寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 398 view

スマートさが魅力♡軽くてお手軽なパイプベッドおすすめ5選

みなさんは軽いベッドと聞いてどんなベッドを思い浮かべますか?まず思いつくのが「パイプベッド」だという人は多いのではないでしょうか。軽いうえ簡単に設置できるイメージのあるパイプベッドですが、手軽なだけに丈夫さなど気になりますよね。

そこで今回は、そんなパイプベッドの特徴と気になる注意点について解説いたします。

パイプベッドとは

パイプベッドとは、脚やフレーム、床板などの形状がパイプやメッシュに加工されたベッドのことをいいます。さっそくその特徴について見ていきましょう。

パイプベッドの素材と構造

パイプベッドは、「スチール」という素材で作られているのが一般的です。日本語では「鋼(はがね)」と呼ばれているものです。パイプベッドは「スチールベッド」と呼ばれることもあります。

ベッドフレームの構造は基本的にヘッドボード、フットボード、サイドフレーム、床板、脚で構成されています。パイプベッドはこれらの部分がすべてがスチール製のもの、あるいは脚部分やヘッドボード部分のみ木製になっているものです。

パイプベッドのフレームデザイン

パイプベッドは加工がしやすいため、さまざまなフレームデザインがあります。こちらでは人気のある4タイプを挙げてみました。

シンプルタイプ

一般的な脚付きタイプのベッドです。シンプルな構造で使いやすく、初めての一人暮らしの人に人気です。

多くは床板部分がスチールの「メッシュ状」になっています。

折りたたみベッドタイプ

まさに「折りたためる」ベッドのことです。長さの半分の位置で山折りすることでコンパクトに収納することができます。

キャスター付きのものはさらに移動が簡単です。

ロフトベッドタイプ

床板が高い位置にあるベッドです。ベッド下に広いスペースが生まれるので、収納場所として使ったり、ソファなどを置いてリビングスペースとして使ったりすることができます。

ベッド下にデスクや棚が一体化されたデザインのものも人気です。

デイベッドタイプ

ベッドとしてもソファとしても使えるベッドのことです。

「ソファベッド」との違いは、背もたれを倒したり、座面を引き出したりしなくてもベッドとして使える点です。

パイプベッドのメリット

パイプベッドにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

低価格

原料であるスチールは安価なので材料費を抑えられます。それに構造もシンプルなので、大量生産しやすく低コストです。

そのためベッドフレーム本体の価格を抑えることができ、その分マットレスに予算を回すことができます。

軽い

丸や四角の筒状になったスチールの中は空洞です。スチール製は木製ベッドに比べるとかなり軽いので、移動や引っ越しの時も扱いやすいのがポイント!

お掃除する際も簡単に移動させることができますよ。

通気性がよい

ほとんどのパイプベッドは床板が「メッシュタイプ」「すのこタイプ」になっています。

そのため空気の通り道ができ、湿気を逃がしてくれるのでカビ予防にも◎。

組み立てが簡単

各パーツが軽いので簡単に組み立てできます。順番通りにネジで繋いでいけばよいので、組み立てが苦手な人や力が強くない人でも安心です。

BED STYLEのパイプベッドは↓からチェック

パイプベッドの注意点

軽さが魅力のパイプベッドですが、気になるのはその耐久性だという人は多いのではないでしょうか。順に検証していきましょう。

きしみやすい

パイプフレームは各パーツの接合部のネジのゆるみや劣化によって、金属同士の擦れからくるきしみ音が生じやすいといわれます。この解決方法は以下の通りです。

★ネジを締め直す
★ネジとパーツの間に「ゴムワッシャー(パッキン)」を挟む
★ネジ部分に「潤滑油」を吹きかける

日頃からネジの緩みがないか定期的にチェックすることをおすすめします。

揺れやすい

スチール素材は振動が伝わりやすく、その軽さゆえ揺れやすいベッドだといえます。

体格のよい人や、2人で使用する場合などは特に揺れの影響を受けやすく、耐荷重の面でもおすすめできません。1人で使用する場合もできるだけ耐荷重の高いものをお選びください。

サイズ展開が少ない

基本的に一人で使用することを想定して作られていることが多いので、サイズ展開はセミシングルやシングルサイズが主流となっています。

そのため大きいサイズの品揃えは少ないです。

寝心地がよくない

床板が「メッシュタイプ」のものは、床板のごつごつした感触が体に伝わりやすく工夫が必要です。

敷布団には不向きですが、どうしても使用したいときは間にウレタンマットレスを挟むと改善するでしょう。

パイプベッドの寝心地をよくするためには、体圧分散性に優れたベッド用の「コイルマットレス」をおすすめします。

【まとめ】パイプベッドが向いている人とは

パイプベッドが向いているのはどんな人でしょうか。パイプベッドの特徴を踏まえた上で考えてみましょう。

★体重が軽めの人
★ベッドの予算を抑えたい人
★引っ越しの多い人
★組み立てるのが苦手な人
★見た目のおしゃれさをあまり求めない人
★揺れやきしみがそれほど気にならない人

以上のような人はパイプベッドに向いているといえるでしょう。このように手軽な価格でベッドのある暮らしを手に入れたい人は、パイプベッドを選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。その際は耐荷重に注意して丈夫なベッドをお選びくださいね。

BED STYLEのパイプベッドは↓からチェック!

おすすめの商品

こちらでは、デザイン性と機能面とのバランスを考え抜いてつくられたBED STYLEおすすめのパイプベッド5点をご紹介します。いずれも軽くてシンプルながらおしゃれさもプラスした商品となっていますので、ベッド選びのご参考にしていただければ幸いです。

デザインと安全性の両立 棚・コンセント付き パイプ収納ベッド

シンプルなフォルムにスタイリッシュなイメージをプラスしたベッドで、あなたのお部屋をモダンスタイルに仕上げてくれます。直径12mmの極太ボルトで耐荷重約120㎏を実現!気になるがたつきを抑えて安定した眠りをお約束します。ベッド下は収納スペースとしても使え、2口コンセント付きの棚にはちょっとした小物も置けて便利です。組み立てもかんたん♪ぜひお好みのマットレスも一緒にお選びくださいね。

家具に合わせて自由自在 高さが選べるパイプミドルベッド

ベッド下を収納に利用したくても高さが合わない…なんてことありますよね。でも大丈夫!こちらのベッドは収納したい物に合わせて、自分でベッドの高さを3段階に調整できるんです♪直径50mmの極太パイプで耐荷重100㎏と、しっかりしたつくりなので安心しておやすみになれますよ。マットレスは別売りとなっていますので、ご自分のお好みに合った寝心地のマットレスをチョイスしてくださいね。 

大人可愛い 2style×2wayデイベッド

普段はソファとして、おやすみ時にはベッドとして使えるデイベッドは、とっても便利で素敵なアイテム♡一人暮らしのシンプルなお部屋でも、このおしゃれなデイベッドひとつでたちまち華やかな雰囲気に変身しますよ♪ベッド下を有効活用できるよう、継脚をジョイントすることで高さ調節可能。お好みに合わせて使えます。

スペースを最大限に有効活用しませんか 天然木脚パイプベッド ミドルタイプ

冷たい印象になりがちなパイプベッドに天然木脚でぬくもりをプラス♪大人っぽく落ち着いたお部屋に仕上げます。ベッド下はゆったり収納が可能な高さ53㎝。ベッドガードが付いているので万一の落下や布団のずり落ちを防ぎます。メッシュの床板で通気性バツグン♪安心の120㎏の耐荷重であなたの眠りをサポートします。 

こもりたくなる便利さ ハンガー・デスク付き 大容量収納パイプベッド

キャスター付きのデスクを移動させることで、ベッドの上でのパソコン作業はもちろん、お茶を飲んだりゲームをしたりするくつろぎスペースとして使用できます。ベッド上の快適性がアップすることで、狭いお部屋でも快適に過ごせます♪さらに、左右どちらにも付け替え可能な棚コンセント付きヘッドボードで使い勝手も◎。上置き棚やハンガーラック、ベッド下の収納スペースなど空間を無駄なく使える機能がいっぱいです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP