寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 8525 view

介護ベッドの値段はどのくらい?おすすめの機能は?

介護ベッドに今まで縁がなく、初めて介護ベッドを買うという方もいらっしゃいますよね。この記事では、介護ベッドの値段はいくらくらいするのか、どのような機能が必要なのかを紹介します。最後におすすめの介護ベッドも紹介していますので、選ぶのに困っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

介護ベッドの値段の相場は?

介護ベッドを買うときに気になるのはやはり値段ですよね。相場はいくらくらいなのでしょうか?

モーター数による値段の相場

介護ベッドにはモーターが搭載されており、ベッドの高さを調節できたり体勢を変えるサポートをしてくれたりします。ベッドに搭載されているモーター数の違いによって、値段も異なってきます。

1モーター

1モータータイプは、高さ調節機能のみのタイプ、背上げ機能のみのタイプ、背・ひざ上げ連動タイプなどがあります。値段の相場は20万円前後です。

2モーター

2モータータイプは背上げとひざ上げの連動操作ができたり、高さ調節ができたりします。値段の相場は1モータータイプよりも上がり30万円前後です。

組み立て料や送料も確認を

購入するときにはベッドの値段以外にも組み立て料や送料がかかる場合があります。総額でいくら必要なのかは確認しておきましょう。特に介護ベッドは、通常のベッドフレームよりもパーツが多く組み立て方法も複雑なので、プロに任せて安心できる組み立てサービスの利用をおすすめします。

シーツ類などの寝具もそろえよう

シーツ類など交換が必要なものに関してもいくつか揃えておきましょう。

ズレにくい フランスベッド社製 電動リクライニングベッド用寝具3点セット

ボックスシーツ、枕カバー、ベッドパッドの3点セット。シーツは縦にも横にも伸縮するので電動ベッドのマットレスにもピッタリとフィットします。背もたれが起きてもずれ落ちにくい枕カバーはシーツと同じく抗菌防臭加工済み。速乾タイプのベッドパッドは汚れても丸洗い可能です。

介護ベッドにあるといい機能とは?

続いては、介護ベッドにあるといい機能について紹介します。

簡単リクライニング機能

なんといっても簡単にリクライニングできる機能は必要ですね。手元のリモコンボタン1つで操作できれば高齢の方でも簡単にリクライニングができます。

夜起きたときにも安心!照明付き

トイレなどで夜中に起きたときに、部屋が真っ暗だと不安になりますよね。ベッドに照明がついていれば、枕元から明るく部屋を灯してくれるので暗闇を歩く心配もなくなります。

衣類を入れておくのに便利!収納付き

収納付きのベッドは重宝します。ベッド下に衣類やリネン類を収納できれば、着替えの時にもわざわざ洋服を取りに行く必要もないですし、シーツや枕カバーの取り換えも楽になります。

介護ベッドの付属品のおすすめは?

介護ベッドにあるといい機能の他にも、あると便利な付属品があります。ここでは3つの付属品を紹介します。

ベッドサイドテーブル

ベッドサイドテーブルは、食事をするときや本を読むときなどに必要です。ベッドに合わせて購入しておきたいものの1つです。高さを変えることができる昇降機能付きの商品がおすすめですよ。

ハンドバー

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500041034_g_0002_m.jpg です

ハンドバーはベッド横に設置することで、自力での起き上がりをサポートしてくれます。マットレスのずれ予防にもなるので、あると便利です。

ベッドパッド

ベッドパッドはマットレスが汚れてしまうのを防止する作用があります。また、使用することで床ずれ予防や寝心地の改善にもつながります。自宅で洗濯可能なものを選ぶと良いでしょう。

体を預ける部分だから、マットレス選びにもこだわろう

介護ベッドを使用する側からすると、長時間体を預ける場所なので寝心地も大切です。マットレス選びには慎重になりたいものですね。

マットレスの素材による違い

マットレスに使われている素材の違いによって寝心地が左右されます。それぞれの特徴について説明していきます。

高密度連続スプリング

腰が沈まず寝姿勢を維持できるのが特徴です。通気性が良く、マットレスの耐久性があります。へたりにくいので年月が経っても寝心地が変わりにくいのがうれしいポイントです。

ウレタン

ウレタン素材は柔らかすぎず硬すぎず、適度な反発力があります。自分で寝返りを打てる人にとっては最適です。

ポケットコイル

体圧分散性に優れ、体のラインに沿ってフィットしてくれるのが特徴です。体が疲れにくいので長時間の睡眠にも向いています。

まとめ

介護ベッドはベッドの機能やデザイン、モーター数の違いによって値段が異なります。介護する側にもされる側にも必要な機能が備わったベッドを選びたいですよね。照明や収納がついたベッドは使い勝手がいいですし、サイドテーブルやベッドパッドなどの付属品を合わせることでより介護ベッドが使いやすくなります。長時間いる場所だからこそマットレスにもこだわって、快適に過ごせる環境をつくっていきましょう。

おすすめの商品

充実したシニアライフを 棚・照明・コンセント付き電動ベッド

木製のフレームを使用し、介護ベッドとは思えないインテリア性の高い作りになっています。ヘッドボードには小物入れや照明、コンセントが付いています。1モーターなら背上げと背脚連動機能がついており、起き上がる時の補助や食事の時に角度調節が可能です。2モーターならさらに脚上げのみも可能で、腰痛持ちの方やむくみを軽減させたい方におすすめです。

インテリア性の高い心地良い空間 シンプル電動ベッド

シンプルなデザインで、和室にも洋室にも合わせやすい電動ベッドです。リクライニングは1モーターか2モーターから選択。床板の高さを4段階に調整できるので、腰を掛けた時の高さを使われる方に合わせることができます。カラーも爽やかな印象のライトブラウンと重厚感のあるダークブラウンから選択可能です。

2モーター電動リクライニングベッド 片面マットレスセット

1ランク上のくつろぎを得たい方におすすめの2モーターの電動リクライニングベッドです。背上げと脚上は別々の動作で調節可能なので、好みの体勢で過ごすことができます。高密度連続スプリングを使用したマットレスは腰が沈み込みにくく寝姿勢をキープしてくれます。組み立て設置無料なのもうれしいポイントですよ。

棚・照明・コンセント・引出し収納付き電動ベッド
1モーター

ベッドもソファも収納も、これ1つで解決してしまうオールインワンベッドです。たっぷり入る引き出し収納、夜起きても安心の手元照明、リモコンで簡単リクライニング、サイドガード2本付き、欧米への出荷実績豊富な静音設計のモーターなど充実の機能。オプションで専用昇降テーブルも選べます。

いつもずっと快適 新構造エアーマットレス ライト

湯たんぽもOKで年中使用可能、驚異の復元率95.9%でへたりにくく、2200gと軽量で丸洗い可能な万能エアーマットレスです。夏は通気性がよく涼しくて蒸れない、冬は湯たんぽや電気毛布と合わせて使用可能で熱を逃がしません。このエアーマットレスを使うことで、寝心地の改善やマットレスの汚れ防止に役立ちますよ。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP