寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 3661 view

【子供が喜ぶ敷布団を】選び方のポイント&人気商品5つをご紹介

子供のためにいい敷布団を買ってあげたい、親御さんなら誰しも思うことです。ただ、具体的にどんな敷布団を選ぶべきか、あれこれ迷ってしまいますよね。

そこで今回は、子供用敷布団の選び方についていろいろな方面から考えてみました。ぜひこの記事を参考に、子供が喜ぶ敷布団を買ってあげましょう。

子供用敷布団のサイズの種類

子供用敷布団と言っても、子供さんの大きさによってサイズが違います。どのようなサイズがあるのか、チェックしてみましょう。

ベビーサイズ

赤ちゃん用の寝床というと、ベビーベッドがあります。ベビーベッドにもそれなりのよさはありますが、赤ちゃんと一緒に寝たい、柵なしで赤ちゃんの様子を見守りたいという場合は、ベビーサイズの敷布団の方がおすすめです。

赤ちゃんにぴったりの小さなサイズになっている敷布団です。

キッズサイズ

子供はすぐに成長します。そのため、ベビーサイズの敷布団でなく、最初からキッズサイズの敷布団を買っておくのも一つの方法です。

睡眠は子供の成長で重要な役割を果たします。小さいうちからキッズサイズのベッドでゆったりと寝られれるようにしてあげれば、子供のためにもなります。

ジュニアサイズ

ジュニアサイズの敷布団は、ちょうど小学生高学年から中学生向きの商品です。ただし、中学生になると大人並みの身長になる子もいるので、大人用のシングル布団を買ってあげても問題ありません。

シングル、またはセミシングルサイズなら大きくなってからも使いやすいです。

子供用敷布団の選び方

続いて、子供用敷布団の選び方を考えてみましょう。

素材

子供用敷布団の代表的な素材は、木綿、羊毛、ポリエステルなどです。それぞれの特徴を見てみましょう。

木綿

木綿の子供用敷布団は洗濯がしにくいという欠点はありますが、吸湿性にも優れ、子供が気持ちよく寝られます。汗っかきの子供にはぴったりのタイプです。また、寝心地という点では、適度な柔らかさがあります。

羊毛

羊毛は非常に優れた素材です。弾力があって寝心地がいいし、湿気を吸い込むと暖かくなる性質を持っています。そのため、冬の敷布団としては理想的です。また、夏でも熱がこもらず、上手に発散してくれるので、不快になることはありません。

ポリエステル

ポリエステルの特徴は軽いこと。子供用敷布団を上げ下げしたり、移動したりするのに最適な素材です。保温性にも優れているので、暖かくなります。そして、上質のポリエステル素材の子供用敷布団は耐久性があり、長持ちします。

厚み

せっかく子供用に敷布団を買うのなら、気持ちよく寝てほしいもの。そこで選ぶときには、必ず厚みを必ずチェックしましょう。厚さが薄いと底付き感が出てきて、肩や腰が痛くなります。

では、どのくらいの厚さがいいかというと、8cm以上が目安です。ただ、厚みと同時に素材の構成がどうなっているかも見ておくと、いい子供用敷布団が選べますよ♪

硬さ

子供はどんな硬さの敷布団でも寝てしまうものです。大人のようにそれほど硬さにこだわらないことも多いです。

しかし、子供の骨の成長を考えると、ちょうどいい硬さの敷布団を選ぶ必要があります。一番いいのは、やや硬め。柔らかいものだと、骨がゆがみやすくなるので、硬めの方がおすすめというわけです。

清潔度

子供は大人以上に敷布団を汚しやすいです。寝汗、おもらし、体調不良時の嘔吐など、いろいろな要因で敷布団が汚れます。

そこで選びたいのが洗える敷布団。家庭用の洗濯機でも洗濯できるものがおすすめです。洗ってもへたりにくく、早く乾く商品もあり、とても使いやすいですよ。

子供は自分で選べない!快適な敷布団を選ぶコツ

子供用敷布団を購入する場合、子供自体が選ぶという場面は少ないです。普通は親御さんが適当なものを選ぶのですが、どう選べばいいか、コツをお教えしましょう。

親がいいものを探す

子供が喜ぶ敷布団を買えるかどうかは、すべて親の識別力に掛かっています。

この記事でも紹介した選び方のポイントをチェックしながら、どれが自分の子供のために一番いいか、慎重に吟味しなければいけません。吟味がうまく行けば、子供が気持ちよく寝られるようになり、満足します。

お店に問い合わせをする

ただ、親がいいものを探すと言っても、いろいろな子供用敷布団が販売されていて、その中から一つを選ぶのは結構大変です。

そこで利用したいのが、お店の店員のアドバイス。自分の子供の年齢、体格、寝癖などを伝えると、店員が最もふさわしいベッドを選んでくれます。それを購入するのもいい方法と言えます。

商品仕様をよくチェックする

お店の店員のアドバイスは非常に参考になりますが、通販で子供用敷布団を買う場合は、アドバイスをもらえない場合があります。そのような場合は、親御さんが商品仕様をよくチェックしてください。

商品説明を見ると、かなり細かい仕様が表示されていることがありますから、その内容と子供の状態とをよく比較して、いいものを選びましょう。

おすすめの商品

子供用敷布団の選び方がわかったところで、今度は実際の商品選び!ここでは、BED STYLE厳選の5商品を紹介するので、購入時の参考にしていただければ幸いです。

毎日干したての気持ちよさ 1枚で寝られるオールインワン敷布団

子供は寝汗をよくかきます。そこでおすすめなのがこちらの商品。毎日干したての気持ちよさを味わえます。まさに魔法の敷布団。その秘密は、ポリエステル綿とタテ繊維と除湿シートの3層構造。特に除湿シートは強力除湿タイプで、寝汗をしっかり吸収。ついでに、床から発生する結露も吸い取ってくれますから、さわやかな寝心地が得られます。吸湿センサーがついているので、色の具合により布団を干すタイミングも一目瞭然です♪

ダニゼロを実現 子どもにやさしい丸ごと洗える日本製防ダニ布団 3点セット

アレルギー体質の子供にはハウスダスト、花粉、ダニは大敵。健康に悪影響があります。そんな問題を解決してくれるのがこちらの布団。お家で丸洗いでき、布団にまとわりついたハウスダストも花粉もこれで一掃。耐久性が高いので丸洗い後もへたりにくく、すぐに乾きます。ダニ通過率0%のダニブロック生地仕様で安心です♡

防ダニ・抗菌防臭で安心 家族みんなでゆったり広々日本製ファミリー敷布団

こちらは、日本製のファミリー敷布団。最大幅240cmで、家族みんなで仲良く気持ちよく寝られます。帝人マイティトップという素材を使用。防ダニ・抗菌・防臭わたになっていて、とっても清潔です。子供のためにもなるし、親御さんにとっても快適な敷布団です。厚さは約8cm。底付き感もなく、寝心地も抜群です。

圧倒的なボリューム感 日本製 厚み15cm 極厚三層構造 ふかふか寝心地敷布団

厚さ15cmの極厚敷布団で、ふかふか幸せな睡眠をもたらしてくれます。これだけの厚みがあると、底付き感も底冷え感もまったくなく快適です。内部は3層構造。厚さ120mmの固綿を巻綿、帝人マイティトップ®ⅡECOで挟み込んでいます。これが幸せな睡眠をもたらす秘密。固綿が中に入っているので、適度な弾力があり、腰や背中の沈み込みも軽減。子供の背骨の成長のためにもなる敷布団です。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス レギュラータイプ

最後にご紹介するのは、ポケットコイル入り敷布団マットレス。子供にもピッタリな商品です。その理由ですが、まず反発力があり、安全な寝姿勢を維持できること。次に自然な寝返りが打てる弾力性があります。また、体圧分散力があって、血流を妨げません。蒸れにくいのもいいところ。寝汗をかきやすい子供も快適な寝心地が得られます。三つ折りできるので、収納もしやすいです。


まとめ

子供のために、少しでも健康にプラスになり、成長を促す敷布団を買ってあげたいと思っている方は多いと思います。こちらの記事では、子供用敷布団の種類や選び方、快適な敷布団を選ぶコツをお伝えしました。

BED STYLEおすすめの商品も紹介したので、ぜひ気になった商品は「商品情報を見る」から詳細をチェックしてみてくださいね♪

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  5. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP