寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 1414 view

寝室が広く使える!ダブルサイズのローベッドフレームを選ぼう

限られた部屋のスペースでも大きめのベッドを置いてゆっくり寛ぎたいものです。ダブルサイズのベッドは広々と眠れる1人暮らしの憧れのベッドですが、ついついスペースをとってしまうからと敬遠しがちです。寝室が広く使えて快適に眠れるダブルサイズのローベッドフレームについてご紹介します。

ダブルサイズのベッドとは

1人用のベッドといえばシングルベッドがおなじみですが、ダブルサイズのベッドも実は1人用のベッドとして作られたものです。ダブルサイズのベッドの特徴や購入時のチェックポイントについて詳しくご紹介します。

1人でゆったり眠れるサイズのベッド

ダブルサイズのベッドは1人用の「シングル」に対して「ダブル」なので2人用と思われがちです。しかし、実際はダブルサイズのベッドはホテルのシングルサイズとして採用されることが多いベッドです。シングルベッドの幅が97cmに対してダブルベッドは140cmあります。手を広げて気持ちよく寝返りできるのはシングルベッドよりもダブルベッドの方が適しています。

また、小学生未満の子供と大人の2人で眠る場合にも十分な広さがあります。

部屋は6~8畳あると安心

ダブルベッドは幅140cm、長さは標準の長さだと195cmあるのである程度の部屋のスペースが必要です。寝室の広さとしては6~8畳あると安心です。部屋の形状やドアの開閉方向によっては8畳以上ある方がリラックス空間として使える場合もありますので、購入前には確認しましょう。

搬入経路に問題ないか確認

ダブルベッドは幅があるため、搬入経路に問題ないか確認することをおすすめします。急な階段や曲がり角があるとベッドフレームやマットレスが曲がり切ることができなくて搬入を断念しなければならないケースがあります。

近年は圧縮された状態で搬入できるマットレスがありますが、賃貸の場合はいずれにせよ移動が必要になる可能性が高いので、ダブルベッドが通るだけの余裕があるかどうかチェックしましょう。


ローベッドとは

置くだけでも圧迫感があるダブルベッドですが、ベッドフレームをローベッドタイプにすると部屋が広く見えると人気があります。限られたスペースであってもダブルサイズのベッドを置きたいという方におすすめのローベッドについてご紹介します。

高さ20cm以下の低いベッド

ローベッドは高さが20cm以下の低いベッドです。一般的な高さのベッドが立ち上がったり座ったりしやすいのに対して、ローベッドは大人が腰掛けると低いという印象を受けることが多いです。高さが低いので寝ている間に子供が転がり落ちてもそれほど心配する必要がなく安全です。

部屋が広く見える

ベッドを置くことで感じられる圧迫感の大きな原因はその高さにあります。そのため、部屋に置くベッドの高さを低くすることでベッドの上や周りの空間にゆとりが生まれるので部屋が広く見えます。家に収納スペースが非常に少なく、ベッド下を収納スペースにしたいというわけでなければローベッドは落ち着いた雰囲気にもできるためおすすめです。

他の家具も低めにするのがおすすめ

部屋に置くダブルベッドをローベッドにするのであれば、周りの家具も低めにすると統一感が生まれます。寝ているときも寝ている場所だけ低くて周りに背の高いテーブルや棚などがあると落ち着きません。全体的に高さをある程度揃えることで安心感につながりますし、まとまりのあるインテリアを実現させることが簡単になります。

ダブルサイズのローベッドフレームを選ぶ

ダブルサイズのローベッドフレームを寝室に取り入れると、部屋を落ち着きのある空間にしやすくなります。スペースに制限がある場合もローベッドを置くことで通常の高さのベッドを置くよりも広く見えます。ダブルサイズのローベッドフレームの選び方についてご紹介します。

ヘッドボードの有無

ダブルサイズのローベッドフレームを選ぶ際は、ヘッドボードの有無を決めましょう。ヘッドボードがあると、身の回りの小物を置いたりコンセントでスマートフォンの充電をしたりすることができます。

しかし、ヘッドボードがあるとベッドの全長が10~15cm長くなってしまいます。できる限り部屋を広く見せながらダブルベッドを置きたい場合はヘッドボードがないベッドを選ぶことをおすすめします。

機能性

ベッドは部屋の中でも一番大きな家具になることも多いです。そのため、ベッド下のスペースはなるべく有効活用したいと考える人もたくさんいます。ダブルサイズのローベッドを置く際は機能性を重視するのもおすすめです

お掃除ロボットが入るぐらいの高さがあるかどうかや、ローベッドでもベッド下やヘッドボードなどに収納機能がついていないかなどをチェックしてみてください。

折りたたみ式すのこベッドも

置いたままにすると常に一定のスペースがベッドで占領された状態になります。しかし、折りたたみ式のすのこベッドなら日中使わないときに立てておいて、空いたスペースで友達とお茶をしたりヨガなどの趣味の時間を過ごしたりすることができます。折りたたみ式のすのこベッドなら折りたたむだけで布団干しも可能なのでとても便利です。

おすすめのダブルサイズのローベッドフレーム

ダブルサイズのローベッドフレームは、部屋のスペースを有効活用できて1人暮らしにおすすめです。床に設置したままのダブルベッドもありますが、折りたたんでコンパクトに収納できる折りたたみすのこベッドもあります。おすすめのダブルサイズのローベッドフレームをご紹介します。

機能性抜群のシンプルフロアベッド

ローベッドといえば収納スペースがかなり少なくて、1人暮らしで収納が少ない部屋の人にとっては通常の高さで床下が丸ごと収納スペースになるベッドの方が魅力的に映ります。こちらのベッドは引き出し2杯がついたフロアベッドになっています。フレームが二重構造になっていて、太いスチール部材でしっかりと支えるためとても丈夫です。

ヘッドレスですっきりまとまるデザインすのこベッド

おしゃれなインテリアにこだわりたい人におすすめのヘッドレスのすのこベッドです。耐荷重600kgもあるこちらのベッドは圧倒的な頑丈さできしみ音もほとんどありません。床板も10mmのものが多い中で25mmもあります。また、ベッドの脚も太さ50mmもあってしっかりと支えてくれるので安心です。

上質な雰囲気を演出するレザーデザインベッド

ラグジュアリー感を感じさせてくれるベッドの素材といえばレザー。ふっくらとした背もたれヘッドボードがついたレザーデザインベッドは、ベッドを寛ぎの空間としても使うことができます。モダンライトとの相性も抜群なので、寝室をおしゃれにまとめたい人におすすめです。

好きな場所に置ける!可動棚付きフロアベッド

ヘッドボードに可動棚がついたフロアベッドです。ベッドフレームには木目が美しいウッドフレームが採用されていてナチュラル、ホワイトウォッシュ、ブラウンの3種類から選ぶことができます。マットレスをフレーム内に落とし込むタイプでサイドフレームに余裕があるので通常のフロアベッドよりもさらに部屋が広く見えます。

通気性に優れた折りたたみ式すのこベッド

究極のローベッドとしておすすめなのが、折りたたみ式すのこベッドです。敷布団が良いけれど万年床になってしまうという人も1枚すのこを敷いておくだけでしっかり湿気対策を行うことができます。すのこには断熱効果と保温効果、調湿効果を持ち合わせている桐を採用していて、抗菌防虫対策にも役立ちます。

まとめ

ダブルサイズのローベッドは、寝室を落ち着きのある広々とした空間に見せるためにぴったりのベッドです。1人暮らしでベッドを諦めかけていた人も、ダブルサイズのローベッドなら寝返りもできてゆとりある寝室にすることができます。ダブルサイズのローベッドでワンランク上の快適な寝室づくりにチャレンジしましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  2. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  3. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

  4. セミダブルサイズは狭い?二人で寝るときのベッドサイズを解説!

  5. 【折りたたみすのこベッドの選び方】布団も干せるおすすめ6選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP