寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 59971 view

家族4人で快適に寝たい♪おすすめのベッドやサイズを徹底解説!

子供が小さいうちは家族みんなで川の字になって寝ることに憧れている方が多いのではないでしょうか。家族4人でゆったり寝られるベッドサイズはどのくらいか気になりますよね。

そこで今回は「家族4人でゆったり寝られるおすすめのベッドサイズ」について詳しく解説していきます。「家族が増えた時にも使えるベッドを購入しておきたい」「家族が4人になったから布団からベッドに変更したい」そんな方に必見の記事になっていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

【ベッドサイズの基本】

家族4人でゆったり寝られるベッドサイズはどのくらいなのでしょうか。まずはベッドサイズの基本寸法(マットレス幅)を確認しておきましょう。

  • セミシングルサイズ 80~90cm
  • シングルサイズ   97cm
  • セミダブルサイズ  120cm
  • ダブルサイズ    140cm
  • クイーンサイズ   160cm
  • キングサイズ    180cm
  • ワイドキングサイズ 200cm

【家族4人でゆったり寝られるベッドの並べ方とサイズ】

家族4人でゆったり寝られるベッドサイズは一般的に180cm以上の「キングサイズ」「ワイドキングサイズ」と言われています。では2台以上のベッドを並べたキング、ワイドキングサイズを作ってイメージしてみましょう。

その①シングルベッドを2台並べる

97cm+97cm=194cm

子供が小さいうちはシングルベッドに大人1人+子供1人で寝ることは可能ですので、シングルベッドを2台並べることで家族4人一緒に寝ることはできます。成長して狭くなり「いずれは子供部屋に」「将来は夫婦の寝室に」と考えている方にとっては、広すぎないシングルサイズの組み合わせがおすすめです。

その②シングルベッドとダブルベッドを2台並べる

97cm+140cm=237cm

シングルベッドで狭く感じる方や少し体格のいい方は片側を少し大きくする組み合わせも可能です。各ベッドに大人と子供というパターンが多いですが、ダブルベッドを使うことでシングルに子供2人・ダブルに大人2人寝るという使い方もありますね。

その③セミダブルベッドを2台並べる

120cm+120cm=240cm

シングルベッドのワンサイズ上がセミダブルベッドになります。大人が1人でゆったり寝られるベッドサイズはセミダブル・ダブルサイズと言われています。シングルベッドを2台並べた時よりも40cm以上広くなりますので、ベッドサイドにゆとりが欲しい方にはおすすめです。

その④セミダブルベッドとダブルベッドを2台並べる

120cm+140cm=260cm

ダブルベッドはセミダブルよりも20cm幅が広くなります。20cmプラスされるだけでも寝返りを打った時の広さが変わってきますし、子供は寝ている間にベッドの上で動き回りますので、1人1人のスペースにゆとりをもって寝たい方にはおすすめの組み合わせです。

その⑤ダブルベッドを2台並べる

140cm+140cm=280cm

大人がゆったり寝られるベッドサイズはセミダブル・ダブルサイズと言われていますので、ダブルベッドを2台並べることでさらに広くなります。子供が何歳まで4人で一緒に寝るかにもよりますが、ダブルベッドを2台並べることである程度大きくなるまで4人でゆったり寝ることができるでしょう。

その⑥ 3台並べてもゆったり

セミシングルベッド90cm×3台=270cm

ダブルベッドを2台並べた280cmと同じように広くゆったり寝られるもう一つの方法が3台並べるタイプです。まずは家族3人で、子供が増えて4人になってもゆったり寝ることができます。

【家族4人でゆったり寝られる連結ベッドの魅力と選び方】

連結ベッドは別名「ファミリーベッド」とも言われ、家族みんなで寝たい方におすすめのベッドです。連結ベッドの特徴やメリット、おすすめの組み合わせ方やベッドフレームについてご紹介します。

連結ベッドとは?

連結ベッドとは2台以上のベッドを並べて連結できるベッドのことです。ただ並べだけではベッド同士がずれて隙間に落ちてしまいますので、連結用のパーツでしっかり固定させることができるのが連結ベッドです。

連結ベッドのメリット

連結ベッドの一番のメリットは「ベッド同士がずれない」ということです。さらに2台以上のベッドをつなげるためベッドの面積が広くなります。一般的に販売されているファミリーベッドの大きさはキングサイズ180cmですが、連結することで180cm以上の面積を作ることができるのです。

他にも子供が大きくなった時に連結をはずしてそれぞれの子供部屋で使用したり、大人が使うこともできます。子供用のベッドを購入しても成長すると使えなくなりますので、予め大人サイズで購入しておくという考え方もありますね。

連結ベッドの選び方

選ぶときに気を付けたいのは、やはりサイズですよね「シングル×シングル」「シングル×ダブル」など、家族の人数や体の大きさ、子供の年齢に合わせてピッタリなサイズを見つけましょう♪

また、分割できるタイプや、2段ベッドにできるタイプなど種類もさまざま。将来のことを考えて、長く使えるベッドを見つけてください。

おすすめの組み合わせ方とサイズ

家族4人で寝るシチュエーションとして多いのが「夫婦2人+子供2人」です。子供が小さい時期は「キングサイズ180cm」でも大丈夫ですが、成長してくると狭くなってきます。 そのため、家族4人でゆったり寝られるベッドサイズは、「セミダブルベッド以上を2台並べたサイズ(240cm以上)」と言えるのです。

連結ベッドであればサイズの組み合わせは自由で、ベッドの高さや長さなどが同じなのでずれることなく連結することができます。

連結ベッドにおすすめのベッドフレーム

ベッドフレームには様々なタイプがあります。連結ベッドにおすすめのフレームは「ローベッド(フロアベッド)」と「すのこベッド」の2つです。

ローベッド(フロアベッド)は床からマットレスまでの高さが低いので、万が一子供がベッドから落ちても安心です。

また、家族4人でゆったり寝るために広いベッドを置こうとすると大きくて圧迫感が出ますよね。ロータイプであれば高さが低いので圧迫感がなく、お部屋をスッキリ見せることができます。

すのこベッドは通気性が良く、湿気対策におすすめです。子供は汗をかきやすく布団にカビが発生しやすいですよね。

床に布団やマットレスを直接敷くよりもすのこを敷いておくことで布団を衛生的に長く使うことができます。

【家族4人でゆったり寝られるおすすめのベッド】

家族4人でゆったり寝られるおすすめのサイズをお伝えしたところで、おすすめのベッドをご紹介していきます。組み合わせのサイズやベッドのおすすめポイントをまとめています。ぜひ参考にしてみて下さいね。

安心の頑丈設計 クイーンサイズベッドにもなるスリム2段ベッド

「子供用ベッドは成長すると使えなくなるから購入を迷う」「将来子供に2段ベッドを考えている」という方には、こちらの連結ベッドがおすすめです。子供が小さいうちは4人で一緒に寝て、成長し階段が上れるようになったらベッドを買い替えることなく2段ベッドに変更できるのです。さらに別々の子供部屋になった場合はまたシングルベッドに戻し、子供が使わなくなれば、ご夫婦で使うことも可能です。ヘッドボードにはライトやコンセントが付いておりとても便利です。

ハイクオリティ 棚・コンセント・LED照明付高級モダン連結ベッド

最大幅240cmのワイドキングサイズになるロータイプのファミリーベッドをご紹介します。ファミリーベッドでは高さの圧迫感がないロータイプベッドが人気です。傷や汚れに強い塗装になっているのでお手入れが楽で、ベッドの角が丸く設計されているため子供が頭をぶつけても安心です。長く使うからこそ、棚やライトが付いている安全で高機能の高いベッドを選んでみてはいかがでしょうか。

丈夫な天然木 すのこ構造脚付きマットレスボトムファミリーベッド (連結セット)

家族が増えると必然的に物が増えますよね。収納スペースにお困りでしたら、収納付き連結ベッドがおすすめです。サイドと足元に引き出しが付いたAタイプ、足元のみに引き出しが付いたBタイプの2種類から、寝室のレイアウトに合わせてお選びいただけます。引き出しはホコリの侵入を防ぐBOX構造。引き出し内の清潔をキープできるうえにとても頑丈ですよ。

省スペース設計 高さ調整可能国産すのこファミリーベッド

こちらのベッドは最大幅が280cmになるダブルベッドの組み合わせができます。すのこタイプなので通気性が良く、折りたたみ式になっているので布団をそのまま干すことも可能です。連結部分は専用の金具で固定するのでずれる心配はありません。お子様が小さいうちは安全な高さのロータイプで設置し、成長に合わせてハイタイプに変更することでベッド下やすのこの下に収納スペースを作ることができます。

棚・コンセント・ライト付大型モダンフロア連結ベッド (連結タイプ)

こちらのベッドは2台だけでなく、セミシングルであれば3台の連結が可能です。連結にはベルトではなくヘッドボードとフットボードを連結金具でしっかり固定します。夜中に子供が起きても安心なライト付きです。フレームは強化樹脂を使用しているため、汚れが落ちやすくお手入れも簡単。子供がシールを貼ってもはがれやすい素材です。

質の良い眠りへのお手伝い シーツ付き大型マットレスベッド

こちらは、ベッドフレームがない脚付きマットレスベッドです。フレームがないため、省スペースで置けるのも魅力です♪分割しても使うことができるので、将来子供が1人で使うときにも大活躍しますよ。パッド一体型のボックスシーツをかぶせるので、ベッドのつなぎめを気にせず快適に寝転ぶことができます。

【まとめ】家族みんなが心地よく眠れるベッド選びを♪

家族4人でゆったり寝られるベッドサイズについてご紹介してきました。家族みんなで寝るためには連結ベッドでベッドを組み合わせる方法がおすすめです。連結ベッドは子供が成長して別々に寝るようになった場合に分割できるので、将来は2つのベッドとして使用することができます。

シングルベッド2台からセミダブル・ダブルベッドサイズまで組み合わせることで、最大ベッド幅280cmの広さを作ることができます。この記事のおすすめサイズを参考に連結ベッドの組み合わせサイズが決ったら、お好みのベッドの高さやフレームタイプを探してみて下さいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 木製ロフトベッドのメリット&選び方!使い勝手のいいおすすめ5選

  2. 【おすすめのすのこマット13選】選ぶポイントと注意点を徹底解説!

  3. 【2023年最新】おすすめの背もたれクッション付きベッド特集

  4. 【一人暮らしのシングルベッド20選】2023年はコレで決まり!

  5. キングサイズベッドが欲しい!選び方&おすすめ商品10選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP