寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 40355 view

すのこベッドに合う寝具は?マットレスvs敷布団

すのこベッドを買う時、マットレスと敷布団、結局どちらを合わせればいいのか気になりますよね?すのこベッドは普通のベッドフレームと違い、マットレスでも敷布団でも使用可能です。ただし、使う目的やすのこベッドの形状によってもその相性は異なります。

そのため、実は敷布団とマットレスでどちらがいいとは一概には言えないのです。そこで、本記事では、すのこベッドの形状や使用目的によっておすすめの組み合わせを紹介していきます。自分に合った合わせ方を見つけていきましょう。

【悩み別】マットレスvs敷布団

マットレスか敷布団かを決めるとき、決め手となるのが「カビ対策」と「寝心地」どちらを優先するかです。それぞれの悩みにはマットレスと敷布団、どちらが合うのでしょうか?

カビ対策がしたい

カビが気になるなら断然敷布団がおすすめです。そもそも通気性がいいため、それだけでもカビが生えにくいことがすのこのメリットではあります。マットレスは敷布団に比べて厚みがあるため、マットレスの乾燥はなかなか大変。

ただし、放置すればすのこに設置している面や、すのこ自体に湿気がたまり、カビが繁殖してしまいます。そのため、手入れのしやすい敷布団を組み合わせることで、さらなるカビ予防になるのです。

寝心地を重視したい

寝心地を重視したいのであればマットレスがおすすめです。すのこは通気性の良さは優れていますが、薄い敷布団では硬く感じ、溝がある部分に違和感が少なからずあります。

そのため、厚めのマットレスを使用することで底つき感をなくし、快適な寝心地を得ることが可能です。また、マットレスはスプリングの構造によって寝心地を選べるのも良いですね。腰痛持ちの方はマットレスにすると、腰痛が軽減されたりも。

【タイプ別】マットレスvs敷布団

すのこベッドには、スタンドタイプと据え置きタイプがありますが、この2種類のタイプによってもおすすめの組み合わせは変わってきます。

スタンドタイプに合うのは

二つ折りにできるマットレスや、分割できるマットレスもありますが、厚みがあったり、連結部分に隙間が空いてしまうことも。そのため、床とベッドの間にスペースが少ないスタンドタイプには敷布団がおすすめです。スタンドタイプは床とベッドの間にスペースが少ない分、据え置きタイプと比べると通気性に劣ります。そのため、手入れのしやすい敷布団との相性が抜群です。

スタンドタイプは、未使用時に折りたためるので、敷布団と一緒に折りたたんで干すこともできるといったメリットも存在します。

据え置きタイプに合うのは

据え置きタイプのすのこベッドの場合、ベッドの下に十分な空間が存在するため、通気性や掃除の面からみてもマットレスとの相性は良いと言えます。

マットレス自体も、据え置きのほうが使い勝手が良いタイプが多いため、寝る時の手間を省くことができます。据え置きタイプでマットレスを使いたいけれど、カビ対策がしたい方には除湿シートの使用がおすすめです。マットレスのサイズに合った除湿シートを使えば、きちんとカビ対策ができますよ。

おすすめの「すのこベッド」

ここからはBED STYLEで購入できる、おすすめのすのこベッドをご紹介します。もちろん、敷布団とマットレスが両方使える商品を厳選しました!

ぜひ、あなたの理想の寝室づくりの参考にしてみてください。

極上の寝心地 桐天然木二つ折りすのこベッド

「床に直に寝具を敷くのは湿気が気になる…。」そんな方におすすめなのがこちらのすのこベッドです。軽さが魅力の桐製のため、女性でも簡単に折りたためて収納できます。敷布団を干して風を通しておくこともできますよ♪二つ折りにしておけばお部屋を広く見せることができるのもポイントです。天然木桐使用ですので通気性も良く、快適にお過ごしいただけます♡

シンプルデザイン 棚・コンセント付きデザインすのこベッド

流れるような木の木目が際立つシンプルデザインが魅力的なすのこベッドは、スタイリッシュな見た目で寝室がすっきりと見えます。ナチュラルテイストなデザインでどんなお部屋にも馴染みやすいデザインです。 マットレスを使っても通気性を叶えることができますので、「断然マットレス派!」の人にもおすすめです。

天気を気にせず毎日干せる 高さ調節付き天然木すのこベッド

こちらのすのこベッドは、床板のすのこを手動で立ち上げることができるため、室内でそのまま布団を干すことが可能です!布団を敷いたまま立ち上げられますので、毎日干すのも苦にならず、湿気しらずのさらさらな寝心地が続きます。ベッドの通気も叶えることができるので、すのこへのカビ対策にもつながりますよ。

おすすめの「敷布団」

ここからは、すのこベッドに合わせたい敷布団をご紹介いたします♪

毎日干したての気持ちよさ 1枚で寝られるオールインワン敷布団

1年中これ1枚で寝られるオールインワン敷き布団。湿気を吸収するこだわりの3層構造なので、カビ対策も万全。敷き布団、クッションマット、除湿シート全部が1枚になっていますので、お手入れも楽々。裏面には吸湿センサー付き。湿気を吸うとセンサーはピンクになって知らせてくれますので干してリセットすることができます。

ふんわり テイジン V-Lap使用日本製 高弾力四層敷き布団

「快眠」を実現する新感覚の四層敷ふとんです。国内繊維メーカーの中でも有名なテイジンが作った高機能不織布を使用。快眠を求めているかたにぴったりな敷ふとんとなっております。厚みをもたせましたので、敷布団の硬さを感じることなく快眠に繋げることができます。厚みがあっても、通気性にこだわっていますので、カビ対策も◎。抗菌防臭効果もありますよ。

ダックダウン羽毛布団8点セット プレミアム敷布団

ダックダウンの羽毛御布団セットの羊毛敷き布団のボリュームタイプ8点セットです。羊毛のしっかりとした厚さのある敷き布団は15cmものボリュームがありますので、床の硬さを感じることなくお休みいただけます。全てセットになっているので、来客用に1セットあると便利なアイテムです♪カラーは全部で9色ご用意致しましたので、お部屋のテイストに合わせていただけますよ。

おすすめの「マットレス」

ここからは、すのこベッドに合わせてお使いいただけるマットレスをご紹介いたします!マットレスに様々な機能がついたアイムもピックアップいたしました。

進化した寝心地 ブレスエアー入りマットレス・片面タイプ

高反発で体圧分散性にもすぐれた特殊な繊維「ブレスエアーエクストラ」を使用。高品質の日本製マットレスです。抗菌防臭制菌効果もございますので、いつでも清潔で安心。湿気の多い日本の風土に合わせて作られておりますので、風通しがよく、ムレ感を軽減し、乾燥しやすい構造を採用しています。マットレスの通気性が心配な方でも安心してお使いいただけますよ。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス レギュラータイプ

敷布団にしたいけれど、マットレスのような寝心地も欲しい!という方におすすめなのが、こちらの薄型軽量タイプのマットレス。敷布団の様に持ち運びがしやすい3つ折り仕様ですので、マットレスでも軽々お手入れができます。実は連結テープが備わってしますので、サイズ違いで組み合わせても連結させてご家族で就寝することもできます。長い間お使いいただけるマットレスですよ。

一年中気持ちいい寝心地 国産高通気性ボンネルコイルマットレス

一年中清潔さと心地よさをキープできるこちらの高通気性マットレスです。圧縮したかたわたをコイル両面に施し、高い通気性を実現。体温と寝具内の湿気をしっかり外に逃がしてくれ、カビ対策も◎。寝心地にもこだわっていて、弾力性と耐久性に優れたボンネルコイルを使用しています。清潔さと寝心地どちらも叶えてくれるマットレスです。

まとめ

すのこベッドはマットレスでも敷布団でも好きな方を敷くことができ、幅広い可能性を秘めています。自分にぴったりな方を選べるように、覚えておいていただきたいポイントをもう1度おさらいしておきましょう。

  • 手入れがしやすくカビ対策になるのは敷布団
  • 寝心地を重視したい方にはマットレスがおすすめ
  • スタンドタイプは敷布団、据え置きタイプはマットレス

カビ対策や寝心地の良さなど自分が重視したい項目から考え、ベストな方を選ぶようにしましょう。

一緒に読みたいおすすめ記事

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. ギシギシ音とはさよなら!丈夫なベッドフレームで快適な睡眠を

  2. 【ポケットコイルorボンネルコイル】私の体に合うのはどっち?

  3. 夫婦はシングルベッドを2つ並べるのが正解!おすすめ商品も紹介!

  4. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  5. 【羽根布団の選び方】羽毛との違いは?種類やメリットを紹介!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP