寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 694 view

日本の気候風土にぴったりな「すのこベッド」の利点とは

就寝中は汗をかくことで体温を調節しているため、十分な湿気対策が必要です。夏は多湿になる日本の気候を考えると、すのこベッドが非常に役立ちます。すのこには様々な材質があり、利点も多く、ベッドを清潔に保つには最適なアイテムです。今回はすのこベッドの詳細をご紹介しますので、購入時の参考にしてくださいね。

すのこベッドについて

すのこベッドとは、床板が「すのこ」の形をしたベッドのことを指します。一般的に桐や檜(ひのき)といった日本人に馴染みのある木材が使われ、安価なものから高額なものまで、価格の幅も広いのが特徴です。

特徴

すのこベッドの最大の特徴は、通気性が良いためカビ予防に効果があるという点です。

すのこの間から湿気を逃がすことで、熱がこもることを防いでくれます。夏の寝心地の良さを追求したい方には最良のアイテムです。

材質

① パイン材
他の材質と比べて、耐久性が高い材質です。独特のリラックス効果のある香りがあるパイン材もあります。

② 桐
湿気に強く、軽いのが特徴です。ベッドを移動する必要がある際や、折り畳み式のすのこを利用する場合には、桐でできたすのこベッドを取り入れると良いですね。

③ 檜(ひのき)
檜(ひのき)材のメリットは、虫に強いという点です。防腐性、防虫性が非常に高く、朽ちてくることがほとんどないので、すのこを長く使いたいという方におすすめです。

④ 杉
コスパが良い材質と言えば杉のすのこです。湿気の調節機能に優れ、すのこ板の材質の中でも清潔に使うことができる材質です。

寝心地

1年を通して快適に寝ることができます。通気性が良いため夏でも熱がこもることがありません。

ただし、すのこ自体の強度や固さを考えると、薄手のマットレスや布団には不向きですので、ある程度厚みのある布団を使うようにしましょう。

すのこベッドの利点

すのこベッドには、寝室や日々の眠りを快適なものにしてくれる利点がたくさんあります。

夏は涼しい

すのこベッドは、とにかく涼しく過ごすことができる点が最大の利点です。日本の夏は湿度が高く、温暖化の影響もあって熱帯夜が増えていますが、床板がすのこ仕様であれば通気性が抜群で熱を逃がしてくれる構造になっています。

寝苦しい夜が多い都市部にお住まいの方には、すのこベッドは特におすすめです。

折り畳み式は省スペース

省スペースになるのもすのこベッドならではの利点です。折りたためるすのこ板があり、部屋のスペースに限りがある方でもお使い頂けます。

カビ対策

就寝中は想像以上に汗をかき、定期的なお手入れを怠るとカビが発生することがあります。

すのこ板は湿気や熱をすのこの間から逃がす効果が高いため、カビの発生を抑えることができます。

布団も使用OK

厚みのある頑丈なすのこ板を使用したすのこベッドや、すのこ板の隙間が狭いすのこベッドは、お手持ちの布団でもお使い頂けます。

すのこベッドの種類

すのこベッドとしては、主に2つの種類があります。部屋や家族の状況に応じてベストなすのこベッドを選んでみてくださいね。

ベッドスタイル

折り畳みスタイルに比べて、ベッド自体の強度が高いのはベッドスタイルです。脚付きのベッドを選べば、ベッド下の掃除も簡単に済ますことができます。

湿気がこもりやすい大きめのベッドや、ベッドを連結して使用する際には、ベッドスタイルのすのこをおすすめします。機能にこだわりたい方には、収納付きすのこベッドがおすすめです。

折り畳みスタイル

すのこ板の中心から折り畳むことができるタイプです。折り畳んだすのこ板の上に布団やマットレスを干すと、スペースをうまく活用することが可能です。

ワンルーム等で部屋が狭い場合や、引っ越しや模様替えでベッドを頻繁に動かすことが多い方には折り畳みスタイルがおすすめです。くるくる丸めることができるロールタイプも同じように省スペースです。

すのこベッドの利点 まとめ

何といっても通気性の良さがすのこベッドの最大の利点です。温暖化が原因で夏の暑さが年々ひどくなっていることを考えると、寝苦しい夏の夜でもすのこベッドがあれば快適に眠ることができます。材質によっても様々な特徴があり、最近では折り畳み式のすのこも人気となっています。ご自身のライフスタイルやベッドの使用状況を鑑みながら、ぜひすのこベッドを取り入れてみてくださいね

すのこベッドおすすめ商品

① 広々ゆっくりぐっすり 川の字ひのきベッド (連結タイプ)

ひのき材をふんだんに使用した贅沢なベッドで、お子様に優しい特徴の多いフロアベッドです。小さなお子様がいても安全にお使い頂けるようにサイドガードを設置し、フレームのの角部分は丸みのある形状で曲面加工を施してあります。国産のひのきを使用し、通気性が良いので年中快適に眠ることができます。連結タイプのベッドですので、子供が小さいうちは連結してベッドをお使い頂き、子供が成長に伴い、それぞれのベッドを独立させて夫婦で使うことでベッド自体を長く使うことが可能です。

② 憧れのハンモックがワンルームに ハンモック付ロフトベッド

ハンモックがついた珍しいロフトベッドです。生活スペースが限られがちなワンルームにぴったりなベッドで、空間を有効に利用することができます。ベッドでのくつろぎはもちろん、ハンモックに揺られながらのんびりとした時間が流れていきます。ハンモックの耐荷重は100kgですので、男性でも安心してお使い頂けます。ベッドの下はすのこ板のため、常に清潔にベッドを保つ機能があります。カウンターテーブルがついており、ベッド下は自分だけのワークスペースにもなります。

③ シンプルデザイン 棚・コンセント付きデザインすのこベッド (ダブル)

シンプルなすのこベッドをお探しの方には最適なベッドです。部屋をすっきりとした印象に変えてくれる脚付きベッドで、機能面で優れたヘッドボードがついています。2口コンセントに加えて、スマホやアロマディフューザーなどを並べられるスペースを確保したヘッドボードは、寝る前の安らぎの時間を作り出すための重要なポイントです。床板はすのこ仕様で、一年中を通して気持ちよくお使い頂ける素材を使っています。快適な眠りとクリーンな寝室の両方が手に入る優れた一台です。

④ 広々としたモダン空間 照明付きフロアベッド (セミダブル)

床面からの距離が10cmと、高さを抑えたローベッドです。部屋を広く見せてくれる効果があり、幼い子供がいても安全に使うことができるベッドです。ヘッドボードにはブックシェルフがあり、埃や塵から大切な本を守ってくれます。コンセントやライトもついており、機能性の高さは抜群のベッドです。効率良く湿気を逃すすのこ板を使っているため通気性が良く、マットレスでも布団でもどちらでも使えるのがメリットです。清潔感の出るホワイトと、シックなブラックの2色展開で、寝室の雰囲気を壊さないように考えられたベッドカラーとなっています。

⑤ カントリー調天然木パイン材すのこベッド 1台タイプ (シングル)

通気性の良いすのこを使ったシングルベッドです。すのこ板は、布団・マットレスそれぞれに合う幅で設計されており、カビ予防にも効果があります。床面からの高さを変更すると、ベッド下が収納スペースに早変わりします。ボックスに入れた靴や、衣装ケースなどが入るので、収納スペースが限られたワンルームでは大活躍間違いなしですね。天然木を利用しているため、どこかカントリー調を感じさせる一台は、ナチュラルさを全面に感じさせるテイストに仕上がっています。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP