寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 19385 view

ロフトベッドは「高さ」で選ぶ!高さ別のメリット・デメリットとは

学生などに人気があるロフトベッド。デッドスペースを減らすことができ、空間を有効に使える人気のアイテムです。天井に高さが必要なイメージですが、ロフトベッドには大きく分けて3種類の高さがあります。

自分の部屋にぴったりの高さを選べば、どんな方でもロフトベッドを快適に使うことが可能です!本記事ではロフトベッドの「高さ」について、メリット・デメリットを踏まえて紹介していきます。ぜひ、あなたにぴったりのロフトベッド探しの参考にしてみてください。

【高さ別】ロフトベッドの特徴まとめ

ロフトベッドには、「ハイタイプ」「ミドルタイプ」「ロータイプ」の3種類があります。それぞれに以下のような特徴があります。

「ハイタイプ」のロフトベッド

「ロフトベッド」と聞いてイメージする方が多いのが、こちらのハイタイプです。ベッド全体の高さは170㎝~200㎝であることが一般的です。

「ミドルタイプ」のロフトベッド

「ミドルタイプ」のベッド全体の高さは150㎝~170㎝の間です。ただし、商品によっては、150㎝以下のロフトベッドを「ミドルタイプ」と表記している場合もあります。

「ロータイプ」のロフトベッド

スペースを最大限に有効活用しませんか 天然木脚パイプベッド ミドルタイプ

ロータイプはベッド全体の高さが150cm以下のロフトベッドを指します。ベッド下を収納スペースとして活用するには十分な高さです。

【ロフトベッドの高さ別】メリット・デメリット

続いて、ロフトベッドの高さ別にメリット・デメリットをご紹介します。

「ハイタイプ」のメリット・デメリット

まずはじめに、ハイタイプロフトベッドから見ていきましょう。

メリット

●ロータイプよりベッド下のスペースが広い
●お部屋のスペースを有効活用できる

ベッドの位置が高い分、ベッド下のスペースも広くなっています。ソファを置いたり、デスクを置いて作業スペースの確保、収納スペースにしたりと活用法も様々です。

デメリット

●天井が低い部屋では、圧迫感が出てしまう

デメリットとしては、ベッドの位置が高くなる分、天井に近くなってしまい、圧迫感が出てしまうことです。ある程度天井の高さに余裕がないと、窮屈で快適に寝ることができません。天井までの高さが最低でも250㎝以上ないと厳しいです。購入を検討する際は、天井までの高さを計測するようにしましょう。

「ミドルタイプ」のメリット・デメリット

続いて、ミドルタイプロフトベッドのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

●ハイタイプよりも高さがないため、圧迫感が少ない
●収納スペースとしては十分スペースを確保できる

丁度良い高さで、天井が高くない部屋でも使いやすいデザインです。テレビを置いたり収納ボックスを置くのに向いています。

デメリット

●デスクやソファは置けない

ロータイプよりは高さがありますが、デスクやソファを置くには高さが足りません。

「ロータイプ」のメリット・デメリット

最後に、ロータイプロフトベッドのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

●天井の高さを気にすることなく設置できる

ロータイプのメリットは、天井の高さを気にしなくても良いところです。ハイタイプのロフトベッドよりも天井までの距離が遠く、圧迫感を感じることはないでしょう。

高さがないので、お子様用のベッドとしてもおすすめです。

デメリット

●ベッド下のスペースが限られているため、デスクなどは置けない

ハイタイプやミドルタイプに比べてベッドの下のスペースが狭く、使える用途が限られます。デスクやテレビなどは置けないため、主に収納用のスペースとして活用することになるでしょう。

【幅(サイズ)別】ロフトベッドの特徴まとめ

幅のサイズもロフトベッドの使い勝手や印象を左右します。ロフトベッドのサイズ展開は「セミシングル」「セミダブル」の3種類。ロフトという構造上、通常の展開よりも少ないですが、その特徴も知っておきましょう。

「セミシングルサイズ」のロフトベッド

幅もシングルサイズよりも15cmほど狭めのセミシングルサイズのロフトベッド。ワンルームや子供部屋に最適です。

さらに長さも短くしたショート丈など、コンパクトに特化したタイプもあります。

「シングルサイズ」のロフトベッド

ロフトベッドではいちばん種類が豊富なのがこちらのシングルサイズです。デザインや機能、素材を選ぶ楽しさがあります。

耐荷重に違いがあるので、チェックしておきましょう。

「セミダブルサイズ」のロフトベッド

幅が広めなセミダブルサイズのロフトだと、余裕がありゆったり眠れます。

ベッド下のフリースペースも十分な広さがあるので、デスクや本棚を置いて、リモートワーク空間にもできますね♪

まとめ

こちらの記事では、ロフトベッドの高さ別の特徴と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。

ロフトベッドの高さ
「ハイタイプ」「ミドルタイプ」「ロータイプ」の3つ

「ハイタイプ」が向いている人
天井に余裕があり、ベッド下のスペースを最大限活用したい人
「ミドルタイプ」が向いている人
天井に比較的余裕があり、ベッド下を収納やテレビ用のスペースにしたい人
「ロータイプ」が向いている人
天井は低めだが、ベッド下にできる限り収納スペースを確保したい人
お子様用のロフトベッドを探している方

ロフトベッドは、空間を有効に使うことのできる優れたアイテムです。部屋の天井の高さ、用途などを考えて、自分にあった高さのロフトベッドを選びましょう!

BED STYLEで理想のロフトベッドを
探したい方はこちらをチェック↓

おすすめの商品

こちらでは、本記事でご紹介した様々な高さのおすすめロフトベッドをまとめました!

「ハイタイプ」のロフトベッド

空間を便利に使える 高さが選べる天然木ロフトベッド

北欧インテリアに憧れる方に是非おすすめしたいのが、こちらのロフトベッド。使い方の幅が広がるハイタイプとなっており、デスクはもちろん、ソファなどの家具も余裕を持って置くことができます。天然木で木目の美しいデザインが最大の魅力です。床版部分も通気性の良いすのこ構造となっているため、清潔を保ちながらお洒落を楽しむことができます♡

憧れのハンモックがワンルームに ハンモック付ロフトベッド

憧れのハンモックで自分だけの癒し空間を手に入れませんか?気になるハンモックの強度は、耐荷重100㎏。さらに、それをささえるベッドも耐荷重150㎏で大人でも安心して眠れます。ベッドはパイン材を使用しており、すのこ式なので通気性も抜群です。ハンモックは取り外しできますので、使わないときベッド下は収納スペースとしても使えます 。

ベッドの長さが調節可能 お部屋に合わせたピッタリロフトベッド

自分のお部屋にぴったりなロフトベッドをお探しの方におすすめ!長さが7段階から調整出来るロフトベッドはお客様のお部屋の広さや、お客様自身の身長に合わせて150㎝から210㎝まで調節が可能です。子供部屋から大人の寝室まで使えるので、用途に合わせてアレンジが楽しむことができます♪梁や柱を気にせずレイアウトできるのも嬉しいポイントです!

「ミドルタイプ」のロフトベッド

盛り沢山の工夫で思い通りにレイアウト あなた好みの空間に 階段付き ロフトベッド

自分好みのお部屋づくりに欠かせないのがこちらのアイテム。ミドルタイプとハイタイプの2種類の高さを選べます。カラーも全部で4種類。沢山の工夫があり貴方のアイデア次第で無限のレイアウトが出来ます。メッシュ仕様で耐荷重120kgまで大丈夫な頑丈設計となっているため、安心してご使用いただけます。スペースを有効活用しながらお洒落を楽しめるのが魅力的ですね!

自分空間をアレンジ 高さが選べる姫系ロフトベッド ミドルタイプ

ガーリーなインテリアにピッタリな可愛いアイアンフレームのロフトベッドです。収納ハンガーポールが付いており、ベッド下をクローゼットとして有効利用できます。収納スペースの少ないワンルームにうれしいポイントですね。こちらのモデルは高さ160cmのミドルタイプですが、ハイタイプ、ロータイプもご用意♡自分好みの高さを選んでください!

「ロータイプ」のロフトベッド

スペースを最大限に有効活用しませんか 天然木脚パイプベッド

こちらのロフトベッドは、ベッド下を全て収納スペースとして使える床下の高さが53cmのロータイプ。メッシュ式の床板で通気性もよく、耐荷重120キロの頑丈設計となっています。「木×アイアン」のコンビネーションでインダストリアルインテリアからシンプルインテリアまで、様々なインテリアに合う優秀アイテムです。自分らしいお部屋づくりに欠かせないアイテムです♡

安心・安全の 階段ロフトベッド・ロータイプ ハンガーポール付

しっかりと踏める幅広ステップで安心の階段タイプのロフトベッドです。階段は左右どちらにも取り付け可能ですので、レイアウトに合わせて変えられます。収納ハンガーポールが4本付いておりますので、ベッド下に取り付けるだけでクローゼットのような空間を作り出すことが可能です。 あまり高さがない分、お部屋に圧迫感を与えません!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP