寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 11220 view

安眠できるマットレスが欲しい!選び方&おすすめマットレス9選

日々の疲れを取るために、毎日ぐっすり寝ることが重要ですよね。熟睡できるかどうかを左右する寝具の1つが、マットレスです。自分に合っていないマットレスは睡眠時だけでなく、起きたときに影響が出ることもあります。

本記事では、おすすめの安眠できるマットレスをご紹介します。あわせて選び方のコツについて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください!

これで安眠まちがいなし!おすすめマットレス9選

まずは快適な寝心地を実現してくれる、おすすめのマットレスをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
汗を逃す フランスベッド マルチラス
スーパースプリングマットレス
✔サイズ:幅140×長さ195×高さ16cm(ダブル)
✔おすすめポイント:
通気性がよく体圧分散に優れた独自の高密度連続スプリング
一年中気持ちいい寝心地 国産高通気性
ボンネルコイルマットレス
✔サイズ:幅95×長さ195×高さ17cm (シングル)
✔おすすめポイント:
こだわりのサンド構造で抜群の通気性を実現
【搬入・設置無料】 フランスベッド ブレスエアー・
プロウォール仕様 プレミアムモデルマットレス
✔サイズ:幅122×長さ195×高さ28cm(セミダブル)
✔おすすめポイント:
清潔をキープする除菌機能糸と通気性に優れたスプリングを使用
ホテルプレミアムマットレス
(デュオソフト・2層ポケットコイル)
✔サイズ:幅140×長さ195×高さ24cm(ダブル)
✔おすすめポイント:
寝つきと寝心地の良さ、寝返りのしやすさを追求したマットレス
こだわりの快眠設計 体圧分散
高密度ポケットコイルマットレス
✔サイズ:幅120×長さ195×高さ17cm(セミダブル)
✔おすすめポイント:
表面には365日快適な寝心地のニット生地を使用
こだわりの3層仕様 アンサンブル
メモリーフォームマットレス
✔サイズ:幅140×長さ195×高さ27cm(ダブル)
✔おすすめポイント:
肌触りがやさしいオーガニックコットン使用
快眠 ホテルスタンダードマットレス
(かため・ボンネルコイル)
✔サイズ:幅180×長さ195×高さ15cm(キング)
✔おすすめポイント:
面でからだを支えるボンネルコイルを使用
フランスベッド 圧縮ロール梱包仕様
コンパクトモデルマットレス 厚さ16cm
✔サイズ:幅122×長さ195×高さ16cm (セミダブル)
✔おすすめポイント:
ロール状に圧縮されて届くため搬入がしやすい
絶妙な硬さ
国産ポケットコイルマットレス ハード
✔サイズ:幅140×長さ195×高さ20cm(ダブル)
✔おすすめポイント:
創業から70年以上続く老舗がつくる国内自社製造のマットレス

汗を逃す フランスベッド マルチラススーパースプリングマットレス

高温多湿な日本にピッタリな、通気性に特化した安眠マットレスです。日本人のために開発された高密度スプリングが使用されており、理想的な寝姿勢を保って快適に寝られます。

サイドには通気孔もあり、気になる臭いや湿気も逃してくれます。面全体で身体を受け止め、ヘタリにくいのも嬉しいですね。

一年中気持ちいい寝心地 国産高通気性ボンネルコイルマットレス

厚さ17cmのマットレスで徹底的に通気性を追及して作られたこちら。1年中どの季節でもサラリとした肌触りで安眠できます。

古くから布団を使ってきた、日本人好みの硬めの寝心地です。適度な弾力もあるため寝返りも少ない力ででき、翌日に疲れを残しません。

【搬入・設置無料】 フランスベッド ブレスエアー・プロウォール仕様 プレミアムモデルマットレス

高温多湿の日本の気候に合わせて作られた通気性に優れたマットレスです。使用している除菌機能糸アグリーザは、銀イオンの力でマットレスをいつでも清潔に保ちます。

内蔵された高密度スプリングにより、身体に負担を掛けない自然な体勢で上質な寝心地を提供します。

ホテルプレミアムマットレス (デュオソフト・2層ポケットコイル

こちらはホテルライクなマットレスです。ポケットコイルは、独自のノウハウにより絶妙なバランスで、朝までぐっすり快適に。

マットレスには高密度のウレタンが使われているため、ヘタリにくく通気性があり、いつでも快適です。

こだわりの快眠設計 体圧分散 高密度ポケットコイルマットレス

快眠にこだわって設計されたポケットコイルマットレスです。快適な寝心地を実現するため、体圧分散に優れた並行配列のポケットコイルを採用しました。

表面は伸縮性のあるニット生地で、ふんわり柔らかな肌触りです。高密度ウレタンを内蔵しているのでへたりにくく、長い期間使用できます。

こだわりの3層仕様 アンサンブルメモリーフォームマットレス

3層に重ねることで新感覚の寝心地を実現した、アンサンブルメモリーフォームマットレスです。上からオーガニックコットンを使用した低反発のトップピロー、極厚ウレタン、ポケットコイルを重ねた3層構造に。

包み込むような優しくしっかりした寝心地のマットレスに仕上げました。2つに分割しても使えるため便利です。

💭「アンサンブルメモリーフォームマットレス」の口コミ

新婚の娘にプレゼントしました。妊婦なので腰に負担がこないようなマットレスを探してました。突然の泊まり時にはマットレスを分けて使用できるのも今までにない機能ですごく良いと思います。

良いかも。朝の腰痛が消えました。寝心地も良く満足です♪

快眠 ホテルスタンダードマットレス

こちらのドマットレスは、かための質感。ボンネルコイルを内蔵し、面で身体を支えてくれます。

コイル内は大きな空洞になっているため、通気性がよく、熱気を逃がします。蒸れにくいので、高温多湿な日本の夏でも安眠できますよ♪

フランスベッド 圧縮ロール梱包仕様 コンパクトモデルマットレス 厚さ16cm

国内トップシェアを誇るフランスベッドのマットレスです。独自開発した高密度連続スプリングにより、内部に湿気をため込まず通気性に優れます。

身体が沈み込みすぎず、睡眠中の自然な寝返りをサポートしてくれますよ。ロール梱包タイプなので、搬入・設置もラクラクです。

絶妙な硬さ 国産ポケットコイルマットレス ハード

最高品質の国産ポケットコイルマットレスです。コイルから生地、ラベルに至るまですべて国内生産にこだわりました。

50年以上の経験と卓越した技術を持つ職人が製造し、理想的な弾力と快適な寝心地を実現!絶妙な硬さのマットレスで、毎晩心地よく休みください。

マットレスが合わないとどうなるの?

そもそも、合わないマットレスを使っていると、身体にはどのような影響が出てくるのでしょうか?

起きたときに疲労感がある

しっかりと寝ているはずなのに、朝起きたときに疲労感が残る場合はマットレスが合っていない可能性があります。特に柔らかすぎるマットレスは、寝ている間身体が安定しないため、筋肉が無意識に動きやすくなっています。また、寝返りも打ちにくく寝返りをするために不要な力が入り、翌朝疲労感を覚えることも…。

硬すぎるマットレスも同様です。硬すぎるマットレスは、マットレスと身体が触れている箇所が圧迫され、血行が悪くなります。ひどい場合は、疲労感だけでなく起きたときにしびれを感じることもあります。

背中や腰に負担がかかる

柔らかすぎる・硬すぎるマットレスは、寝姿勢が不自然な状態になるため、腰や背中に負担がかかりやすくなります。

起きたときに腰や背中に違和感があるなら、マットレスを見直してみると改善されることがあります。

眠りが浅くなる

硬すぎる・柔らかすぎるマットレスは身体に負担がかかるため、寝返りの回数が多くなる傾向があります。あまり頻繁に寝返りすると、眠りが浅くなりがちです。翌朝スッキリ起きられないなどの症状を感じやすくなります。

安眠できるマットレスの選び方は?

それでは、安眠できるマットレスはどのように選んでいけばいいのでしょうか?

好みの硬さで選ぶ

マットレスの硬さは基本的には、自分の好みの硬さを選びましょう。柔らかめと硬めの2種類に分類できます。

★硬め…面で身体を支えるのが特徴で、適度に弾力があるため体格が良い方におすすめ。身体が沈み込みすぎることがないため、寝返りがしやすい
★柔らかめ…マットレスに包み込まれるような柔らかい寝心地が好みの方や、横向き寝の方におすすめ。

通気性をチェック

日本は高温多湿なため、1年を通して快適に眠るためには通気性もチェックしておきたいところです。私たちは寝ている間にコップ1杯分もの汗をかくといわれています。

通気性が劣るマットレスを選ぶと、ダニやカビが発生しやすくアレルギーの原因にもなってしまうため、購入時にしっかりチェックしましょう。ダニ・カビ対策も安眠のためには欠かせません。

コイルの種類で決める

マットレスには次のように複数のコイルの種類があります。自分が使いやすいと思うものを選んでいきましょう。

ボンネルコイル

身体を面で支え、耐久性にも優れているため体格の良い方でも安心です。寝返りもしやすく通気性にも優れており、腰痛持ちや汗っかきの方にもおすすめです。

ポケットコイル

身体を点で支えてくれ体圧分散に優れているため、負担が少なく柔らかい寝心地が好みの方に人気です。

耐久性・通気性もあり、柔らかさがありながらもしっかりとした寝心地が味わえます。

ノンコイル

低反発と高反発に分かれ、コイル式よりも軽いものが多いため簡単に移動できるのが特徴です。頻繁に天日干ししたい・マットレスのお手入れをしたいという方におすすめです。

サイズに余裕はあるか

マットレス選びで意外に見落としがちなのが、サイズです。ベッドの場所を少しでもコンパクトにしたいからと、無理やり小さなサイズを選んでしまうと、窮屈でぐっすり寝られません。

マットレスのサイズは、自分の身体の幅プラス30cm以上を目安にしましょう。これよりも小さいサイズになると、満足に寝返りできなくなってしまいます。ベッドは毎日使うものなので、安眠のために忘れずチェックしましょう。

安眠できるための工夫も忘れずに

より快適に安眠できるよう、次の項目も意識してみましょう。

シーツやベッドパッドは忘れずに用意

先述の通り、私たちは寝ている間に大量の汗をかきます。マットレスの上に直接寝てしまうと、この汗や皮脂が染み込んでしまい衛生面が心配です。

マットレスを使う際はシーツやベッドパッドなどの寝具を忘れずに使いましょう。最近では冷感タイプのものもあり、暑い時期におすすめです。

マットレスの湿気対策

快適に眠れるよう、マットレスが定期的に立てかける・干すといったお手入れが必要です。この他に、湿気対策として除湿シートを用意しておくと、湿気が多い時期でも快適に眠りやすくなります。シートは繰り返し使えるものも多くあるので、1つ用意しておくと便利ですね。

【まとめ】自分に合ったマットレスで安眠を手に入れる

毎日安眠するためには、自分に合ったマットレスで眠ることが大切です。マットレスは好みの硬さや通気性・コイルの種類といった項目を参考に、自分にピッタリなものを見つけていきましょう。また、マットレスだけでなく寝具も一緒に使うのを忘れないようにしてくださいね。おすすめマットレスも紹介したので、ぜひマットレス選びの参考にしてみてくださいね♪

BED STYLEでは安眠できるマットレスを多数ご用意
ぜひチェックしてください!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. コンパクトで寝心地も快適!おすすめの電動折りたたみベッド

  2. 畳にマットレスを置いて使うのはあり?ポイント&おすすめ13選

  3. 寝心地抜群♪マルチラススーパースプリングのマットレスを紹介!

  4. ベッドの高さ別特徴や選びのポイント&おすすめ商品を紹介

  5. 【子供用マットレス】成長期に選ぶポイントとおすすめ商品7選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP