質の良い眠りへのお手伝い シーツ付き大型マットレスベッド

家族全員で使えるキングサイズの脚付きマットレスベッドです。ベッド2台を並べることで、隣の人へ振動が伝わりにくくなります。

付属のパット一体型BOXシーツなら、繋ぎ目が気にならずさらに快適に。キングサイズ初心者の方におすすめのベーシックなデザインも魅力です!

💭「シーツ付き大型マットレスベッド」の口コミ

大きさもいいしカバーもいい。付いてくるカバーはタオル生地にしましたが、とてもよかったです。

上質な癒し空間 モダンライト・コンセント付き大型ローベッド

高さの低い、ロータイプのキングサイズベッドです。天井との空間が広がり、開放的ななかでゆっくりお休みいただけます。

お洒落なモダンライトも付いた機能性抜群のデザイン。 大きなキングサイズベッドで優雅な時間を過ごしたい方におすすめです。便利なライト付き。

💭「モダンライト・コンセント付き大型ローベッド」の口コミ

今までは高さがあるベッドを使っていました。けど、愛犬と一緒に寝られる様に、オシャレなローベッドを探していました。凄くオシャレで部屋が広く見えるし、愛犬もベッドで飛び跳ねて喜んでます。

抜群の収納力でゆったりとくつろげる 棚・コンセント付収納ベッド

寝室に物が多い場合は、収納付きのキングサイズベッドがおすすめです。こちらはベッド下に2杯の引き出し収納付き。

キングサイズなのでベッド下も広く、収納力は抜群。衣類やリネンをスッキリまとめられます。これなら家族が増えても収納に困りませんね!

美しく贅沢に リクライニング機能付モダンデザインローベッド

ヘッド部分に8段階のリクライニング機能がついたローベッドです。ベッドとしてだけでなく、読書やちょっとしたお茶の際は、ソファのように使用できます。

こちらはキングサイズならではの高級感あふれるデザインが特徴的。お部屋をモダンな雰囲気に仕上げてくれます。

ウォルナット柄が特徴的 モダンデザインローベッド

こんなお洒落なベッドはいかがでしょうか?高級素材のウォルナットの木目を忠実に再現したもので、本物のような質感があります。

フレームよりもひと回り小さいマットレスを選ぶと、両端をちょっとした小物置きとして活用できますよ。

ワイドキングサイズのおすすめベッド

次は、広々とした寝心地が特徴のワイドキングサイズベッドを見てみましょう。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
長く使えて家族に優しい
大型モダンフロアベッド
✔サイズ:幅全5サイズ ×長さ215×高さ45cm
✔おすすめポイント:
高さを抑えたフロアベッドは大きなサイズでも圧迫感なし
高級感ある木目加工
棚・コンセント付き収納ベッド 
✔サイズ: 幅全5サイズ×長さ210×高さ69cm
✔おすすめポイント:
ヘッドボードや引き出し収納付きと機能性抜群
ゆったり二人で
デザインボードベッド 木脚
✔サイズ:幅200×長さ201×高さ20cm
✔おすすめポイント:
通気性のよい、隙間あるすのこデザインで年中快適
家族でシックに過ごす モダンデザイン
レザーフロアベッド (連結タイプ)
✔サイズ:幅全5サイズ×長さ220×高さ50cm
✔おすすめポイント:
ソファのように寛げるふかふかのヘッドボード
家族全員が寝れる理想の寝床
日本製ポケットコイルマットレスベッド
✔サイズ: 幅全3サイズ×長さ195×厚み25cm(マット部のみ )
✔おすすめポイント:
4種類から脚の長さを選べる&分割式で搬入しやすい

長く使えて家族に優しい 大型モダンフロアベッド

こちらは2台を金具で連結して使う商品です。ワイドキングの中にもさらにサイズの種類があり、シングル2台分〜ダブル2台分までご用意しております。

ダブル2台分なら、お子様が3人以上でも余裕を持って使用すできますよ!連結タイプなので、お子様が大きくなったら分割してそれぞれ使用可能です。

高級感ある木目加工 棚・コンセント付き収納ベッド 

ベッド2台を並べてワイドキングにするタイプです。ベッド下には引き出し収納が付いており、オフシーズンの布団や衣類をしまっておくのにぴったり。

引き出しはキャスター付きですので、重いものが入っていてもラクに開閉できます。ヘッドボードは棚と2口コンセント付き。

ゆったり二人で デザインボードベッド 木脚

ステージタイプのデザインがお洒落なベッドです。きれいな木目のウッド素材を使用しており、リゾートホテルのような空間を演出してくれます。

ヘッドボードのないロータイプで、圧迫感がなくお部屋を広く見せてくれます。デザインにもこだわりたい方におすすめです。

家族でシックに過ごす モダンデザインレザーフロアベッド (連結タイプ)

寝相が悪い子と一緒に寝る際、ヘッドボードに頭をぶつけてしまわないか心配ですよね。そんな方におすすめなのが、こちらの連結ベッドです。

ヘッドボードにたっぷりウレタンを詰め込み、ふっくらした手触り。ソファのようにもたれかかって、安らぎのひとときを過ごせます。

💭「レザーフロアベッド」の口コミ

出来上がりのお品物は想像していた通り、とても広々としていて、これから寝るのが楽しみになるベッドです。

家族全員が寝れる理想の寝床 日本製ポケットコイルマットレスベッド

理想的な寝姿勢をサポートしてくれる、ポケットコイルを使用したマットレスベッドです。横揺れが少ないので、家族で寝ても他の人の動きが気になりません。

脚は4タイプから選択でき、ベッド下は収納スペースとして利用可能。収納にこだわるなら、別売りで専用の引き出しも追加できますよ!

💭「日本製ポケットコイルマットレスベッド」の口コミ

硬さ加減も丁度良くて、寝心地最高です。
壁にくっつけている事と、連結してるベッドな事でシーツ交換の際の不便さはありますが、それ以外は満足です。

キング・ワイドキングサイズのベッドと合わせて使用したいアイテム

ベッド2台を並べて配置する時に気になるのが、ベッド同士のスキマです。足が挟まってしまうこともあるわずらわしいスキマですが、スキマパッドがあれば一気に解決!ここからは、そんな便利なスキマパッドをご紹介します。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
すきま問題も一気に解決
マットレスのスキマを埋めるスキマパッド
✔サイズ:幅30.5×長さ193×高さ13.5cm
✔おすすめポイント:
T字のパッドを置くだけで簡単に隙間問題が解決
ズレにくく寝返りしても安心
すきまパッド付マットレスバンド
✔サイズ:
[すきまパッド](約)幅20×長さ200×高さ6cm
[マットレスバンド](約)幅5×長さ1000cm
✔おすすめポイント:
すき間パッドと接続バンドでしっかり固定できズレる心配なし

すきま問題も一気に解決 マットレスのスキマを埋めるスキマパッド

こちらは、ウレタンを湾曲にカットしたスキマパッドです。マットレスの落ち込みをなだらかにくれます。パッドのカバーは洗濯可能で、いつでも清潔に保てますよ。

スキマパッド単体だけでなく、パッド+大型ベッドシーツのセットもご用意。2枚のマットレス全体を包み込むため、すっきりとした見た目になります。スキマパッドがズレにくくなるのも嬉しいですね。

💭「スキマパッド」の口コミ

ストレスフリーで連結ベッドの隙間埋めバッチリです。使用して2週間経ちますがマットレスの隙間が気になることもなく眠れています。子どもの快眠に繋がっていると思うと購入して良かったなと思います。シーツの洗い替え用にもう1つ購入を検討しています。

ズレにくく寝返りしても安心 すきまパッド付マットレスバンド

マットレスを並べて寝ていると、マットレス同士がズレてスキマが大きくなってしまうケースがあります。そんな時は、こちらのスキマパッド付きマットレスバンドが活躍しますよ。

スキマパッドを挟み込み、マットレスバンドをちょうどいい長さに調節してから、バックルで固定するだけ!ワイドキングサイズまで対応できます。

💭「すきまパッド付マットレスバンド」の口コミ

しっかりした作りで、品質の良さを感じました。

キングベッドのサイズ

ここからはキングベッドのサイズについてご説明します。他のサイズとの比較画像を載せておりますので、ぜひ頭の中でイメージしながらご覧ください!

キングベッドの基本サイズ

キングサイズは幅180㎝×長さ195~200cmとなります。キングサイズよりもさらに大きいベッドはワイドキングサイズといい、幅は200~280cmと様々です。

連結ベッドの種類

ワイドキングの場合、2つのベッドを連結させた連結ベッドが主流となります。連結ベッドの中にも、下記の種類に分かれます。

【連結ベッドサイズ】
・セミシングルを2つ合わせたクイーンサイズ(幅160cm)
・シングルを2つ合わせたワイドキング200(幅200cm)
・セミダブルを2つ合わせたワイドキング240(幅240cm)
・ダブルを2つ合わせたワイドキング280(幅280cm)

その他にも、シングル+セミダブルで幅220cm、シングル+ダブルで幅240cmなど、様々な組み合わせ方が可能です。

キングサイズのベッドが向いている方

各ベッドの幅を見ると、キングサイズのベッドが最も広いことが分かりましたね!では、キングサイズのベッドはどんな方に向いているのでしょうか?下記で詳しく見ていきましょう。

家族川の字で眠りたい方

キングサイズは、主に家族で使用する方が多いです。

連結ベッドはファミリーベッドとも呼ばれており、家族3~4人で並んで眠りたい方に合うサイズです。

2人でゆったり眠りたい方

もちろん、夫婦だけでゆったり眠りたい方にもおすすめです。クイーンサイズよりもさらに広々しており、1人分のサイズは約90cm。

パートナーと同じベッドで寝ているのに、シングルサイズと同等の広さが確保できるのは嬉しいですよね。

寝室が広い場合

キングサイズのベッドは大きいので、寝室に十分なスペースがあるかどうかもポイントになります。

ベッドだけを置くなら、6畳の寝室でもワイドキングサイズのベッドを置くことができます。備え付けのクローゼットがあったり、他の家具を置きたい場合は最低でも8畳の広さは欲しいところですね。

キングサイズのベッドのメリット、デメリット

次に、キングサイズのベッドのメリットとデメリットをご紹介していきます!キングサイズのベッドは決して安価ではありませんので、メリットとデメリットをしっかり把握して、慎重に選びましょう。

メリット

キングサイズのベッドでは、夫婦や家族でゆったり眠ることができます。

ダブルベッドだと、お互いの寝返りによる振動が伝わり、睡眠の妨げになってしまうことが多いです。その上、常に中央に寄っていないとベッドからはみ出るので、相手と関係が良好でないとストレスを感じてしまいます。

デメリット

キングサイズのデメリットは、流通しているベッドフレームや専用の寝具が少ないことです。

仮に商品を見つけてもデザインや色のバリエーションが少なく、全部自分好みで揃えるのは難しいかもしれません。

キングサイズのベッドフレームや寝具は、ネットで探すのがおすすめです。

キングサイズのベッドに合うマットレスは?

次に、ベッドにはかかせないマットレスに注目していきましょう。キングサイズのベッドには、どのようなマットレスが合うのか、下記で解説していきます!

マットレスの種類

マットレスを選ぶポイントは振動の伝わり方で、おすすめしたいのは「ポケットコイルマットレス」です。ポケットコイルマットレスは、マットレス内部のコイルが連結しておらず、それぞれ独立していることが特徴となっています。コイルが独立していると2人で寝ても寝返りの振動は伝わりにくくなります。

反対にコイルが連結しているボンネルコイルはキングサイズには合わないでしょう。振動が簡単に伝わってしまうため、寝る時間が違う、トイレに起きたことでパートナーを起こすといった事態が想像されます。

圧縮ロールパッケージ仕様がおすすめ

キングサイズのベッドにはキングサイズ用のマットレスを使いますが、キングサイズのマットレスは非常に大きく作られてるため、購入や引っ越しの際は搬入口をしっかり確保する必要があります。

最近は圧縮ロールパッケージ仕様のマットレスもあり、どうしても家の入り口が狭いという方はこのタイプのマットレスをおすすめします。

マットレスを2つ並べる

シングルサイズとセミシングルサイズのマットレスを並べる方法もあります。キングサイズのマットレスはシングル+セミシングルサイズマットレスと同じ幅ですので、必ずしも専用のマットレスでなくても良いというのは便利ですね。

ただし、フレームの内側にマットレスを入れ込むタイプは要注意。内寸をよく確認して、ぴったり合うサイズのマットレスを選ばなければいけません。

また、マットレスを2つ並べることで、中央にわずかに隙間ができてしまいます。寝た時にこの隙間が気になる場合は、すきまパッドベッドパッドをマットレスの上に敷くことで違和感を和らげることができるでしょう。

【まとめ】ゆとりあるキング・ワイドキングサイズのベッドで快適な睡眠を

キングサイズのベッドはお部屋のスペースさえ確保できれば、家族が一緒に寝るのにちょうど良い大きさと寝心地を与えてくれます。振動や寝相に考慮し、ゆとりのあるベッドを選んだ方が無難でしょう。

サイズが大きい分好みのフレーム、掛け布団、マットレスを揃えるのは難しいかもしれませんが、寝心地は抜群です。新婚さんや子供が生まれる予定のご夫婦にもおすすめですので、ぜひ検討してみてくださいね!

BED STYLEではキングサイズのベッドを多数ご用意
ぜひチェックしてください!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. ウレタンマットレスのメリット・デメリットを解説&おすすめ紹介

  2. 寝心地が変わる!マットレスの厚さとベッドとの関係性を徹底解説

  3. 腰痛持ちの方必見!高反発マットレスの選び方&オススメ11選

  4. 【介護用ベッドの寝具】選び方のコツやおすすめ商品をご紹介!

  5. ロングサイズのシングルベッド?シングルとの違いや特徴を解説!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP