寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 5119 view

【最近人気のノンコイルマットレス】寿命は?おすすめ商品もご紹介

みなさんはノンコイルマットレスで寝たことがありますか?ノンコイルマットレスはコイルマットレスとは違い、特有のメリットがあります。今回はそんなノンコイルマットレスについて解説していきます。

ノンコイルマットレスの種類やいいところ、おすすめ商品などを取り上げるので、一緒にぴったりのものを探しましょう。

ノンコイルマットレスの種類

まずノンコイルマットレスの種類から見てみましょう。ここでは4種類紹介します。

高反発ウレタン

高反発ウレタンは、グイっと押すと勢いよく元に戻る素材です。この特徴のため、腰回りなどは沈み込みすぎず、寝ている時の姿勢が悪くなりにくいです。

また、寝返りがしやすいのもいいところ。寝返りの多い人にはぴったりの素材と言えます。

低反発ウレタン

低反発ウレタンは高反発ウレタンの反対で、押した後にゆっくりと復元します。そのため、体重が掛かりやすい部分は深く沈み込みます。

硬さとしてはソフトな感じで、硬いマットレスが苦手な人におすすめです。沈み込み感がある方なので、どちらかというと体重の軽い人向けです。

樹脂素材

樹脂素材はプニプニとして柔らかいのが特徴。体をやさしく包んでくれます。フィット感も抜群で、それなりに反発力もありますよ。

ただ、樹脂だけで作られたマットレスはないようで、普通はウレタンやポリエチレンとの組み合わせになっています。

ファイバー

ファイバーはポリエチレンやポリエステルなどを網目状に固めたものです。

特徴としては、反発力がさまざまな方向に働くので、寝返りを打つときに楽です。また、通気性が非常によく、カビ対策やダニ対策を考えている人にも使いやすい素材です。

ノンコイルマットレスのいいところ

続いて、ノンコイルマットレスのいいところはどこかを見てみましょう。

価格がリーズナブル

スプリングをたくさん使っているコイルマットレスは構造も複雑で、作るのも大変ですから、価格が高くなりやすいです。

一方、ノンコイルマットレスはつくりがシンプルなので、リーズナブルな価格になっています。軽くて搬入もしやすいので、送料も抑えられています。

取り扱いしやすい

コイルマットレスは金属のスプリングが使われている関係で重いです。一番軽いものでも20kgはあります。

このくらい重いと、持ち運びしにくいです。それに対して、ノンコイルマットレスは中に軽い素材しか詰まっていないので、取り扱いが簡単です。重いものでも15kg前後。もっと軽いものも多いですから、女性や年配の方でも移動しやすくなっています。

廃棄しやすい

スプリングが入っているコイルマットレスは、廃棄時にかなり苦労します。普通の廃棄方法は使えないので、粗大ごみとして捨てるしかありません。

一方、ノンコイルマットレスには柔らかい素材が使われていることが多いので、分解することもできます。後は、家庭ごみとして出せる可能性もありますね。

ノンコイルマットレスの寿命

ノンコイルマットレスの寿命はどれくらいでしょうか?長持ちするのか、早く使えなくなるのか気になるところでしょうから、検証してみましょう。

買い替えのタイミング

ノンコイルマットレスの買い替えタイミングはまず、腰やお尻部分が凹んできたときです。長い間マットレスを使っていると、どうしても体重が多く掛かる部分は凹みやすくなります。

この状態では気持ちよく寝られませんから、買い替えを考えましょう。それから、寝心地が悪くなってきた、カビが生えたときなども買い替えの潮時です。

寿命の目安

ノンコイルマットレスの種類ごとの寿命の目安を一覧にしてみましょう。

種類

寿命の目安

高反発ウレタン

6~8年

低反発ウレタン

3~5年

ファイバー

6~8年

これは一応の目安ですから、前述の買い替えタイミングに該当する項目があれば、早めに買い替えるのも悪くありません。

長持ちさせるためには

しかし、せっかく気に入って購入したノンコイルマットレスは少しでも長持ちさせたいもの。そこで、その方法を考えてみましょう。

こまめに陰干しを

マットレスの劣化を早めるものに湿気があります。湿気は蒸れやすくなるだけでなく、カビやダニの発生につながります。それだけに湿気対策が重要になりますが、その方法としてこまめに陰干しをしましょう。理想としては3日に1回くらいの頻度がいいですが、無理なら1週間に1回くらいはしましょう。

ローテーションする

ローテーションとは、マットレスの表裏、上下を入れ替えることです。マットレスの同じ面ばかり使っていると、体重が掛かりやすい腰回りやお尻の部分だけ、凹みやすくなります。それでは早く寿命が来てしまうので、3か月に1回くらいローテーションをしましょう。

保護アイテムを使う

マットレスを保護するいろいろなアイテムを使って、寿命を延ばすことができます。例えば、敷パッドやベッドパッド、マットレスプロテクターなどです。これらのアイテムは、寝汗がマットレスに侵入するのを防止するので、マットレスの劣化を遅らせることができます。

おすすめの商品

ノンコイルマットレスに興味が出てきた方も多いでしょうから、今度はどんなおすすめ商品があるのか、BED STYLEの商品ページをのぞいてみましょう。どれも素晴らしいマットレスですよ♪

沈み込み知らず 超硬質バランスウレタンマットレス 三つ折りタイプ (シングル)

こちらは国産超硬質バランスウレタンマットレスです。超硬質ということもあり、体をしっかり支え、体重による沈み込みや、ヘタレが起きにくくなっています。大柄な人、体重が重い人でも、この硬さにより快適な睡眠が得られます。重みのある腰回りやお尻も下がりませんから、きれいな寝姿勢を維持できますね。厚さは10cm。底付き感も底冷え感もなく、安心してお休みになれます。スリット加工とメッシュ地により、通気性がアップし、さわやかです。

いつでも清潔 洗える敷パッド付ファミリーマットレス敷布団 (シングル)

次はファミリーマットレスのご紹介です。セミシングルからワイドキング280まで6サイズ展開があり、1人で寝る方にも家族一緒で寝る方にもぴったりのサイズをご用意。厚さは6cm、12cm、16cmの3種類。お好みや用途に合わせて選べます。三つ折りタイプなので、押し入れへの出し入れもしやすく、干すときも立てかけるだけ。お手入れのしやすさでもおすすめ度の高いノンコイルマットレスです。

通気性の良い ホテル品質 薄型ファイバーマットレス (シングル)

通気性が抜群にいいファイバーマットレスです。寝汗やじめじめした空気による湿気も閉じ込めず、外に排出します。そのため、カビもダニも寄せ付けず、ニオイも発生しにくいです。このようなマットレスなら気持ちよくお休みなれますね♡ファイバー素材により適度な反発力があります。寝返りも打ちやすいし、寝ていても体の部位がリラックスできます。ファイバー素材は冷水か常温のシャワーで洗えますから、清潔に使えますよ。

寝心地も満足なひろびろファミリーマットレス 厚さ12cm (シングル)

もう1種類ファミリーマットレスをご紹介しましょう。こちらの商品もサイズ展開は6種類ですが、最大サイズは横幅300㎝です。親子5人でゆったり寝られるサイズ感。これなら家族のきずなも深まりますね♪素材はプロファイル加工した凹凸のウレタン。体を点で支え、体圧を適度に分散し、快適な睡眠をもたらします。真ん中部分は少し硬めになっています。そのため、腰やお尻をしっかりサポートし、寝姿勢が崩れません。

格別の暖かさ プレミアムマイクロファイバー贅沢仕立て 敷パッド

ノンコイルマットレスを長持ちさせるために大切なのが保護アイテム。いろいろな商品がありますが、こちらの敷パッドは四隅にゴムバンドがついていて、ずれにくくなっています。素材はプレミアムマイクロファイバー。吸温発熱わたも入って、ふかふかで滑らかでとろけるような肌触りになっています。寝汗のノンコイルマットレスへの侵入も防ぐので、劣化を遅くすることができます。洗濯もOK。汚れもさっと落ちます。


まとめ

ノンコイルマットレスにはコイルマットレスとは違ったよさがあります。軽くて取り扱いやお手入れもしやすく、価格も手ごろで入手がしやすいです。今度マットレスを買うことになったら、ノンコイルマットレスを選んでみるのもいいものです。その際は、ぜひBED STYLEの商品ページから納得できるものを選んでいただき、快適な寝心地を味わってくださいね。

他にもノンコイルマットレスをご覧になりたい方はこちら↓

敷パッドをご覧になりたい方はこちら↓


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP