寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 450 view

シングルベッドを楽しもう!フレーム選びのコツ教えます♪

シングルベッドを買い替える際「どんなベッドにしよう」とワクワクしますよね♪しかし、シングルベッドのフレームは沢山あり、見ているうちにどれがいいのか分からなくなってしまったり…。そんな時参考にしていただきたい、フレーム選びのコツをご紹介いたします!コツをおさえて選べば「本当に欲しい」シングルベッドフレームに出会うことができますよ!

シングルベッドを購入する前に

シングルベッドを購入する前に確認していただきたい3つの項目をピックアップ。この3つはとても大切なので、選ぶ際はお手元にメモを置いておくと◎。

シングルベッドのサイズ

シングルベッドの基本的なサイズは、幅約100cm×長さ約195㎝となっています。1畳より少し大きいサイズ感です。デザインによって長さや幅が多少変わってきますが、基本的なサイズ感として頭に入れていただけるとお部屋でのイメージが付きやすくなりますよ。

シングルベッドの配置位置

お部屋のどこにシングルベッドを配置したいかによって、ベッドのデザインが変わってきます。例えば収納機能付きの場合、引き出しの位置が大切です。ベッドの配置位置によっては「引き出しが開かない!」なんてことが出てきてしまいます。お部屋の配置位置はベッドを選び始める前に決めておきましょう。

寝室家具との距離感

ベッドと寝室家具の導線によって、ベッドが置けるかどうかも変わってきます。収納機能付きのベッドを選ぶ場合、他の家具と接触しない位置に配置する必要があります

また、ベッドと壁の間は5~10㎝空けることが理想的。シーツの取り外しがしにくくなったり、通気性が悪くなる原因になるからです。ベッドと家具の導線をきちんと把握しておきましょう。

シングルベッドの種類

購入前の確認事項を頭に描けたら、どんなシングルベッドフレームが良いのか考えたいですよね。ここからはフレームの主な種類をご紹介いたします。

ベッド

シンプルにベッドの機能のみが付いたフレーム。ベッド機能のみなので、マットレスにこだわりたい方や、寝室は寝ることしかしない!という方におすすめ。また、組み立てがしやすいのも特徴ですね。

ソファベッド

日中はソファとして、夜はベッドとして使えるタイプです。こちらはソファの座面部分等がマットレスの役割を果たす為、マットレスを買う必要がありません。また、省スペースでベッドとソファを置けるのが魅力的な商品です。

多機能ベッド

ベッドに収納や照明が付いた、ベッド以外の機能がついたタイプです。こちらは本当に様々な機能がついているフレームが多くあります。ベッドで睡眠以外の過ごし方も満喫したい!という方には魅力が詰まったフレームですよ。

フレーム選びのコツ

主な3つのフレームの種類で、どんな過ごし方がしたいか想像できましたでしょうか?どのベッドフレームがぴったりか考えられたところで、フレーム選びのコツをお伝えしたいと思います!

お部屋の雰囲気

ベッドを置くお部屋の雰囲気に合わせたフレームを選びましょう。お部屋の中でベッドはかなりのスペースを割く家具です。そのため、目につく家具の1つでもあります。その家具がお部屋の雰囲気に合っていたら、より一層素敵な空間になりますよ。

ナチュラルテイストのお部屋には木の風合いが楽しめるベッドがおすすめです。その中でも多機能ベッドのチョイスが◎。インテリアにもこだわれますのでお部屋のテイストを楽しむことができます♪

可愛い雰囲気がお好きな方にはソファベッドもおすすめ。様々な色の展開がございますので、ソファベッドの柔らかさと色合いで女性らしい可愛さを演出できますよ。是非、お部屋の雰囲気にあうフレームを想像してみてくださいね。

寝室での過ごし方を考えて

寝室での過ごし方もポイントの1つ。寝室で寝るだけならシンプルなベッドにして、マットレス等にこだわりたいものです。逆にベッドで趣味の読書をしたり音楽鑑賞をしたい!という方には多機能ベッドがおすすめになってきます。寝室で「どんな過ごし方をしたいのか」と考えてみると、ベッドフレームに求める物が変わってきますよ。

お部屋の間取りを考えて

お部屋の間取りによって、フレームのデザインが変わってきます。収納機能つきの場合、収納部分の開閉にも関わってきます。

また、お部屋の位置によって長さ195㎝がはまらない場所もあるかもしれません。その場合シングルベッドでも、伸縮可能なフレームやショート丈のベッドを選べばきれいに収まる場合もございます。

特に、変形のお部屋にお住まいの方は、是非サイズを測ってからフレーム選びを始めてみてくださいね。

お部屋の間取りによって、フレームのデザインが変わってきます。収納機能つきの場合、収納部分の開閉にも関わってきます。また、お部屋の位置によって長さ195㎝がはまらない場所もあるかもしれません。その場合シングルベッドでも、伸縮可能なフレームやショート丈のベッドを選べばきれいに収まる場合もございます。特に、変形のお部屋にお住まいの方は、是非サイズを測ってからフレーム選びを始めてみてくださいね。

タイプ別!シングルベッドの選び方

フレーム選びのコツ、いかがでしたでしょうか。コツをおさえても「どんなフレームがいいかわからない」という方は、ここからタイプ別のおすすめフレームをご紹介させていただきます。当てはまる項目から、フレーム選びを始めてみてくださいね♪

物が多いorワンルームにお住まい

物が多い方や、ワンルームにお住まいの方には収納機能付きのベッドがおすすめです。ベッドのスペースに収納場所も設けることができるので、一石二鳥。大容量の収納機能付きをチョイスすれば、他の収納家具は必要なくなるかもしれません。

また、ロフトベッドもおすすめです。ベッド下に家具が置けるタイプや、クローゼット並みの衣類収納を完備したものまであります。今のお悩みを解消できるタイプが見つかりやすいアイテムですよ。多機能ベッドのコストだけで家具もついてきますので、家計にも優しいベッドです♪

この先家族が増えるかも

この先、結婚の予定がある、子供が生まれる予定がある…などライフプランが変わる方。そんな方におすすめなのが、連結タイプのベッドです。シングルベッドを連結すれば広々としたベッドに早変わり。ご家族が増えた後、シングルベッドを1点追加することで皆様でお使いいただけます。先を見据えた使い方ができるベッドがおすすめですよ。

来客が多い方&家族が多いご家庭

来客が多い方におすすめなのが、ソファベッドや多機能ベッド。ソファベッドは日中ソファとしてお使いいただきつつお部屋の圧迫感を減らすことができます。

多機能ベッドの場合、机や収納がついている物を選べば、空間の有効活用が可能に。空いたスペースでお客様とお茶をしたりすることができますよ。

家族が多いご家庭には親子ベッドがおすすめです。添い寝が必要な時期を過ぎても、分割したり二段ベッドにして使えるような作りになっています。そのため、一度の購入で長くお使いいただけるのが魅力。先を見越してシンプルなデザインになっている物が多い特徴もあります。成長してからも使えるように様々な計算がされていますので、安心してお使いいただけますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。シングルベッドフレームは本当に沢山の種類があります。その中からいきなりピンとくるフレームを探すのは至難の業。是非、お伝えしたコツを押さえてから探し始めてみてください。きっと素敵なシングルベッドフレームとの出会いがありますよ♪

おすすめの商品

ここからは、おすすめのシングルベッドフレームをご紹介いたします。どのフレームも「こんなフレーム欲しかった!」と思っていただける特徴が詰まっています!是非ごゆっくりご覧くださいね。

低さから生まれる余裕 ショート丈棚・コンセント付フロアベッド

お部屋が狭い、間取り的にベッドが置けない…そんな方におすすめのベッドフレームです。通常のシングルベッドの長さよりもー15㎝で作成されたショート丈ベッド。ショート丈ではあるものの、女性が寝るには嬉しいサイズ感です。また、棚とコンセント付きなのも魅力の1つ。ショート丈に合わせた寝具もセットでご用意しておりますので、寝具のサイズに迷うことなくお使いいただけますよ♪

ずっと使える2段ベッドにもなるベッド フルガードタイプ

2台のシングルベッドを連結させると、幅204㎝のワイドキングサイズに早変わり。ご家族が多いご家庭に特におすすめの商品です。添い寝が必要なご年齢まではご家族皆様で、お子様が成長されたらシングルベッドとしてお使いいただけます。買い替える手間もコストもおさえられる、家計に優しいシングルベッドフレームです♪

ピッタリ コンパクト・ショート丈チェストベッド ヘッド付きタイプ

大容量の収納を完備したショート丈のシングルベッドです。クローゼット程の容量がありますので、コンパクトなお部屋にお住まいの方でも安心してお使いいただけますよ。スリムなフレームですが、棚とコンセント付き。寝室で音楽を聴いたり、アロマディフューザーを使ったりなど、リラックスタイムを満喫できる商品です♪

お部屋の圧迫感なく、子供たちにそれぞれにベッドを。 親子ベッド

来客が特に多い方におすすめのベッドです。使用しない際は上段フレーム下に下段を収納することができますので、お部屋を広々お使いいただけます。キャスター付きベッドを使用なくなった際は収納スペースとしてお使いいただける作りになっていますので、長い間お使いいただけますよ♪ベッド床にはすのこを採用しておりますので、通気性も安心な商品です。

ベッドもデスクも両方ゲット 3段可動デスク&コンセント宮棚付きロフトベッド

ベッドもデスクも兼ねそろえた多機能ロフトベッド。お引越しが多い方やワンルームにお住まいの方におすすめ。デスクの高さは3段階に調整可能なので椅子に合わせることができます。デスクの広さはベッドの長さ分ございますので、お仕事で使う際も安心。棚とコンセントもついているので、就寝前のリラックスタイムも充実させることができますよ。

大人可愛い 2style×2wayデイベッド

ロートイアンのデザインが女性らしい可愛さを演出してくれるソファベッド。日中はソファとしてお部屋を広々とお使いいただけます。夜は通気性にこだわったベッド床で一年中快適に。お色はホワイトとブラックの2色展開なので、お部屋のテイストに合わせてお選びいただけますよ。ベッド下には収納スペースも完備していますので、可愛さ・収納スペース・ソファ3つが兼ねそろった素敵なソファベッドです♪

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  2. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP