寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 737 view

和の要素を取り入れておしゃれに!畳ベッドの魅力と選び方をご紹介

和の要素の代表格といえば畳。洋室がかなりの割合を占めている昨今ですが、和のテイストがひとつでも入っていると心が落ち着きます。和テイストを織り込んだ家具の中でも最近ブームとなっているのが「畳を使ったベッド」。畳ベッドはおしゃれなだけでなく様々なメリットがあります。本記事では、畳ベッドでおしゃれな寝室づくりをするためのポイントや畳ベッドの選び方をご紹介します。

畳ベッドとは?

畳ベッドはマットレスより布団派という方や、和のテイストを寝室に取り入れたい人に人気のベッドです。畳ベッドとはどんなベッドなのかをご紹介します。

床板が合板ではなく畳を使用

畳ベッドは一般的なベッドと違い床板に畳を使用しています。多くのベッドは床板に合板や金属のパーツを使用していますが、敢えて畳を使うことによって寝具を敷いていてもそうでなくても部屋に畳の空間を作ることができます。

シングルの他にもサイズ展開あり

畳ベッドは少し昔まではシングルサイズが主流でしたが、現在はセミダブルやダブルの畳ベッドも数多くあります。1人暮らしだけでなく、夫婦やファミリーでも畳ベッドで一緒に寝られるようになりました。寝る人数に合わせて畳ベッドのサイズを選ぶことができます。

ヘッドレスタイプのシンプルデザインも

ベッドを置くとある程度のスペースが必要です。そのため、ベッドがあることで圧迫感を感じて部屋が狭く見えてしまいがち。

しかし、畳ベッドの中にはヘッドボードがついていないタイプのものもあります。ヘッドボードは種類によります10~15cmの幅をとりますので、それがないというたけでかなりすっきりした印象になるというメリットがあります。

また、ヘッドボードがないことで「いかにもベッド」という印象を与えなくなります。

畳ベッドの魅力とは?

インテリアとの調和が重要視されるようになってきた畳ベッドは、おしゃれな寝室作りをしたい人におすすめのベッドです。1人だけでなく家族で寝るベッドの候補としても挙げることができます。続いて畳ベッドの魅力についてご紹介します。

布団がそのまま敷ける

畳ベッドの最大の魅力は布団がそのまま敷けることです。通常ベッドを購入する際にマットレスも一緒に購入することが一般的です。その点畳ベッドは現在使っている布団をそのまま敷くことができるので、初期費用を抑えることができます。

さらに畳にはクッション性があるため、布団が使えるベッドに比べて寝心地も良いのです。

立ち座りしやすい高さ

布団派の人にとっては畳やすのこを敷いて寝るのが主流でしたが、畳ベッドを使えば立ち座りしやすい高さで眠ることができます。足腰に自信がない人にとって布団で寝起きすることは苦痛になってしまうものの、マットレスのベッドだとしっくりこないというケースもあります。

畳ベッドを使うことでまるで畳の上に布団を敷いて寝ているのと同じ状態になり、寝起きも楽になるという利点があります。

メリットたくさんのい草

和室といえば入った瞬間にするい草の香り。畳ベッドを寝室に置くことでい草の香りを楽しむことができます。い草の香りにはリラクゼーション効果のある物質が入っているため、置くだけで寝室を癒しの空間にしてくれます。

また、い草は通気性が良くて空気の浄化作用もあります。快適な寝室作りにおすすめの素材なのです。

小上がりタイプの畳ベッドも

畳ベッドの中にはヘッドボードがついていないタイプのものがあり、小上がりとして使うことができます。布団を干しているときや簡単に収納できる場合は、日中読書したり寛いで過ごしたりする小上がりスペースになります。

特に1人暮らしの場合は、ベッドとソファのどちらも欲しい人が多いですが、小上がりタイプの畳ベッドならソファと同じ役割を果たしてくれるのでおすすめです。

畳ベッドの選び方をご紹介

床板の部分に畳が使われている畳ベッドは、居心地の良い寝室作りにおすすめのベッドです。ひと口に畳ベッドといっても商品によって仕様が異なります。畳ベッドを購入する際の選び方をご紹介します。

保温効果や通気性をチェック

畳ベッドのメリットに通気性の良さが挙げられますが、畳ベッドに布団を敷いたままにするといわば万年床と同じ状態になります。定期的に布団を干すことも必要になりますが、畳ベッド自体の通気性を確認することも必要です。

畳ベッドの中には畳部分の下に通気性を良くするためのシートが張られていたり、冬場はベッド下の冷気で布団が冷たく感じないようにする保温効果が得られる加工が施されていたりします。購入の前にはそういった部分もチェックしましょう。

高さ調節や収納などの機能性

畳ベッドを購入する際は、他の種類のベッドと同じように機能性の部分も確認するようにしましょう。高さが調整できるタイプの畳ベッドもありますし、ベッド下に引き出しなどの収納スペースがついたものもあります。好みや目的に合わせてぴったりの畳ベッドを選ぶようにしましょう。

おすすめのおしゃれな畳ベッド

寝室に和のテイストを取り入れるだけでなく、おしゃれなインテリアづくりにも役立つ畳ベッドは、快適な寝室作りにおすすめのベッドです。おすすめのおしゃれな畳ベッドを5つご紹介します。

棚や収納完備のおしゃれな畳ベッド

ベッドを1台置くだけで寝室の自由なスペースが一定割合で少なくなくなってしまうので、収納機能がついた畳ベッドは人気があります。ヘッドボード部分にライトや小物が置ける棚が付いているのでベッドで過ごす時間をより充実したものにできます。また、好きな雑貨を置くなどインテリアを工夫するのにも便利です。ベッド下に広々とした引き出しが2杯ついているので、普段着る服を収納することができます。

畳が選べる!和モダンな引き出し付き畳ベッド

畳ベッドを取り入れたいけれど、おしゃれなインテリアを目指す人におすすめの和モダンな引き出し付きの畳ベッドです。畳の色が選べて、黒にすれば部屋全体が落ち着いた印象になります。純国産の安心の畳を使用しており、畳の下は通気性抜群のすのこになっています。ベッド下に大容量の収納がついているので部屋がすっきりまとまります。

小上がりとしても使える!耐久性抜群の美草畳ベッド

畳ベッドを小上がりとして使うときに気になるのが布団の収納場所。部屋に布団があるだけで生活感が出てしまうのでなるべく避けたいところです。畳の下に布団が収納できるこちらのベッドは、思う存分小上がりとして楽しめるおすすめのベッドです。生活に合う美草畳を使用しているので、畳の目が美しくまるで旅館にいるような気分になります。

素材にとことんこだわった国産ひのき使用の畳ベッド

畳ベッドを寝室に取り入れるなら素材にとことんこだわりたいという人におすすめのベッドです。ベッドフレームに国産ひのきを使用しており、い草も国産のものを使っています。香りがよく、肌触りにもこだわっているので置くだけで部屋がリラックスできる空間になります。

家族川の字で眠れる広々とした畳ローベッド

家族みんなで川の字になって寝るとなると布団を並べて敷くスタイルが思い浮かぶかもしれません。畳ローベッドなら広々としているので、現在使っている布団をそのまま敷いて家族みんなで一緒に眠ることができます。ベッドなので通気性も良く毎日布団を畳む必要がありません。

まとめ

おしゃれな畳ベッドは小上がりスペースとして使えたり、家族並んで一緒に寝る寝室作りに役立ったりします。収納スペースの大きさや畳のカラーも選べるのでインテリアにこだわることも可能です。お気に入りの畳ベッドを選んで、おしゃれな寝室作りを楽しみましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  2. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  3. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

  4. セミダブルサイズは狭い?二人で寝るときのベッドサイズを解説!

  5. 【折りたたみすのこベッドの選び方】布団も干せるおすすめ6選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP