寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 666 view

ベッド選びはサイズから!小さいベッドの選び方

「小さいベッドが欲しい」と思っても、具体的にどのサイズが小さいベッドと言えるのか、イメージできない方もいるのではないでしょうか。そこで本日は、ベッド選びの基本であるサイズや小さいベッドの選び方について詳しくご説明します。ぜひ、あなたのベッド選びの参考にしてみてください。

ベッドのサイズを決める3要素

小さいベッドの選び方を紹介する前に、ベッド選びの基本であるサイズについて理解しておきましょう。サイズを決める要素を知っておくことで、自分にぴったりの小さいベッドを見つけられます。

長さ

ベッドの長さは195cmが一般的ですが、長いサイズ(約205cm)や短めサイズ(約180cm)もあります。身長が180cm以上の場合は長いサイズのほうが居心地よく眠れますし、身長160㎝以下の方は短いサイズでも余裕があります。小さいベッドが欲しいなら短めサイズのものを候補にしてみてください。

横幅

ベッドの大きさを表す時に、セミシングル・シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キングといった言葉を使いますね。これは、ベッドの横幅の違いによって分けられています。

・セミシングル:80~90cm
・シングル:97cm
・セミダブル:120cm
・ダブル:140cm
・クイーン:160cm
・キング:180cm

一般的に「小さいベッド」と呼ばれるのは、セミシングルサイズです。ただし、寝返りが多く、寝た時と朝起きた時の移動距離が長い方はシングルサイズを選びましょう。ちなみに、狭く感じないベッド幅は肩幅+40cm程度だと言われています。

デザイン

小さいベッドを置いて部屋を広く見せたいという方は、視覚的にすっきりと見せることも大切です。ベッドには、脚付きベッド、ロフトベッド、フロアベッド、チェストベッドなど様々な種類があります。

ヘッドレスタイプの脚付きすのこベッドや折りたたみベッドは、同サイズのチェストベッドなどと比べるとこじんまりとした雰囲気です。

色合いが明るければ圧迫感を感じさせません。

ロフトベッドも高さはありますが、どっしりした跳ね上げ収納ベッドと比べれば、視覚的な抜け感が出るベッドと言えます。

また、宮棚の有無も選べます。宮棚があるベッドは、デザインにもよりますが小物が置けたり、コンセント付きもあったりと大変便利です。

スリムな宮棚が付いているベッドを選べば、機能はそのままにベッドの圧迫感を軽減できます。

このように、ベッドのデザインによって大きく見えるものと小さく見えるものがあるので、選ぶ際に参考にしてください。

小さいベッドを選ぶポイント

丈夫なフレームを選ぶ

小さいベッドの中には、フレームが華奢で耐荷重が低いものもあります。しかし、長年使うものですから、丈夫で長持ちするものを選びたいですよね。寝ているとギシギシ音鳴りするようになると安眠できません。

ベッドを購入する時には、必ず「耐荷重」を確かめてください。多くの場合、耐荷重は余裕を持って決められています。つまり150~200kgの負荷で壊れるベッドであれば、100kgと表記されることが多いのです。

ただし、「静止耐荷重」というのは、動かないものに対しての耐荷重のことです。人は眠っている間に寝返りして動き回りますし、ベッドの上で軽い運動をすることもありえます。例えば、静止耐荷重が100kgのベッドを体重100kgギリギリの方が使うのはおすすめできません。

インテリアに合ったベッドを選ぶ

ベッドサイズにこだわるあまり、お部屋のインテリアと合わないものを選ばないようにしましょう。

北欧インテリアにアイアン製のベッド、ナチュラルインテリアに無機質な折りたたみベッド。置いていて違和感のある組み合わせは、毎日目にしているとストレスになってしまいます。できればベッドはシンプルで明るい色合いのものを選ぶと、どんなインテリアにも合わせやすくておすすめです。

狭い部屋におすすめのベッドタイプ4選

折りたたみ式ベッド

使わない時にコンパクトにたためるベッドは、移動させやすく使い勝手がいいのでおすすめです。リーズナブルなものが多く、リクライニング機能や電動機能などが付いているものもあります。小さいサイズが一般的で、宮棚も無いものが多いため、広げたままにしておいても圧迫感を感じさせません。

スチールフレームに味気無さを感じることがあるかもしれませんが、大きめなシーツをサイドに垂らしたり、フットスローを使ったりしてエレガントな雰囲気に見せることもできます。折りたたみベッドは耐荷重が低いものも多いので、必ず耐荷重を確認してから購入してください。

ロフトベッド

ベッド下の空間を有効に使えるロフトベッドは、狭い部屋の強い味方です。ベッドの下にデスクとチェアを置いてワークスペースにしたり、ソファを置いてくつろぎスペースにしたり、棚を並べて収納スペースにしたりと自由自在にコーディネートできます。

すっきり見えるのは階段タイプより梯子タイプです。

分割式ベッド

分割式ベッドは、分割して運べる脚付きマットレスベッドが一般的です。こうしたベッドは分割して様々な使い方ができますので、後で大きいベッドを買いたいと思っている方におすすめです。

おしゃれなデザインのものもあり、分割後にはオットマンのように使うこともできます。

収納付きベッド

収納付きベッドは存在感があり、狭い部屋には向いていないと思われがちです。しかし、セミシングルやショート丈の収納付きベッドなら、省スペースが叶います。

寝室の収納を増やすことができるので、寝室をすっきり片付けられるのは大きなメリットです。ベッドの下に収納ケースを置くのも良いですが、ベッドスペースを最大限活用できるのは収納付きベッドと言えます。

おすすめの商品

分割式コンパクトショート丈 ボンネルコイル脚付マットレスベッド

180cmの長さの脚付きマットレスベッドです。こちらの脚付きマットレスベッドの最大の魅力は、分割式であること!分割できることで、搬入や模様替えもしやすいデザインです。横幅は3サイズ、高さは4タイプから選べます。一番小さなサイズは(約)横幅80cm×長さ180cm×高さ8cmとなっています。また、軽量なので簡単に持ち運びできるベッドです。組立も簡単なので、女性の1人暮らしや子供部屋のベッドにとしてもおすすめ♪

狭い場所でも置けちゃう 棚・コンセント付ショート丈収納ベッド

こちらのベッドは横幅80cmor100cm×マットレス部分の長さ180cmのショート丈セミシングルベッドです。ナチュラルで曲線を用いたヘッドボードが優しい雰囲気を作ります。コンセントと棚つきのヘッドボードなので、ベッド周りのインテリアを楽しむことができます。ベッド下は収納スペースもございますので、コンパクトでも機能性は抜群な一台です。

小さいベッドですっきり空間 ショート丈コンパクト収納ベッド

ショート丈セミシングルは横幅80cm×長さ182cm×高さ26cmのサイズです。カラーはホワイト・ナチュラル・ウォルナットブラウンから選べます。2つの引き出しは左右どちらにも付けられますので、お部屋のレイアウトに合わせて使えるのが嬉しいですね。マットレスセットを買えば敷きパッドとボックスシーツも付いてくるので、リネンのサイズで悩むこともありません。

タイプの高さと収納力 宮付きパイプロフトベッド ロータイプ

「ロフトベッドは欲しいけど、天井からの圧迫感が気になる…」という方におすすめなのが、ロータイプロフトベッドです。ロータイプといっても、ベッドの真下から大人用のロングコートをかけて、その下に収納ケースを置けるほどの高さはあります。カーテンポールも付いていて、収納物を隠せるのもポイントです。また、分解すればシングルベッドとしても使えます。

完成品女性に優しいおしゃれで可愛いコンパクト折りたたみショート丈ベッド

幅92cm×長さ180cm×高さ34.5cmの折りたたみベッドです。42段ギアでお好みの角度にリクライニングできます。特別力を入れなくても、広げたり折りたたんだりがスムーズにできるように作られています。高反発ウレタンマットレスで、寝心地も耐久性もばっちりです。使わない時は家具と壁のすき間に収納しておくことができるので、狭い部屋でもスペースを有効活用できますよ!

まとめ

こちらの記事では、ベッドサイズの基本、小さいベッドの選び方、そしておすすめのベッドタイプを紹介しました。

★小さいベッドの選び方
・肩幅+40cm程度のサイズが横幅の目安
・長さは180cmも選べる
・耐荷重も確認して丈夫なベッドを選ぶ
・インテリアに合ったベッドを選ぶ

★狭い部屋におすすめのベッドタイプ
・折りたたみベッド
・ロフトベッド
・分割式ベッド
・収納付きベッド

ベッドサイズを選ぶ時には、シングルやダブルなど横幅に注目することが多いですが、長さやデザイン、種類もベッドサイズを決める大切な要素です。こちらの記事を参考にして、ぜひあなたにぴったりの小さいベッドを見つけてみてください。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  5. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP