寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 6855 view

話題の畳ベッドとは?畳の効果とおすすめポイントを解説

みなさんは「畳ベッド」ってご存知ですか?畳ベッドは床板部分に畳を使った、お布団派には嬉しいベッドです。

畳ベッドは気になるけど、正直なところどんなメリットがあるの?と疑問に思う方も多いかもしれません。

そんな方のために、今回の記事では畳ベッドの基本・選び方のポイント・BED STYLEおすすめのベッドまでご紹介していきます。

畳ベッドって何?

古くから日本人の生活に深い馴染みがある畳。そんな安心感のある素材を床板に使ったベッドに寝転ぶと、落ち着いた気持ちでリラックスできます。

多くのベッドはマットレスの使用を前提に作られていますが、畳ベッドでは布団を使うのが一般的です。

こんなにたくさん!?畳の効果

効果①:心地良い肌触りと香り

畳の原料である「い草」は、弾力のある肌触りとリラックス効果のある特有の香りを持っています。日本人にとっては、懐かしく清々しい、とても心地良いと感じる肌触りと香りです。

効果②:高い断熱性と保温性

畳は空気をたくさん含んでいるため、熱伝導率が高く熱を伝えにくいのです。冷たい空気を通さず、暖かい空気をたくわえる性質があります。

効果③:吸放湿性に優れる

い草には湿気をコントロールする性質があります。湿度の高い夏は湿気を吸い込んで涼しくし、湿度の低い冬は湿気を放出して暖かくしてくれます。高温多湿の日本の気候風土に最適です。

効果④:消臭効果、空気浄化

人体に悪影響を及ぼす二酸化窒素やVOC(揮発性有機化合物)を吸着し、空気をキレイにしてくれる働きも。消臭効果もあり、快適に過ごせるお部屋を作ってくれるんですよ。

効果⑤:吸音・遮音効果

弾力があるので、衝撃をやわらげて音を吸収します。寝返りの音などで目覚めてしまう心配はありません。

畳ベッドのメリット

メリット①:身体の負担を減らす

布団を畳や床に敷く場合だと、起き上がりが大変ですよね。毎日の動作なので手首や膝に大きな負担がかかってきます。しかし高さのあるベッドなら立ち座りがラクラク。
また、布団の上げ下ろしの際も腰への負担を減らすことができますよ。

メリット②:ホコリを感じにくい

ホコリは床上約30cmに溜まると言われています。一般的な畳ベッドは高さ40~45cmなので、ホコリを吸い込む心配がなく衛生的。アレルギーのある方も安心です。

メリット③:布団が使える

床板自体にほどよい弾力があるので、ベッドが体圧を分散。体荷重が腰まわりにかかりやすい布団でも自然な寝姿勢を保つことができます。マットレスを新たに用意しなくても、お手持ちの布団が使えます。

メリット④:和室がなくても和を楽しめる

洋風の間取りが一般的になった現代でも、和の癒し効果を感じたい。そんな和インテリアを手軽に楽しめるのが畳ベッドなんです。

メリット⑤:小上がりになる

ベッドとして使わないときは布団を上げて、小粋な和の小上がりに。家族が集まるリラックススペースとして使うことができます。
逆に普段は小上がりとして、来客時にベッドとして利用するという使い方もできますよ。

メリット⑥:収納として活用できる

床下を収納として活用できれば、ベッドが邪魔…なんてことはもう思えませんよね!ベッドならではの嬉しい活用方法です。

畳ベッドを選ぶポイント

ポイント①:畳の産地

外国産の畳は安価で手に入りやすいのですが、輸送過程のトラブル等から傷みやすい傾向にあります。せっかく快適な睡眠を得るために畳ベッドを選ぶなら、高品質な国産の畳を使ったものがベターです。

ポイント②:ベッドの高さ

人間が立ち座りしやすい高さは約40cmですが、小柄な方には少し高く感じることも。高さが合わないと逆に身体への負担が大きくなってしまう恐れがありますので、使う人に合った高さのベッドを選びましょう。

ポイント③:機能

同じベッド下収納でも、畳を外す床下全面収納タイプ・引き出しタイプ・跳ね上げタイプがあります。収納するものに合わせて選ぶといいですね。
また、ヘッドボードがあるとちょっとした小物を置いたり、コンセント付きだとライトが置けたりスマホの充電ができるので便利ですよ。

おすすめの商品

BED STYLEからおすすめの畳ベッド3つを厳選しました!

おすすめの畳ベッド①

小粋な和の寝室を モダンデザイン畳収納ベッド(セミダブルベッド)

ヘッドレスタイプはすっきりとしていて、小上がりとしての見栄えもいいですね。出し入れしやすい引き出しタイプの収納付き。

おすすめの畳ベッド②

癒しの和空間 布団が収納できる棚・コンセント付き畳ベッド (ダブル)

コンセント付きヘッドボードが付いた実用的な畳ベッド。床下前面収納タイプで、布団や使用頻度の低い大きな荷物をたっぷり収納できます。

おすすめの畳ベッド③

使う人に合わせて考えた 棚・照明・コンセント付畳ベッド (セミダブル)

3段階の高さ調節が可能な畳ベッドはいかがでしょうか。ヘッドボードには引き戸付きの棚、照明、コンセント付きと、機能盛りだくさんでとても便利。

まとめ

最後に本日紹介したことを簡単におさらいしておきましょう。

  • 畳ベッドとは:床板が畳になっているベッド
  • 畳の効果:心地よい肌触りや香りだけではなく、高い断熱性・保温性・吸湿性のお陰で快適に過ごせる。消臭効果や遮音効果もある。
  • 畳のメリット:洋室にも合うデザインで、収納スペースや小上がりとして使える。布団をそのまま使うことができ、布団よりも起き上がりが楽。
  • 畳ベッドを選ぶポイント:畳の産地、ベッドの高さ、ベッドの機能

畳ベッドは、現在布団を使っている方はもちろん、和モダンな寝室づくりをしたい方にもおすすめのベッドです。

ぜひ畳ベッドであなただけの理想の寝室をつくってみてください。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  2. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  3. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

  4. セミダブルサイズは狭い?二人で寝るときのベッドサイズを解説!

  5. 【折りたたみすのこベッドの選び方】布団も干せるおすすめ6選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP