寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 398 view

1人寝に最適!マットレス付きセミダブルベッドの魅力と選び方

1人でホテルを予約する際「シングルベッドとセミダブルのお部屋がございます」と言われ、そういえば「セミダブル」ってなんだろう?と疑問に感じたことはありませんか?「ダブル」と付きますが実際は1人用ベッドとしてとても人気があり、ホテルだけでなく自宅でもセミダブルベッドを取り入れる方が増えているんです!今回はそんな「セミダブルベッド」の魅力とともにおすすめの商品をご紹介いたします♪

セミダブルベッドの魅力

セミダブルベッドは長さ約195㎝、横幅約120㎝の大きさの1人用のベッドのことを指します。そのためホテルの予約を1人でする際おススメされることがあるんです!ここからはセミダブルベッドの魅力についてお伝えしますね。

広々寝られる

デザインによって前後しますが、シングルベッドは長さ約195㎝、横幅約97㎝のベッドを指します。シングルベッドでも十分快適に横になれますが、セミダブルベッドは両手を広げて寝ることもできるくらい横幅がありますので、端を気にすることなく広々と寝られますよ♪

寝返りがしやすい

女性の肩幅は約40㎝なのでシングルベッドでも十分寝返りをうつことはできます。しかし、幅約120㎝のセミダブルベッドですともっと快適に寝返りを打つことが可能に!寝返りは体にとって良いことですので、寝返りがしやすいのは快眠につながりますね。

万が一の際は2人でも寝られる

基本は1人で寝ることを想定して作られていますが、1人暮らしのお部屋で友人が泊まりに来た際は2人でも寝ることができる広さになっています。コンパクトなお部屋に来客がよく来るという方には魅力的なサイズかもしれません。

マットレスの選び方

セミダブルベッドは快眠に繋がるサイズですので、是非マットレスにもこだわってみてください!中でも3つのマットレスのタイプをまとめました。

コイルタイプ

今まで布団で寝ていた方におススメなのは「ボンネルコイル」です。コイルを連結させた作りになっていて通気性が良いのが特徴。また、比較的硬めの寝心地になっています。

逆にコイルの中でも柔らかめがお好きな方には「ポケットコイル」がおススメです。独立したコイルそれぞれが布に包まれて配置されているタイプで体圧分散に優れています。

高密度スプリングタイプ

こちらもコイルタイプではあるのですが、コイルを高密度に配置したマットレスになっています。寝心地は硬めでベッドの柔らかさに違和感を感じる方でも比較的お使い頂きやすい硬さです。荷重分散性にも優れているため体重が重い方にもお使いいただけますよ。

高反発タイプ

良く枕の素材で目にする「ウレタンフォーム」タイプの物があり、自然な寝姿勢を作ることができるタイプです。また、体を包み込むような寝心地がありますので腰痛が気になる方にもおススメです。通気性があまりよくないので定期的にマットレスを立てたりして空気を通してあげるのもポイントですよ。

高反発でもマットレスを洗いたい!という方には「樹脂」タイプのマットレスがおすすめ。樹脂を水の中に流し込んで網目状に成形した物を使用。とても通気性が良いので日本の気候にあっているのも魅力ですね。比較的硬めのタイプが主流になっていますので体重が軽めの方におススメですよ。

セミダブルのベッドフレームの選び方

セミダブルベッドはワンルームでも使い勝手良くお使いいただけますのでフレーム選びも大切。ワンルームでもおススメなフレームをいくつかご紹介いたします。

お部屋スッキリ!ローベッド

コンパクトなお部屋に背の高い家具を配置すると圧迫感が出てしまいます。ベッドは存在感もありますので、背の低いタイプを選ぶと目線が下がりお部屋を広く見せることが可能です。またローベッド自体にはリゾート感がありますのでお部屋をリラックス空間にすることができますよ♪

1年中快適!すのこタイプ

1人暮らしですとマットレスをひっくり返したりして通気性を保つのがなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのがベッド床板がすのこになっているタイプです。通気性が良いマットレスを組み合わせることで1年中快適に寝ることができますよ。

お部屋広々!収納付きタイプ

セミダブルはシングルよりも面積を取りますので、収納タイプもおすすめ。また、収納家具を新たに買い足すお金もかかりませんので一石二鳥。広々快眠を手に入れながらお部屋もスッキリさせることが出来るのが収納付きタイプの魅力です。

フレームとマットレスセット購入の魅力

マットレスとフレームのイメージがつきましたら、是非セット購入を視野にいれてみてください。別々に購入するよりも様々なメリットがありますよ♪

手間が省ける!

セット購入する際はマットレスの特徴やフレームの特徴を1つのページで確認することが出来ますので、沢山のタブを見る手間を省けるのが1つの魅力。また、ベッド全体の予算で購入を検討することが出来ますので予算オーバーになることも防げますよ。

高さが配慮されている

フレームにローベッドを選びマットレスを薄いタイプにしてしまった場合、アンバランスなデザインになってしまいます。逆に高さのあるベッドを選んで高さのあるマットレスを選んでしまうと昇り降りが大変になってしまいます。ベッドは高さも重要なのでセット購入ではそういった高さへの配慮もされていますよ。

サイズがぴったり

枠組み内におさめるタイプと面の上に置くタイプなど様々なフレームがあります。特に注意したいのが枠組み内におさめるタイプです。フレームの内側のサイズに注意しながらマットレスを選ばないと、デザインによってはマットレスが入らない!という自体もでてきてしまいます。こういった事態を避けられるのもセット購入の良さです。

まとめ

今回はセミダブルベッドの魅力とともにマットレスとフレームの選び方もお伝えさせていただきました。シングルよりも大きくなる分セット購入で様々なメリットを得て、広々快適な睡眠に繋げてみてくださいね。

おススメの商品

ここからは広々快適な睡眠をサポートするおすすめセミダブルベッドのご紹介です!どの商品も魅力たっぷりなので是非ご覧くださいね♪

スッキリ収納でも省スペース 大容量チェストベッド

セミダブルベッドで広々ゆったり寝たいけれどワンルームだし…と考えている方におススメなのがこちらのベッドです。ヘッドレスタイプなのでお部屋をスッキリみせつつ大容量の収納を完備。畳約2畳分の収納力がありますので、お部屋の収納家具を減らすことができます。また深型タイプの引き出しがついているのも魅力ですね。ハイタイプのベッドなので高さに合わせたマットレスも取り揃えておりますよ。

収納充実のヘッドボード スライド収納付き_大容量チェストベッド

浅型と深型の引き出しをベッド下に完備。引き出しだけではなく長物収納ができるスペースもついているのでスーツケースや扇風機等も収納することができます。またホコリの侵入をしづらくした設計になっているのも収納スペースには嬉しいですね。スライド収納も完備いていますので本棚としてお使い頂くことも可能。また、ヘッドボードには棚と2口コンセントがついていますのでインテリアにこだわることも出来ますよ。マットレスも高さを合わせた物をセットでご購入いただけます。

シンプルデザイン 棚・コンセント付きデザインすのこベッド

シンプルなデザインの木目が印象的なセミダブルベッド。ナチュラルテイストにもモダンテイストにも合わせることができるので様々なお部屋の雰囲気にマッチします。ヘッドボードには棚と2口コンセントが完備されていますのでお好きなライトを置いたりして睡眠前のリラックス時間を満喫することができます。ベッド床にすのこを採用しているので通気性も抜群。一年中快適にお使いいただけます。こちらのローベッドに合わせたマットレスもセットでご用意しておりますのでお好きな寝心地をお選びください。

和室にも洋室にも シンプルモダンデザインフロアローステージベッド

ヘッドレスタイプのローベッドです。お色はお部屋に合わせやすい2色をご用意。シンプルモダンなデザインなのでラグジュアリー感を演出することができます。また、和室にも洋室にも合うようなデザインになっているのも魅力。様々なお部屋の雰囲気にマッチさせることができますよ♪水や耐久性に強い強化樹脂を使っていますのでお手入れも簡単。長くお使いいただけます。こちらもサイズに合わせた寝心地の良いマットレスをセットでお選びいただけますよ。

憧れの高級感 棚・コンセント付きツインすのこベッド

ご家族でベッドを繋げて寝たい!という方におすすめなのがシングルとセミダブルのセット。お子様が1人で寝られるようになったらシングルサイズをお子様へお譲りすることもできます。ベッド床下にはすのこを採用していますので通気性も抜群。ヘッドボードには2口コンセントと棚を完備していますので就寝前の読書の時間もご家族で楽しむことができますよ。それぞれのサイズに合わせたマットレスもセットでご用意しておりますのでサイズを間違える心配が減るのもポイントです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP