寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 68398 view

<一人暮らしのベッド>シングルとセミダブルどっちのサイズを選ぶ?

一人で寝る用のベッドを選ぶとき、シングルサイズかセミダブルサイズかどちらがいいか迷う人も多いのではないでしょうか?どちらも一人用ではありますが、その違いがいまいち分からない方も少なくありません。

そこで、本記事では一人暮らしのベッドサイズで悩む方に向けて、シングルとセミダブルそれぞれどんな人に向いているのか、解説していきます。シングルとセミダブルの具体的な大きさやメリット・デメリットも併せて紹介します。こちらを参考に、自分に向いているベッドを見つけましょう!

シングル・セミダブルの特徴

まずはじめに、シングル・セミダブルの大きさやメリット・デメリットについて知っておきましょう。

「シングル」について

シングルサイズのマットレスは、平均的な横幅が100㎝前後の大きさです。フレームまで含めてもおよそ幅125㎝と、コンパクトなサイズです。

シングルサイズのベッドは、4.5畳以上の部屋であれば、問題なく置くことができます。

こちらの図のように、4.5畳のお部屋にベッドを壁に寄せれば、ほかにデスクや家具などを置いてもスペースに余裕があります。

「シングル」のメリットは?

シングルサイズのベッドは比較的簡単に移動させられるので、いずれ引っ越す可能性がある人に向いています。さらに、セミダブルよりもスペースをより広く確保できます。一人暮らしの部屋にベッドを置くことで、部屋が狭くなるのは多くの人が抱えている問題ですね。

シングルサイズのベッドはコンパクトなので、掃除が楽にできるメリットも。さらに、シングルはほかのサイズよりもリーズナブルことが多いため、コスパがいいこともメリットになります。

「シングル」のデメリットは?

シングルサイズのベッドは一人暮らしには一般的なサイズですが、体格が良い方には狭い場合もあります。そのため、寝返りを打った時に下に落ちてしまうこともあり、怪我の原因にもつながりかねません。睡眠中の寝返りは体にとって大切なことなので、その点は考慮が必要です。

また、最近ではペットと一緒に寝る人も増えているようです。そのような方がシングルを選ぶと、スペースが窮屈になってしまうため、ゆっくり眠ることができません。

シングルベッドを配置したおしゃれなコーディネート解説はこちら♪

「セミダブル」について

セミダブルサイズのマットレスの横幅120㎝前後と大きめで、シングルサイズより20㎝ほど広いのが特徴。

ベッドからはみ出したり落下することを気にすることなく、寝返りを打てます。

セミダブルサイズのベッドは8~10畳のお部屋に最適。一人用として最も広いタイプではありますが、ゆとりを持って配置できます。

図のように、6畳のお部屋の場合は大きなソファの設置までは厳しいため、一人掛けまたはコンパクトな二人掛けソファがおすすめです。

「セミダブル」のメリットは?

セミダブルの最大のメリットといえば、幅が広いので気兼ねなく眠れることです。安心してぐっすり寝られると、良質な睡眠へつながります。シングルでは狭さを感じ、ダブルでは場所をとってしまうと言う人に、セミダブルがおすすめです。

さらにベッドの幅が大きいため、ベッド上で読書をするなど快適に過ごせるのも、セミダブルのメリットの1つです。ソファを置くスペースが難しい場合、少し大きめのベッドを購入してくつろぐ人が増えています。

「セミダブル」のデメリットは?

セミダブルだと、シングルに比べて、バリエーションが多少劣ります。さらに価格も上がり、それに付随するシーツやベッドパット、布団も適したものを購入する必要があります。

またセミダブルはサイズが大きいため、シングルに比べると、お手入れが1.5倍ほどの手間がかかります。

セミダブルベッドを配置した北欧風コーディネート解説はこちら♪

シングルとセミダブルどっちのサイズを選ぶ?

お部屋の間取りや身長に合っていれば、シングルでもセミダブルでも問題なく使えます。ただし、それぞれ向き・不向きがあるので、詳しく解説しておきましょう。

シングルサイズのベッドが向いている人

引っ越しをする予定がある

引っ越しを検討している人にはシングルベッドをおすすめします。

シングルベッド以上だと大きさや重さの関係から、解体しても運び出したりするのが難しくなります。シングルサイズなら、再び組み立てる時でも1人で簡単に行えます。

部屋を広く使いたい人

ベッドはどうしても空間の大きな位置を占めてしまいます。

部屋の居住スペースを少しでも広くしたい人は、シングルサイズが適切でしょう。

セミダブルサイズのベッドが向いている人

1日の活動量が低い

デスクワークをしている人や、あまり動かない人はセミダブルベッドがおすすめです。

人は一晩で30回ほど寝返りをするため、広いベッドの方がスムーズに寝返りを打つことができます。日中の活動量の低い人も、存分に寝返りすることで、血行不良の防止にもつながります。

体格のいい人

男性や女性に関わらず体格が良い方はセミダブルがおすすめです。

シングルベッドだと手足が収まりきらず、はみ出すことがあります。その場合、冷えや疲れが取れないなど、身体的な症状の原因になります。

睡眠の質を重視している人

スタンフォード大学の研究によると、「質の良い睡眠をとらなければ心身に悪影響が出る」という結果があります。これは、近年テレビなどで 「睡眠負債」として取り上げられているもので、「睡眠不足が積み重なって負債になる」という考え方です。

睡眠は体だけでなく脳までしっかりと休めることで、免疫力が上がったり、仕事や家事の効率が上がったりします。

シングルの方がセミダブルより人気?

セミダブルの方がシングルよりゆったりと眠れますが、実は、一人暮らしでセミダブルを使っている人は少数派です。 家具メーカーがベッドについて調査を行ったところ、女性ではシングルを使っている人は67%に上ることがわかりました。シングルだとサイズ感が1番ちょうど良いという意見が多数です。

男性の場合は、シングルの使用率はなんと70%。女性より少し上回る結果となっています。 アンケートの中では、男性は大きなサイズのベッドでリラックスしたいけれど、部屋が狭いため我慢をしている人が多数派のよう。部屋の間取りなどから適したサイズを選択していることがわかります。ベッド本体やシーツなど、シングルの方が、コスパが良い側面も重視しているようです。

一緒に読みたいおすすめ記事

まとめ

日本人の7割が、1日7時間以下の睡眠しかとっていないことが厚生労働省の集計でわかっています。もちろん年齢や環境によってもそれぞれ睡眠環境が違い、適切なベッドのサイズも人それぞれです。

シングルサイズの方がストレスなく眠れる人もいれば、セミダブルの方が向いている人もいます。自分の生活環境や間取りなど、さまざまな視点で選んでいきましょう

おすすめの商品

最後に、一人暮らしにぴったりなおすすめベッドをご紹介します。シングル、セミダブルどちらもお選びいただけるベッドをピックアップしました!

布団感覚で使えるスーパーロー設計 棚・コンセント付フロアベッド

圧迫感のないベッドが欲しい方には、こちらのスーパーロータイプのベッドフレームがおすすめです。布団感覚でお休みいただけるので、はじめてベッドを使う方でも使いやすいデザインとなっています。スリムなデザインながら、枕元にコンセントを完備。充電に困ることもありません。ウォルナットブラウン、ブラック、ナチュラルからお好きなカラーをお選びいただけます。

すっきりデザイン ベーシック脚付き ボンネルコイルマットレスベッド 

面倒な組み立てはしたくない!そんな方には、脚付きマットレスベッドがぴったりです。マットレスに脚を取り付けるだけで完成するので、1人暮らしでも届いたらすぐにお使いいただけます。サイズはセミシングル~クイーンの5種類、マットレスは3種類、脚の高さも15・22・30㎝の3種類からそれぞれ選択可能!部屋の間取りや好みの寝心地、ベッド下の使い方に合わせてぴったりのベッドを選んでみてください。

ベッドの長さが調節可能 お部屋に合わせたピッタリロフトベッド

狭いお部屋での一人暮らしの場合、できるだけスペースを有効活用したい方も多いですよね。そこでおすすめなのが、こちらのロフトベッドです。ベッド下のスペースを自由に使用だきるだけでなく、なんとベッドの長さも調整することができます。10cm単位で7段階の調整ができ、最長で210cmになります。お部屋の間取りやライフスタイルの変化に柔軟に対応してくれるのでとっても便利ですね!

高品質でこだわりの収納 本棚付チェストベッド

ヘッドボード部分がスライド収納となっており、DVDやコミックスなどを収納して頂けます。大きさの異なる引き出しが3種類、計5個付いているので、しまいたいものに合わせて収納場所を分けられて便利です♪これ1台でお部屋がスッキリ片付きますので、収納に困ることが多いワンルームや1Kにピッタリですよ!引き出しは左右どちらにも設置できるので、お部屋のレイアウトに合わせて取り付けてください。

高級感のあるモノトーンカラー 棚・コンセント付収納ベッド

こちらの収納付きベッドは、シンプルながら高級感のある装いで上質な寝室を演出してくれます。2杯のサイド引き出し収納が付いており、実用性も抜群です。2口コンセント付きのヘッドボードは、ディスプレイも楽しめる洗練されたデザインです。カラーは定番のモノトーンカラー「ブラック」と「ホワイト」をご用意しました。1人暮らしのお部屋をワンランクグレードアップしてみませんか?

ラグジュアリーに眠る LEDライト・コンセント付き収納ベッド

ヘッドボードに付いたLEDライトが、寝る前のリラックスタイムを優しく照らします。まるでディスプレイボードのようなデザインなので、大切なもの達を飾って楽しむのもおすすめです。主張しすぎないシンプルさで、どんなインテリアとも合わせていただけます。セットで購入できるマットレスは、「ホワイト」「ブラック」の2色展開。フレームの色との組み合わせを楽しむのも良いですね♪

シンプルに生活する スリム棚・多コンセント付き収納ベッド

流行りのカラーを取り入れたいなら、シャビーグレーが選べるこちらのベッドがおすすめです。両サイドに2口ずつコンセントが付いたヘッドボードなら、使い勝手も抜群!1人暮らしには嬉しいポイントです。引き出しは左右入れ替え自由なので、部屋の間取りに合わせて使い分けられます。2杯の引き出しの反対側は、フリーの収納スペースとして活用できますよ。

布団が干せて快適 国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド

こちらの跳ね上げ式収納ベッドは、マルチに使える優れものベッドです。クローゼット代わりになる大容量収納は、3種類の高さ(33㎝・40㎝・47㎝)から選べます。床板にすのこを採用しており、立てかければ布団干しとしても使用可能です。しっかり固定できるので、干している途中で元に戻る心配もありません。耐荷重600㎏の頑丈設計なので、長く愛用できる収納付きベッドです。

もっと一人暮らしにおすすめのベッドが見たいという方はこちら↓

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP