寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 892 view

人気の木材「パイン」と「ウォルナット」 あなたはどっち派?

ベッドやテーブルといった家具に多用される代表的な木材、「パイン」と「ウォルナット」。どちらもとても人気がありますが、特徴は対照的。さて、あなたはどっちの風合いがお好きですか?

パインとは?

パイン材は主に北米産やヨーロッパが産地で、日本でもおなじみのマツ科(針葉樹)から切り出された木材です。イエローパイン、ホワイトパイン、アカマツなど、50以上もの種類があります。

パイン材の特徴

  • 白っぽい色、ぬくもりのある風合い
  • 柔らかい
  • 節が多い
  • 香りが良い
  • 油分が多く艶がある
  • 経年変化を楽しめる
  • 無垢材の中では安価

風合いの良い白っぽい色であることや節が多いことから、パイン材を使った家具は北欧・カントリースタイルなどのナチュラルなインテリアによく合います。柔らかいので加工がしやすく、DIY材としても人気が高いです。

また針葉樹特有の木の芳香はリラックス効果があります。視覚にも嗅覚にも心地良い印象を与えるのですね。

パイン材は油分を多く含むため艶があり、時が経つにつれ色が変わり味わい深い色合いに変化していく様を楽しむことができます。

無垢材の中では安価で手に入りやすいのも人気の理由。フレーム、すのこ全ての部材に天然パイン材を使用したベッドもリーズナブルに購入できます。

おすすめの天然パイン材ベッド①

★天然木の温もりが伝わる ショート丈北欧デザインベッド

おすすめの天然パイン材ベッド②

★ベッドの下にもう一台使い方いろいろ 親子すのこベッド

おすすめの天然パイン材ベッド③

こだわりの安心設計 家族が一緒に寝られる天然木ファミリーベッド

ウォルナットとは?

世界三大銘木の一つであるウォルナットとはクルミの木(広葉樹)のこと。一般的な家具に使われているのは、主に北米産のブラックウォルナット材です。

ウォルナット材の特徴

  • 堅くて強い
  • 渋みのある濃い茶色
  • 木肌が美しい
  • 狂いが少ない
  • 加工性、接着性に優れている
  • 油分が多く艶がある
  • 経年変化を楽しめる

ウォルナットはゆっくりと時間をかけて成長するため、木肌が緻密でとても堅いのが特徴。衝撃や摩耗に強く、アンティーク家具やヴィンテージ家具といった長く残っている家具にもウォルナット材が多用されています。

木目が美しく、落ち着きのある濃い茶色をしているのでモダンスタイルやクラシカルスタイルなどのシックなインテリアによく合います。

堅くて重いウォルナット材は狂いが少ないことから、高級家具や内装材として重宝されています。ネジや釘もしっかり固定されますし、接着剤の定着も良いので、丈夫な家具や床、ドアなどが作れるのです。

パインと同じく油分が多いので艶があり、経年変化によって味のある風合いを楽しむことができます。

ウォルナット材は高級な木材のため、パイン材のように家具材全てに使用するとなかなか手が出せない価格になってしまいます。そのため家具などの化粧材としてウォルナットの「突板(つきいた)」が多く使われます。

突板(つきいた)とは

突板とは、ウォルナット材を薄くカットしてスライス状にしたもの。一本の銘木から何枚も切り出すことができます。

それらを家具の化粧材として張り付けることで、無垢と同じ美しい木目を楽しむことができるのです。

おすすめの天然ウォルナット材ベッド①

★贅沢空間 高級ウォルナット材ワイドサイズ収納ベッド ライトタイプ

おすすめの天然ウォルナット材ベッド②

★本格派 ウォルナットの深い味わいが魅力 モダンデザインフロアベッド

一緒に読みたいおすすめ記事

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 寒い冬でもぽかぽか!冷たい布団の原因と対策をご紹介

  2. マットレス搬入時にはどこを確認する?方法とおすすめ商品をご紹介!

  3. 意外と知らない?マットレスの厚さとベッドとの関係性を徹底解説!

  4. どんなお部屋にも合う♡シンプルなシングルベッドの選び方をご紹介!

  5. 初めてのベッド選び!すのこベッドはやっぱり日本製がいいの?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

PAGE TOP