寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 568 view

シングルベッドを通販でお得に手に入れよう♪楽しく選ぶ私のベッド

「シングルベッドを買おうかな」と思ったとき、皆さんはベッドをお店で購入しますか?それともインターネットなどの通販で購入しますか?お店でじっくり商品を見ながらのお買い物も良いですが、実はベッドは通販で買う方が種類も豊富でメリットもたくさんあります。

今回はベッドを通販で購入する前に知っておきたいことや購入するときに注意したいことなどをご紹介しています。おすすめのシングルベッドもご紹介していますので、お気に入りのベッドを選んで素敵なお部屋作りをしてみませんか?

目次

シングルベッドってどんなベッド?

まずはシングルベッドの基本的なことについていろいろ見てみましょう。

シングルベッドのサイズが知りたい

シングルベッドは市販されている一般的なベッドのサイズの中で2番目に小さいサイズのベッドです。

1番小さいセミシングルベッドは、横:80~90㎝×縦:180~190cm程度のちょっとコンパクトなサイズ。シングルベッドは横:95~105㎝×190~200㎝程度のサイズのベッドです。

シングルベッドは私には小さい?

ベッドの横幅は寝返りをうったりできるスペースを考えると、最低でも自分の肩幅+40cm程度は欲しいところです。肩幅は身長約4分の1くらいです。

身長150㎝台の小柄な女性ですと肩幅は35㎝前後となりますので、横幅80~90㎝のセミシングルベッドでも余裕があります。一方、身長180㎝(肩幅45㎝)の男性ですと、シングルベッドが最低限快適に眠れるサイズとなります。

シングルベッドは何kgの人まで大丈夫?

どのベッドにも必ず耐荷重(何キロまでの重さに耐えられるか)というものがあります。

シングルベッドの場合だと、パイプベッドや折り畳みベッドは90~100kg程度、木製フレームのベッドやすのこベッドは100~120kg程度まで。構造上、木製ベッドの方が丈夫です。

大丈夫といっても耐荷重に近いほど軋んだり沈み込みが気になるようになりますので、ベッドを購入する際には身長だけではなく体重も考慮しましょう。

シングルベッドを通販で買いたいけれど大丈夫?

次は、「ベッドって通販でも買えるの?」「通販で買っても大丈夫?」などの疑問について考えてみましょう。

そもそもベッドって通販で買えるの?

通販でベッドを買おうとしても数が少なくて選べないんじゃないの?」

なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。確かに15年くらい前まではインターネット通販でベッドを買おうとしても種類やサイズがあまり選べない、ということはありましたが、ここ数年で一気に商品の取扱い数は増加しています。

今はネットでしか買えない商品などもあり、実店舗を持っているところでもむしろネット通販の商品の方が取扱い数が多いというお店もたくさんあるんですよ。

通販でベッドを購入するメリットって?

インターネットなどの通販でベッドを購入するメリットはいろいろあります。

・いつでもどこでも自分の好きなタイミングで購入ができる
・商品をゆっくり吟味できる
・重い荷物を家まで運んでくれる
・価格が安い

ベッドなどの大きな買い物は、サイズを測ったりお部屋に置いたときのことをイメージしながらゆっくり選びたいものですので、通販でじっくり買う方がおすすめです。

通販でベッドを購入する注意点って?

インターネットなどの通販でベッドを買う際には少し注意しなければいけないことがあります。

・実物を見られないので色や素材感が思ったものと違うことがある
・梱包サイズが分かりにくいことがある
・段ボールなどのゴミの片付けが大変

購入前に細かくサイトをチェックして、もし気になることがあれば問い合わせページから質問をする、電話で問い合わせをする、など、届いた後で「思ったのと違った~」とならないようにしておくといいですね。

シングルベッドのフレームを通販で購入するポイント

それではいよいよベッドの購入をしましょう。シングルベッドを通販で購入するときに気をつけたいことをしっかりチェックしていきます。

フレームの形はどう選ぶ?

シングルベッドを購入する前にまずはフレーム選びですね。ベッドのフレームには以下のようなものを含め、15種類以上の選択肢があります。

・パイプベッド
・折り畳みベッド
・ロフトベッド
・脚付きマットレスベッド
・収納付きベッド
・チェストベッド
・ソファーベッド
・フロアベッド
・すのこベッド

素材はパイプ式がいいのか木製がいいのか、ベッドの高さはどのくらいがいいのか、収納は必要か、自分のお部屋に似合うベッドはどれなのかをしっかり考えて選びましょう。

どこまで運んでくれる?

お店でベッドを購入した場合、自分で家まで運ばなくてはいけないというケースもあります。しかし、通販でベッドを購入した場合は必ず自宅まで配送をしてくれます。ただし、基本的に商品のお渡しは、戸建ての場合は玄関まで、マンションの場合はエントランスまでとなりますので注意が必要です。

組み立ては自分で出来る?

通販で購入するシングルベッドの多くは自分で組み立てをしないと使うことが出来ません。すのこベッドや脚付きマットレスベッドなど比較的簡単に組み立てができるものあれば、ロフトベッドのようにパーツが多く一人で組み立てるのが大変なものもあります。購入サイトには組み立ての目安時間や人数が書いてありますので、購入前にこちらもしっかりとチェックしておきましょう。

有料で組立設置サービスを追加できるプランもありますので、購入前にこちらもチェックしてみましょう。組立設置サービスを頼むと、設置する部屋まで運んでくれるのでとっても便利ですよ。

シングルベッドのマットレスを通販で購入するポイント

フレームが決まったら今度はマットレス選び。シングルベッドのマットレスを選ぶポイントをチェックしていきましょう。

マットレスを選ぶ時のポイントは?

シングルベッドはフレームとマットレスが分かれているというものがほとんどです。ベッドのマットレスは大きく分けるとコイル(スプリング)が入っているものと入っていないものの2種類に分かれます。 ちなみに、コイル入りのマットレスは以下の2種類が主流です。

・点で身体を支える体圧分散に優れた「ポケットコイルマットレス」
・面で身体を支える反発力が高い「スプリングコイルマットレス」

どちらが良いという訳ではないので、自分の身体の状態に合うのはどのマットレスなのか、をよく考えて選びましょうね。

寝心地を知りたいんだけどどうするの?

通販でシングルベッドを購入する時、「触り心地や寝心地がわからないからちょっと気になる」という方もいらっしゃいます。

マットレスが身体に合わないと身体のコンデションにも関わってきますので、寝心地はとても気になるところ。購入サイトの中に先に購入した方のレビューがある場合はそちらを参考にしてみるのもいいですね

ベッドを買うのが全く初めてという方はマットレスの違いがわからないこともありますので、出来れば実際にどこかのお店でいろいろなマットレスを試して硬さや沈み込みを体感してみるとわかりやすいですよ。

お部屋でマットレスを広げる時のポイントは?

マットレスは発送時に圧縮されているタイプと原寸大で届くものがあります。原寸大で届くマットレスはそのままベッドの上に置くことができますが、圧縮タイプの場合には開封して約24時間かけて本来のマットレスの形へと戻っていきますのですぐに使うことはできません。

どちらの場合も届いた後に必ず天気のいい日に風通しをしてから使いましょう。

通販でベッドも楽しく選びましょう

深夜でもちょっとした空き時間でも、自分の好きな時間に買い物ができる通販はとっても便利。ベッドもマットレスも長く使うものですから、お気に入りのシングルベッドとマットレス探しには少し時間がかかるかもしれません。

たくさんの商品の中から自分にピッタリのシングルベッドを見つけて、皆さんの毎日がもっと楽しくて快適な日々になりますように。

おすすめのシングルベッドとマットレス

シンプルデザイン 棚・コンセント付きデザインすのこベッド(シングル)

とってもシンプルですっきりとしたデザインのこちらのすのこベッドは、通気性がとてもよく、丈夫なのでお布団派の方にもマットレス派の方にも安心して使っていただけます。足元が開いているのでお掃除も楽々。どんなお部屋にも馴染むこちらのベッドは年代を問わずおすすめしたいベッドです。

スペースを最大限に有効活用しませんか 天然木脚パイプベッドミドルタイプ

こちらのベッドは温かみのある天然木の脚にスチールを合わせた、普通のパイプベッドとは一味違うおしゃれなデザインのベッドです。一般的なシングルベッドよりちょっと背が高いこちらのミドルタイプベッドは、ベッドの下にたくさんの物が収納できるように考えて作られていますので、アレンジ次第で見せる収納としても使うことが出来ますね。お部屋にもう少し収納が欲しい、という方は絶対におすすめしたいベッドです。

大人可愛い 2style×2wayデイベッド(シングル)

アンティーク調の可愛いフレームが特徴的なこのベッド。女の子の憧れるおしゃれでかわいいお部屋を演出するのにピッタリなこのシングルベッドは、ソファとしてもベッドとしてもゆったり使える広さです。継足で高さの調整も出来ますので、高さを変えたりベッドフレームにかわいい飾りやレースをつけたり、自分の好みでいろんなアレンジが楽しめるベッドです。

シンプルに生活する スリム棚・多コンセント付き収納ベッド(シングル)

シンプルな見た目だけれど多機能で優れもののこちらのシングルベッド。ベッドの下には大きな引き出しが2つ、ヘッドボードにはスリムな棚もついていて収納力は抜群です。更にコンセントが4つもついているのでスマホやタブレットの充電もライトも空気清浄機もヘッドボードのコンセントで一気に使えます。本を読んだりテレビを見たり、ベッドの上でくつろぐのが好きな方にはピッタリのベッドですね。

布団感覚で使えるスーパーロー設計 棚・コンセント付フロアベッド(シングル)

こちらはまるでお布団のような感覚で使えるフロアベッド。一般的なフロアベッドよりも更にお布団に近づけた6cmの超薄型フレームにはなんとコンセントもしっかりとついています。開放感のあるフロアベッドはお部屋がとっても広く感じるので、寝ることにしっかり集中できますね。小さいお子さんやベッドのギシギシが気になる方にはこちらのベッドが安心ですね。

畳める ポケットコイル入り敷き布団マットレス レギュラータイプ(シングル)

7cmの薄型設計のこちらのポケットコイルマットレス。折り畳みが出来るので持ち運びも楽々で、お布団の上げ下ろしがとっても簡単に出来ますよ。ベッドのマットレスとしてはもちろん、そのままシーツをかけてお布団としても使えますし、敷き布団の下のアンダーマットレスとしても使えますので、アレンジ次第で何通りもの使い方が可能なお得なマットレスです。

ショート丈対応 コンパクトマットレス高通気性薄型ボンネルコイル(シングル)

こちらは厚みもサイズもいろいろ選べるマットレス。大きいサイズのマットレスは種類もたくさんありますが、小さめのサイズのマットレスはなかなかコレ!というものを見つけるのが難しいこと。こちらはセミシングルやショートタイプのシングルベッドにも対応するマットレスもありますので、コンパクトなベッドが欲しい!という方にはピッタリなマットレスです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  2. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  3. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

  4. セミダブルサイズは狭い?二人で寝るときのベッドサイズを解説!

  5. 【折りたたみすのこベッドの選び方】布団も干せるおすすめ6選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP