寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 5901 view

昼はソファー、夜はベッドに!広々したキングサイズのソファーベッド

寝室にベッドを置くとそれだけで多くのスペースをとってしまいがちです。特に家族で川の字になって眠れるキングサイズのベッドは、ベッド分のスペースがベッドのためだけに使われているのは何だかもったいない気もします。昼はソファー、夜はベッドとして使えるキングサイズのソファーベッドをご紹介します。

キングサイズベッドとは

キングサイズのソファーベッドは、日中と夜で使い方が変わるのでタイミングに応じて部屋の使い方も変化させることができます。そんなキングサイズのソファーベッドをご紹介する前にキングサイズのベッドについて詳しくご紹介します。

大人2人が広々と眠れるサイズ

キングサイズのベッドは、幅が180cmほどあります。メーカーによって幅がまちまちですが、だいたいシングルベッド2台分と思っておくと良いでしょう。キングサイズのベッドがあると大人2人が広々と眠ることができますし、子供と3人で川の字になって眠ることも可能です。

かなり広めのスペースが必要

キングサイズのベッドは、シングルサイズのベッドを2台分並べるのと同じぐらいのスペースが必要です。そのため、置く場合はかなり広めのスペースを確保することが必要です。部屋の大きさとしては最低でも8畳の広さはないと厳しいです。可能であれば10~12畳は確保したいところです。


搬入経路の確認をしてから購入がおすすめ

キングサイズのベッドを1台搬入するとなるとかなりの幅をとります。ベッドフレームが組み立て式でマットレスが圧縮されて運ばれてくる場合はあまり心配ないかもしれません。

しかし、将来的にベッドを移動する可能性がある場合は分解するのは耐久性の問題もあり難しい場合もあります。シングルベッドを連結して使うことも含めて検討してみましょう。

ソファーベッドとは

ソファーベッドは普段はソファー、夜寝るときはベッドとして使うことができる近年人気の家具のひとつです。スペースが限られている場合をはじめ、大きな家具をなるべくたくさん置きたくない人におすすめです。そんなソファーベッドについてご紹介します。

ソファーとベッドの両方が叶う

1人暮らしの憧れの家具といえばベッドとソファーです。来客があったときや自分が寛ぎたいときに床に座るよりもソファーでゆっくりするとリラックスすることができます。家族で過ごす場合も同じで、大型家具をいくつも購入するのはなかなかハードルが高いためソファ―ベッドならソファーとベッドの両方が叶ってとても便利です。

タイミングに応じて使い方を変えられる

寝室がベッドのある場所となるとなかなか部屋の使い勝手が悪くなってしまいます。ソファーベッドならタイミングに応じて使い方を変えることが可能です。日中はリビングスペースとしてソファーにして、寝るときはベッドにして寝室にすることができます。1台で2役なので2つ購入するよりもリーズナブルのもメリットとして挙げられます。

ベッド下の掃除が楽

ベッドといえば床下の掃除をするのが一苦労なこともしばしば。いつのまにかほこりが積もっているということも少なくありません。ソファーベッドならソファの状態にすれば普段ベッド下になっている部分も簡単に掃除することができるので便利です。

キングサイズのソファーベッドを選ぶ

キングサイズのソファーベッドは、ファミリーの寛ぎの場所としても眠る場所としても使える便利な家具です。キングサイズのソファーベッドを購入する際は、搬入経路の確保の他にもいくつか抑えておきたいポイントがあります。キングサイズのソファーベッドの選び方をお伝えします。

展開タイプ

キングサイズのソファーベッドにはいくつかの展開タイプがあります。背もたれを引き出してソファーからベッドに切り替えるタイプが主流ですが、商品によっては折りたたんでソファーとして使うものもあります。また、ひじ掛けがついたタイプのソファーベッドは展開時に頭部を囲むようにしてパーツがあります。閉塞感が気になる人はひじ掛けがないソファーベッドを選ぶのがおすすめです。

機能性

ソファーベッドはソファとしてもベッドとしても使うので、通常のベッドフレームのように収納スペースや照明はありませんが、機能性の部分も購入前に参考にしましょう。マットレスにしたときの通気性の良さや、ソファーとベッドを切り替えるときの扱いやすさ、汚れたときのメンテナンスのしやすさも大切なポイントです。

シングルサイズ2つでキングサイズにすることも可能

大きなキングサイズのソファーベッドは、重厚感があってラグジュアリーな雰囲気があってとても魅力的ですが大きさがどうしても気になるというケースもあります。そんなときにおすすめなのが、シングルサイズのソファーベッドを2つ使うこと。キングサイズのソファーベッドであっても2つか3つのパーツに分けて展開するので、ズレがあまり気にならなければシングルサイズ2つでも同じ広さにすることができます。

おすすめのキングサイズソファーベッド

家族みんなで眠れて寛げるキングサイズソファーベッドは、部屋の可能性を広げてくれるアイテムとして人気があります。キングサイズのソファーベッドの中からおすすめの商品をご紹介します。

広々マットレスで川の字になって眠れる!大型マットレス

家族みんな別々の布団で寝るとなると収納するスペースがたくさん必要になります。折りたたみ式の大型マットレスなら、日中は折りたたんでソファーとして使うことができます。また、折りたたんだ際のサイズ感がマットレスとして広げたときの約4分の1なのでとてもコンパクトです。

おしゃれデザインのポケットコイルマットレスソファーベッド

モダンなデザインのおしゃれなソファーベッドです。日本人の体に合うと人気のポケットコイルを使用しており、少し硬めの寝心地になっています。ソファーベッドなのに洗練されたデザインなので、来客用ソファーとしても十分活躍します。3ステップで簡単に切り替えることができるので、女性でも安心です。

自由に組み替え可能な広々国産ソファーベッド

シンプルなデザインで組み換えが可能なソファーベッドです。ポケットコイルを使用しており、腰元に固い部分がくるように設計されているので寝心地抜群です。ソファにすると3人掛けのソファーとして使うことができます。ソファカバーには肌触りの良いファブリック生地を使用しています。3つのパーツに分けることができるので1人掛けと2人掛けに分けたり、1人掛け3つに湧けたりして使うことができて便利です。

シンプルかつ洗練されたデザインが魅力のワイドサイズソファーベッド

ソファーの人気素材といえばレザー。こちらのソファーベッドは目の細かい高級感のある合皮を使用しています。マットな質感の生地はソファーベッド全体に施されています。折りたたみ式で背もたれを引き出すだけで簡単にベッドにすることができます。ブラックの他にアイボリー、レッド、ブラウンの4色から選択可能です。

まとめ

キングサイズのソファーベッドは、キングサイズのベッドをそのまま置くだけではもったいないという人にぴったりです。昼間はソファー、夜はベッドに切り替えることができるので1つの部屋を寝室としてもリビングとしても使うことができます。キングサイズのソファーベッドで変化自在な部屋作りをしましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  5. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP