寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 2992 view

コンパクトなベッドにぴったり!便利な小型マットレスをご紹介

ベッド丈がお部屋のレイアウトを邪魔することがありますよね。そんな時におすすめなのが、ショート丈ベッド。長さがない分、部屋のつくりを気にせずにベッドを置くことができるんです。しかし、ショート丈ベッドに合うマットレスは、あるのでしょうか?そこで今回は、コンパクトなベッドに合う小型のマットレスを紹介します。

ベッドとマットレスのサイズは合わせた方がいい?

コンパクトなベッドに合うマットレス探しに悩んでいらっしゃいませんか?マットレスは、多少ベッドより大きくても、フレームによっては使用できるケースもあります。しかし、マットレスがずれやすくなる、シーツにシワができやすい、無理にフレームにはめていることで、平らにならないなどといったトラブルが予想されます。

毎日使うベッドの寝心地が良くないというのは、気付かないうちにストレスになってしまいます。ベッドは本来、日々の疲れを癒すための場所です。睡眠時間を快適に過ごすためにも、ベッドとマットレスのサイズは合わせることをおすすめします。

小型マットレスの特徴

通常のマットレスは長さが200㎝前後あります。ベッドと同じく、マットレスも普通サイズが最も多いです。小型のマットレスは、一般的なサイズよりも小さくつくられているもののことです。ショート丈なら長さ180㎝、セミシングルなら幅80㎝となっています。どちらも通常サイズより丈や幅がないので、見た目もコンパクトです。

ショート丈ベッドに合う

小型マットレスは、ショート丈ベッドのためにあると言っても良いでしょう。ショート丈ベッドは丈が短い分、通常サイズより、フレームやマットレスの種類が少ないんです。

そうなると、好きなデザインや自分に合った寝心地が選べないのでは?と思うかもしれません。しかし、今はベッドとマットレスのバリエーションが豊富な時代。ショート丈にフィットする小型マットレスも増えています。

折りたたみタイプもある

小型マットレスには、折りたたみタイプもあるんです。マットレスを折りたためると、使わない時に片付けやすいですし、何かと便利ですよね。急な来客があった時も簡単に寝床を用意できますよ。

普通サイズに比べると、デザインの種類は少ない小型マットレスですが、使い勝手の良さは普通サイズ以上かもしれません。

ステージタイプのレイアウトができる

ベッドのデザインによっては、シングルサイズのフレームにセミシングルサイズのマットレスを置くことで「ステージタイプ」というレイアウトができます。

ステージタイプのレイアウトとは、フレームより一回り小さいマットレスを置き、余った床板のスペースをあえて見せることで開放感を感じさせるテクニックです。ステージ部分はテーブル代わりにも使えて便利なんですよ。

小型マットレスがおすすめな方

小型のマットレスを使うことが多いのは、女性とお子さんです。特に女性は大人になってからであれば、急激に身長が伸びることはないので、ショート丈マットレスでも十分事足りるでしょう。ただ、全ての女性がショート丈を使えるわけではありません。同様に、お子さんでもショート丈が合わないケースもあります。以下で具体的に解説しますね。

身長160㎝以下の女性

ショート丈ベッドや小型のマットレスは、一般的に女性向けとされます。しかし、身長が高い方にはおすすめできません。小型マットレスは、ショート丈ベッドに合わせているので、長さが180㎝程。

寝ている時は、身長に枕スペースと伸びた足の甲をプラスして考えます。体が15~20㎝長くなるので、身長が高い方だとベッド丈ギリギリになってしまうんです。反対に身長が160㎝以下なら、枕を置いて脚を伸ばしてもベッド丈に収まりますよね。

女性でも、小柄ならショート丈ベッドと小型マットレス、身長が高めなら通常丈ベッドとマットレスが良いでしょう。

小学生までの子ども

お子さんも基本的にはショート丈ベッドに寝られます。ですので、小型マットレスをおすすめできます。もちろん、大人の女性と同じく、身長が160㎝以下という条件付きです。女の子だと身長が160㎝より伸びないことも多いので、子どもの頃に使っていたベッドを大人になってからも使えかもしれませんね。

来客用マットレスをお探しの方

急に泊まりのお客さんが来た時、寝床の用意で困ることはありませんか?小型マットレスはそんな時にも大活躍します。マットレスを敷いて、来客用の布団を合わせるだけで簡単に寝床の準備ができますよ。

おすすめは、折りたたみタイプです。使わない時はたたんでしまっておけるので、押し入れの中で場所も取りません。片付けも簡単で見た目もコンパクトなので、いくつか持っておいても損はないでしょう。突然親戚や友人が来た時にも便利ですね。

ベッドに合う小型マットレスを見つけるコツ

マットレスは寝心地に直に影響するので、できるだけベッドのサイズに合わせる方が無難とお話しました。では、短い丈のベッドに合う小型マットレスは、どうやって見つけるのでしょうか?小型マットレスの数は増えてきているとはいえ、まだまだ普通サイズよりは少ないです。実は、コンパクトなベッドに合うサイズは、簡単に見つけられるんです。ここからはそのコツを紹介したいと思います。

ベッドの床面のサイズをチェックする

ベッドを買う時、ついフレームのデザインや価格に注目してしまう方は多いと思います。確かに、長く使うのだから、好きなデザインを選びたくなりますよね。ですが、ショート丈ベッドの場合は、床面もチェックしてみてください。

ベッド丈を見る時は、ヘッドボードの端からフットボードの端を見ると思いますが、それよりも重要なのが、ベッドの床面のサイズなんです。このベッドの床面のサイズを内寸と言います。マットレスを内寸の幅と長さ、奥行きに合わせて選んでみてください。完全に同じ大きさでなくとも、出来る限り近いサイズにするのがポイントです。

少し小さめのサイズを選ぶ

ぴったりの小型マットレスがない時は、ベッドより小さめのサイズを選ぶのもおすすめです。寝心地を考えると理想的なのは、やはりちょうど良くフィットするサイズですが、小型マットレスはまだまだ普通サイズよりも数が少ないです。

探しても欲しい大きさの商品が見つからないこともありますよね。それに、マットレスはメーカーによって微妙にサイズに違いがあることも多いんです。ベッドとマットレスのメーカーが異なると、余計に合うサイズが分かりにくくなるかもしれません。マットレスがベッドに収まらないそんな時は、ベッドより少し小さめのサイズを選びましょう。

【まとめ】体格やベッドに合った小型マットレスで快適な睡眠を!

ワンルーム暮しや小柄な女性に最適なショート丈ベッドには、小型マットレスがおすすめです。無理に普通サイズのマットレスを使うより、きちんとベッドに合ったサイズを使った方が寝心地も良くなります。小型のマットレスを探すコツとしては、ベッドの床面のサイズをチェックする、ベッドよりやや小さめのマットレスを選ぶことです

マットレスのサイズは、寝心地に直接影響します。ベッドに合った小型マットレスで、快適な睡眠時間をお過ごしくださいね。

おすすめの商品

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス ショートタイプ 

こちらは、ポケットコイルを使用した小型マットレスです。薄型なので、軽量で気軽にお手入れできるのが魅力ですね。使わない時はたたんで収納することも可能です。マットレス内部にあるコイルの材料には、業界で高品質の鋼線を使用しているので、寝心地・耐久性ともに抜群ですよ

ショート丈対応 コンパクトマットレス三つ折り薄型ポケットコイル

こちらは、スリムでコンパクトなマットレスです。使わない時は折りたたんで収納できる点も魅力的ですね。マットレスは薄型なので、どんなベッドフレームにもきれいに収まりますよ。ポケットコイルが体のラインに沿うので、寝ている間も良い姿勢を保てます。

子ども向け ボンネルコイルマットレス コンパクトショート

こちらはこどもが使うベッドに合うようにデザインされたマットレスです。薄型になっているため、2段ベッドで使用しても大丈夫なように高さが考慮されています。薄型のため寝心地が心配されますが、ご安心ください。快適に眠れるように設計されています。メッシュ生地で通気性も抜群です♪

ショート丈対応 コンパクトマットレス高通気性薄型ボンネルコイル

こちらは、小さいベッドにぴったりのコンパクトマットレスです。小さめなマットレスですが、なんと寝心地も抜群なんです。マットレス内部はボンネルコイルにより、理想的な硬さと通気性を実現しました。布団で寝ていた方も違和感なくご使用いただけますよ。また、メッシュ生地なので、オールシーズン快適に眠れます。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 値段が高い敷布団を買う?安いもの?素材ごとの値段相場に注目

  2. 2人で寝るベッドは1台?2台?2人用のベッドの選び方をご紹介!

  3. <おすすめロフトベッド>ロフトベッドの特徴と失敗しない選び方

  4. ウレタンマットレスのメリット・デメリットを解説&おすすめ紹介

  5. 寝心地が変わる!マットレスの厚さとベッドとの関係性を徹底解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP