寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 694 view

狭い部屋にもセミダブルベッドを置きたい!折りたたみベッドのススメ

今シングルベッドをお使いの方で、寝返りを打つ際に狭く感じる方は多いのではないでしょうか?しかし一方で、「部屋が狭くて大きなベッドは置けない」「引っ越しが多いのでベッドを買い替えたくない」というお悩みを抱える方も多いと思います。

そこで今回は、そんな方向けにピッタリなセミダブルサイズの折りたたみベッドに焦点を当て、特徴やメリットを解説していきたいと思います!おすすめ商品もご紹介しますので、是非最後まで見ていってくださいね♪

セミダブルって具体的にどのくらいの大きさ?

まず、セミダブルとは具体的にどれくらいの大きさなのか、他のサイズと比較してみていきましょう!

シングルと比較

一般的なシングルベッドのサイズは、横100cm×縦195cmです。これは、畳1枚よりも少し大きいくらいのサイズ感と言われています。身長を考えると背の高い男性でも十分に感じますが、寝返りを打つ際の事を考えると少し物足りませんよね。

一方セミダブルベッドのサイズは横120cm×縦195cmで、シングルに比べ横幅が20cm長いことが分かります。寝返りを打っても、さらに20cmの余裕があれば十分広く感じますよね。

ダブルと比較

では、ワンサイズ上のダブルサイズと比較してみましょう。ダブルベッドのサイズは、横140cm×縦195cmです。セミダブルよりもさらに20cm長い事が分かりますね。140cmとなると、子供1人分程度の幅になりますので、1人で寝るには十分すぎる広さと言えるでしょう。寝心地はアップしますが、狭い部屋にダブルベッドを置くことはなかなか難しいですよね。

寝心地とスペース活用の両立ができるセミダブルベッドは、1人暮らしにおすすめのサイズであると言えます。

1人で寝るのに最適なサイズ

上述した通り、セミダブルは1人で寝るのに最適なサイズである事が分かりました。大きすぎず、小さすぎない絶妙なサイズ感で、寝返りを打っても余裕がありますので快適な睡眠を取る事ができます。小さいベッドにありがちな「ベッドからの落下」等の心配もなさそうですね♪

折りたたみベッドの特徴とメリット

ここまではセミダブルのサイズ感について説明していきました。下記では、狭い部屋にもセミダブルベッドを置きたいという方向けにピッタリな、折りたたみベッドの特徴とメリットについて解説していきます!

狭い部屋にも置ける

1点目は、狭い部屋にも置くことができるという点です。折りたたみベッドはその名の通り、2つ折りに折りたたみ収納しておく事ができます。日中使用しない際はたたんで壁際や家具の隙間に収納する事ができるので、これであれば狭い部屋にも置けそうですよね!

また、ベッド特有のフレームがないためコンパクトな設計になっており、置いた際もスペースを取りません。

持ち運びがしやすい

2点目は、持ち運びがしやすいという点です。折りたたみベッドの場合、脚にキャスターがついているものがございます。引っ越し時、通常のベッドですとフレームの解体作業が必要で中々手間がかかりますよね。折りたたみベッドであれば2つ折りにしてキャスターで転がし移動させる事ができるので、女性の方でも簡単に扱う事ができます。

デザインがシンプル

3点目は、デザインがシンプルという点です。ヘッドボードやフレームが無い分コンパクトになっており、見た目もシンプルです。狭い部屋にベッドを置くと圧迫感が出がちですので、折りたたみベッドのようなシンプルなデザインのものを合わせる事で、お部屋を広くみせる事ができますよ♪

セミダブルサイズの折りたたみベッドはこんな人におすすめ!

では、セミダブルサイズの折りたたみベッドはどんな方におすすめなのか、下記でご説明します!

狭い部屋に大きなベッドを置きたい方

上述した通り、セミダブルサイズを狭いお部屋に置くのは中々難しい面があります。しかしコンパクトに収納する事ができる折りたたみベッドを選ぶことでこの悩みを解決する事ができますよ♪狭い部屋の場合は、折りたたみベッドの中でも色味が明るいものや、高さの無いロータイプのものを選ぶと良いですよ!

引っ越しの多い一人暮らしの方

仕事の関係で転勤が多く、頻繁に引っ越しが発生する方もいらっしゃいますよね。折りたたみベッドはそんな方に最適なアイテムです!ベッドのサイズが大きくなるほど、引っ越しの際の運搬作業は大変になりますが、折りたたみベッドであれば一人で十分対応する事ができますよ。

ベッドの衛生面が気になる方

折りたたみベッドの特徴として、折りたたんだ際に床板を天日干しできたり、床板を利用して布団やマットレスを干せたりする事ができるという点も挙げられます。高温多湿な日本の気候にはピッタリですよね♪

特に夏や湿気の多い季節はカビが発生しやすくなります。衛生面が気になる方は、是非折りたたみベッドを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの折りたたみセミダブルベッド

ここからは、おすすめの折りたたみセミダブルベッドをご紹介していきます!どれも機能性が高く、便利な商品ばかりですので是非チェックしてみてくださいね♪

丸めてコンパクトに収納

まずは、収納と持ち運びに最適な、丸めて収納することができるロールタイプのすのこベッドをご紹介します!

丸めてコンパクトに収納できる ロール桐すのこベッド

こちらは、軽くて湿気に強い点が特徴の桐を使用したすのこベッドです。ロールタイプになっているので、使わない際や引っ越しの際は丸めて移動させることができます。ストッパーが付いているので、勝手に開いてしまうという心配もございません。一般的なすのこベッドに比べ高さが5cmと高めになっており、抜群の通気性を誇ります。太めの支点で体をしっかりと支えるので、寝心地にも自信のあるアイテムとなっております!

折りたたみ式で持ち運び楽々

次に、2つに折りたたんでスタンドさせておくことができるタイプをご紹介します。

スタンド式でラクラク室内干し 通気孔付きスタンド式すのこベッド

こちらは、付属のストッパーが付いたスタンド式のすのこベッドです。特に衛生面に焦点を当てており、床板のすのこには「通気孔」が付いており、通常のものよりも高い通気性を誇ります。スタンド式なので床板だけではなく、布団やマットレス、カバー等も一緒に干すことができます。梅雨の時期でも室内干しができるのは嬉しいですよね。ベッドの衛生面が気になる方におすすめですよ♪

布団を湿気や結露から守ってくれる 檜仕様四つ折り式すのこベッド

こちらは、4つ折りタイプのすのこベッドです。2つ折りよりもさらにコンパクトに収納する事ができますよ♪同じくスタンド式で、3ステップの簡単な作業で立てたり折りたたんだりすることができます。愛媛県産のひのきを使用しており、その耐荷重は約180kgとなっております。ひのき特有の抗菌作用や防臭効果で衛生面も心配ありませんし、断熱効果等もございますので、快適な睡眠を取ることができます。

素材にこだわって高い吸湿性を

最後に、吸湿性に特化した折りたたみベッドをご紹介します。

1年中湿気から守る 天然桐材二つ折りすのこベッド

こちらは吸湿性に特化したすのこベッドです。天然桐材を使用しており、断熱効果や調湿効果がございますので、オールシーズン快適にご利用いただけるアイテムとなっております。また、低ホルムアルデヒド仕様になっているため、小さなお子様でも安心してご利用いただけますよ!今お使いの布団を使い続けたいという方は、是非チェックしてみてくださいね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では、セミダブルサイズの折りたたみベッドに焦点を当て、特徴やメリットを解説していきました。狭い部屋に大きなベッドを置きたいという方やお引越しが多い方は、是非折りたたみベッドを検討してみてくださいね♪この記事を、今後のお部屋づくりの参考にしていただけると幸いです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  2. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  3. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

  4. セミダブルサイズは狭い?二人で寝るときのベッドサイズを解説!

  5. 【折りたたみすのこベッドの選び方】布団も干せるおすすめ6選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP