寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 27625 view

すのこマットって何?おすすめポイントと注意点を徹底解説!

すのこマットはカビが生えないと思っていませんか?

通気性が良く、マットレスとフローリングの間に挟むことでカビを生えにくくしてくれるすのこマットですが、マットレスを敷きっぱなしにしたり、手入れを怠るとカビが生えてしまうので注意が必要です。しかし、現代社会に生きる日々忙しい方達の多くは、頻繁に手入れをするのは難しいものですよね。

本記事ではそんなすのこマットについて、そもそもすのこマットってなに?という疑問から、カビにくい材質やすのこマットの効果、手入れ方法まで紹介していきます。

すのこマットとは?

すのこマットとは、木の板が等間隔で数枚並べられ、間があることで通気性を良くした、木材でできたマットです。すのこマットの上にマットレスや敷布団を敷いて使います。

すのこマットはフローリングとマットレスとの間に置くことによって通気性が増し、マットレスや敷布団にカビが生えるのを抑えてくれます。

すのこマットのおすすめポイント

すのこマットには以下のようなおすすめポイントがあります。

  • 通気性が良く、カビやダニ対策になる
  • 材質によって良さが異なる
  • コンパクトに折りたためる
  • 布団がそのまま干せる

それぞれ詳しく解説します。

通気性が良く、カビやダニ対策になる

すのこマットは、ただマットレスや敷布団を乗せるだけでなく、カビやダニ対策に効果的です。

人間は寝ている間にコップ一杯分もの汗をかくと言われています。しかし、忙しくて布団を敷きっぱなしにしていると、汗や湿気が布団に染み込みいつの間にかカビが生えてしまいます。

すのこマットは、フローリングとマットレスの間に置くことで通気性を良くし、敷きっぱなしの人でもカビを生えにくくしてくれる効果があるのです。

すのこマットの材質によって良さが異なる

すのこマットには主に下記の4種類の材質が使われています。どれも同じ木材ですが、材質によっても湿気や肌ざわり、値段などが変わってきます。

  • キリ
  • ヒノキ
  • スギ
  • パイン材

上から順に湿気に強く、安価で肌ざわりも良くなります。湿気に強く、カビ対策として選ぶ場合、「キリ」または「ヒノキ」がおすすめです。

さらに、「キリ」は日本で一番軽い木材と称され、誰でも簡単に持ち運ぶことができるので女性からの人気も高い素材になっています。

コンパクトに折りたためる

すのこマットは2つ折りや4つ折りにしたり、ロール状にまるめたりしてコンパクトにできる物が多いです。

使わないときは収納しておけるので、ワンルームや子ども部屋など広さに限りがあるお部屋でも使いやすくなっています。

布団がそのまま干せる

折りたためるすのこマットは、布団を乗せてそのまま部屋干しできる仕様になっています。

花粉症シーズンや梅雨など、布団を外に干せない時期にも手軽に部屋干しできるので、とても便利です。

すのこマットを使う際の3つの注意点

すのこマットがカビを防いでくれるとは言っても、あくまでカビを生えにくくしてくれるだけなので、一年中敷きっぱなしではカビが生えてしまいます。下記のことに注意しましょう。

  • 布団を敷きっぱなしにしない
  • こまめに換気する
  • すのこマットも定期的に干す

布団を敷きっぱなしにしない

まずは布団をすのこマットに敷きっぱなしにしないことが重要です。すのこマットは床と布団との間にすき間を作り、湿気を逃しやすくしてくれます。

しかし布団を敷きっぱなしにしてると、どうしてもわずかに残った湿気がこもってしまいます。布団もすのこマットの上でこまめに干しましょう。

すのこマットも定期的に干す

すのこマットを長く使うために、すのこ自体も定期的に干しましょう。

すのこマットは自立させられる商品も多くあります。よく晴れて風通しの良い日に、寝室に立て掛けて陰干ししましょう。

こまめに換気する

寝室自体の換気も大切になります。湿気は壁や床からも室内に染み込んでくるため、連日雨が続いている日でも窓を閉めっぱなしにせず、換気を心がけましょう。室内の空気が循環し、カビの発生を防げますよ。

雨が強く窓を開けられなければ、扇風機やサーキュレーターを活用するのがおすすめです。

まとめ

すのこマットは正しく使えば、マットレスや敷布団にカビを生えにくくしてくれる効果があります。うまく利用してカビの発生を防ぎ、マットレスや敷布団を清潔に保ちましょう。

おすすめすのこマット

ここからはBED STYLEおすすめのすのこマットをご紹介します。素材や折り畳み方により、すのこマットにもさまざまありますよ。

丸めてコンパクトに収納できる ロール桐すのこベッド

桐を使用した通気性抜群のすのこベッドです。桐は軽くて湿気に強いのが特徴です。高さが従来品の2倍あるので結露や湿気を防ぐ事ができ、通気性が飛躍的に向上しました!また、使わない時は丸めて置いておく事ができるロール式となっています。ストッパーがついているのでしっかり固定して丸める事ができ、来客時や引っ越しの時等にとても便利ですね。

スタンド式でラクラク室内干し 通気孔付きスタンド式すのこベッド

こちらはとにかく衛生面にこだわったすのこマットになります。すのこ部分には通気孔が付いており、梅雨等のジメジメした季節でも快適にお使いいただけます。また、折りたたみ且つスタンド式となっているので室内干しにも大活躍!桐素材で軽いため、女性でも簡単に扱う事ができます。使わない時は折りたたんで家具の隙間等に置いておけるのも嬉しいポイントです。

清潔で快適な睡眠環境を実現してくれる 檜仕様ロール式すのこベッド

こちらは檜を使用したすのこベッドになります。檜は抗菌や防虫効果の他にも、リラックス効果を与えてくれる等、睡眠にピッタリの素材となっています。見た目はシンプルですが耐荷重が180kgと非常に丈夫な点も安心ですね。ロール式となっているので使わない時はまるめて収納する事もできます!

布団を湿気や結露から守ってくれる 檜仕様四つ折り式すのこベッド

こちらも素材に檜を使用しており、4つ折りにできるタイプ。折り目付近のすのこを両手で持ち上げて、足元にあるマジックテープで留めれば、簡単にM型に固定できます。そのまま布団を上に乗せて部屋干し可能。ぴったり折りたためばコンパクトになるので、ちょっとしたすき間に収納できます。耐荷重は約180kgと頑丈設計です。

BED STYLEおすすめ「すのこマット」をチェック↓↓

おすすめ布団

BED STYLEでは、すのこマットに合わせる布団も豊富に扱っています。機能性のある布団や、掛け布団・枕がセットになったものなど、必要に応じて選んでください!

ふんわり テイジン V-Lap使用日本製 高弾力四層敷き布団

約11cmとしっかりとした厚みのある敷き布団です。こちらはテイジン独自の素材「V-Lap」をぜいたくに2枚使用し、新感覚の寝心地を実現しました。弾力性が高いため、寝返りしやすく底付き感もありません。朝まで快適に寝られますよ。腰痛持ちの方にもおすすめです。表地にはコットンを100%使用し、さらさらと気持ち良い肌触りに。中綿には高機能ポリエステル「フィルケア」を採用し、優れた防臭・抗菌効果を発揮します。軽量で運びやすいので、部屋干しもスムーズにできますね。

毎日干したての気持ちよさ 1枚で寝られるオールインワン敷布団

敷き布団・クッションマット・除湿シートを一体化させた敷き布団です。一番下は強力な除湿シート層になっているので、寝ている間にかいた汗や、床からの湿気をしっかり除湿してくれます。すのこマットと組み合わせて使ったら、通気性はさらに抜群ですね!裏面に湿気を感知するセンサー用ポケットがあります。色がブルーからピンクに変わったら、布団を干すサイン。部屋干しでもしっかり乾燥させられますよ。さらにタテ繊維編み物構造により、高い反発力を持たせています。体が沈み込みすぎず、朝まで快適です♪

ダニゼロを実現 子どもにやさしい丸ごと洗える日本製防ダニ布団 3点セット

小さな子どもがいると、どうしても布団のダニなどが気になりますよね。こちらはダニゼロに徹底的にこだわった布団セットです。耐久性・速乾性に優れた独自の素材を使用しているため、敷き布団・掛け布団・枕のどれも家庭の洗濯機で丸洗いできる優れモノです。いつでも清潔にできるので、アレルギーや敏感肌の方も安心ですね。サイズはジュニアサイズ・シングルサイズと2種類ご用意しています。

BED STYLEおすすめ布団をチェック↓↓

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP